福島第一原発のタグまとめ

福島第一原発」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには福島第一原発に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「福島第一原発」タグの記事(11)

  1. 枝野代表「安心、ほど遠い」福島の処理水放出 - 渡部あつし

    枝野代表「安心、ほど遠い」福島の処理水放出

    立憲民主党の枝野幸男代表は29日、東京電力福島第1原発の増え続ける処理水の処分に関し「安全だからいいということにはならない。安心という点では、放出が許されるような状況にほど遠い」と述べ、現段階では海洋放出すべきではないとの認識を示した。さいたま市の会合で参加者の質問に答えた。また、「被災者や水産業者、消費者の安心がなければ、放出してはいけない」とも強調した。産経新聞福島第1原発事故を起こした...

  2. まずはめでたい大臣就任 - 負ケラレマセン勝ツマデハ

    まずはめでたい大臣就任

    戦前、政治の腐敗が叫ばれていた時期に内閣改造か交代が有った。その時、新聞の一面では政府を攻撃し、三面では大臣就任を祝う提灯行列のような記事を載せていたと山本夏彦が述べていた。小泉進次郎議員が環境・原子力防災担当大臣に就任した。マスコミはいろんなことはそっちのけで一挙手一投足、発言を報道した。小泉大臣は、これまでいろいろ発言してきたことを実現する良い機会であろう。どうか理想と現実の中で最適解を...

  3. 環境相「処理水は海洋放出しかない」福島第一原発 - 広島瀬戸内新聞ニュース(社主:さとうしゅういち)

    環境相「処理水は海洋放出しかない」福島第一原発

    これでは「環境大臣」ではなくて、「環境破壊大臣」ですね。菅官房長官も環境大臣の発言を受けて、「処理水の取り扱いは、経済産業省の小委員会で風評被害など社会的な観点を含めて総合的な検討を行っており、現時点で処分方法を決定した事実はない。政府として、まずは小委員会での議論を尽くしてしっかり検討を進め、国際社会には理解をさらに深めてもらうよう透明性を持って丁寧に説明していきたい」と言っていますが、「...

  4. その後どうなっているの?トリチウム汚染水、4.14学習会 - 風のたよりー佐藤かずよし 

    その後どうなっているの?トリチウム汚染水、4.14学習会

    その後どうなっているの?トリチウム汚染水〜市民で学ぼう海の汚染〜4.14学習会 日時:2019年4月14日(日)13:00開始15:00終了場所:いわき・ら・らミュウ2F研修室(いわき市小名浜字辰巳町43-1TEL: 0246-92-3701)参加費:無料主催:これ以上海を汚さないで 市民会議実行委員会 原発事故から9年目の春になりました。陸上では、除染され積みあげられた福島の汚染土を県内の...

  5. 【文献】福島県内の小児甲状腺癌症例に地域的偏りはみられない - EARLの医学ノート

    【文献】福島県内の小児甲状腺癌症例に地域的偏りはみられない

    ■東日本大震災に関連した福島第一原発事故による甲状腺スクリーニング検査が福島で行われています.スクリーニング効果で見かけ上は甲状腺癌が多いように見えるだけで実際には福島第一原発事故によって増加したわけではない,という根拠がそろいつつあります.つい最近,WHOの国際がん研究機関IARCから「原子力事故後の全住民への甲状腺検査は害が益を上回るため実施は推奨しない」という勧告がでており,今後の福島...

  6. 【文献】福島での若年の非浸潤性甲状腺癌では,過剰診断を防ぐ上で,すぐに診断すべきではない - EARLの医学ノート

    【文献】福島での若年の非浸潤性甲状腺癌では,過剰診断を...

    ■東日本大震災時の福島第一原発事故の関係で,いまだに福島県をはじめとする東北に対する風評がネット等で続いています.現時点では福島県において小児の甲状腺癌は見た目の数字は多くても,それだけでは増えたと結論づけれない状況です.その理由としてスクリーニング効果,過剰診断が挙げられます.以前に津田論文がEpidemiology誌にpublishされてますが,循環論法に陥っている内容で,あの内容では増...

  7. 日本の核融合炉研究投了、関連予算は全て他に回すべきである - 負ケラレマセン勝ツマデハ

    日本の核融合炉研究投了、関連予算は全て他に回すべきである

    茨城県那珂市にある核融合実験炉JT60では、今から約四半世紀前に重水素実験が始まった。一方、岐阜県土岐市にある核融合科学研究所の大型ヘリカル装置の重水素実験は、昨年春にようやく始まった。地域住民の反対で遅れぎみなのは知っていたが15年以上遅れていたことは下の記事で始めて知った。しかもトリチウムを含め排水は日本アイソトープ協会に引き渡すようだ。多分、311以降のトリチウム関連の問題が影響したの...

  8. 【福島第一原発】 真実!吉田元所長が震災前に暴露しようとしてた! 原発が安全なわけあるか! - 赤いきつね

    【福島第一原発】 真実!吉田元所長が震災前に暴露しよう...

    【福島第一原発】 真実!吉田元所長が震災前に暴露しようとしてた!原発が安全なわけあるか!1Fに原発作業員として勤務した自分が2014年に直接当日部下として残っていた人から聞いた話です。吉田所長は「お前たち若い奴らに危険な事は任せられない」と高濃度の線量であった建屋の中にバルブを閉めにたった独りで突入し、被ばくしたそうです。その話を聞いたとき涙が出そうになりました。聞き取り調査では皆が入った...

  9. 【福島第一原発、内部被ばくしたのは汚染水を保管していたタンクの解体作業で】 福島第一原発で解体作業の30代男性が内部被ばく(17/09/08) - 赤いきつね

    【福島第一原発、内部被ばくしたのは汚染水を保管していた...

    【福島第一原発、内部被ばくしたのは汚染水を保管していたタンクの解体作業で】福島第一原発で解体作業の30代男性が内部被ばく(17/09/08)福島第一原発でタンクの解体作業をしていた30代の男性作業員が、放射性物質を体の中に取り込む内部被ばくしました。内部被ばくしたのは、汚染水を保管していたタンクの解体作業をしていた30代の男性作業員です。・・・記事の続き、その他のニュースはコチラから!ifr...

  10. 津波対策「間違いだらけの東大教授意見書」 - 風のたよりー佐藤かずよし 

    津波対策「間違いだらけの東大教授意見書」

    東京電力福島第一原発事故に係る損害賠償訴訟が全国18地裁で係争中で、3月17日には、前橋地裁で初の判決も出されます。責任を問われた東京電力と政府は、津波予測は不確実で、対策したとしても工事は間に合わなかったと強弁、自分たちに都合のよい研究者の意見書を提出しいます、ところが、その意見書たるや事実誤認が多く噴飯ものと指摘されているのです。サイエンスライター添田孝史さんは、「とくにひどい岡本孝司・...

  11. 心ある県政を!2.14知事に想いを届けようスタンディング - 風のたよりー佐藤かずよし 

    心ある県政を!2.14知事に想いを届けようスタンディング

    原発事故被害者団体連絡会(ひだんれん)から、「2.14知事に想いを届けようスタンディング」のお知らせが届きました。以下、掲載します。♥バレンタインデーに県庁前アピール♥2月14日(火)は、福島県議会定例会の開会日です。目前に迫った、住宅無償提供3月打ち切りに追いつめられている区域外避難者の声を、内堀知事や県議の皆さんにとどけましょう。ちょうど、この日はバレンタインデー、「こころある県政を!」...

総件数:11 件

似ているタグ