積雪荷重のタグまとめ

積雪荷重」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには積雪荷重に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「積雪荷重」タグの記事(4)

  1. いえのえほん構造篇/多雪地域の陸屋根2 - 『文化』を勝手に語る

    いえのえほん構造篇/多雪地域の陸屋根2

    『結ホール』の東隣地に建つ平屋の建物。屋根の積雪は1.5mほど、北側の雪庇もかなりなもの。雪庇分を落とし、なおかつ軒の出55センチ分も落とす。下の図面からみるとたるきのサイズが60×45で、ちょっと頼りない。北側だけのつもりだったけど、天気もよくやっているウチに調子が出てきて、4面全て落としきった。下から見上げるとかなりヴォリューム感のある雪にみえる。時間にしてほぼ1時間、達成感と疲労感・・...

  2. いえのえほん構造篇/多雪地域の陸屋根 - 『文化』を勝手に語る

    いえのえほん構造篇/多雪地域の陸屋根

    異常な豪雪に見舞われている岩見沢、社員用カーポートの屋根の雪も構造体力的には限界に来ている。構造設計上岩見沢の積雪荷重には、1.6m分の積雪を算入することになっている。多雪区域で1m以上の積雪の比重は圧雪で重たく3㎏/㎝(1m以下は2㎏/㎝)、1.5mは積もっているとするとその重さは450㎏/㎡当りになる。この梁のスパンは7.28mで負担する積雪の巾は2.1375m、ゆえに450×7.28×...

  3. 【耐震性能は? 断熱と並ぶ北海道住宅ポイント】 - 性能とデザイン いい家大研究

    【耐震性能は? 断熱と並ぶ北海道住宅ポイント】

    最近、道東地域十勝沖の太平洋海底を想定域とする巨大地震の可能性がかなり高い確率で発生するとアナウンスがあった。2017年12月に政府の地震調査委員会による北海道における大型地震の発生確率の発表ですね。そうした状況の中で、耐震性についてのユーザー意識は北海道内でも、やはり強くなっていく傾向にあると思います。北海道住宅は「凍結深度」という概念がしっかりあり、札幌では60cm、旭川や道東地区では8...

  4. 北海道豪雪地域の家のあり方/ドカ雪 - 『文化』を勝手に語る

    北海道豪雪地域の家のあり方/ドカ雪

    降り続いた雪がやっと止んだ。今は陽が射している。このドカ雪のあとのカラッと晴れ渡る青空は、空気も澄んでいて気持ちがいい。なのに除雪車が入って来てくれていない。いや、いつもの時間(深夜4時前後)にちゃんと入って来たのだけど、その後の降雪でまた30センチは積もっているので、2回目が来ていないという話。昨日からのドカ雪で、きのうは2回来てくれたんだけど、今日はもう追いつかないらしい。事務所前、深夜...

総件数:4 件

似ているタグ