第二の人生のタグまとめ

第二の人生」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには第二の人生に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「第二の人生」タグの記事(511)

  1. やはり自分の店を持つように動いてしまっている - 砂布巾(すな・ふきん)の"藪にらみ"な日々

    やはり自分の店を持つように動いてしまっている

    今日もイタメシ屋の兄ちゃんとカフェの兄ちゃんに色々と話しを聞いた。若いので、フリマでの出店とかイベントでの出店を積極的にしている。そこで知ってもらったお客さんが自分の店に訪ねてきてくれることも多いそうだ。あとは自分の店に引きこもる感じがするのでガス抜き効果もあるそうだ。よく考えたら、パリでも京都でも金沢でも神戸・垂水でも、開業を意識した動き方を自分はしている。徘徊しながら必要な情報を収集した...

  2. 「オラ、東京に行きて~」とおもった - 砂布巾(すな・ふきん)の"藪にらみ"な日々

    「オラ、東京に行きて~」とおもった

    昼から少し困ったモードになっていた。いわゆる、"廃墟マニア"と"懐古厨"が混ざったような精神に陥り病んでしまっていた。子供のときにSL撮影に行ったことのある、60年代~70年代の中央西線沿線の映像を少し見てしまったのキッカケに、日本あちらこちらの廃墟の映像をザッピングして見続けてしまった。まさに、"盛者必衰"と"哀愁&qu...

  3. 10~11年前の出来事を振り返り、これからの生き方を考える。 - 砂布巾(すな・ふきん)の"藪にらみ"な日々

    10~11年前の出来事を振り返り、これからの生き方を考える。

    ・オバマ大統領誕生・どげんかせんといかん知事誕生・iPHONE発売・日本郵政公社解散この頃は海外に旅行した時にネットカフェのデスクトップでメールを拾っていた記憶がある。ずいぶんと大昔のことだ。しかし自分の思い出・感心事となると60年前の事でもつい昨日の事のようだ。まったく人間の脳というのは都合がよろしい。これは、自己の所有する写真等の記録や周囲の家具・調度品が変わっていないせいでもあるが、相...

  4. 第二の人生において"慣性"と"奥さん"はすごく大事だ。 - 砂布巾(すな・ふきん)の"藪にらみ"な日々

    第二の人生において"慣性"と&qu...

    会社の同期会に行ってから意欲が無くなった状態だ。同期の仲間は犬っころがじゃれあうような仲なので、会って楽しいし、互いにうまく人生を過ごしている事を語り合うのは楽しい。私も、一人身という身軽さから資金面でも決定権でも完全に自由な状態にあるという点では、うまく人生を過ごしている。それも人生だなと語り合った。しかし腑に落ちない。不運とその事実を受け止めての自主判断だったとしても、自分は過去と現在を...

  5. 暫定ピアノスタイルが完成して"第二の人生"に失望した - 砂布巾(すな・ふきん)の"藪にらみ"な日々

    暫定ピアノスタイルが完成して"第二の人生&q...

    以下の公式がそうだ。・ⅠM=Ⅵm=Ⅵドリアン=Ⅵm7+Ⅲm7・Ⅰ7=Ⅰミクソ=Ⅱm7+Ⅴm7orⅠドリアン=Ⅰm7+Ⅴm7・Ⅱm→Ⅴ7=Ⅴ7=Ⅱドリアン=Ⅱm7+Ⅵm7・Ⅱm♭5→Ⅴ7=Ⅴ7=Ⅴオルタード=Ⅱm7+Ⅴ7利点は以下のとおりだ。・インコードしていてバップセッション参加できる。・しかしリディアンしているのでモダンで個性がある。・マイナーコンバージョンしていて覚える手癖が少ない。・し...

  6. 最近は世間に興味が無くなった。これは良い事だった。 - 砂布巾(すな・ふきん)の"藪にらみ"な日々

    最近は世間に興味が無くなった。これは良い事だった。

    国内外の政治経済しかニュースを見なくなった。自分の資産保全と年金・老人医療福祉維持にしか興味が無いからだ。1ヶ月前だったらバスケ選手の買春記事とかに飛びついていたが、「けしからん!」と思うことがストレスだ。冷静に考えたら自分の生活には何の影響も無いのでどうでも良い。興味の対象が無く人塵だらけの街にも行かない。自然に触れる?一時の気休めだ。どちらも自分にとって有益でなくストレス要因になるマクロ...

  7. 人生百年における、第二の人生の考え方 - 砂布巾(すな・ふきん)の"藪にらみ"な日々

    人生百年における、第二の人生の考え方

    ■以下のように考えるとよいらしい。50-59歳 10代:教育・人間形成期60-69歳 20代:下積み・能力開発期70-79歳 30代:アウトプット時期80-89歳 40代:マネージメント時期90-99歳 50代:後進育成・リタイア時期65~74歳は心身の健康が保たれ活発な社会活動が可能な人が多いために、高齢者定義が65歳→75歳に再定義された事は記憶に新しい。年金支給を75歳にする為の方便丸...

  8. 定年浪人生は、メトロノームで人生を追い込む - 砂布巾(すな・ふきん)の"藪にらみ"な日々

    定年浪人生は、メトロノームで人生を追い込む

    今日は恐ろしく進展があった。仏語をスピードラーニングに変えた。webでそのようなコンテンツはすでに見つけているし、さらに朝の起床前とストレッチ・筋トレ時用に図書館で、日常会話用の定型フレーズを「これでもか!」と大量に無茶苦茶速い吹き込みをしているCDを借りた。それを今日は一日中かけて聴いていた。お蔭で昼に頭がフラフラして来て1時間程度寝てしまった。それくらい脳に負荷がかかった。しかし、その効...

  9. 自分=老いぼれは進歩が遅い - 砂布巾(すな・ふきん)の"藪にらみ"な日々

    自分=老いぼれは進歩が遅い

    渡仏から1ヶ月が経過した。できたことは、■ピアノ①パリで弾いてみて、不特定多数の人前で即興することが苦痛だということがわかった。これからは、ただ演奏して録音することだけを楽しみとしていく決断ができた。②左手は普通のバップコード進行で、右手はリリカル・マイナーなスケールアプローチして、4度ハーモニーで浮遊するスタイルに定着させる決断ができて、その反復練習に移行できた。ようするに、世に出るために...

  10. 第二の人生:このよそ者夫婦は目立ちたがり屋さん、どうなることやら、、 - 砂布巾(すな・ふきん)の"藪にらみ"な日々

    第二の人生:このよそ者夫婦は目立ちたがり屋さん、どうな...

    以下URLを参照に私なりに解釈した。https://www3.nhk.or.jp/news/business_tokushu/2018_0718.html?utm_int=news_contents_tokushu_001要約*山*男61歳、NECを定年退職し妻の留*子と埼玉県から長野県佐久市の山あいに転居。畑仕事目的のはずが、初志貫徹せずに産業支援センターにコーディネーターとして常駐勤務。...

  11. はやく、作品を制作しなければ - 砂布巾(すな・ふきん)の"藪にらみ"な日々

    はやく、作品を制作しなければ

    こんな暑い日は老人は外出すると死ぬ。だから、朝から冷房をガンガンいれて体調を万全にして自分にインプットしまくりだ。ニューヨークのアートシーンは、システムが出来上がっていて、拡大していて、とても敷居が低く可能性があることが具体的に見えてきた。あとは、現場でその真偽を確認して正しい情報として補正して、人脈のきっかけを作るだけだ。それよりも作品だ。今からまったく新しいスタイルにするので、まず、①コ...

総件数:511 件

似ているタグ