箱館戦争のタグまとめ

箱館戦争」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには箱館戦争に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「箱館戦争」タグの記事(13)

  1. 五稜郭開城(箱館戦争史跡めぐり⑭) - 気ままに江戸♪  散歩・味・読書の記録

    五稜郭開城(箱館戦争史跡めぐり⑭)

    五稜郭開城(箱館戦争史跡めぐり⑭) 慶応4年5月11日の新政府軍の旧幕府軍への総攻撃により、旧幕府軍の劣勢が明らかにとなり、残るは、五稜郭、千代ヶ岡陣地、弁天台場だけとなりました。 5月12日、新政府軍から降伏勧告の使者が箱館病院にやってきました。 箱館病院長の高松陵雲は、新政府軍の意向を受けて、五稜郭にいる榎本武揚と松平太郎に手紙を書きました。 これに対して榎本武揚は、降伏はしない旨の回答...

  2. 土方歳三の最期(箱館戦争史跡めぐり⑬) - 気ままに江戸♪  散歩・味・読書の記録

    土方歳三の最期(箱館戦争史跡めぐり⑬)

    土方歳三の最期(箱館戦争史跡めぐり⑬) 今日は、土方歳三の死について書いていきます。5月11日の新政府軍の総攻撃のなか、土方歳三は死去します。土方歳三は、4月29日、二股口から五稜郭に引き上げました。その後、5月1日は、弁天台場に行き、新選組の面々と再会しました。5月11日に新政府軍の総攻撃が始まると、黒田清隆に指揮された新政府軍の奇襲部隊は、箱館市内の各所を抑え、新選組が守る弁天台場は孤立...

  3. 新政府軍総攻撃開始(箱館戦争史跡めぐり⑫) - 気ままに江戸♪  散歩・味・読書の記録

    新政府軍総攻撃開始(箱館戦争史跡めぐり⑫)

    新政府軍総攻撃開始(箱館戦争史跡めぐり⑫)  新政府軍に木古内の戦いと矢不来の戦いで敗北し、土方歳三が守っていた二股口を放棄した旧幕府軍にとって、残された場所は五稜郭を中心とした箱館だけとなりました。 その箱館を、明治2年5月11日、新政府軍は総攻撃します。  旧幕府軍は、市街を流れる亀田川に沿って、南北5キロに亘る防御線を構築していました。五稜郭を中心として 南は弁天台場から、一本木関門、...

  4. 二股口での土方歳三の奮戦(箱館戦争史跡めぐり⑪) - 気ままに江戸♪  散歩・味・読書の記録

    二股口での土方歳三の奮戦(箱館戦争史跡めぐり⑪)

    二股口での土方歳三の奮戦(箱館戦争史跡めぐり⑪)  文京学院大学の講座が9月9日にあり、その1週間後ノ17日に江戸楽アカデミーでの講座あったため、この間、箱館戦争史跡めぐりのレポートが中断していましたが、その続きを書いていきます。  前回は4月9日に新政府軍の第一陣が乙部に上陸し、第二陣・第三陣も上陸したというところまで書きました。  今日は、二股口での土方歳三の奮戦について...

  5. 新政府軍反攻(箱館戦争史跡めぐり⑩) - 気ままに江戸♪  散歩・味・読書の記録

    新政府軍反攻(箱館戦争史跡めぐり⑩)

     新政府軍反攻(箱館戦争史跡めぐり⑩)  箱館を占領された新政府は、榎本軍が蝦夷を領有するのを見逃していたわけではありません。 10月25日青森に逃れた清水谷公考は、翌26日には新政府に軍勢の派遣を要請しました。 新政府は、津藩、岡山藩、久留米藩の藩兵約1千名を青森への派遣を命じました。 また秋田にいた長州藩兵約1500名も青森に向かわせました。 そして、11月9日、山田顕義を青森口参謀に任...

  6. 蝦夷政権樹立(箱館戦争史跡めぐり⑨) - 気ままに江戸♪  散歩・味・読書の記録

    蝦夷政権樹立(箱館戦争史跡めぐり⑨)

    蝦夷政権樹立(箱館戦争史跡めぐり⑨) 箱館戦争の歴史について、今日は蝦夷政権の樹立について書きます。  松前藩との戦いに勝利した旧幕府軍は、五稜郭に凱旋しました。 そして、蝦夷地全島が旧幕府軍により占領されたため、12月15日、蝦夷地領有宣言式が行われました。そして同日、士分以上の者の入札(投票)によって蝦夷地経営のための首脳部が選ばれました。 その結果、総裁に榎本武揚、副総裁には松平太郎が...

  7. 松前城攻略と開陽沈没(箱館戦争史跡めぐり⑧) - 気ままに江戸♪  散歩・味・読書の記録

    松前城攻略と開陽沈没(箱館戦争史跡めぐり⑧)

    松前城攻略と開陽沈没(箱館戦争史跡めぐり⑧) 箱館と五稜郭を占領した旧幕府軍は、土方歳三を総指揮者とした700名の部隊が、松前城攻撃に向かいました。大鳥圭介は五稜郭に残りました。土方歳三が率いた部隊は、彰義隊、額兵隊、陸軍隊などでした。松前城攻撃に向かう部隊に新選組は含まれていません。しかし、攻撃軍の指揮は土方歳三がとりました。もうすでに、土方歳三は、新選組の指揮者にとどまらず、旧幕府軍の重...

  8. 五稜郭入城(箱館戦争史跡めぐり⑦) - 気ままに江戸♪  散歩・味・読書の記録

    五稜郭入城(箱館戦争史跡めぐり⑦)

    五稜郭入城(箱館戦争史跡めぐり⑦) 今日は、旧幕府軍の五稜郭入城について書いていきます。 10月20日に鷲ノ木沖に到着した榎本艦隊は、人見勝太郎を使者として箱館府に派遣し、翌日21日に全部隊が上陸しました。この時期の箱館はすでに新政府に接収されていました。慶応4年閏4月、最後の箱館奉行杉浦誠は、旧幕府の指示で、新たに箱館府知事に任命された新政府の清水谷公考に、五稜郭にある箱館奉行所を引き渡し...

  9. 千代ケ岡陣屋(箱館戦争史跡めぐり⑤) - 気ままに江戸♪  散歩・味・読書の記録

    千代ケ岡陣屋(箱館戦争史跡めぐり⑤)

     千代ケ岡陣屋(箱館戦争史跡めぐり⑤)  箱館戦争史跡めぐりの5回目は「千代ケ岡陣屋跡」を紹介します。 函館駅から五稜郭にむかう市電の「「千代台(ちよがだい)」電停の近くにある千代台公園の陸上競技場近くに説明板が設置されています。(下写真参照)  昔は鶴が飛来する岡だったので、江戸中期に八代松前藩主の室自正院文子が「千世の岡」と名づけた所とされ、「干代ヶ岡」や「千代ヶ台」と呼ばれましたが、「...

  10. 弁天岬台場(弁天台場)  (箱館戦争史跡めぐり④) - 気ままに江戸♪  散歩・味・読書の記録

    弁天岬台場(弁天台場)  (箱館戦争史跡めぐり④)

    弁天岬台場(弁天台場)  (箱館戦争史跡めぐり④) 箱館戦争史跡めぐりの4回目には、弁天岬台場(もしくは弁天台場ともいうようです)について書いていきます。  弁天岬台場は、現在の函館ドックの場所にありましたが、明治29年に港湾改良工事のため解体されました。そのため、弁天岬台場そのものは残されていません。函館市電「函館どつく前」電停のすぐそばの児童公園に「弁天岬台場跡」の説明板が設置されていま...

  11. 箱館奉行所(箱館戦争史跡めぐり③) - 気ままに江戸♪  散歩・味・読書の記録

    箱館奉行所(箱館戦争史跡めぐり③)

     箱館奉行所(箱館戦争史跡めぐり③) 前回、五稜郭は箱館奉行所を守るための堡塁だとかきました。 今日は、五稜郭が守っている箱館奉行所についてご案内します。 下写真が、箱館奉行所です。  箱館奉行所は、実は二度にわたって設置されています。 まず、最初は、ロシアが南下政策をとるなかで、ロシア船が蝦夷地近海に頻繁に表れるようになりました。  そのした中で、幕府は、寛政11年(1799)に松前藩が統...

  12. 五稜郭(箱館戦争史跡めぐり②) - 気ままに江戸♪  散歩・味・読書の記録

    五稜郭(箱館戦争史跡めぐり②)

     五稜郭(箱館戦争史跡めぐり②)  今日から、箱館戦争史跡めぐりについて書いていきます。 まず、最初は「五稜郭」です。 五稜郭は、星型をした西洋式城郭として大変有名です。 城郭というイメージが強いですが、天守はありませんでした。 中央にあるのは箱館奉行所でした。 五稜郭は、箱館奉行を防御するために造られたのです。  安政元年(1854)3月3日に締結された日米和親条約によって、下田と箱館が開...

  13. 箱館戦争史跡を訪ねてきました。(箱館戦争史跡めぐり①) - 気ままに江戸♪  散歩・味・読書の記録

    箱館戦争史跡を訪ねてきました。(箱館戦争史跡めぐり①)

    箱館戦争史跡を訪ねてきました。(箱館戦争史跡めぐり①)  先週は、箱館戦争の史跡を訪ねて、1泊2日で函館に行ってきました。 私は埼玉県に住んでいるため、函館まで飛行機で行く方法のほか、北海道新幹線を利用する方法もあります。旅行会社に聞いたら、新幹線のほうがよいでしょうということなので、北海道新幹線で行ってきました。 大宮を7時前に出発して函館駅には11時30分に到着しました。(下記写真が...

1 - 13 / 総件数:13 件

似ているタグ