篠山市のタグまとめ

篠山市」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには篠山市に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「篠山市」タグの記事(10)

  1. 高蔵寺の秋 - 丹馬のきょうの1枚

    高蔵寺の秋

    「丹馬篠山もみじ三山」の1つ、高蔵寺の紅葉です。↓「人気ブログランキング」に参加しています。1日1回ポチッと!   応援ありがとうございます。大変励みになっています。人気ブログランキング横位置の画像はクリックすると、拡大します。このブログの写真の無断使用をお断りします。

  2. とびだし注意 - Life with Leica

    とびだし注意

    Nikon D700 AF-S NIKKOR 24-85mm F3.5-4.5Gこの手の看板にしては絵が上手い。

  3. 古市義士祭2017 - 時の流れに身を任せ…

    古市義士祭2017

    赤穂義士ゆかりのお祭りが、宗玄寺とJR古市駅周辺で開催されます。宗玄寺に建立されている不破数右衛門正種の碑にまつわる逸話にちなんだもので、四十七士の衣装をつけた子供義士行列が行われます。所在地:〒669-2123兵庫県篠山市古市57開催期間:2017年12月14日10:00~16:00開催場所:宗玄寺、JR古市駅周辺交通アクセス:JR宝塚線「古市駅」から徒歩3分主催:古市義士祭実行委員会料金...

  4. 土曜日、丹波で - Life with Leica

    土曜日、丹波で

    Nikon D700 AF-S NIKKOR 24-85mm F3.5-4.5G土曜日、篠山市にある兵庫陶芸美術館へ行ってきた。あたりは立杭焼と呼ばれる焼き物の産地である。美術館で人間国宝による色鍋島の作品を鑑賞したあとは、窯元をいくつか巡り、皿を何枚か買って帰宅。

  5. 昨日、丹波で - Life with Leica

    昨日、丹波で

    Nikon D700 AF-S NIKKOR 24-85mm F3.5-4.5G知らぬ間に、秋深まる。

  6. 丹波の黒枝豆 - 丹馬のきょうの1枚

    丹波の黒枝豆

    丹波の黒豆は昔から有名ですが、その黒くなる前に収穫して、枝豆にします。大きくて、糖度が高くて、味に深みがあります。これに慣れると、飲み屋で出される安っぽい枝豆は食べられません。旬は、いま。10月中旬だけです。これから茹でて、いただきます。↓「人気ブログランキング」に参加しています。1日1回ポチッと!   応援ありがとうございます。大変励みになっています。人気ブログランキング横位置の画像はクリ...

  7. 秋を恋う丹波もみじめぐり2017 - 時の流れに身を任せ…

    秋を恋う丹波もみじめぐり2017

    高源寺、円通寺、石龕寺など、紅葉の名所を数多く有する丹波市で、樹木が鮮やかに色づく11月の1か月間、「秋を恋う 丹波もみじめぐり」が開催されます。もみじめぐりMAPを手に、高源寺、円通寺、岩瀧寺、達身寺、高山寺、白毫寺、慧日寺、石龕寺、小新屋観音の9か寺を巡る企画で、スタンプラリーなども催されます。※11月11日と12日には、谷川駅、石生駅、市島駅の3駅から無料シャトルバスが運行されます。開...

  8. 大國寺紅葉まつり2017 - 時の流れに身を任せ…

    大國寺紅葉まつり2017

    晩秋を飾る、大國寺の紅葉まつりが開催されます。丹波篠山の紅葉の名所として有名で、観光地の喧騒を離れて紅葉狩りが楽しめます。千成まめ、コケ玉、山野草などの販売も行われます。所在地:〒669-2223兵庫県篠山市味間奥162開催期間:2017年11月1日~30日交通アクセス:JR宝塚線「篠山口駅」から車約10分もしくはレンタサイクル約15分主催:大國寺料金:本堂拝観料800円(入山料含む)、入山...

  9. 秋の味覚・丹波栗 - 丹馬のきょうの1枚

    秋の味覚・丹波栗

    たわわに実ったクリの木の下にヒガンバナ。篠山では見慣れた秋の風景です。丹波栗は大きくて甘いので、クリの王様と言っていいでしょう。黒豆と並ぶ篠山の特産品です。いがの中にある栗の実は、正確にいうとクリの果実であって、種子ではありません。茶色の硬い皮の内側に渋皮がありますが、これが種皮。つまり、渋皮から内側が種子ということになります。まぁ、果実のほとんどが種子ということなのですが…。で、その種子の...

  10. 「篠山市退職校長会総会」 - ちかごろの丹馬

    「篠山市退職校長会総会」

    篠山市退職校長会の総会にお声掛けをいただきました。父がお世話になっていることもあり、一生懸命つとめさせていただこうと思って会場のささやま荘に入りました。会場に着くと、何と私の中学校時代の恩師・谷口哲先生から「おう!久しぶり!」とお声掛け。さらに、高校時代の大親友・北村収くん(失礼、北村収先生)の懐かしい顔も。すっかり中学生・高校生の気分に逆戻りです。終演後はレストランで昼食をご馳走になり、谷...

1 - 10 / 総件数:10 件

似ているタグ