秋山のタグまとめ

秋山」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには秋山に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「秋山」タグの記事(24)

  1. 秋山のテイクアウト - ★ Eau Claire ★ Dolce Vita ★

    秋山のテイクアウト

    こんにちは今日もご訪問頂きありがとうございます。励みになります。赤いハートをプッシュお願いいたします。人気ブログランキング予約が取れない和食の「秋山」さんも、テイクアウトを始められたと聞き早速注文しました。こちらが今回注文したお料理盛り合わせ!今晩の食卓です。天巻きと鰻寿司は作りました😊海老天、アスパラ、たらこ、青葉を入れてます。大好きな山椒をきかせて!上賀茂神社の近...

  2. 侍たちの八十里越前編(吉ヶ平からブナ沢まで) - tabi & photo-logue vol.2

    侍たちの八十里越前編(吉ヶ平からブナ沢まで)

    ええと、、、デジカメで撮った撮影枚数が多くすべて記録として撮ったものなのでなるべくブログに残そうと意図しております。石巻市の阿部先生の冊子に準拠しながら前編中編後編と三部に分けて再構成しようと画策中です。少し完成までお時間をいただこうかな?宮城県の県北、桃生郡中津山に在籍した仙台藩黒沢家中89名が戊辰の役・北越戦争に藩命で出征したわけですが、その歴史は前々編に記しました。「八丁沖の戦い」で仙...

  3. 侍たちの八十里越後半(木ノ根峠から叶津まで) - tabi & photo-logue vol.2

    侍たちの八十里越後半(木ノ根峠から叶津まで)

    小松横手から眺め左手「すだれ岩」をかかえた「黒姫」雪をかぶった三角形の守門岳の「袴腰」右手に「烏帽子山」守門岳を東面から眺めると三角形に見えるから不思議な山ですねいつもなら屋根型なんですが。八十里越の木ノ根峠です、、、 こっちが越後向こうが会津ですまずは、、、後半を画像で雰囲気をお伝えします只見側は明治新道ですので、実際にこの道を侍たちは通っておりません。此の上部にある天保古道を通ったようで...

  4. 秋の野辺山高原へ - いぐさん流 山と花の写真(富士山)

    秋の野辺山高原へ

    晩秋の平盛山(1643m) JR最高駅野辺山駅を起点として、収穫の終わった広大な高原野菜畑を横断飯盛山登山口へ 広がる野菜畑彼方に天狗山と男山紅葉の見頃はすぎ枯れ木が目立つようになってきていました 東屋のある登山口からいよいよ登山が始まり横尾山分岐に出る十文字峠あたりからは富士山と八ヶ岳の共演が続く場所だがあいにく雲が出てしまって残念でした カラマツの黄葉と女山飯盛山分岐から平沢山トラバース...

  5. 中津山の侍たちと北越戦争 - tabi & photo-logue vol.2

    中津山の侍たちと北越戦争

    石巻市芸術文化振興財団・阿部和夫先生から・・・昨年、仙台藩桃生郡中津山の侍たちが長岡(現在の新潟県)まで出兵し、新政府軍と戦ったという話を伺って昨年の9月以降、今年1月まで20回にわたって新聞連載されたものを読みました。で、今回その冊子を手に入れ、北越戦争で長岡藩が敗走し会津へ抜ける際、道を共にした中津山の侍たちの動静に興味を抱きました。とまあこういう話になると、おおかたは司馬遼太郎の「峠」...

  6. ”八十里越”に思う下田芳ヶ平~只見番所 - tabi & photo-logue vol.2

    ”八十里越”に思う下田芳ヶ平~只見番所

    八十里越、、、明治維新150年ともあいまって今は歩く者も多くなり、また只見側の国道建設も進んでいるようでブームとは無縁の者にとって歩く由縁もなくなったほどの変わり様だ。以前、25年ほど昔に歩いた当時は入会権のある農家が自主規制、ピケ線を張っていて建設中の砂利敷国道でさえ走ることができなかった。そのワケは、他所者が入ると山が荒らされるという単純な利害意識なのだが部外者である登山者もその枠にはめ...

  7. 冬枯れの手前で・・・南面白山 - tabi & photo-logue vol.2

    冬枯れの手前で・・・南面白山

    いいんですよねえ・・・秋の日差しに照り返す笹の道中東岳(猿鼻山)自然は黙って寄ってきて心の隙間をスッと埋めてくれるもうここにきたらジタバタせずに向かいの黒々とした大東岳を眺めながらすぐま右隣の笹原に覆われた中東岳の一本道を眼下にしつさらに右手に屹立した小東岳の個性を認めて其の奥にある蔵王連山を崇める心が落ち着くんですよね。。。とてもいい景色でした

  8. 升沢小屋で”おでん”・・・秋の楽しみ方 - tabi & photo-logue vol.2

    升沢小屋で”おでん”・・・秋の楽しみ方

    三連休最後の今日は台風後の影響で風があって台風が連れてきた熱気のせいで暑かったそれに、今週は栗駒山行があったばかりだしそれに今月はビッグイベントが控えているのでソレに向けて体力調整。怪我しては元も子もないので体力的には「流す」程度の山行にした。足元も3kgの皮革重登山靴にして太ももの筋トレを兼ねてゆっくり上がった。それと「おでん」を昨夜から煮込んでおり、、、その味の染み込んだ具をジップロック...

  9. 平面的になりすぎる広角写真ですが・・・3 - tabi & photo-logue vol.2

    平面的になりすぎる広角写真ですが・・・3

    広角ズームレンズ12-24mm1本だけを持って山にいくというのはやはり物足りないということが結果的に言えますです(´艸`)初めから分かってはいたんですが。。。やっぱり、出るとこ出て引っ込むところは引っ込んでないとダメなんだと思いました。風景写真だから広角レンジで撮るというだけでは収まりそうにないというか荒々しい岩肌はやっぱり望遠で狙いたいもの。次回は望遠も加えたいと思いますw赤色が滲んじゃい...

  10. 平面的になりすぎる広角写真ですが・・・2 - tabi & photo-logue vol.2

    平面的になりすぎる広角写真ですが・・・2

    展望岩頭です見下ろせば”龍泉ヶ原”それでどこに焦点をもってきてクローズアップさせるか?というのが目下の課題でして、、、自分にはまだ分かっておりません。いっぱい撮らないと理解は出来ないのでしょうが平面的な風景写真ばかり採っていたのでは進歩しないというのだけ分かってきました人混みの中に入ってソレだけを狙う、ズームで表情を狙う、目を狙う、写真のコツ、、、それを風景写真に取り込めば良いのかな?程度の...

  11. 平面的になりすぎる広角写真ですが・・・ - tabi & photo-logue vol.2

    平面的になりすぎる広角写真ですが・・・

    今日はいつもの反省で少しだけ広角に頼った写真を試みましたどうしても広角レンズのみで撮ってしまう風景写真ですが撮りたいものがその中にあって、しかも主役を帯びている写真が撮りたかったわけです広角写真は平面的に撮れ、ノベタンになりやすいソレを避けて強弱をもたせたかったわけですはたして今日は上手く首尾よく行ったのでしょうか???山は栗駒山コースは少し欲張って(´艸`)各ポイントで時間をかけながら須川...

  12. 65回目の白山 - 四季燦燦 癒し系~^^かも風景写真

    65回目の白山

    先日、9月28日、台風が来る前の、晴れの日。ちょうど休みと重なって、こりぁ行くしかない!と、白山に行って来ました。^^勤務明けで、しっかり日中寝ておいて、夜中に起き出し別当出合いへ向かう。ちょっと寝坊して、別当出合いを、夜中2時半出発。65回目の白山です。ヘッデンと月明りで、一人黙々と登る。さだまさしの、「空になる」を口ずさみながら^^私の脚で室堂まで途中、甚之助で休憩しながら3時間かかりま...

  13. 七滝コースで岩手山に・・・④ - tabi & photo-logue vol.2

    七滝コースで岩手山に・・・④

    鬼ヶ城尾根と秋田駒20年前の春合宿新人くんが鬼ヶ城の雪壁を越える段になって担いでいた自分の80リットルザックを担ぎ降ろさずに岩の向こう側にポーンと投げた事件があったソレを見ていた深野会長は即座に怒鳴ったさて彼はどのような観点から新人くんを怒鳴ったんだろう?その後新人くんは結婚したが立山の雪のピンと張った緊張を破り自ら雪崩れを起こし夫婦ともども帰らぬ人となってしまったどうにも奢った性格の彼にあ...

  14. 連休計画どおり、七滝コース - tabi & photo-logue vol.2

    連休計画どおり、七滝コース

    積雪期しか登っていない岩手山に小屋泊まりで行ってきました昨年の八幡平といい岩手山近辺は冬しか知らないのであんなところに池があるなどと観光気分で登ってきましたコースは玄人好みの燻し銀な「七滝コース」循環でした明日にでもページを書き上げる予定です

  15. マイクロズボラ - たなかきょおこ-旅する絵描きの絵日記/Kyoko Tanaka Illustrated Diary

    マイクロズボラ

    大好きなロバート秋山。youtubeの広告でいきなり出てきて、ついつい最後まで見る。「マイクロズボラ」洗った手 シャツで拭く干してた服そのままダイレクトに着るetc..ほとんど当てはまるんですけど。。ズボラだったのかー。秋山相変わらずいいキャラだなぁ。

  16.  ”ただいまッ”、  ”おかえり” - tabi & photo-logue vol.2

    ”ただいまッ”、 ”おかえり”

    ボタニカル・ジンはどーした?夜になかなか眠くならず、、、ストーヴの前で飲んじゃった計画二日目の分に手を付けたわけだが…八幡平の夜がそれだけ居心地が良かったのだと今になってしみじみしてくるあしたブログアップだね。。。アラカンになってさえ心惑わす山は多いけどやはり八幡平は飯豊朝日同様山歩きのベースだね心の拠り所かな。。。とても心に据えた登山となった。そういえば、、、JUJUの歌に「ただいま」って...

  17. 七ヶ岳高杖スキー場からピストン - tabi & photo-logue vol.2

    七ヶ岳高杖スキー場からピストン

    今回、34年ぶりに七ヶ岳に登ったといっても縦走ではないけど・・・。初めて登ったのは郡山勤務時代。程窪沢から登って荒海駅へ下りたのだったが今回は登山路が沢荒れで黒森沢コースが通行止め循環できず。そのため上岳のみのピストンだった。あらためて上岳から眺めた七つの峰々は降雪もあって登山路が白く浮き出てさも七つの峰を縫い合わせているステッチの白い糸のようにも見える素晴らしい光景だった印象に残ったのは高...

  18. 三岩岳広葉樹から針葉樹へ繋ぐ - tabi & photo-logue vol.2

    三岩岳広葉樹から針葉樹へ繋ぐ

    小豆温泉のスノーシェッドの上を歩いて黒桧沢コースに入るのだが数年前の豪雨でコースが荒れ今は沢沿いのコースは閉鎖されているここ何年か冬道で登っている無線中継アンテナ設備のある地点から細尾根になるその尾根道にはカラ松と姫小松の落葉が赤茶色に光り落ちているフカフカ道の始まりとなっている松の脂もあってか?靴音はススッススッとしなやかさを感じさせるやがて1000mあたりからはブナの落葉に移り靴音もガサ...

  19. 三岩岳で耐寒訓練・・・、寒かったぜ( `ー´)ノ - tabi & photo-logue vol.2

    三岩岳で耐寒訓練・・・、寒かったぜ( `ー´)ノ

    45リットルのザックにこんだけ詰めたw必要十分寒いっ!疲れたっ!こんな体では、水場は余計に、さらに、遠くなるぅぅぅ小屋から10分ほどかかるし悩むしめんどくせーい・・・ビールでもメシは炊けるしwだ、か、ら、、、水くみは翌朝一番に回そうぜい(笑)大陸性の高気圧による放射冷却現象で午後2時の山頂は霧氷で真っ白ケ(下界はピーカン)晴れてるのにアオモリトドマツは白くなってるダケカンバの枝先は氷結してる...

  20. 秋の大東岳今日はガスがとれなかったぁ - tabi & photo-logue vol.2

    秋の大東岳今日はガスがとれなかったぁ

    間一髪(`・ω・´)もう少しでヘッデン行動になるところだった樋ノ沢を出たのが15:11京渕沢を16:00に通過し駐車場着が16:47京渕沢を16時、まだ明るいうちに、予想通りのタイムで通過できてホッとした樋ノ沢小屋から駐車場までの谷あいを1時間半で歩け通せたので、、、まだ体力ありそうな感じがする月2回、山に行ってるからそのお陰ですかね?まあそうはいっても駐車場手前の杉林の中は真っ暗だった裏磐...

総件数:24 件

似ているタグ