第二次世界大戦のタグまとめ

第二次世界大戦」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには第二次世界大戦に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「第二次世界大戦」タグの記事(11)

  1. 平和が幸せ映画「ガーンジー島の読書会の秘密」 - 梟通信~ホンの戯言

    平和が幸せ映画「ガーンジー島の読書会の秘密」

    「あと二分で本編が始まります」それでもトイレは済ませてスタッフに案内されて(こわごわ)席に着くと、暗闇のトンネルを島の人たちが歩いているところをドイツ兵に誰何されるところだった。第二次世界大戦中、ドイツが占領していたイギリス・ガーンジー島の物語。はじめは接収を逃れて隠し持った豚肉などのご馳走を秘かに食べるための集まりだったが、読書会を擬装して、それが心の支えとなった。ロンドンの女性作家・ジュ...

  2. ★焔熱のガダルカナル 凄まじい消耗戦 - サムライの政治をぶった切る

    ★焔熱のガダルカナル 凄まじい消耗戦

    ★★焔熱のガダルカナル凄まじい消耗戦にほんブログ村相互フォロー大歓迎します

  3. ★第二次世界大戦の結果だ占守島の激戦8月18日に海に落とされそうになった旧ソ連軍 - サムライの政治をぶった切る

    ★第二次世界大戦の結果だ占守島の激戦8月18日に海に落...

    ★第二次世界大戦の結果だ占守島の激戦8月18日に海に落とされる寸前だった旧ソ連軍/ロシア軍にほんブログ村相互フォロー大歓迎します

  4. 原爆で死んでいったこどもたちのこと - 読 書 日 記 

    原爆で死んでいったこどもたちのこと

    空が、赤く、焼けて 原爆で死にゆく子たちとの8日間奥田 貞子/小学館読み終えた後、数日間は精神的に疲弊してしまって普通の気持ちになるまで時間がかかってしまった。著者の奥田さんは、1945年8月7日から、兄の子どもたちを探すために広島に入った。そして、その時に出会い、そして死んでいった見知らぬ子どもたちのことを日記として記録した。この本は、戦後、教師として働いた著者広島への原爆投下後8日間にわ...

  5. 『えっちゃんのせんそう』 - 読 書 日 記 

    『えっちゃんのせんそう』

    えっちゃんのせんそう岸川 悦子/文渓堂小学校2年生の時、学校図書館で借りて読んだ本で、「戦争」というものを知るきっかけになった本だ。正確には、「戦争の結果」を知った。戦争の結果「わたしたちに何が起こるのか」ということを、小学校2年生なりに理解した。昔、あったこと、「戦争」について知りたいと思ったのはこの本に出会った時だった。その時から、今に至るまで、私は戦争について書かれた本を読み続けている...

  6. 「春の目覚め」作戦~ハンガリーからソ連軍を駆逐しようとしたヒトラーの賭~ - 鼈の独り言(妄想編)

    「春の目覚め」作戦~ハンガリーからソ連軍を駆逐しようと...

    1945年4月時点でナチスドイツの敗勢は誰の目にも明らかであった。既にソ連軍はドイツの首都ベルリンから約80kmのオーデル川に到達し準備ができ次第ベルリン攻略に乗り出す体勢を整えつつあった。この情勢でもヒトラーの目はドイツ国外に向いていたのである。今回は第二次大戦ドイツの最後の攻勢と言われる「春の目覚め」作戦を考察したい。1944年6月のパグラチオン作戦終了後ドイツ正面では戦線整理と前線部...

  7. Phoney War~宣戦布告後半年以上続いた「まやかしの戦争」~ - 鼈の独り言(妄想編)

    Phoney War~宣戦布告後半年以上続いた「まやか...

    1939年は第一次世界大戦終結から21年。当時の人間の一生の時間でも隔世というには短すぎる時間であった。人間が初めて体験した人類を滅亡させかねない長く激しい戦いは個人の記憶として生々しく残っていたろう。この年人類は再び世界大戦を始めることになるのだが人々の第一世界大戦の記憶は戦いを始めることを躊躇わせるのに十分だった。今回は第二次世界大戦の緒戦で繰り広げられたファニーウォー(Phoney W...

  8. ペリリュー島の戦い…………… 「 イマジン 」 - SPORTS 憲法  政治

    ペリリュー島の戦い…………… 「 イマジン 」

    ペリリュー島の 戦い………… 知りませんでした沖縄戦( ひめゆり関連 )!硫黄島( 日・米の2作品 )、、、、、等 観ましたけどね!先日も「 硫黄島 」のは BSで 2作品放送してました残念な事に みれませんでした!!!戦争映画……… これから先、、、、、どの様な「 撮影 」が されるのでしょうか?ドラマのケンカ等の 乱闘シーンでさえ 少なくなっている、、、、そんな中、、、、『 反戦 』を願...

  9. ここから第2の世界大戦が始まった~ドイツ・ポーランド国境ゲートを突破するドイツ兵1939年9月1日 - Colorized War and Peace ~モノクロ写真のデジタル着色~

    ここから第2の世界大戦が始まった~ドイツ・ポーランド国...

    Photographer:Hans SönnkeSource:German Federal Archive Bild 183-51909-0003Caption:German troops removing a gate at a border checkpoint, Zoppot-Gdingen (Sopot-Gdynia) Street in Danzig (Gdańsk), 1 Sep...

  10. 『ヒトラー~最後の12日間~』←この邦題考えた人頼むから今すぐ映画関係の仕事辞めてくれ - How to Be Happy Without Really Trying ~努力しないで幸せになる方法~

    『ヒトラー~最後の12日間~』←この邦題考えた人頼むか...

    こんなセンスの欠片も無い邦題を許す社会が悪いのか。酷い邦題は多々あるけど、これも大概やな。邦題考える人ってインパクトだけ、つまり人目を引いて売上に繋げる事しか考えてないんだろうな。この映画に何故"Der Untergang"というタイトルが付けられたか、そんなのどうでもええ、売れさえすりゃええ、てな具合で考えもしないんだろう。そう思わざるを得ない酷いタイトル。Der Un...

  11. 日々雑感8/9「シン・レッド・ライン」のストーリーボードなどを見て + そのほか。 - Suzuki-Riの道楽

    日々雑感8/9「シン・レッド・ライン」のストーリーボー...

    ●今日は長崎に原爆を落とされた日だが、日本での戦争の記録や映画などはNHKではやるが、ニュース番組の特集か民放ではせいぜい日テレで「火垂るの墓」やる程度。なので、あえてではないが第二次世界大戦ものの映画を見るようにしている。その中でも「シン・レッド・ライン」が好きなのだが、確かにいびつなえいがではあるし日本語の扱いも今見るとお粗末なところもあるが、個人的に私の祖父は南方で戦死している事を子供...

総件数:11 件

似ているタグ