神道のタグまとめ

神道」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには神道に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「神道」タグの記事(30)

  1. 神道「教祖はいません。教義もありません。各々好きにしてください」←こいつが流行らない理由 - フェミ速

    神道「教祖はいません。教義もありません。各々好きにして...

  2. 神道政治連盟の神道とは - 西郷会

    神道政治連盟の神道とは

    友人との別れ常日頃から言動に神道の言葉を使う友人の本像が見えた。毎日、朝と夕方に祝詞をあげる友人は、神道政治連盟に属している。しかし、嫌な物事を見て語る言葉に疑問を抱いていた私は、決別の意を固めた。友人は、人生の先輩としては失格であり、また神道信者であるが「神道」と言う言葉を使って欲しくない部類の欠陥人物である。愚かな考えで幾ら祝詞をあげようとも結果は常に試練が友人を襲う。神道政治連盟の神と...

  3. 「見えない差別システム・・・天皇制」 - 「親鸞さんと生きる」

    「見えない差別システム・・・天皇制」

    ■■■第6章「現実社会を念仏とともに」★6-7「見えない差別システム・・・天皇制」 ■「女性天皇には反対だ!」・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・≪女性天皇には反対だ!≫ 2005.1.22「皇室典範に関する有識者会議」というのができるそうな。何を相談するのかというと、女...

  4. 「日本人の血肉・・・祭り」 - 「親鸞さんと生きる」

    「日本人の血肉・・・祭り」

    ■■■第6章「現実社会を念仏とともに」★6-6「日本人の血肉・・・祭り」 ■「祭りはお好き?」・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・≪祭りはお好き?≫2003.5.18春になると、あちこちの神社で春祭りが行なわれます。最近ではゴールデン・ウィークに合わせて行なうところも多く、私の...

  5. 「神の国」 - 「親鸞さんと生きる」

    「神の国」

    ■■■第6章「現実社会を念仏とともに」★6-4「神の国」 ■「『神の国』、発言はもっと大胆に!」・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・≪「神の国」、発言はもっと大胆に!≫2000.5.22 森喜朗首相の「日本は天皇を中心にした神の国」発言は、とてもよい発言でしたね。この前...

  6. 「女性は穢れているか?」 - 「親鸞さんと生きる」

    「女性は穢れているか?」

    ■■■第6章「現実社会を念仏とともに」★6-3「女性は穢れているか?」 ■「女性はなぜ土俵に上がれないのか?」・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・≪女性はなぜ土俵に上がれないのか?≫2000.3.25「これは面白いことになった」2/24付けの新聞を見て、僕はニヤットした...

  7. 「<祓え>・・・リセットの思想」 - 「親鸞さんと生きる」

    「<祓え>・・・リセットの思想」

    ■■■第6章「現実社会を念仏とともに」★6-2「<祓え>・・・リセットの思想」 この章では、私が以前に書いた文章を掲載しながら、お話したいと思います。新たに書き下ろすのが一番よいのでしょうが、いろいろままなりません。以前の自分のほうが、今よりはまだ少しは頭の回転が良かったように思います。使う文章は、2000年のものから2016年のものまで数本の予定です。前回お話した「天皇制・神道・軍国主義」...

  8. 「日本人の精神性」 - 「親鸞さんと生きる」

    「日本人の精神性」

    ■■■第6章「現実社会を念仏とともに」★6-1「日本人の精神性」 ■念仏を称えるということ ●「仏の御名をもきき、念仏を申して久しくなりておはしまさんひとびとは、この世のあしきことをいとふしるし、この身のあしきことをばいとひすてんとおぼしめすしるしも候ふべしとこそおぼえ候へ。」(親鸞さんのお手紙)【意訳】「アミダさまの名前を聞いて、念仏を称えるようになって長くなった人には、この世の中の悪いこ...

  9. HPが工事中のため再開 - 暁玲華のスピリチュアルパワー

    HPが工事中のため再開

    ブログを約8か月も書いてなかったのですが、Hpが壊れてしまったので、報告がてら再開します。HPを崩壊させてしまい、、、たぶんすぐには復旧しません。この際、新しくつくりかえることにしました。なので、この間、こちらから鑑定の申し込みなどお願いします。予約メール:yoyaku.reika@gmail.com~お知らせです~去年(2019年3月)から配信していましたオンライン講座「知られざる日本〜鳳...

  10. 藤田八束の新型コロナウイルス対策、新型コロナの災いを克服する条件とは・・・・神道の道、万物に神は宿る - 藤田八束の日記

    藤田八束の新型コロナウイルス対策、新型コロナの災いを克...

    藤田八束の新型コロナウイルス対策、新型コロナの災いを克服する条件とは・・・・神道の道、万物に神は宿る日本には立派な神社仏閣が沢山あります。その一つ一つをよく見るとそこには我々が知っておかなければならない歴史的事実が必ずあります。苦しい時、苦境に陥ったとき人は神の存在を信じ神様に祈った。不幸が続くと神社を作り、そこに神様を招いた。ある神社では猟師が猛吹雪に遭い山に迷い死に直面した時白い犬が現れ...

  11. 神道愛国者団体協議会 - 西郷会

    神道愛国者団体協議会

    母体は神道臣民会議鹿児島・島津藩縁の土地から起因したもので政治学は徳川宗春の流れを組む小さな「塾」として慶応2年に設立、その後明治維新の動乱時に西郷隆盛と大久保利通の共通思想を継承し一部の国学者が唱えた国粋主義を加え明治21年に「天臣塾」に改名。(当時の塾生は僅か16名であった)思想は儒教と神道に近代陽明学を組み合わせた斬新的な思想であったが、時代背景的に受け入れられない(理解されない)存在...

  12. 宗教の近代史・仏教と神道とキリスト教 - 仏教フリーク

    宗教の近代史・仏教と神道とキリスト教

    日本では、仏教は宗教だと思われていますが、西洋では、仏教は宗教に入っていません。東洋哲学の分類です。日本では神も仏も同じだといって、ぜんぶ、宗教と言っています。それは、神も仏も知らないからてきとうに言っているだけです。もともと宗教は仏教の異称、宗となる教え、ということです。本当の生きる意味を教えた教えという意味です。江戸時代までは、仏教=宗教でした。江戸時代は寺請制度、住民票とか、寺が発行し...

  13. 「親鸞さんにとっての神②」 - 「親鸞さんと生きる」

    「親鸞さんにとっての神②」

    ■■■第4章「(補足1)神と仏」★4-5「親鸞さんにとっての神②」 ■「神々が念仏者を護る」 続けてもう少しだけ、親鸞さんの神祇(神)への扱い方についてお話しておきたいと思います。神祇について書かれたものを読んでいくと、次のようなことに気が付きます。①には、前回お話をしたことに関連しますが、もともと仏教を護る神として説かれた梵天や帝釈天などのインドの神々と、日本神話上の神々とを、明確に区別し...

  14. 「親鸞さんにとっての神①」 - 「親鸞さんと生きる」

    「親鸞さんにとっての神①」

    ■■■第4章「(補足1)神と仏」★4-4「親鸞さんにとっての神①」 ■日本における偽の宗教 前回、親鸞さんの真仮偽という分類を見ました。真の教えを残し伝えたいという思いですが、そのためには仮や偽を明らかにする必要があると思われました。とくに人間がその本能から自然に落ち込んでいく、偽という宗教の問題を強く意識されたようです。教行信証化巻末や和讃などで、そのことが述べられています。実際に親鸞さん...

  15. 「民族宗教と普遍宗教」 - 「親鸞さんと生きる」

    「民族宗教と普遍宗教」

    ■■■第4章「(補足1)神と仏」★4-2「民族宗教と普遍宗教」 ■民族宗教 前回、日本における神の発生と、その神を信仰する神道という宗教についてお話しました。学問上の大雑把な宗教の分類で言いますと、この日本における神道のように、自然発生的に原始社会に現れてくる宗教を、原始宗教と呼んでいます。また特定の民族の中でのみ発生し広がるものなので、民族宗教という言い方もします。 この宗教は宗教的に目覚...

  16. 「神の発生」 - 「親鸞さんと生きる」

    「神の発生」

    ■■■第4章「(補足1)神と仏」★4-1「神の発生」 ■「神と仏」というテーマについて さて今回から第4章に入ります。これまで親鸞さんの教えについてお話して来ましたが、その補足として、まず「神と仏」のテーマでお話します。このテーマは親鸞さんの教えを学ぶ上で極めて重要な意味を持ちますし、またいろんな意味でとても大きなテーマでもあります。さらには、ほとんどの人にとってあまり意識にのぼってこなかっ...

  17. 「宗教はおおざっぱに分けて2種類。親鸞さんの教えは?」 - 「親鸞さんと生きる」

    「宗教はおおざっぱに分けて2種類。親鸞さんの教えは?」

    ■■■第3章「親鸞さんの教え」★3-2「宗教はおおざっぱに分けて2種類。親鸞さんの教えは?」 ■拝むの大好き、日本人。 181,164,731人。これは何の数字だと思いますか?日本の人口は126,220,000人(2019年7月1日現在)だそうです。なので、その1.5倍ほどの人数です。これは政府が毎年統計をとっている日本人の信者数(総宗教人口)です。最新(2018年に調査して2019年に公表...

  18. 「知られざる日本」の謎を解明するツアー - 暁玲華のスピリチュアルパワー

    「知られざる日本」の謎を解明するツアー

    「知られざる日本~鳳凰の視座より」のオンライン講座は4月からはじまり、6月末で配信を終えましたが、9月末まで見ることができます。その中で、3回にも及んだ神道のルーツ、そして2回にわたった鳳凰のお話。この部分がメインではあったのですが、その内容に沿って、千葉茨城ツアーを予定しています。鹿島、香取については、何年間もの間、こだわってきましたが、これからの宇宙の時代の神々の光の神社として、とても大...

  19. 『永安の舎/えいあんのやしろ』上棟式 - 『文化』を勝手に語る

    『永安の舎/えいあんのやしろ』上棟式

    五月十八日、大安神道の本格的な上棟式祭壇、神々しい床面積は、妻面2.5間×桁行7.5間=18.75坪と小さい。黒住教岩見沢教会所納骨殿『永安の舎』建設委員長、安藤さん。かなりのご高齢だけど、スクーターを乗り回してすこぶるお元気だ。儀式が始まった。まさに神が降りてきたかのような空気感が漂い始める。宮司さん自ら記念写真のカメラをセットする。先程の神々しさから一転、お茶目に・・駐車場がいっぱいだっ...

  20. 建国記念の日 - 水の館・星の庭 Ⅱ

    建国記念の日

    観測史上一番の、寒気に覆われているという日本列島。各地で、観測史上最も寒い、という記録が塗り替えられています。普段は見た夢の大半を忘れてしまいますが今日は、詳細までは記憶にないけれど忘れられない夢を見ました。初恋の男性と顔を合わせていました。同級生なので、どうも同窓会のような流れでした。高校の頃に顔を垣間見たのが最後で、全く会っていませんが<現在の>彼でした。私など、鼻もひっかけて貰えないの...

総件数:30 件

似ているタグ