籠のタグまとめ

」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには籠に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「籠」タグの記事(23)

  1. 籠編み教室 10月 - 古布や麻の葉

    籠編み教室 10月

    前回の透かし編みは縁が完了したので、持ち手付けはその内家でやります。端材対策にマカロンの型で乱れ編み端材とて端から使える訳では無く、その都度選ぶので蔓はやはり残る。教室で一日やり、このスカスカでは次回型から外し水に浸けると、型崩れしてしまうから、夜一時間位編んで、霧を吹いてビニール袋に入れて置く翌日も籠編みです。口元が本体に引っ張られるので、紐で固定2時半位まで編んで、何とか型から外せる位ま...

  2. 大江戸骨董市 10月 - 古布や麻の葉

    大江戸骨董市 10月

    前回が台風で取りやめになったので、急遽第一日曜に出店最高の骨董市びより笑顔が素敵な全身藍の方和布と手作り3 P76おしゃれスナップに登場襤褸の巻きスカート襤褸のトップスさいたまアリーナで会う方いつも素敵なファッションを楽しんでいます。中に着た地白 中型接ぎ合わせ珍しい裂をこれだけ集めるのは大変です。珍しい白樺のショルダー良い艶が出て柔らかく馴染んでいます。この方作白樺のパス入れ最近ブログでお...

  3. 籠編み教室 9月 - 古布や麻の葉

    籠編み教室 9月

    透かし編みここまでひろがってしまったので、二本捻じり又、解そうかな(:_;)沢山編む方の作素晴らしい!!きれい!!完璧な出来上がり手のかかる市松の縁に八編み持ち手下の財布先生の先生作斜め網代編み縁の蔓3㎜!!ランキングに参加しています。記事を楽しんで下さったら、ぜひクリック応援お願いします。  にほんブログ村

  4. 雨の日は手仕事しよう - 毎日がばら色

    雨の日は手仕事しよう

    アップリケや刺繍をして少しだけ手をいれたらこんな可愛らしい小さな籠が完成🎵数百円の籠がまるで宝物のように変身・・・😍心を込めるってこういう事よね❗小花模様の布を裏方に。良い仕事をしてくれました🎵

  5. ボロ籠再生プロジェクト NO3  2 - 古布や麻の葉

    ボロ籠再生プロジェクト NO3  2

    底抜けのボロさ加減Maxの籠http://asanokofu.exblog.jp/27040920/出来の悪い子程可愛い?のか何故か気になって他の事をしていても、どうして直すか頭の中でシミレーション古い籠を解いた蔓を用意します。乾燥が進んでいるので、24時間位水に浸します。修理していて気づきました。元の持ち主は籠修理に傷んだ片面と底だけを修理した様です。差し込んだ蔓が底で折り返っているのが輪...

  6. 紅籐バスケット - (有)リビングアート

    紅籐バスケット

  7. ボロ籠再生プロジェクト  NO2 3 - 古布や麻の葉

    ボロ籠再生プロジェクト  NO2 3

    捨てたくなる程のボロ籠リベンジでもう一度水に浸して胡桃の皮を抜き薄く漉いて差し込み直しました。傷んだ箇所に花結びを絡めて下側はどうしてもくびれてしまいましたが、 持ち手と中袋を付け完成あけびと合わせて持ち手3個完了ランキングに参加しています。記事を楽しんで下さったら、ぜひクリック応援お願いします。  にほんブログ村

  8. 籠編み教室 8月 - 古布や麻の葉

    籠編み教室 8月

    納屋から出て来た古い葡萄蔓が手に入ったので、いつもの透かし編みです。底の市松編み いつも幅広で編んでいるので、本体は割と早く編めますが、今回は細い蔓、隙間無く編むように蔓をひっぱたり、力が入りヘトヘト昼前に疲れてしまい気分転換にクルミの小物作り下10㎝位を網代編みにします。いつもだったら家で夜続きを編みますが、蔓が乾燥してしまい硬くて編みにくいので、ここまでです。ランキングに参加しています。...

  9. ボロ籠再生プロジェクト  NO3 - 古布や麻の葉

    ボロ籠再生プロジェクト  NO3

    さいたまアリーナで手に入れた底抜けの、お手上げボロ籠ボロさ加減Max!!縁近くの蔓折れ2か所は多分持ち主が腰縄を通す為に、大胆にも折ったのではないかと推測します。反対側は色の違う蔓を、修理の為に新たに刺し込んだ様です。このお手上げボロ籠無謀にも挑戦してみようかと!!途中で投げても許して下さい。ランキングに参加しています。記事を楽しんで下さったら、ぜひクリック応援お願いします。  にほんブログ村

  10. レトロな【かごバック】オトナは黒でシックが気分 - ルーシュの花仕事

    レトロな【かごバック】オトナは黒でシックが気分

    こんにちは大阪・堺市堺区の花屋フラワールーシュです。■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■この夏ヘビロテのかご。私いつも持ち歩いているのを目撃されています。何はいってるの~などいわれますが飲み物や化粧ポーチおかしやサングラスなど。ポイポイほりこめちゃう手軽さがやめられない。。。ただファスナーや蓋がないのでこうやって布をかけたり目隠し。カゴと小ぶりのリュックもしくは斜め掛けバッ...

  11. 古いミニ葡萄籠から   ショルダーバッグ - 古布や麻の葉

    古いミニ葡萄籠から ショルダーバッグ

    肩紐何度作っても見本がないと、??です。以前作った物を見ながら作ります。完成しました。柿の花刺し子の被せに栃の実の飾りボタン刺し子は以前襤褸ストールを作ったけれど、売れなかったのでここに持って来ました。売れないで残っている物も、手を変え品を変え何とか売れる物にして行かなければ (;_;中布とポケット一つ被せの裏ランキングに参加しています。記事を楽しんで下さったら、ぜひクリック応援お願いします...

  12. ボロ籠再生プロジェクト NO 1 完成 - 古布や麻の葉

    ボロ籠再生プロジェクト NO 1 完成

    以前投稿の捨てても惜しく無い程のボロ籠http://asanokofu.exblog.jp/26973639/底の藁状態の直しに一日費やし古い籠と色合いが似ている、くるみの力を借りて完成出来ました。中袋に藍無地このボロ籠を完成出来た事は、私に取って大変意義のある事です。新しい籠も好きですが、古い籠の山仕事で使い込んで黒くなりその家によって編み方も色々で、中には素晴らしい出来の籠から、余り上手...

  13. ボロ籠再生プロジェクト  NO2   2 - 古布や麻の葉

    ボロ籠再生プロジェクト NO2 2

    縁の内側と外側をくるみで挟み、葡萄蔓で始末口元が拡がっていたので、間隔を狭くしながら、鋏ました。大分しっかりして来ました。上部と下部にくるみを差し込みましたが、乾いたらくるみの強さに葡萄蔓が負けて、くびれが出来てしまいました。もう一度水に浸してくるみを抜き、少し漉いて薄くしてやり直そうと思います。中々思う様には行かない!あけびの蔓を20分位煮だして柔らかくしたので、アクセサリーの土台作り夕方...

  14. 籠アレンジ  - khh style

    籠アレンジ 

    持ち手のない籠でアレンジしました。暑い季節なので生花ではなくプリザーブドフラワーのお花はいかがですか?***<委託先>otoya←会津若松にある雑貨屋さんです。フェイスブックにその月ごとの営業日と時間が載っています。営業日、時間を確認してから是非遊びに行ってみてくださいね。ランキングに参加しています。

  15. ボロ籠 再生プロジェクト NO 2 - 古布や麻の葉

    ボロ籠 再生プロジェクト NO 2

    どうにもならない程ボロな籠ずっと放りっぱなしだったけれど、捨てる訳にも行かずボチボチ直そうかな。底の編み方がスカスカです。その底も蔓が劣化していて強度も無くヘロヘロで自立しません。もう役目を終わっている様です。縁の始末もグチャグチャ 麻縄が編みこんであります。取りあえず底の強度を出す為、上から新たに蔓を差し込みます。胴の部分にも蔓を差し込みます。こんなんで直せるんかい!?途中で放り投げるかも...

  16. 黙々と籠持ち手付け - 古布や麻の葉

    黙々と籠持ち手付け

    持ち手付け待ちの籠が溜まっています。さあ~本日は籠編み職人やります!!あらかじめ付け位置を決めて置きます。乾いているけれど、付け位置に霧吹きを充分して、千枚通しで穴を開け蔓を差し込みます。9時半スタート夕方5時半に5個完了!後はケバ焼きをして中袋が必要な物は付け、完成です。これだけやっても、まだ持ち手付け待ちの籠があるんです。籠分野が増えて行くこの先古布や返上して、籠や麻の葉になるのかな!?...

  17. 籠編み教室 7月 2 - 古布や麻の葉

    籠編み教室 7月 2

    透かし編みの八編み持ち手最後の留めを残して家で編んで行きました。教室で完成1作目より大分隙間無く編めました。しかし八編みは手間と時間が掛かります。昼休憩に相変わらず花結び練習暴れるやんちゃな蔓で2作目縁の始末途中で時間切れ個性的な蔓で編むのに力が入り、一日籠編みに専念すると、ヘトヘトに疲れます。あけびを芯に葡萄蔓を巻いて行きます。夜、夕食後の蔓が濡れている間に続きを編みます。9時半まで掛かり...

  18. ボロ籠 再生プロジェクト - 古布や麻の葉

    ボロ籠 再生プロジェクト

    以前投稿の底が藁の様になっていたボロ籠http://asanokofu.exblog.jp/26973639/下の二本捻じりも藁状態でしたので解き、くるみの裏を出してランダムに差し込みました。なめしをガシガシやりアイロン掛けもしましたが、乾燥したらやはりまるかりました。口が大きく開いていたので濡れている間に紐で矯正変形防止に新聞紙のあんこを入れます。口元もくるみの裏側で内と外を挟み、あけびを...

  19. 傷みの多い古い葡萄籠  修理 - 古布や麻の葉

    傷みの多い古い葡萄籠  修理

    前回投稿の古い葡萄籠の中のミニサイズかなり蔓が折れ欠損大分以前に布を被せて途中までやって放り出して置いた物。このお手上げの籠、何とか使える物にしようとリベンジ。取りあえず芯が折れた箇所に新たに芯を差し込みます。二本捻じりは後からするのは至難の業なので、花結びを絡めました。サイドにも花結び蔓を色んな方向から差し込んだので、見た目クチャクチャミニサイズなのでショルダーバッグにする予定です。ランキ...

  20. 修理待ちの古い葡萄籠 - 古布や麻の葉

    修理待ちの古い葡萄籠

    古い籠の中でも比較的状態の良い方の籠から補修して行きます。真ん中の小さい籠はかなり蔓が折れています。次回の大江戸までに持ち手を付けて完成予定そもそも籠教室に行き始た目的も、古い籠を直したいと考えていたからです。その頃はまだ蔓の特性も良く分からず、何個解してはお手上げになった事か。解く前は状態が良い籠に見えても、何十年も日常の道具として使われていた籠は、編み直すには私の技量では無理だと分かりま...

1 - 20 / 総件数:23 件

似ているタグ