私の履歴書のタグまとめ

私の履歴書」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには私の履歴書に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「私の履歴書」タグの記事(9)

  1. 人が好き~私の履歴書 - 新 LANILANIな日々

    人が好き~私の履歴書

    日経新聞の最後のページにある、私の履歴書に連載されていたのをまとめたもの。先に、あちらにいる鬼を読んだら、瀬戸内さんの生い立ちとかをもっと知りたくなって借りました。瀬戸内寂聴さんが髪を下して仏門に入るというのがニュースになっていたのはなんとなく覚えています。プロフィールを見たら、瀬戸内さんが51歳の時、なんですね。当時はともかく、いまだったら、もったいない!今でこそ、生きていく道を照らしてく...

  2. 私の履歴書岸恵子さん - グリママの花日記

    私の履歴書岸恵子さん

    ご訪問ありがとうございます今月の日経新聞「私の履歴書」岸恵子さんの記事を毎日楽しみに読んでいました今日は最終日どんな締めくくりになるのかなぁと新聞を広げると鮮やかな青いセーターの素敵な横顔の写真が目に飛び込んできました最後のタイトルは「フェイドドアウト」老兵は死なず、ただ消え去るのみという言葉も文中にあり老いと時代の変化に覚悟のようなものを感じました美しく聡明で気が強くてお茶目で華やかで女優...

  3. 「派遣切り」の逆をいく! - 大阪の弁護士大川一夫のブログ

    「派遣切り」の逆をいく!

    「私の履歴書」は、日本経済新聞朝刊(文化面)に長年にわたって掲載されている連載読み物である。経営者を始めとする著名人が毎月1か月間「自伝」を書いているわけだが、言わば、「若いころは悪ガキだったが…」という類の成功譚である。その「私の履歴書」3月編が面白い。主役は大坪清氏(1939年生まれ )であり、住友商事代表取締役副社長を経て、レンゴー代表取締役会長兼社長、関西経済連合会副会長などを歴任し...

  4. 朝ドラ「まんぷく」 - モルゲンロート

    朝ドラ「まんぷく」

    昔、安藤百福(ももふく)氏による日経の「私の履歴書」の連載が非常に面白かったので、今回、毎朝録画し、夜、夕飯を食べながら見ています。ただ、「~へん」が「~ない」、「あかん」が「だめ」等の「標準語化された大阪弁」が耳につきます。以前の「朝が来た」「ごちそうさん」はそんなことなかったので(「マッサン」「わろてんか」は見てなかったので知りませんが)、よけいに、「なんでやねん」と思います。(^_^;...

  5. 江夏豊、21球その後 - 六本木ヒルズ48階から見た空

    江夏豊、21球その後

    21球その後日経:私の履歴書、江夏豊氏の21球が終わった。プロ野球史上に残る名シーン、昨日から今朝の日経が気になって気になって仕方が無かった。読んでからふーっと大きく息をした。あとでyou tubeで映像を検索してみようと思う。双日総研吉崎さんの言葉を借ります。(12月26日のコラムより)-江夏の「私の履歴書」は、年内残り5日間を残すのみ。明日掲載分は、対近鉄戦勝利を描いて終わるだろう。すな...

  6. 江夏 豊 - 六本木ヒルズ48階から見た空

    江夏 豊

    昨晩は若き血飲み会@白金「さとう」。来年はメンバー全員年男・年女。走って泳いで良い年にしましょってことで散会。 今朝は駒沢公園3周ゆるゆるラン、12キロ。途中、強烈な「さしこみ」あり。『ナチュラルローソン』に助けてもらったが、昨夜のお酒が原因だったのだろうか。。。 私の履歴書をお読みだろうか。今月の江夏豊は、私の履歴書史上の最高傑作の部類にはいるのだと思う。初回の覚せい剤逮捕のコメントから面...

  7. 私の履歴書江夏豊が始まった - 新丸子の不動産屋、 マンション管理士です

    私の履歴書江夏豊が始まった

    日経新聞文化欄私の履歴書プロ野球選手の江夏豊の連載が始まった阪神に入団巨人のV9時代のいわゆるヒールの剛球投手その後南海にトレードされたから野村監督とともに救援投手という新しい分野を切り開く開拓者となった広島、日本ハム、最後は西武に在籍村山と長嶋のように、江夏は王と対決するシーンが多くそのこともこの履歴書では描かれているのだろう最初の書き始めにふれられていたが覚せい剤で一度逮捕されていてしば...

  8. 私の履歴書江夏豊が始まった - 新丸子の不動産屋、 マンション管理士です

    私の履歴書江夏豊が始まった

    日経新聞文化欄私の履歴書プロ野球選手の江夏豊の連載が始まった阪神に入団巨人のV9時代のいわゆるヒールの剛球投手その後南海にトレードされたから野村監督とともに救援投手という新しい分野を切り開く開拓者となった広島、日本ハム、最後は西武に在籍村山と長嶋のように、江夏は王と対決するシーンが多くそのこともこの履歴書では描かれているのだろう最初の書き始めにふれられていたが覚せい剤で一度逮捕されていてしば...

  9. 「朝比奈隆私の履歴書」を見て - バイオリンクの片隅から

    「朝比奈隆私の履歴書」を見て

    2月になったので、ブラッド・オレンジの月例報告をしておく。ご覧の通り、タロッコの状態は、悪くなる一方である。上部の3枚の葉も黄みがかった色に変色してきた。真冬の今の時期だから、葉が変色し、枯れても不思議ではないと思いたいのだが、そのような甘い見通しでよいのかどうか。かろうじて葉が残っていること以外に生きていることを示す徴候が殆ど見あたらない。ただ、それでも、春になれば、蘇るのではないかという...

総件数:9 件

似ているタグ