立春のタグまとめ

立春」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには立春に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「立春」タグの記事(166)

  1. 立春を祝って * エドヒガンザクラ♪ - 虹の架け橋  ~天使*精霊たちとともに~

    立春を祝って * エドヒガンザクラ♪

    立春を祝い咲くかぎりない愛が地上に届けられたくさんの笑みうまれるとき

  2. 【JAPON】【Lichun立春】【Ehomaki恵方巻き】【Setsubun節分】 - フランス美食村

    【JAPON】【Lichun立春】【Ehomaki恵方...

    【JAPON】【Lichun立春】【Ehomaki恵方巻き】【Setsubun節分】【YouTube】【JAPON】節分124年ぶり2月2日豆まきもコロナで大幅縮小(2021年2月2日)https://youtu.be/fueDorOrT4o【YouTube】【JAPON】「アマビエ」再現 人気恵方巻きは?コロナ禍で変わる節分https://youtu.be/qu8_58kfVLw【YouT...

  3. 陽光下の人々 - 「シュクレはお留守番」スナップ日記

    陽光下の人々

    春の陽気だった先週末、常用のダウンジャケットなしで多摩川左岸中流域(河口から20km余り)を自転車で。何はともあれ、無心な笑顔と歓声は通りがかりの人の心も軽くしてくれる。(レンズ備忘録:TAMRON AF28-300mmF3.5-6.3 XR Di LD MACRO)

  4. ✔ 陽光に春を知る・・・=熊本市 - チャレンジ! 日々の散歩道

    ✔ 陽光に春を知る・・・=熊本市

    回想)コーナー風景夕景野鳥 日々の光景▼撮影:2021年02月06日「立春」は2月3日であった。朝晩は底冷えのする気候ではあるが、昼間は春の陽気が漂う今日この頃である。そこで我が家のスミレやビオラは色鮮やかさを増して、近所の白梅も咲き始めているではないか-。朝の雨に濡れたスミレの花びらには、大きな雨粒が輝いている・・・朝の眩しさを表現してみた足元に植えたビオラにも、季節到来を謳歌する息吹が...

  5. 今週の昼ごはん - マイニチ★コバッケン

    今週の昼ごはん

    月曜日しらすご飯、アサリの味噌汁、かぼちゃ煮、花わさび、白菜漬け、大根の柚子醤油漬け、生姜の甘酢漬け。火曜日塩サバ、鶏むね肉と下仁田ネギと椎茸の焼鳥風、かぼちゃ煮、白菜漬け、スナップエンドウ、プチトマト、白米にカリカリ梅。水曜日豚の味噌漬け焼き、レンコンと人参のきんぴら、白菜漬け、レタスとトマトに人参ドレッシング、白米、大根とかき玉の味噌汁。木曜日おいなりさん(レンコンと人参のきんぴら入り)...

  6. 『立春』 - 風の中で~

    『立春』

    昨日、2月3日が立春だった。節分の日の方が早いので、節分の日が例年より一日早い事が目立ってしまったが『節分』とは、各季節の始まりの日の前日の事を言い今回の場合は、立春の前日が節分なので、本来的な言い方をすれば「立春が一日早くなったので、その前日の節分も早くなった」・・と言う言い方が正しいのではないだろうか。さて、立春。日本ではあまり騒がないけれど、中国やベトナムでは正月なので大騒ぎさ。(今年...

  7. 立春 - くろやぎと花子

    立春

    昨日が立春だったそうだけどこまかいことは置いといて31日に出逢えた春色福寿草。

  8. 立春の日 - bonco、、、ぼん子、てんてんてん

    立春の日

    今日の田舎はところにより曇り16時半現在8°寒い~っていうか冷たい!昨日の立春の日お参りをしてお札を戴いてきました、訪れたのは家から車で30分程の可睡斎(かすいさい)東海屈指の曹洞宗の巨殺で全国でも珍しいトイレのお札(烏蒭沙摩明王:うすさまみょうおう)があります、日本一の大東司(だいとうず、トイレ)と烏蒭沙摩明王男子小便器の上に鏡、個室扉の上に鏡、横にも鏡が、、、そしてピカピカに磨かれた木の...

  9. 立春と、鈴懸の野菜カレー - ゆるゆると・・・

    立春と、鈴懸の野菜カレー

    立春大吉。まだ冬の真ん中のようだけど、暦の上では春なんですね〜昨日からコトコト、牛スネカレーを煮込んでます。うちでは、月に2度くらいしか作らないんだけど、牛すじカレーか茄子カレーなんです。最近は牛スネが多いかな。ストウブに玉ねぎと牛スネだけ入れて、トロトロになるまでじっくり。今週初めもカレー食べました。九大病院のあと、鈴懸の喫茶へ。緊急事態宣言中だし九大の中で~と思ってたら、ロイヤルもサブウ...

  10. 福茶とおちょま - ミセス サファイア 静けさの中で

    福茶とおちょま

    立春からはじまる新しい年に初めて汲んだ水を若水といい、健康、豊作、幸せを招く水とされています。まずは、神棚におそなえし、その若水で淹れたお茶が福茶です。煎茶やほうじ茶に、梅、昆布、大豆などを入れて喫します。旧暦から新暦に移り変わるなかで、今では、正月の習慣になり、特に正月の福茶を大福茶といいます。福茶の風習は、地方により様々ありますが、起源は、平安時代、村上天皇が御病床にあったとき、六波羅蜜...

  11. 感じる気配 - フォトな日々

    感じる気配

    _________________________________

  12. 立春の日に - 花の自由旋律

    立春の日に

    2021年2月3日(水)晴緊急事態宣言解除は1ヵ月延長になりました。感染者の数字が少しずつ減ってきているのは、やはり緊急事態宣言の結果かしら?それともベッド数が当たりないからPCR検査を抑制している?どちらにしてもあともう少し我慢、我慢です。立春の今日は寒い一日でした。ウオーキングで見つけた藪椿です。椿のそばに移築された藁葺古民家記念館があります。軒下に置かれている古い農具がすばらしい。右は...

  13. 立春と旧正月について - ヨモギ日記

    立春と旧正月について

    2月2日は節分。今日2月3日は立春ですね今年の旧正月は2月12日。これらは毎年太陽や月の運行によって日が変わります。立春を新年の始めとするのか、旧正月を新年の始めとするのか、どっちが正しいのだろう?と疑問に思い調べてみました。立春は二十四節気の起点として新年の始め、旧正月は月の満ち欠けを基準とした暦での新年ということで、どちらも正解なんですね。月の満ち欠けが基準なので、旧暦の元旦は必ず新月。...

  14. 本日の書道 - 鎌倉のデイサービス「やと」のブログ

    本日の書道

    女性ご利用者M.M様の書女性ご利用者W.K様の書女性ご利用者T.K様の書女性ご利用者G.M様の書女性ご利用者T.C様の書春はもうそこまで♪

  15. 2月3日の立春 - 令和氣淑

    2月3日の立春

    今年(2021年)の立春は暦の関係で2月3日です。昨日、達磨寺(京都市上京区)の節分に行きましたが賑わいが少なく例年振る舞われているお茶席や「だるま焼き」という今川焼を作る光景は無くそれを楽しみにしていた人にとっては哀しいことです。しかしコロナ禍で自粛されているもので仕方ありません。それを過ぎれば活気はあふれるでしょう。

  16. 春色 - 卒婚しました

    春色

    今朝の出来事ですキッチンの流しの前の窓を開けて洗い物をしているとピーピーピーと小さな鳴き声がするので顔をあげて見るとお隣と窓の間の垣根の小枝にメジロが止っていました目線の先、わずか1m足らずのところに止るメジロに私も息を殺すように見ているとどこからかもう一羽やってきて仲良く寄り添って互いの毛繕いをしたり、口ばしを合わせたりひとしきり仲睦まじい姿をみせつけ?てどちらからともなく飛び去っていきま...

  17. 立春大吉 - ふたり暮らしの生活向上委員会

    立春大吉

    124年ぶり(昨日知ったのだが)二月二日の節分にはもちろん恵方巻きを食べたこれはもう子どもの頃からの習慣なので必ずやる!と決めているもちのろん、豆まきもした実はこの地方では昔は殻付きの落花生を撒いていたらしいけれど今では大豆が一般的なようで豆菓子の美味しい有馬芳香堂の福豆が売っていたからコレを少々ベランダへ鬼は〜外!コロナ退散!と言いながら撒いて福は〜内と言いながら口に放り込んだで、当然今朝...

  18. 立春に胸さわぎする 新予感 - 月はひとり 星は二人で見上げたい - 人生は第四コーナーから

    立春に胸さわぎする 新予感

    夢を見ましたオートバイで旅をしていたころは 夏休みや黄金週間は十日間ほど走り回りました東北と四国は 十年間に八回ほど行った時期もありますそんなころの夢を見ました*思い出は 自分のためにあるのだと感じただから 今思う存分振り返って味わってしまったら 捨ててしまった方がいいのだろう残された人はそんなものは面白くも楽しくもなかろう新しい思い出を作り始めなくてはならない新しい時代の新しい思い出ジャパ...

  19. 2021年2月3日今治 - 好きなものに囲まれて2

    2021年2月3日今治

    アネモネついに2月になってしまいました。東京は自粛規制が延びてしまい、2月中には帰れない?という感じになってきました。何もなければずっと居たいのですが、、、。ところで今は確定申告の書類を作っています。面倒です。投げ出したいです。昨日は節分だったので姉が海苔巻きを作って持って来てくれました。今年は南南東らしいのですが、この風習は嫌いなのでしません。普通に切って食べました。その前日は鯛めしでした...

  20. 節分そして立春 - まほろば日記

    節分そして立春

    昨日は124年ぶりとなる2月2日の節分の日でしたね。”鬼は外、福は内”今年の節分ほど、この聞きなれた掛け声が心に響く年はありませんでした。昨日、主人は終日在宅で仕事をしていました。一日中PCの画面を通して会議や人と話をするのはかなり疲れるようです。体を動かさなくてもとてもおなかがすくようで、夕食を前に喜んでいました。以下、昨晩の夕食です。五目豆古来、豆は鬼の目である『魔目』を打つものとされて...

総件数:166 件

似ているタグ