管理者のタグまとめ

管理者」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには管理者に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「管理者」タグの記事(17)

  1. タスク管理(1) - 平隊士 静馬 Blog

    タスク管理(1)

    うめこさんとコメント欄での会話で、タスク管理の話が出たので、自分の知っているタスク管理について記事にします。スケジュール管理とタスク管理の違いは何処にありますでしょうか?スケジュール管理は、時間軸に対する管理で、タスク管理は仕事のブロック単位の管理になります。簡単に仕事のブロックと言いますが、なかなか奥が深く、仕事をどのようなブロックで分けるのかが、管理者に問われます。出来るだけ仕事のブロッ...

  2. 管理者の持つべき技術(6) - 平隊士 静馬 Blog

    管理者の持つべき技術(6)

    大きなスキルについて、少し具体的な例を記事にいしたいと思います。ヒューマンスキルについて、スタッフ(入社~3年目程度)が持つべきなのは、以下の技術は必須と思います。1.人、モノ、場所を含めた、6S+S(または7S)2.利益に通じるビジネスマナー3.コミュニケーション(聴く技術、話す技術)4.ロジカル・シンキング(自分で考える技術)5.タイムマネジメント(時間管理)6.コンプライアンス(法令遵...

  3. 点は知識・経験・ひらめき、まるは知恵 - 平隊士 静馬 Blog

    点は知識・経験・ひらめき、まるは知恵

    管理者の心得(5)知識は金で買える、金で買えない知恵を持て 。うめこさんが知識と知恵の違いを簡単に言い表していました。この通り、知識や経験やひらめきを丸とまとめた、まるが知恵です。知恵を、なかなか、言葉で言い表せなくて苦労していましたが、うめこさんにかかると、一発、分かりやすくまとめていただき、ちゃっかり使わせていただきます。知識や経験やひらめきなどの点をまるとして点にするのが知恵です。お金...

  4. 管理者の持つべき技術(5) - 平隊士 静馬 Blog

    管理者の持つべき技術(5)

    管理者の持つべき技術はたくさんありますが、教育に関する技術が一番重要になると思います。ところで、教育と言うと、後のような技術を思い浮かべるでしょうか?学校教育の様な教育の技術でしょうか?それとも、トヨタなどが行っている教育の技術でしょうか?社会人になって一番重要でありながら、システマチックに教わらないのが、教育に関する技術ではないかと思います。ここで、本質的な質問をしたいと思います。あなたが...

  5. 管理者の持つべき技術(4) - 平隊士 静馬 Blog

    管理者の持つべき技術(4)

    教育・評価にはランクとレベルがあるよと言う話。管理者は教育の前にきちんと評価すると記事にしましたが、なかなか評価基準を作ると言っても難しいかもしれません。教育計画にもつながる、その上、給料にも影響する評価基準です。まず、評価・教育する相手のランクはどうでしょう。企業ですので、係長、課長などのランクはありますが、そのランクに見合った評価・教育の基準が出来ていますでしょうか?海外では役職と、技術...

  6. 管理者の持つべき技術(3) - 平隊士 静馬 Blog

    管理者の持つべき技術(3)

    人を育てられる人を育てる為に必要な技術とは何でしょう。ものすごく沢山あると思います。割と忘れていたり、日本人同士だと、当たり前になっていて、気が付き難い事柄から、記事にしようかなと思います。計画のない教育は教育とは言えないと言いましたが、管理者のあなたが部下の教育計画を作るときに一番最初にやらなくてはいけないことがあります。それは、評価することです。教育するべき部下の現在位置を見極めないと、...

  7. 管理者の持つべき技術(2) - 平隊士 静馬 Blog

    管理者の持つべき技術(2)

    管理者の持つべき技術はたくさんあります。企業によっても異なりますし、規模などによっても異なります。管理者の持つべき技術について、思うままに記事にしていこうかと思います。そのため、記事の順番は重要な順番などではありません。人を育てられる人を育てる。人はどのようにして育つのでしょうか?育てると言うと、学校教育を思い浮かべる人も多いと思います。学校教育も重要な技術ではあります。しかし、企業と圧倒的...

  8. 管理者の持つべき技術(1) - 平隊士 静馬 Blog

    管理者の持つべき技術(1)

    やくざ世界で、やくざが続くためには二つあれば良いと言われる事柄があります。「親父の背中」と「看板」があればやくざは続くそうです。「親父の背中」は、この人の様になりたい、この人にならついて行きたいと思わせる人が居る事。「看板」は、飯のタネだそうです。食えないやくざについて行くやくざはいないと言う事だそうです。やくざの看板は色々、暴力や資金や面子や繫がりなど、それが無いと飯が食えないと言うものを...

  9. 海外で人を育てる事について - 平隊士 静馬 Blog

    海外で人を育てる事について

    管理者として日本で人を育てる場合、気にしていない事柄があります。海外で人を育てる場合には、非常に重要な事柄になりますが、海外で人を育てることに失敗する理由にもなります。それは、その国で死ぬ覚悟を持って仕事をする。多くの日系企業の管理者が、現地管理者を育てられない場合、このことに気が付いていない場合が多いです。国内で部下を教育する場合、同じ日本人同士なので、この国で生まれて、この国で死ぬことは...

  10. 管理者の心得(6) - 平隊士 静馬 Blog

    管理者の心得(6)

    管理者の心得としてはこれが最後になります。管理者は、上司も教育するべし。 部下の教育をすることは、当たり前ですが、上司も教育できることに気が付いてください。上司の言うことがコロコロ変わったり、部下に丸投げして責任をとらなかったり、上司にやる気が無かったりした場合、上司を教育することが必要です。部下を教育する手法ではだめですが、上司のモチベーションをあげたり、上司の言動をいさめたりする方法はた...

  11. 管理者の心得(5) - 平隊士 静馬 Blog

    管理者の心得(5)

    管理者ならば、知っていて当たり前の心得 、知識は金で買える、金で買えない知恵を持て 。知識はお金で買えます。法律で困ったら、弁護士を雇えばよいのです。大学教授にお願いしても良いでしょう。コンサルタントにお願いするのも良いでしょう。しかし、目の前の仕事をよくする知恵は、お金では買えません。現状を確認して、何をどうするのか。必要な資源は何なのか。コンサルタントにお願いしても、それぞれの企業のあり...

  12. 管理者の心得(4) - 平隊士 静馬 Blog

    管理者の心得(4)

    企業の管理者に必要な心得は、そう多くはありません。四番目として、管理者は、スイッチを持て 。管理者と言えども、人間です。怒ることも、あきれることも、悲しむこともあります。その時、管理者は感情の切り替えスイッチを持っていなければなりません。怒りに任せて部下を怒るとか、あきれ返って指導を怠るとか、管理者としてはあってはいけない状態です。そのような場合、どうするのか。特に怒りの感情をコントロールす...

  13. 管理者の心得(3) - 平隊士 静馬 Blog

    管理者の心得(3)

    企業の管理者に必要な心得は、そう多くはありません。三番目として、管理者は、座右の書、座右に銘を持て 。管理者は、座右の書や銘を持っていることが必要です。これは何かというと、基準を持つということです。管理者と言えども人間、時には右に行くことも、左に行くこともあります。その時に、戻る場所、基準になる場所が明確になっていると、間違った場合や、行き過ぎた場合、簡単に元に戻ることが出来ます。難しく考え...

  14. 管理者の心得(2) - 平隊士 静馬 Blog

    管理者の心得(2)

    企業の管理者に必要な心得は、そう多くはありません。二番目として、管理者は、​気配り、目配り、耳配り 。気配り、目配りは見える範囲を把握することで、耳配りと言うのは目に見えない範囲を把握することになります。これは原因や要因を追究するときにも必要な技術の一つです。気配りは、管理者にとって重要な心得の一つです。気配りが出来ない管理者はいないと思いますが、その重要性に気が付かないことは多々あると思い...

  15. 管理者の心得(1) - 平隊士 静馬 Blog

    管理者の心得(1)

    企業の管理者に必要なことは、そう多くはありません。第一に、管理者は気前よくあれ。 自分が持っている、知っている、知識、技術、ノウハウは全て部下に渡す気前様さは最低限必要です。部下からの信頼にも大きく影響します。すべてを吐き出しても、部下はまだ教えたもらいたいことがあると思います。もう何もないよ、君は僕の代わりが出来るような一人前になったんだよ、と言ってもまだまだ教えてもらわないと困ると部下は...

  16. ほんの少しまじめな話 - 平隊士 静馬 Blog

    ほんの少しまじめな話

    企業の管理者に求められる資質とは、なんでしょうか? ひとつしかないのですよ、これが。 人を育てられる人を育てる。 自分の分身を作るのでは70点、自分と違うやり方でも、部下を育て、その部下が次の部下を育てる。自分のやっていたやり方に、部下が独自のやり方をプラスして育てるという、次には、また、プラスされて教育が進化していく。そうして初めて、人を育てられる人が育ったと言えます。昔から言う、先人の行...

  17. 管理者が一番、人間関係が見えていないのかもしれない - 役員から降格して見えてきたもの

    管理者が一番、人間関係が見えていないのかもしれない

    管理者という立場になると、自分で聞こうとしなくても情報が入ってくるような気がして、より深く理解している気になってくるものだ。分かった気になっている管理者は現場に来ない。自分で知ろうとしなくなる。自分で知ろうとすることは労力がかかる。だから勝手にな言ってくる情報だけに頼って楽しようとする。だが、自分で集めた情報でないと、偏った情報であることが多い。情報を伝えてくる人間が偏っているからだ。そして...

総件数:17 件

似ているタグ