穀雨のタグまとめ

穀雨」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには穀雨に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「穀雨」タグの記事(18)

  1. 穀雨かな?(No・202) - 薪窯冬青 犬と山暮らし

    穀雨かな?(No・202)

    雨の中を散歩に出た。麦が穂を出していた。長らくまとまった雨が降らなかったので、さしずめ、穀雨だな。ヤマフジも咲いていた。夏の花だね。*穀雨24節気の一つ。春最後の節気。今年は4月12日から5月5日ころまで。百穀を潤す雨。

  2. 穀雨 - おっさんのつぼやきvol.5

    穀雨

    穀雨春の太陽が強さを増すこの頃の雨は、五穀の生長に天の慈雨と言う意で、穀雨と呼ばれる。毎年4月20日頃である。『SHINNIPPON CALENDAR日めくり』より

  3. 穀雨 - ミセス サファイア 静けさの中で

    穀雨

    春雨降りて百穀を生化すれば也昨日は、「穀雨」春の節気の最後に入りました。このころの雨は、植物の生長によいといわれます。枯れ庭のようだった庭の樹々が芽ぐみ始め、植物の新芽が出そろいつつあり、季節は新緑へと移り変わります。新芽若葉は銀色あり、薄緑色、赤みどりあり、黄色と色とりどり。秋の紅葉とはまた違ったいきいきとした美しさがあります。雨上がりのある日ほんの短い時間でも陽が照ったり曇ったりそのよう...

  4. 太陽は牡牛座に。 - プランテプラネットのブログ。ここからもうちょっと

    太陽は牡牛座に。

    穀雨。予定されていたような雨模様。この時期の雨は、しっかりと地面を潤して緑を濃くし、次の収穫へと準備を整えてくれる恵みの雨。黄経30度は占星術では牡牛座の始まりの地点。牡羊座の、宇宙の闇から自分を探すという旅を終え、ようやく地上に降り立って、地球に根付く時を迎えました。地球の乗り物である「身体」を手にした牡牛座の旅の始まりです。自分はどんな資質で、何を持っている?身体を持つという感覚を味わい...

  5. 葦始生(あしはじめてしょうず) - そらいろのパレット

    葦始生(あしはじめてしょうず)

    4月19日(日)きょうは二十四節気「穀雨」初候(七十二候第十六候)「葦始生(あしはじめてしょうず)」に当たるとか。穀雨とは、たくさんの穀物をうるおす春の雨が降るころのこと。この季節の終わりには、夏の始まりを告げる八十八夜が訪れます(日本の七十二候を楽しむ』東邦出版より「穀雨」)山野が植物の緑一色に輝く時期の始まりです。枯れ色とばかり思っていた水辺でも、よく見れば葦の若芽が芽吹いています。…(...

  6. 花粉症のない春。。。 - Miwaの優しく楽しく☆

    花粉症のない春。。。

    今日は二十四節気の「穀雨」。昨日の雨は。。。穀雨?と思えるような少しすさまじい雨でしたけれど('◇')ゞ春の土用は、本当にお天気が荒れやすいですねぇ。気温も、天候も少しお気を付けくださいね。でもこれも季節替わりの大切なこと。こうして考えると、自然は一つの生き物のような感じもします。写真のシンビジウムは、これ5年目ぐらいに咲いたのです。買ってからずっとそのままで、いつも私が...

  7. 穀雨の候… - 侘助つれづれ

    穀雨の候…

    いい雨でしたみどりが一段と鮮やかになり気持ちいいですね**しっとりとした庭をのんびりパトロールクリスマスローズ実がふくらんでやさしい母の顔に雪柳の実は黄金色ロウバイの実は相変わらずユニークはじめて見る編笠百合の実は不思議なかたち***早春の花たちは静かに緑の中にのまれていきます

  8. 穀雨のころ@散歩道 - そらいろのパレット

    穀雨のころ@散歩道

    散歩道の八重桜もそろそろ散り始めるころでしょうか。暖かな光に誘われて買い物がてらウォーキングに出かけました。こんな濃い色のポンポン玉のような八重桜を見ると昔、色付きの薄紙を何枚も重ねて畳んで真ん中を結んでそれをまた開いて…と言えば、「そうそう」と相槌を打ってくださる方がたくさんおいでだと思います(^^ゞさて、散歩道の水際に今まであまり見かけなかった植物が増えたような気がします。なんだろう、ク...

  9. 群青カフェ〜穀雨〜 - ポケットに季節の手帖

    群青カフェ〜穀雨〜

    母から、ジャムを取りに来るようにと連絡がきた。定休日の朝、隣町にある実家まで車を走らせる。今年の春は汗ばむほど暖かくなったかと思うと、ほころんだ梅に雪が積もるといったおかしな気候だった。例年よりも、桜の開花がだいぶ遅くなった。それでも、車窓から眺めてみれば、もうすでに葉桜に変わりつつある。今年も花見をし損ねた。カフェを始めてバタバタ忙しく、四季の移ろいをゆっくり味わう暇もない。実家で待ち構え...

  10. 夏日 - 老いの小文

    夏日

    昨日(20日)から二十四節季カレンダーは穀雨、これをもって春の季節が終わる。八十八夜も、次の節季立夏も待たず一気に夏がやって来たような陽気です。午後から出掛けた散歩は、日蔭のベンチで汗をやり過しながらの歩きです。急な季節の移りにもがく昨日今日です。ポチッと↓お願いしますにほんブログ村同居人のツツジが満開です

  11. 4月のベランダ - 東京ベランダ通信

    4月のベランダ

    きょうは二十四節気の穀雨である。田んぼや畑の準備が整い、それに合わせるように、柔らかな春の雨が降る頃合い。変りやすい春の天気もこの頃より安定し、日差しも徐々に強まってくる。穀雨は種をまき、苗を植える時を教えてくれる。ベランダは新緑に包まれ、芍薬が咲き、クレマチスが咲いている。ビワやアーモンドやリンゴ、ブルーベリーといった果樹たちの実もふくらんできている。バラは先陣を切ってジャクリーヌ・デュ・...

  12. 百穀を潤すあしはじめてしょうず - Miwaの優しく楽しく☆

    百穀を潤すあしはじめてしょうず

    二十四節気の「穀雨」恵みの雨が降る時です。葭始生(あしはじめてしょうず)とあるように緑が芽吹き始めて、自然が生き生きと活発に動き始める。緑がどんどんと深みを増して美しい季節となっていきますね。先日、母と諏訪へ行ったときに諏訪大社の秋宮へ行ったのです。この松、面白いと思いませんか?三葉の松です。拝殿の向かって右側にあるのですが昭和天皇がご覧になったというので「天覧の白松」といわれています。この...

  13. 穀雨 - もこたん明日への扉

    穀雨

    この数日表示される回数が伸びてるこの話題の情報は確認していますか。話題性のあるこの話題ですから、情報を集めているというような方もかなり多いのではと感じてます。まだ把握していないというような人もいるのではないかと思いますから管理人が確認した記事などをピックアップしてみました。抓住春天尾巴〜養肝護脾三寶:蜂蜜、綠茶、陳皮愛茶的人都不會錯過穀雨節氣,這是品新茶的好時節。穀雨時上市的新茶滋味清潤,帶...

  14. 花酔い(穀雨) - ポケットに季節の手帖

    花酔い(穀雨)

    同僚たちと、仕事帰りに夜桜見物へと繰り出した。小学校と公園が道を挟んで向かい合わせにある通りは、双方の桜並木が競い合うように満開で、街灯に照らされた艶姿に歓声が上がる。けれど、寒い。昼間の暖かさに気を許し、薄いコートのまま出掛けてきてしまった。桜見物もそこそこに、結局は皆でいつもの居酒屋になだれ込んだ。楽しい酒につい羽目を外し、店を出た頃には夜もだいぶ更けていた。火照った頬に、冷え冷えとした...

  15. 煮豚のっけ弁当 ✿ 冷やし中華はじめました(๑¯﹃¯๑)♪ - **  mana's Kitchen **

    煮豚のっけ弁当 ✿ 冷やし中華はじめました(๑¯﹃¯๑)♪

    4月20日(木)27/21今日は二十四節気の「穀雨」二十四節気における春は、立春に始まり穀雨で終わりを告げるそうです。雪が解け、様々な命が吹き返し、草花が順々に咲き、鳥が渡り…次の命を育む用意ができたころ、五穀豊穣もたらす雨穀物を育て始めるそんな時期うまくできたものです(*’ω’*)さて、今日のbento今日は作りおきから煮豚と青紫蘇チーズ巻竹輪の磯辺揚げ煮豚は薄切りにして、ごはんの上にのせ...

  16. ♪夏も近づく八十八夜、野にも山にも若葉が茂る「穀雨」 - 春夏秋冬、めくるめく四季

    ♪夏も近づく八十八夜、野にも山にも若葉が茂る「穀雨」

    --------------------------------------------------------------------------------生きていることが面白い。なりふりかまうより、工夫してみろ。by 佐賀のかばいばあちゃん-----------------------------------♪夏も近づく八十八夜夏も近づく八十八夜野にも山にも若葉が茂るあれに見えるは茶摘...

  17. 穀雨 - 名勝和歌の浦 玉津島保存会

    穀雨

    花々が咲き乱れ、緑が眩しい季節。大地を潤す雨は、田畑にとって恵みの雨です。これを穀雨といいます。藤の花が見頃です。一方、八十八夜の別れ霜というように、遅霜の現れる時候で、農家にとって油断のならない時期です。八十八夜とは、立春から数えて八十八日目という意味で、茶摘みを始める目安とされます。1時間で潮が満ちてきました。和歌の浦干潟。

  18. 穀雨(中平) - 柚の森の仲間たち

    穀雨(中平)

    今日から暦では穀雨(こくう)になります。春季最後の節気です。穀物の生長を助ける雨が降る時期とされていますが、今年の春は例年より雨が多いように感じます。雨降りの様に湿度が高い時は、東洋医学の言葉で表現しますと“外湿”が多い状態です。つまり身体の外に湿気が多い状態。この様な時は体内の水分排出が十分にされにくくなり、身体が重だるかったり、鼻水・痰が溜まるといった症状が出たりします。こんな時は積極的...

総件数:18 件

似ているタグ