福音のタグまとめ

福音」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには福音に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「福音」タグの記事(271)

  1. クリスチャンの証し「刻印」予告編 - 全能神-私の救い主

    クリスチャンの証し「刻印」予告編

    李晨曦は子どものころから両親と一緒に集会に出席し、聖書を読んできました。1988年、彼女はわずか十三歳で集会の際に逮捕され、狭く暗い部屋に一日二晩閉じ込められます。それ以降、中国共産党は彼女への迫害を決して止めません。そして十七歳のとき、教会の兄弟姉妹に神の御言葉の本を送ったために再び逮捕されます。本の出所を吐かせようと、警察は彼女の目の前で父親にひどい暴行を加えた上、彼女に「政治犯」と書か...

  2. 全能神と主イエスは一人の神なのだろうか - 全能神教会―主イエスは既に戻られた

    全能神と主イエスは一人の神なのだろうか

    人類がサタンによって堕落させられた時、神は人類救済の経営計画を開始した。神は人類を救うために三段階の働きを実行した。律法の時代にヤーウェ神は律法を発布し、人類の生活を導き、人々に神を崇拝することを教え、罪が何であるか教えた。しかし、律法の時代の最終段階が来ると、人類の堕落はいっそう深刻になり、人々はしばしば律法に違反し、ヤーウェに対し罪を犯した。彼らは律法を犯したため罪に定められ、処刑される...

  3. すばらしい喜びの知らせ〜ルカによる福音書〜2章1〜20節〜クリスマス礼拝 - 新しい歌を歌おう

    すばらしい喜びの知らせ〜ルカによる福音書〜2章1〜20...

    恐れることはありません。今、私はこの民全体のためのすばらしい喜びを知らせにきたのです。きょうダビデの町であなたがたのために救い主がお生まれになりました。この方こそ主キリストです。<ルカ2:10〜11>この時み使いが語った言葉は喜びの知らせでした。その知らせはただ一部の人たちのためのものではなく民全体のため、全人類に対する喜びの知らせだったのです。この時、羊飼いたちはみ使いを見て恐れましたが実...

  4. 真理とは何か - 全能神教会―主イエスは既に戻られた

    真理とは何か

    参考聖書箇所:「初めに言があった。言は神と共にあった。言は神であった」(ヨハネによる福音書 1:1)「そして言は肉体となり、わたしたちのうちに宿った。……めぐみとまこととに満ちてい。」(ヨハネによる福音書 1:14)「わたしは道であり、真理であり、命である」(ヨハネによる福音書 14:6)「真理によって彼らを聖別して下さい。あなたの御言は真理であります」(ヨハネによる福音書 17:17)関連...

  5. クリスチャン映画「福音の使者」 神の福音を伝えることはクリスチャンの責任だ 予告編 日本語吹き替え - 全能神教会―主イエスは既に戻られた

    クリスチャン映画「福音の使者」 神の福音を伝えることは...

    キリスト教徒チェン・イーシンは主を長年信じ、終わりの日の主イエス・全能神をお迎えする幸運に恵まれていた。彼女は全能神の御言葉から、人類を一刻も早く救いたい神の御心と、被造物が果たすべく使命と責任を理解したため、福音を伝えて終わりの日の神の働きを証し始めた。その間、多くの都市や省に渡り、何度も宗教界からの抑圧と拒絶や中共政府による追跡と迫害に見舞われる。多くの苦難に遭う彼女だが、神の御言葉の導...

  6. 75. 終わりの日に再臨した主イエスは、いったいどのような働きを行うのか。 - 全能神-私の救い主

    75. 終わりの日に再臨した主イエスは、いったいどのよ...

    参考聖書箇所「わたしには、あなたがたに言うべきことがまだ多くあるが、あなたがたは今はそれに堪えられない。けれども真理の御霊が来る時には、あなたがたをあらゆる真理に導いてくれるであろう。それは自分から語るのではなく、その聞くところを語り、きたるべき事をあなたがたに知らせるであろう」(ヨハネによる福音書 16:12-13)「たとい、わたしの言うことを聞いてそれを守らない人があっても、わたしはその...

  7. 終わりの日における神の働きはなぜ霊を通して行われないのか。神はなぜ肉において働きを行うようになったのか。 - 全能神教会―主イエスは既に戻られた

    終わりの日における神の働きはなぜ霊を通して行われないの...

    参考聖書箇所「モーセは言った、『どうぞ、あなたの栄光をわたしにお示しください』。ヤーウェは言われた、『……あなたはわたしの顔を見ることはできない。わたしを見て、なお生きている人はないからである』」(出エジプト記 33:18-20)「ヤーウェはシナイ山の頂に下られた。そしてヤーウェがモーセを山の頂に召されたので、モーセは登った。ヤーウェはモーセに言われた、『下って行って民を戒めなさい。民が押し...

  8.  終わりの日に再臨した主イエスは、いったいどのような働きを行うのか。 - 全能神教会―主イエスは既に戻られた

    終わりの日に再臨した主イエスは、いったいどのような働...

    参考聖書箇所「わたしには、あなたがたに言うべきことがまだ多くあるが、あなたがたは今はそれに堪えられない。けれども真理の御霊が来る時には、あなたがたをあらゆる真理に導いてくれるであろう。それは自分から語るのではなく、その聞くところを語り、きたるべき事をあなたがたに知らせるであろう」(ヨハネによる福音書 16:12-13)「たとい、わたしの言うことを聞いてそれを守らない人があっても、わたしはその...

  9. 「因果応報」と人はよく口にするが、神がいま悪人を残らず滅ぼさないのはなぜか - 全能神-私の救い主

    「因果応報」と人はよく口にするが、神がいま悪人を残らず...

    参考聖書箇所「天が下のすべての事には季節があり、すべてのわざには時がある」(伝道の書 3:1)「そして、ノアの時にあったように、人の子の時にも同様なことが起るであろう。ノアが箱舟にはいる日まで、人々は食い、飲み、めとり、とつぎなどしていたが、そこへ洪水が襲ってきて、彼らをことごとく滅ぼした。ロトの時にも同じようなことが起った。人々は食い、飲み、買い、売り、植え、建てなどしていたが、ロトがソド...

  10. 世界がかくも暗く邪悪なのはなぜか。堕落の頂点にいる人類は滅ぼされるべきなのか - 全能神-私の救い主

    世界がかくも暗く邪悪なのはなぜか。堕落の頂点にいる人類...

    (1)世界がかくも暗く邪悪なのはなぜか参考聖書箇所「全世界は悪しき者の配下にある」(ヨハネの第一の手紙 5:19)「光はやみの中に輝いている。そして、やみはこれに勝たなかった」(ヨハネによる福音書 1:5)関連する神の言葉最初に神により造られたアダムとエバは、聖なる人間であった。すなわちエデンの園にいた間、彼らは聖く、けがれがなかった。また彼らはヤーウェに忠実であって、ヤーウェを裏切ることな...

  11. 全能神教会クリスチャンの証し 「刻印」予告編 日本語吹き替え - 全能神教会―主イエスは既に戻られた

    全能神教会クリスチャンの証し 「刻印」予告編 日本語吹き替え

    クリスチャンの証し「刻印」予告編 日本語吹き替え李晨曦は子どものころから両親と一緒に集会に出席し、聖書を読んできました。1988年、彼女はわずか十三歳で集会の際に逮捕され、狭く暗い部屋に一日二晩閉じ込められます。それ以降、中国共産党は彼女への迫害を決して止めません。そして十七歳のとき、教会の兄弟姉妹に神の御言葉の本を送ったために再び逮捕されます。本の出所を吐かせようと、警察は彼女の目の前で父...

  12. 利己心を手放せば心が解放される - 全能神-私の救い主

    利己心を手放せば心が解放される

    全能神は言われます。「正常な人々の性質にはひねくれた点や不正直さはなく、人々はお互いに正常な関係にあり、孤立していないし、その生活は凡庸でもなければ退廃的でもない。そこで神もすべてのものから褒め称えられ、神の言葉は人間の間に広がり、人々はお互い平和に神の配慮と保護のもとに暮らし、地上は調和で満たされ、サタンの妨害はなく、神の栄光が人間の間で最も重要なものになっている。このような人々はまるで天...

  13. 全能神教会日々の神の御言葉「唯一無二の神自身 4」抜粋142 - 全能神教会―主イエスは既に戻られた

    全能神教会日々の神の御言葉「唯一無二の神自身 4」抜粋142

    日々の神の御言葉「唯一無二の神自身 4」抜粋142サタンの人間に対する業は、どのような代表的特徴を示していますか。あなたがたは、それがサタンの最も代表的特徴、最も頻繁に行うこと、人間一人ひとりに行おうとすることであると、自分自身の経験を通じて分かるはずです。あなたがたにはおそらくこの特徴が見えないので、サタンが極めて恐ろしく、憎らしいとは感じません。この特徴が何であるかを誰か知っていますか。...

  14. 噂はどこから来るのですか。また、どのようにして作られるのですか。 - 全能神-私の救い主

    噂はどこから来るのですか。また、どのようにして作られる...

    参照聖書箇所「さてヤーウェ神が造られた野の生き物のうちで、へびが最も狡猾であった。へびは女に言った、『園にあるどの木からも取って食べるなと、ほんとうに神が言われたのですか』。女はへびに言った、『わたしたちは園の木の実を食べることは許されていますが、ただ園の中央にある木の実については、これを取って食べるな、これに触れるな、死んではいけないからと、神は言われました』。へびは女に言った、『あなた...

  15. 全能神教会 日々の神の御言葉「実践(7)」抜粋442 - 全能神教会―主イエスは既に戻られた

    全能神教会 日々の神の御言葉「実践(7)」抜粋442

    日々の神の御言葉「実践(7)」抜粋442神の証しをするということは、おもに神の働きについて自分が認識していること、神がどのように人を征服するか、どのように人を救うか、どのように人を変えるかを語ることである。それは神がどのように人を導いて真理の現実に入らせ、どのように人を神に征服され、完全にされ、救われるようにするのかを語ることである。証しをするということは、神の働きと自分が経験したすべてにつ...

  16. 日々の神の御言葉「征服の働きの内幕(4)」抜粋92 - 全能神-私の救い主

    日々の神の御言葉「征服の働きの内幕(4)」抜粋92

    日々の神の御言葉「征服の働きの内幕(4)」抜粋92 あなたがたに行われる征服の働きはもっとも意義深い。ある見方では、この働きの目的は一つの集団を完全にすることである。つまり、この人たちを完全にすることであり、彼らは完全にされた最初の一群、言わば初穂として勝利者の集団となる。別の見方では、それは被造物に神の愛を享受させ、神の完全で最も偉大な救いを受けさせ、人間が憐れみと慈愛を享受するだけではな...

  17. 全能神教会日々の神の御言葉「堕落した人類には受肉した神による救いの方が必要である」抜粋82 - 全能神教会―主イエスは既に戻られた

    全能神教会日々の神の御言葉「堕落した人類には受肉した神...

    日々の神の御言葉「堕落した人類には受肉した神による救いの方が必要である」抜粋82受肉した神の働きは最も意義深い。それは働きについての語りであり、最終的に働きを終えるのは受肉した神であって、霊ではない。神はいつか地上に来て、人間に姿を見せ、誰一人も逃さず人を一人一人試みつつ、全人類を自ら裁くと信じている人々がいる。このように考える者は、この受肉の働きの段階を知らない。神は人間を一人一人裁きはし...

  18. キリスト教会漫才「パンデミックに直面して」 - 全能神教会―主イエスは既に戻られた

    キリスト教会漫才「パンデミックに直面して」

    キリスト教会漫才「パンデミックに直面して」このパンデミックが世界中に広がるにつれ、大災害が迫るのを多くの人が感じています。人々はパニックに陥り、自主隔離して自宅にこもる以外はどうすればいいかわかりません。パンデミックから身を守る方法も、大災害から逃れる方法もわからないのです。主イエスは昔こう預言しました。「民は民に、国は国に敵対して立ち上がるであろう。また大地震があり、あちこちに疫病やききん...

  19. 全能神教会福音 漫才「賢い乙女は誰だ」どのように主を迎えることができるのか 日本語吹き替え - 全能神教会―主イエスは既に戻られた

    全能神教会福音 漫才「賢い乙女は誰だ」どのように主を迎...

    福音漫才「賢い乙女は誰だ」どのように主を迎えることができるのか 日本語吹き替え主を心から信じる者はみな賢い乙女となり、終わりの日に主イエスの再臨を迎え、主との祝宴に参列することを望んでいます。では、賢い乙女とは何か?愚かな乙女とは何か?賢い乙女はどれほど賢いのか?愚かな乙女はどれほど愚かなのか?答えは漫才「賢い乙女は誰だ」の中で、主人公とその相方とのユーモラスな議論を通して明らかにされま...

  20. 全能神教会 日々の神の御言葉「征服の働きの内幕(4)」抜粋92 - 全能神教会―主イエスは既に戻られた

    全能神教会 日々の神の御言葉「征服の働きの内幕(4)」...

    日々の神の御言葉「征服の働きの内幕(4)」抜粋92あなたがたに行われる征服の働きはもっとも意義深い。ある見方では、この働きの目的は一つの集団を完全にすることである。つまり、この人たちを完全にすることであり、彼らは完全にされた最初の一群、言わば初穂として勝利者の集団となる。別の見方では、それは被造物に神の愛を享受させ、神の完全で最も偉大な救いを受けさせ、人間が憐れみと慈愛を享受するだけではなく...

総件数:271 件

似ているタグ