移住のタグまとめ

移住」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには移住に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「移住」タグの記事(18)

  1. 佐賀移住。まさかの台風直撃。死ぬかと思った。 - ニューヨークスタイル

    佐賀移住。まさかの台風直撃。死ぬかと思った。

    以前のメルマガにも書きましたが、佐賀にタイム移住をすることにしました。もちろん、現在のNYや東京、大阪での生活はそのままですが、月のうち1週間は佐賀に住むことにしました。9月16日の台風真っ最中、東京から引っ越し荷物を積んで、東京においてある愛車で佐賀まで向かいました。最初は、東京からフェリーで四国まで行き、そこから陸路で佐賀まで行こうかと思ったのですが、台風の影響で4日間はフェリーは運航し...

  2. パリ移住に向けてイメージトレーニング! - おひとりさま 徒然なる老後

    パリ移住に向けてイメージトレーニング!

    実はミレイユ・ダルクのファンだ。特にアラン・ドロンとの関係には羨望を感じずにはおれない。あ~、なんであんな色男に産まれなかったんだ!よし、パリに移住したらミレイユ・ダルクみたいな女の子にアタックしまくるぞ!狂った老人と見られてもお構いなしだ。そう、アムールの国"フランス"だ。失うものもない。

  3. 実家を断捨離して、パリに移住! - おひとりさま 徒然なる老後

    実家を断捨離して、パリに移住!

    このタイトルとタグに釣られて何人が訪れてくれただろう?。下表を見て頂きたい。私のブログの9月の統計データだ。ちょっと真面目に考察してみる。■ブログで伝えたかったこと、同じ境遇の方々と共有したかったこと・還暦を間近に、互いにリタイアして穏やかに暮らそうとしていた矢先にそのパートナーを失った心境・心理的ケアを試行錯誤して悲しさを克服する過程・一人で高齢化していく不安とその対応の過程■結果・反省・...

  4. なぜパリに移住したいか? - おひとりさま 徒然なる老後

    なぜパリに移住したいか?

    「街が綺麗でお洒落だから」それだけだ。若い女子と動機は差がない。他には、公共施設にピアノが常設してあり何時でも弾ける。内なる声に導かれて自分の音楽スタイルが印象派のようになってきている。だから耽美でフェミニンな感じがパリと親和性がある。日々のスケジュールはだいだいこうなるだろうな。・起床、明るくなり部屋の窮屈さがより耐えれなくなり、バゲットを買いに行く。ここで簡単な仏語の反復練習。・部屋に帰...

  5. パリに1年住むと宣言 + いやな感じのパリマダムのブログ - おひとりさま 徒然なる老後

    パリに1年住むと宣言 + いやな感じのパリマダムのブログ

    喫茶店の常連仲間に宣言した。そうそう、こうやって自分を追い込むのだ。すると、あるブログが現地に住んでいないとわからないことがいっぱい書いてあるというアドバイスをもらい、さっそくお店のPCでそれを観てみることにした。それは日本人の女性のブログだった。現地人の旦那がいて、2人の娘がいる。どうも15区の高層アパートの上の階に住んでいるようだ。行動範囲が狭く、近所の幼稚園とChamp de Mars...

  6. 移住してから - 修証一等

    移住してから

    4月に移住してから、随分更新をしていませんでした。4/19に鹿児島に着き4/23に定期健診を指宿医療センターに受けに行きましたが、数日後に切迫早産の症状が進み入院入院2晩目に収縮が薬で抑えられなくなった上、子宮口も開いてしまい夜中に市立病院に転院、そのまま出産。34週で生まれてしまった、子供はそのまま市立病院のNICUに1ヵ月の入院、5月末に退院しました。そこからは、もう怒涛の子育ての日々子...

  7. パリ症候群 と またまた妄想 - おひとりさま 徒然なる老後

    パリ症候群 と またまた妄想

    ■パリ症候群というのがあるそうだ。以下が定義だ。(出典:フランスが報道する『日本人シンドローム』 パリ症候群の実態とは?)・パリを訪れた日本人を苦しめる適応障害・憧れとは違うことを実感して発症するカルチャーショック■以下の差に原因があるそうだ。(出典:Le Figaro)・慎み深い VS 率直な物言い  →私も毒舌だ・入念に敬意を払う VS 暗示的なユーモアを言う  →私も皮肉屋だ・辛抱に強...

  8. 神戸っ子で京都にアトリエ、パリで自己表現て、素敵でしょ? - おひとりさま 徒然なる老後

    神戸っ子で京都にアトリエ、パリで自己表現て、素敵でしょ?

    あかん!このところ性欲がかなり減退してきて性格が女性らしくなってきた。亡妻の介護をしている時にピアノを再開したのだが、その時はゴツンゴツンと男性的な暴力的な音だった。亡妻を看取った後は、一緒に過ごした時代がすっぽり抜けて感性が70年代=高校・大学時代に戻ってしまい、その頃の日本のジャズに傾倒してそれらしい音になっていた。一周忌が終わってからは、内なる声が違う方向に導きだした。普遍的な倍音の世...

  9. 垂水移住計画を前倒し、、木材が高騰している - おひとりさま 徒然なる老後

    垂水移住計画を前倒し、、木材が高騰している

    実家は高度成長期の鉄骨プレハブ住宅だ。まさにハリボテである。品格もなにもない。20年ほど前にリフォームしていて感謝なのだが、いかんせん、部屋壁は木目プリント合板からビニル壁紙に替わっただけで安っぽいままだ。よって、写真のような杉板の壁にしようとおもう。もちろんDIYで貼っていく。しかし、ホームセンターに行って驚いた。無垢材がない。すべてがパッチワークのような細かいピースを継ぎ合わせた板ばかり...

  10. 大三島での新しいライフスタイルとは - 大三島のおはなし

    大三島での新しいライフスタイルとは

    伊東豊雄建築ミュージアムでこの夏から始まった展覧会。ポスターの方は移住されてきたオミシマコーヒーさん。移住してこられた方です。今、大三島では伊東さんの建築塾や移住した方が中心となっていろいろな動きが生まれている。もちろん、住んでいる人たちもがんばっている。日々暮らしながら新しいことに挑戦するってなかなか大変なことだろうなと思う。遠くに住んでいて変わっていくことばかりが目につきそれをただ嘆くだ...

  11. やはりパリに移住 仏語の勉強 - おひとりさま 徒然なる老後

    やはりパリに移住 仏語の勉強

    相続整理がひと段落ついてちょっと気が緩んでいる。とたんに悪い妄想が始まる。パリに移住したいのだ。実際に亡妻と一緒に安倍政権前の超円高のときにパリの不動産を見に行っているのだ。パリの不動産は新規供給がないので値下がりしないのだ。だから少し無理しても大丈夫なのだ。写真のように日本人のコミュティも現地で調査した。実行あるのみだったのだが、亡妻の急な発症で中に浮いた状態だ。状況が変わってしまい老人単...

  12. 『ふだんの金沢に出会う旅へ』にご紹介いただきました。 - 豆月のまめ日和

    『ふだんの金沢に出会う旅へ』にご紹介いただきました。

    ひと雨ごとに、秋の気配が漂う、金沢・東山です。いつも豆月をご愛顧くださいまして、誠にありがとうございます。さて、この度、豆月は、9月1日発行の書籍、『ふだんの金沢に出会う旅へ』にて紹介していただきました。以前…、2015年に発行の『ふだんの金沢に出会う旅』(改訂前)にはじめて出会った時金沢の素敵なお店や、金沢で暮らす方々、息づかいを感じるような雰囲気に、うっとりとしながら金沢で暮らす方々は、...

  13. 家から花火! - 秘密基地な日々

    家から花火!

    時期によっては毎日のように上がる花火。近所のリゾートホテルがあげている。時間は短いかもしれない。花火の数も少ないかもしれない。でもこんなに近くから、家でゆっくりお酒を飲みながら、連日花火を見れるのは幸せなことではないだろうか‥田舎暮らしの特典と思おう。

  14. まさか自分の家の庭で‥ - 秘密基地な日々

    まさか自分の家の庭で‥

    自分の人生の中でバナナを庭で収穫するようなことがあるとはは思わなかった。バナナがこんな形でなるという事は、何となく知っていたが、こうなると、さすがにインパクトがある。通常、出荷されるバナナは青いうちに収穫され追熟で黄色くする。黄色くなってから収穫すると、まず香りが違う。味もよく、酸味があってとても旨い。

  15. 手長エビを獲りに行く - 秘密基地な日々

    手長エビを獲りに行く

    ふたり合わせて10匹以上獲ったはずの手長エビ、バケツを見るとこれしかいない‥。ヤツらも必死だ。でもこれがほんの数十分での成果。たのしい。この後もう少し北にある川でも手長エビ獲りをする。そっちの川のエビはサイズが小さいがすばしっこい奴が多かった。川によって違うんだね。この後油で揚げて喰う。

  16. こういう本。他の地域でもあるのかな? - 秘密基地な日々

    こういう本。他の地域でもあるのかな?

    オキナワに拠点を移して6年。基本的には縁もゆかりもない地域なので、この地域にどういう企業があるのか知らない。地元企業から話が来ても「そもそもなにしてる会社?」的な問題から入らないといけない。そんな時便利なのがコレ。毎年発行されているらしい。これまでは立ち読みしていたが今年は買った。他の地域でもこういう本は発行されているのだろうか?

  17. I ターン漁師の奥さんのブログに触発されて、Excite Blog を始めちゃった! - エビ馬鹿が行く!

    I ターン漁師の奥さんのブログに触発されて、Excit...

    ウリボウ発見!?おもしろいブログを見てしまった。以下、引用。 ウリ坊と急接近♡ 昨日の夕暮れ、車で走っていたら道の脇をゴトゴト走っている集団を発見。その正体がわかるや否や主人は車から飛び出し、追っかけて~、そのうちの1匹、捕まえました、素手で。。縦じま模様のウリ坊です♡まつ毛クルン、おめめパチッと、カワイ子ちゃん案外...

  18. 20年前 - 翔鳳為林

    20年前

    返還直前の香港に行き、移住して、生活することを夢見たな~何か何かが違うように見えた。今日の香港。

1 - 18 / 総件数:18 件

似ているタグ