立山のタグまとめ

立山」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには立山に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「立山」タグの記事(53)

  1. 立山 - 花咲く俳句日誌

    立山

    立山や初雪被り地ビールと

  2. 本日、朝から晴れ - 日常の中で

    本日、朝から晴れ

    小矢部川河口にてあと2〜3日で剣頂上付近かな

  3. 今日が終る - memory

    今日が終る

    どんなに快晴の日でも午後3時を過ぎる頃には雲が上がって来る。ひとしきり空が騒がしくなって、やがて静まり、今日が終る。この後、再び快晴になって星降る夜がやって来た。9月30日

  4. 火山の痕跡、氷河地形 - memory

    火山の痕跡、氷河地形

    その昔、大きな火山があって、膨大な量の溶岩と火砕流が流れ下りその後でみくりが池やみどりが池の火山湖(噴火口)ができ大量の雪による氷河で削られ・・・そんな壮大な風景を想像するのは楽しい。(NHK「ブラタモリ」の地学話に共通するナニモノカが楽しいのと同じかも知れない。)で、、、結局「温泉が嬉しい」になってしまうのが日本人的。日本人とローマ人が通った後には風呂が残る。

  5. 陽だまり - memory

    陽だまり

    もう雪に覆われていると思うとそれはそれでココロが騒いでしまうのです。9月30日

  6. 立山アルプスの草紅葉 - Atelier Charmant のボタニカル・水彩画ライフ

    立山アルプスの草紅葉

    10月はじめ草紅葉というものが見られるということで立山に向かいました着いた日は丁度小雨で霧に包まれ良い感じ草紅葉は少し遅かったかという感じでしたがまだ良い色が残っていましたこの辺りは氷河活動と火山活動があったところでそのおかげで高い木があまりありませんなので一面草が生えており標高が高いのに湿地になって池も沢山あるくらいなのです先週大好きな番組「ブラタモリ」の立山シリーズを見て本当に地学的な事...

  7. チングルマの秋 - memory

    チングルマの秋

    タテヤマチングルマの秋色一般的なシングルマは花弁が白色なのに、タテヤマチングルマは薄桃色になるらしい。(突然変異種)幹が1mm太く成長するのに10年以上かかるので失われてしまえば再生は難しい。群生(濃い赤~チョコレート色の塊)岩の上のチングルマ紅葉と種子の綿毛9月30日

  8. ガレ場の草たち - memory

    ガレ場の草たち

    9月30日

  9. 速報・雪の立山~紅葉巻戻し - じゅんりなブログ

    速報・雪の立山~紅葉巻戻し

    この夏登山で使っていた薄手のウールの手袋が、小指以外全部穴が開いてしまったRINAです。穴が開くとスマホが使えて意外と便利!と思って、ずっと縫わずに使っていましたが、やっぱりカッコ悪い限界に来てしまったので、JUNに縫ってもらおう!--------------------------------------------今現在の立山の速報です。今日から紅葉~夏までさかのぼってみましょう!雪が降...

  10. 風の通り道 - memory

    風の通り道

    富山湾から風が吹き上がって来る。いつも同じ方向から通り抜けるのか、風が凪いでも草が風の形をとどめている。これは雨のかたち

  11. 行動食は朝マック。 - じゅんりなブログ

    行動食は朝マック。

    テーブルに向って居眠りしてしまった時、左手に持っていたiPhoneをかじってハッと目が覚めたRINAです。iPhoneは硬かったです。たぶん夢の中で何かを食べていたのでしょう。液晶が割れなくて良かったです。---------------------------------------------3週連続立山です。本当は4週連続の予定でしたが、台風で中止になったので。今日のツアーガイドは、雷鳥...

  12. 激混みの紅葉終盤雄山 - じゅんりなブログ

    激混みの紅葉終盤雄山

    「矢印の方向へゆっくりとお引き下さい」と書かれた卵パック、開封に1度も成功したことのないRINAです。あれって、必ず途中で引きちぎれるようにできているのではないですかね?何かの嫌がらせですかね?ちなみにJUNはその開け方すら知らなくて、普通に無理矢理開けていました(笑)。-------------------------------------------今日も雄山・大汝ガイドです。気持のよ...

  13. 紅葉の立山三山 - じゅんりなブログ

    紅葉の立山三山

    最近立て続けに「宮里藍」さんに似てると言われるRINAです。引退でメディアに露出していたからでしょうね。デビュー当時にもよく言われました。私って、沖縄県民の顔つきなのかな~。純粋な東京出身ですけど!--------------------------------------------やっと紅葉の話題まできました(笑)。色づき始め~半ば、9月22日~24日の立山三山ガイドです。このココアを見...

  14. ナナカマドの紅葉 - memory

    ナナカマドの紅葉

    9月30日ナナカマドが色付いていた。ほぼ岩の上に根を張っているようなものなので背は低い。この大きさになるまでに何年経っているのだろう?背景は別山室堂山方向

  15. 尾根を行く - memory

    尾根を行く

    尾根を行く人々一の越から雄山へ真砂岳へ (クリックでもう少し大きな写真が開きます)?一の越までは登山道が整備されているので天気さえ良ければ初心者でも登れるけれど、、、リクルートスーツにパンプスで歩いているオネーサンはさすがに大丈夫か?と思った。雄山の神社に就職祈願?・・・でもないか。9月30日、ほぼ快晴で気持ちの良い天気だったがコルに近づくにつれて風が強くなり、体感温度もだいぶ下がって来た。...

  16. 一の越コル辺り - memory

    一の越コル辺り

    氷河の名残(モレーン)カール立山火山の一部だったあたり一の越コルから黒部側登山者が積んだケルン

  17. 雄山 - memory

    雄山

    北海道に大雪山と言う山が無いのと同様、地理的な立山と言う山は無くこの地域の通称の様なもの。Wikipediaの「立山」によれば「「立山」は単なる地理的な名称ではなく、室堂や地獄谷、弥陀ヶ原、立山カルデラという立山一帯を含んだ地理的な広がりと、立山信仰や遥拝登山など精神的な広がりを含んだ複合的な意味を持っている。雄山・浄土山・別山を「立山三山」と呼び、その周辺の山々と合わせて狭義の「立山連峰」...

  18. 浄土 - memory

    浄土

    浄土山日本各地の山へ行けば山岳信仰(修験道)の痕跡を見る事が多い。痕跡だけでは無く、現在も生きている信仰なのだが、、、熊野以外にも、出羽三山(月山・羽黒山・湯殿山)、国東半島の仏教世界(六郷満山)の様な神仏習合世界は面白い。梅原猛氏によれば、地獄の概念は後付けなのだと言う。極楽浄土、天国が先にあった。道教と混じりあう前の原始仏教や教義神道以前の古神道ではどのような世界観だったのか。下世話な言...

  19. 山が呼んでいる - ひとりでもやもや

    山が呼んでいる

    「ブラタモリ」見て、やはりまた立山行きたいな。雪のないときに。山登りたい。チャンスあるだろうか。(CX4)心象風景写真ランキング

  20. 剱岳 - memory

    剱岳

    室堂ターミナル辺りから見た剱岳剱岳頂上で、なぜかバンザイをして記念写真を撮る人が多い。2004年から公式に標高2999mと定まったがそれ以前は2998mだった。バンザイすれば3000mに届く「あとチョット感」からですかね。この山の頂上から能登半島が地図通りの形で見えた、、、などと思いだしてみる。

1 - 20 / 総件数:53 件

似ているタグ