稲の花のタグまとめ

稲の花」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには稲の花に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「稲の花」タグの記事(8)

  1. お散歩 - 清治の花便り

    お散歩

    8月11日17:10下山帰宅後のお散歩8月9日に台風が行って2日経つのに波治まらず干拓田海よりも低き稲の花歩地爺遠目には稲の花は確認できません地味だから・・・・・実は鬱憤を晴らすように黄金色になるのだろうか?黒猫のまなこ金色稲の花歩地爺営団川の土手の防草シートを這う屁糞葛に花花あげてへくそかずらはかなしき名国松ゆたか(ホトトギス雑詠選集)とんぼうに嗅覚なきや灸花歩地爺8月12日5:45台風過...

  2. 稲の花 - 清治の花便り

    稲の花

    涼新た歴史を刻む若き棋士秋暑しひふみん抜きし最年少歩地爺・8月18日茜雲瞬時に白き秋の雲歩地爺・古市場のコンクリートにミミズを叩きつけるイソヒヨドリ・振り向けば色変わりたる秋の雲歩地爺・干拓地七十年の稲の花高山は遠くにかすみ稲の花歩地爺・大川の古びし橋や朝の霧朝霧や僅かに濡れし犬の貌歩地爺・ごきげんようさようなら・

  3. 暑さの中の開花 - いねのかみ ~すべては「おかげさま」~

    暑さの中の開花

    暑い暑いお盆の時期は、稲の開花の季節です。そろそろ開花かな、と田んぼに行きました。咲いています。今年は雨の時期が長かったので、少し遅めの開花ですが、田んぼのほぼすべての部分で開花していました。日が強いので、今回は笠です。シオカラトンボとおおきなバッタがいました。今は田んぼには入れないので、見るだけでしたが、また雑草を取りに来なくちゃ、と思うほど、稲も雑草も元気でした。稲穂がお辞儀をするように...

  4. マリンブルーの貨物船 - 清治の花便り

    マリンブルーの貨物船

    8月12日いつもより小舟が多い盆の前盆だから網を揚げるのかな?・港のアオサギ・灸花灸のままで花の落つ歩地爺・火の用心マッチ一本火事のもと・8月13日白っぽく見えたからミサゴかと思ったのに・・・初秋を寿ぐがごと鳶の舞ふ帰省子を空で迎えし鳶数多歩地爺・通し鴨とんびを追ふて日本海歩地爺・初秋やマリンブルーの貨物船歩地爺・判りずらいけど・・・空に塵のような黒点は鳶・秋の空鳶点々とそれぞれに歩地爺・カ...

  5. 青田の海 - エキサイトブログおちおち眠っていられない

    青田の海

    青田の海だった田んぼが今は苗から稲に変わろうとしています。これが稲の花。小さくてよく見えないかもしれない。米粒より小さく咲きゐる稲の花 島津余史衣白い小さな花々が、しっかりと稲から咲き始めています。辺り一帯、むせるほどの稲の薫りです。もしかすると、これは花そのものの匂いだろうか。むかし吾も乙女でありき稲の花 島津余史衣田の畔に入った途端、目の前に青い田の海が広が...

  6. 稲の花 - 円座抄

    稲の花

    田んぼでは早苗だった稲が青々と育っています。朝の8時半ころです。もう田んぼには水が入れられています。よく見ると小さな小さな花が咲いています。稲の花です。「稲の花神の不思議の足拍子」武藤紀子『円座』(秋)神楽の舞いのことでしょうか。稲の花の季語の取り合わせが絶妙だと思います。「空へゆく階段のなし稲の花」田中裕明『夜の客人』(秋)青空と白雲、青田と稲の花。空への憧れが詩情豊かに述べられていると思...

  7. ひとつ - たなぼた

    ひとつ

    たくさんの方にお世話になってひとつ形になるというそのときの私はただ我武者羅で先のことなど考えもしていなかったがずっとずっとその先まで見越していた人がいて形は生まれてきたなんとありがたいことだろう※田に稲の花どうもこの花の咲く頃の私はくしゃみが止まらない

  8. 稲記録@7月18日 - はな花季行/おっ!オッ?

    稲記録@7月18日

    確か5月4日に植えた苗。気がついたら花が咲いていた。今年は猛暑で本業夏服の注文が例年より多く、その他いろいろでオトンもじっくり稲を見れない。イチジク(まだ小指の夢ほど)やブルーベリー(ヒヨドリにやられてる)が気になるオカンはなおさら^^;オクラもあるでよ。(つるんとしたタイプ)

総件数:8 件

似ているタグ