福利厚生のタグまとめ

福利厚生」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには福利厚生に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「福利厚生」タグの記事(8)

  1. 給料をたくさん、福利厚生を十二分に提供すれば社員は増えるよ - 見たこと聞いたこと 予備3

    給料をたくさん、福利厚生を十二分に提供すれば社員は増えるよ

    Yahoo:「深刻バス運転手不足 続行便出せない、人手不足倒産… 女性&若年層活用へ業界に変化も」バス運転手不足」は被災地から始まったバス運転手(乗務員)不足が深刻です。全国の路線バスで、運転手不足を理由に減便が相次いでいます。高速バスでも、週末に需要はあるのに続行便(2号車以降)を設定できず満席で発売を打ち切るとか、貸切バスでは、遠足シーズンなどに車両はあるのに運転手不足から受注を断るとい...

  2. 股座への道 - さばっちのかぎしっぽ

    股座への道

    ①股座の幅を図りつつIN↓②1周回って落ち着き処を探す↓ (2・3周回っても可)③腰を下ろすタイミングをはかる↓④ナイスな幅で落ち着きつつ、股座担当が動かないようにシッポをかける↓ふ〜、おちついたわね。あたちのおこたよね。この後、1時間ほど股座に居座られ、膝が非常に痛かったのです・・・。ま、さばっちさんがあったかいなら、それでいいんです・・・。

  3. 悪魔に指摘されるとかみっともないと思え!>医療現場の崩壊 - 見たこと聞いたこと 予備3

    悪魔に指摘されるとかみっともないと思え!>医療現...

    Yahoo:「デーモン閣下、医療崩壊に強い懸念「3.6%」の医師が自殺検討」デーモン閣下が構成員を務める厚生労働省の「上手な医療のかかり方を広めるための懇談会」の最終会合が12月17日、東京・霞が関の厚労省で開かれ、懇談会としての宣言をとりまとめた。過重労働に苦しむ医療現場が危機に瀕していることなどを国民に広く共有する、とした。●5項目、来年度以降も進捗チェック具体的には、「いのちをまもり、...

  4. 介護は国の仕事として財政出動、介護職員は公務員もしくは準公務員として福利厚生の充実を図るべきだ - 見たこと聞いたこと 予備3

    介護は国の仕事として財政出動、介護職員は公務員もしくは...

    yahoo:「介護離職で経済損失6500億円、受け皿整備費の13倍…経産省試算」家族の介護や看護を理由に仕事を辞める介護離職について、経済的な損失が年約6500億円に上るとの試算を経済産業省がまとめた。年間約10万人にのぼる介護離職は、収入源を失って離職者の生活が脅かされるだけでなく、企業などの経済活動への影響も深刻なことが明らかになった。先月下旬、同省の産業構造審議会部会に、大まかな試算結...

  5. 常勤の看護師の魅力とは - 日勤!夜勤!どんとこい

    常勤の看護師の魅力とは

    看護師の資格を持っているとさまざまな働き方を選ぶことができますが、その中でも常勤で働く魅力は数多くあります。常勤という働き方は、一般的な会社でいう正社員と変わりません。まずは、常勤の看護師は月給制になりますので、毎月きちんと決まった給与を貰うことができます。年収ベースで考えると、かなりの額の給与になるでしょう。このように、安定した暮らしが保障されるというメリットがありますし、残業が発生した場...

  6. 正規雇用者を支えているのは非正規雇用者だ!!!!!! - 非正規雇用でも楽しく♪

    正規雇用者を支えているのは非正規雇用者だ!!!!!!

    今朝の日経で凄いニュースが目に入りました!積水ハウス社では、9月から3歳までのお子さんを持つ男性社員が1か月以上の育休取得『必須』なんですって。↑きっと世間の大半は、このニュースについて男女雇用均等であったり、いわゆる『働き方改革』的な、または福利厚生的な視点で見るのでしょうねぇ。でもさ。誰かが休んだら、誰かがその分の替わりをしなければならないのですよ。以前半公的な職場に派遣で行ってたことが...

  7. 正社員登用制度を使うメリットとは - 正社員登用制度を使わないなんて

    正社員登用制度を使うメリットとは

    介護施設の中には、正社員登用制度を用意して、パートの中から希望者を正社員に格上げしているところもあります。シフトの時間は基本的には正社員もパートも同じではありますが、月に何日働く必要があるかという点で少し違っています。フルタイム勤務の場合には基本的に20日程度働くことになりますが、パートの場合は何日働くかは自分の好きに決められるケースが多いですね。月に10日前後しか働かないというのでも問題は...

  8. 福利厚生でストレス発散 - 羽の休息所

    福利厚生でストレス発散

    仕事と育児の両立はどうしても時間に追われる生活になってしまう。子供も手間がかかることが多く、思うように育っていかず、ストレスを溜めてしまう女性は多い。中でも看護師の場合、仕事はもともとストレスが溜まりやすい傾向があるのも確かであり、適当に息抜きをしながら生活をしていかないと仕事か子育てのどちらかが破綻してしまうだろう。趣味を作って楽しむ余裕があればそれに越したことはないが、子育ての一環として...

総件数:8 件

似ているタグ