竹富島のタグまとめ

竹富島」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには竹富島に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「竹富島」タグの記事(100)

  1. 雨の日写真 - あ お そ ら 写 真 社 

    雨の日写真

    ・梅雨明けした「沖縄地方」は太陽ギラギラ、華やかな「夏本番」でいいなぁ~!と思っていたら、早くも台風ですね!?今年は台風が多いのかな?Nikon F90XsΣ24-70/2.8EX DGフジ・ベルビア竹富島Koki2665(2005)写真は随分以前に竹富島で撮影した「雨の風景」集落から西桟橋へと続くスロープを振り返って、集落方向を撮影しました。この旅行中は雨が続き「南国の太陽」は殆ど拝めなか...

  2. 八重山スクランブル - あ お そ ら 写 真 社 

    八重山スクランブル

    Nikon F3Σ24-70/2.8EX DGフジクローム・ベルビア100八重山Koki2668(2008)離島と離島を結ぶ八重山の海石垣島・竹富島・黒島・小浜島・西表島・鳩間島・波照間島・与那国島の「島と島を結ぶ海上交通網」八重山の玄関口である石垣島に空路・航路で到着したら、そこから高速船、又はフェリーに乗って目的の島へ渡ります。与那国・波照間には空路もありますが、やはり圧倒的に「高速船」...

  3. 高気圧ガール - あ お そ ら 写 真 社 

    高気圧ガール

    D700AiAF-S80-200/2.8D竹富島Koki2670(2010)さむ~い写真が続いたので!

  4. 竹富島の朝 - あ お そ ら 写 真 社 

    竹富島の朝

    カメラ不明コダックBW400CN竹富島Koki2666(2006)竹富島の朝、朝食の前の散歩をしていると必ず見掛ける光景。珊瑚砂の道を掃き清めています。ていねいにゴミ(殆ど無いのですが)を拾い上げ、砂に竹ボウキの美しい掃き目を入れていきます。もちろん普通の道ですから自転車が通り、人が歩けば、その美しい模様は踏み消されます。なので、ほんの数時間でもとの姿に・・・。それでも島の人々は毎日の日課と...

  5. 南の島で - あ お そ ら 写 真 社 

    南の島で

    Nikonフィルムカメラコダカラー・ハイディフィニション400Koki2663(2003)竹富島

  6. 旅に欠かせないもの - あ お そ ら 写 真 社 

    旅に欠かせないもの

    Nikon FE2AiAF50/1.8Sコダクローム・ダイナ ハイカラーKoki2667(2007)竹富島Nikon F80sAiAF-S24-85/3.5-4.5Gフジクローム・べルビア100Koki2665(2005)波照間島旅には酒(例えば沖縄ならオリオンビールと泡盛)とカメラこいつらは絶対に外せない(人´∀`).☆.。.☆彡

  7. リンリン♪ランラン♪ - あ お そ ら 写 真 社 

    リンリン♪ランラン♪

    細かい珊瑚砂をジョリジョリと踏みしめ、タイヤを砂にとられヨロヨロしながらも、真っ白な道を海へ向かって走る自転車。Nikon F3レンズ不明コニカクローム・ シンビKoki2667(2007)竹富島ここを訪れた旅行者の多くがレンタル自転車で島の散策を楽しむから、そんな様子が日常的によく見られます。普段走り慣れたはアスファルトの道では、タイヤが埋まって進まなかったり、砂にハンドルをとられるなんて...

  8. 海とお姉さん - あ お そ ら 写 真 社 

    海とお姉さん

    やっぱ、海とお姉さんはいイイですね~EOS 50D(友人撮影)Koki2670(2010)友人に撮影現場を捉えられてました!僕は鼻の下が伸びきってますが、カメラを上手に構えるので相手には気付かれません(*´ω`*)此処に来ると大きな自然風景とお姉さんを合わせて撮りたくなります。特に、晴れ空の抜けた背景に、お姉さんを小さめに配置するのが好きです。(いや、もちろん寄りの写真も超好きですが・・・)...

  9. うみねこ - あ お そ ら 写 真 社 

    うみねこ

    先日、何かで見た「日本の美しいビーチ・ベスト10」の上位にランクされていた沖縄県石垣市(八重山諸島)竹富島にある砂浜。順位をつけてしまうのは些かヤボな気もするけど、晴れた日の海の色は溜息が出るくらいに素晴らしく、ここのビーチが美しいって謂うのは本当の事です。D700AiAF-S80-200/2.8D皇紀2670(2010)竹富島・カイジ浜そんな浜辺では多くの猫達が悠々自適に暮らしています。ノ...

  10. 夏と海と綺麗なお姉さん - あ お そ ら 写 真 社 

    夏と海と綺麗なお姉さん

    D700Σ24-70/2.8EX DGSB-900竹富島 コンドイ浜ソフトフォーカス風加工Koki2669(2009)

  11. 竹富島の夜を歩く - あ お そ ら 写 真 社 

    竹富島の夜を歩く

    竹富島の夜八重山の島々の中でも、ここの夜は特別に美しいと思う。夜空を見上げた満天の星空は、八重山諸島の全島で共通の美しさだけれど、町並みに関しては沖縄原風景が残されている、この島ならではの夜景を観ることが出来ます。風にそよぐ芭蕉の葉・・・ヤモリの鳴き声・・・フクロウ親子の鳴き交わし・・・リーフに砕ける遠くの波音・・・それら自然の音だけを耳にしながら、電球色に優しく照された珊瑚砂の小径を散歩し...

  12. 竹富島南の島の花時間 - あ お そ ら 写 真 社 

    竹富島南の島の花時間

    沖縄地方の原風景でもある朱瓦屋根の家屋と珊瑚岩の石垣、珊瑚砂の道が多く残る竹富島。もちろん島の周囲には透明で美しい海もある。それだけでも充分に素晴らしいのに、あちこちに咲く南国の花達が島を更に魅力的に演出してくれます。 D300DX18-200/3.5-5.6G Nikon F3MICRO60/2.8Dフジクローム ベルビア100D300MICRO60/2.8Dここの島では集落の中は勿論...

  13. 竹富島・西桟橋からの絶景 - あ お そ ら 写 真 社 

    竹富島・西桟橋からの絶景

    石垣島への最終便が港を出ると、賑やかだった島がシーンと静まり返る。島で暮らす人達と、翌朝を竹富島で迎える旅人が残っているだけ。この時間からの楽しみは、宿の食事、旅人や島の人達とのユンタク、そして西桟橋で夕日を眺めて過ごす至福の時間!PowerShot G5皇紀2667年4月(Apr/2007)竹富島・西桟橋天候に恵まれれば日没後にこんな絶景も!なので完全に暗くなるまでは油断できません。せっか...

  14. 星のや 竹富島ガジョーニ逗留 - ハッピー・トラベルデイズ

    星のや 竹富島ガジョーニ逗留

    早朝、羽田を6時台のフライトで出発。9時半には、南国、石垣島に到着。そこから、船で10分。青い海がきらめく、竹富島が出迎えます。訪れたのは、そう、星のや 竹富島。まずは、ゆんたくラウンジでチェックインを兼ねながら冷たいさんぴん茶を。気泡が入り、涼しげな琉球グラス。コースターは竹富のクラフト名人、昇助さん作。今回、選んだのはガジョーニと名付けられた客室。竹富の伝統的な家屋の作りそのままに、客室...

  15. 瞳に潤いの八重山ブルー - あ お そ ら 写 真 社 

    瞳に潤いの八重山ブルー

    太陽が沈んでからも残照が残るこの日の空D300Σ17-35/2.8-4EX DG竹富島・西桟橋場所とか時間とかは説明しないで、南の島の美しい情景って事にしておこう・・・まぁ、タグでわかってしまうんだけれどね!

  16. マーメイドふたたび - あ お そ ら 写 真 社 

    マーメイドふたたび

    「うれしい~」っていう笑顔ではなく・・・「もう、仕方ないなぁ」っていう表情です。そこがまた可愛い(´∀`*)ポッD700ZEISS Planar50/1.4ZFKoki2668(2008)※もちろん盗撮ではありません。

  17. フコウラサ!星のや 竹富島2012年6月1日に開業 - ハッピー・トラベルデイズ

    フコウラサ!星のや 竹富島2012年6月1日に開業

    リゾート好きのみなさんなら、すでにご承知でしょうか。2012年6月1日に、星のや 竹富島が開業しました。「もうひとつの日本」をコンセプトに、フラッグシップ的な存在となる、軽井沢、そして京都に続き、「星のや」ブランド初のビーチリゾートが、この竹富島。石垣島からフェリーで、10分ほど。島民わずか、300十数人の小さな、島。そこに、新しい日本のリゾートを象徴するアイコニックな宿が誕生です。わたしは...

  18. 沖縄県八重山諸島竹富島のちゅら海 - あ お そ ら 写 真 社 

    沖縄県八重山諸島竹富島のちゅら海

    ・京都から直線距離で1600km以上も南下して訪れる、沖縄県・八重山諸島。空路で石垣島へ到着の後、更に高速船で目的の島へ向うのですが、僕が必ず訪れるお気に入りの島は竹富島です。竹富島の魅力は多々ありますが、その一つがコンドイ浜の「ちゅら海」D300AiAF-S80-200/2.8D竹富島・コンドイビーチ透明で穏やかな海と白砂のビーチです。 ミントブルーやエメラルドグリーン、ターコイズブルーや...

  19. 南の島の太陽と植物たちと僕 - あ お そ ら 写 真 社 

    南の島の太陽と植物たちと僕

    道端でD300AiAF-S80-200/2.8DKoki2668(2008)竹富島D300AiAF-S80-200/2.8DKoki2668(2008)鳩間島空港へ陸路1時間30分、飛行機で2時間30分、更に陸路と高速船で30分と、手間と時間を掛けて1640キロも南西へ下ると、京都で云う春の季節には、既に夏のような南西諸島の太陽が迎えてくれます!(例えば波照間島なら4月1日には海開きを迎える...

  20. 八重山チャージ - あ お そ ら 写 真 社 

    八重山チャージ

    D300DX18-200/3.5-5.6G13secKoki2670(2010)竹富島D300Σ10-20/4-5.6 EX DC HSMKoki2670(2010)竹富島

総件数:100 件

似ているタグ