精神病のタグまとめ

精神病」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには精神病に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「精神病」タグの記事(8)

  1. 霊能者むけのパワーブレスレットや、占い師向けの魔除け水晶が専門です。 - PRIMITIVE STONES

    霊能者むけのパワーブレスレットや、占い師向けの魔除け水...

    わかる人向けです。わからない人は、どこかで、一苦労してからいらしてください。玄人向けのプロショップです。コメント欄より、アクセスください。いたずらや、ふざけたコメントと判断した場合は、対応しかねます。ご理解とご協力を…

  2. 「私は神だ」 デルタ航空機内で男が拘束される - 日本を愛する防人のつぶやき

    「私は神だ」 デルタ航空機内で男が拘束される

    「私は神だ」 デルタ航空機内で男が拘束される[3日ロイター] - 米デルタ航空のニューヨーク行き579便の機内で3日、乗客が「私は神だ」と叫び、世界を救うと主張して暴れだしたため、プエルトリコのサンフアン空港に引き返す事態となった。 同社はこの乗客が「手に負えなくなった」ため、客室乗務員はほかの乗客らの手を借りて、男を拘束したと説明した。 https://reut.rs/2NvHyR...

  3. 元エリート官僚が息子刺殺を決意するまで…息子のSNS投稿に見える“いびつな親子”関係 - richardkoshimizu's blog

    元エリート官僚が息子刺殺を決意するまで…息子のSNS投...

    元エリート官僚が息子刺殺を決意するまで…息子のSNS投稿に見える“いびつな親子”関係https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190604-00010006-fnnprimev-socip=2中学の時から引きこもり、家庭内暴力。毎月30万円以上もの生活費を負担してきた両親。ずっと悩んできた。他人に危害を加えかねない44歳の息子。それを予防するには、自分たちの手...

  4. 混沌と創造と破壊と。 - 人のカタチを作る日々

    混沌と創造と破壊と。

    心の中にある、一種の混沌は、整理するのがとても難しいですよね(^o^;)すべては混沌から始まり、整理され、カタチをつくり、劣化して、破壊へと。破壊されたすべては、混沌へ。そのサイクルはまるで螺旋のように。現実は3次元であっても、目に移るものは2次元で。感じる心は4次元で。刻まれている時間は、一人一人同じなのに、感じるものだけバラバラで。だからこそ、共感することに人は喜びを覚え、時には共感する...

  5. てんかんと、精神病と。 - 人のカタチを作る日々

    てんかんと、精神病と。

    てんかん、というと大体想像するのは、痙攣をおこして、泡を吹き、気絶する事をイメージする人が多いようです(^o^;)でも、それはてんかんでいうところの大発作と呼ばれるもので、それ事態が特別に、重大な問題なわけではないのです。てんかんにも、様々な種類があり、傍目から見ればボーっとして止まってるようにみえることや、膝や腕などの一部分の動作を何度も繰り返していたり、なにもないところで急に、片ひざだけ...

  6. 受け入れるって… - 人のカタチを作る日々

    受け入れるって…

    もし、自分の過去を世の中に受け入れて貰えなくても。もし、自分の価値観を世の中に受け入れて貰えなくても。もし、自分の生き方を世の中に受け入れて貰えなくても。たった一人でいいから、すべてまるごとひっくるめて、受け入れて貰える人に出会えたなら、それだけで生きられます。それだけで、幸福だからです。でも、もし誰にも自分を受け入れて貰えなかったら。自分のその在り方を、あるがままを受け入れる。そして、それ...

  7. 3.双極性障害と診断されて変わったこと、思ったこと。 - 人のカタチを作る日々

    3.双極性障害と診断されて変わったこと、思ったこと。

    薬を飲むことでまず変わったのは、手足の震えがとまった事でした。薬なんて、あんまり期待してなかったものですから、ついつい意外と効果あるんだなぁ…と。後、躁鬱病(双極性障害)と診断されたことで意識して自分の行動を省みる事が多くなりました。そして、気付いたことも。病と言われる事の安心感と不安感。何かにカテゴリーされることへの安堵感と拒絶感。どちらにしても、僕の心は矛盾が常に同居し、天秤の秤がどちら...

  8. 2.双極性障害と診断されて。 - 人のカタチを作る日々

    2.双極性障害と診断されて。

    今までの生い立ちや、家族構成、周りの人の評価など諸々を質問され、ゆっくりながらも思い出し、思い出し、話しました。病気だなんて思わなかった時期の話でも、先生からは、「躁状態の時に病院くることはまずないから、大分前から躁鬱病はじまってたみたいだね。」と。衝動的に動いたり、話したりして、自分だけでなく、周りを大分振り回してたんだと、罪悪感でいっぱいになり、また世界から色が消えたような、そんな感じで...

総件数:8 件

似ているタグ