紀伊半島のタグまとめ

紀伊半島」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには紀伊半島に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「紀伊半島」タグの記事(32)

  1. 空撮・セントレアー宮古島 - Turfに魅せられて・・・(写真紀行)

    空撮・セントレアー宮古島

    今回はほとんどの時間、洋上と言うことで余り撮れなかったです。(「」は名所・旧跡)(紀伊半島)8月に行った「大台ヶ原」。中央上の小さな白っぽいところが駐車場、剥げているところが「東大台」、8月に歩いた「西大台」は左端。全山紅葉しています。左に尾鷲市、中央に紀北町、そこから左上に日本随一の「清流・銚子川」、河口付近に「白石湖」。新宮市、熊野川河口と左の緑地南端付近に「熊野速玉大社」。中央熊野川上...

  2. 地図の上では・・・ - LUZの熊野古道案内

    地図の上では・・・

    今。北海道の田舎の町が脚光を浴びています。政府が「核廃棄物処分場」を募集始めてから、高知の東洋町が立候補しかけて潰れてから何処も立候補していなかったのが、二箇所も立候補してきました。本当の誘致する気があるのかどうか疑問ですが、書類調査だけでも出てくる補助金が人口820人の神恵内村や人口2800人の寿都町にとっては大きいですからね。村をそっくり売り払うような議論も出かねません。ただ、原子力に関...

  3. 大台ケ原  洞川温泉   道の駅  黒滝 - 旅と数学  それとdiy

    大台ケ原 洞川温泉 道の駅 黒滝

    朝6時道の駅紀伊長島起床。朝から快晴。尾鷲から 425線 通称 死にゴー線で 下北山に行くつもりが ナビが 熊野からを 示していた。ナビも 425は 避けるんだね。紀伊半島の山岳ドライブは 南北道は 比較的快適だけど 東西道は 日本でも 有数の 酷道化する。熊野からの 309 169号線は 快適ドライブ。大台ケ原に上ってみる。最近ここは 自転車の ヒル...

  4. 海と空のはざまには - memory

    海と空のはざまには

    本州最南端、潮岬付近(オーシャン東九フェリーから)

  5. 神戸の街並みと広がるパノラマ絶景♪ - 神戸布引ハーブ園            ハーブガイド日記

    神戸の街並みと広がるパノラマ絶景♪

    ただ今の展望エリアからの景色は、紀伊半島の一部まで見られる、パノラマ絶景となっています。台風の影響による強風に負けないよう、ガーデンの植物たちは倒れないようにがんばっています(;_;)/

  6. 紀伊半島一周 - おもいを表現する

    紀伊半島一周

    (夏休み)ツーリング四回目夏休み明けの土日に紀伊半島を一周しました。8/26(土)宝塚~吉野~熊野~潮岬8/29(土)潮岬~高野山~宝塚総走行距離526.9kmガソリン24.37L燃費21.6km/l午前のうちに家を出て、橿原市を抜けて吉野へ。橿原市までの市街地は、混んでましたが、そこから吉野川を沿っての道は、快適でした。吉野川は、泳いで遊んでいる人多し、まだ夏を残した風景。そこから153号...

  7. 紀北 - 新・旅百景道百景

    紀北

    昨日の三重県紀北町初めて訪れた『きほく燈籠祭』の花火事前に花火の達人から詳しいプログラムや打ち上げ場所のレクチャーを受けたものの狙う位置がズレたり何やらでうまくいきませんでしたまた来年以降挑戦してみたいと思います

  8. 紀伊半島沿岸の旅-13おはらい町、おかげ横丁 - 風の彩り-2

    紀伊半島沿岸の旅-13おはらい町、おかげ横丁

    おはらい町は江戸時代のお伊勢参りで賑わった街並みを再現しているそうです。まずはお昼に食べた、名物「てこね寿司」と「伊勢うどん」です。伊勢うどんは汁気が少なくて、茹でてあるというよりは蒸してある感じの柔らかさで独特の味でした。建物は切妻、妻入りという伊勢独特の建築とのこと、このような建物がずうっと続いています。托鉢?のお坊様がおられました。実はこのような賑わいです。旧軽銀座、お祭りの人出・・・...

  9. 紀伊半島沿岸の旅-12伊勢神宮内宮 - 風の彩り-2

    紀伊半島沿岸の旅-12伊勢神宮内宮

    いよいよ伊勢神宮の内宮です。ここは天照大御神の祀られている神社で、伊勢神宮の100を超える神官の中枢をなすようです。お昼を食べたお店の方がガイドしてくれて、私たちは旗の後をついて速足で境内を進みました。ここ、五十鈴川は神社の御手洗場となっており、参拝者はここで手を浄めます。参道にはたくさんのご神木がうっそうと茂っていて、いかにも聖地の趣です。ここは皇大新宮、メインの建物です。(この石段の先は...

  10. 紀伊半島沿岸の旅-11伊勢神宮 外宮(げくう) - 風の彩り-2

    紀伊半島沿岸の旅-11伊勢神宮 外宮(げくう)

    今回一番の目的地はこの「神社の中の神社」と言われ、日本人の心のふるさとともいわれている伊勢神宮参りでした。バスは初め、外宮(げくうと読むそうです)に向かいました。広大な参道を歩き、独特の趣のある建物にお参りしました。外宮には豊受大御神がお祀りされているそうです。『衣食住をはじめ、あらゆる産業の守り神』とのことです。お参りする時、薄物の御簾が風にあおられて中をちらっと覗けると運がいいのだそうで...

  11. 紀伊半島沿岸の旅-10英虞湾遊覧 - 風の彩り-2

    紀伊半島沿岸の旅-10英虞湾遊覧

    3日目、最初の観光は、伊勢志摩サミットの会場となった賢島からの「賢島エスパーニャクルーズ」です。エスペランサ号に乗船した私たちは、下の客室が空いているのにもかかわらず、いつもの通りデッキに出て一番前に立ちました^^まだ肌寒い早春の海風が吹いていて、ウインドブレーカーの下の身体はだんだん冷えていきましたが、英虞湾の入り組んだ海岸線や真珠貝の養殖風景などをとても楽しんでいました^^某有名な真珠メ...

  12. 紀伊半島沿岸の旅-9鬼が城 - 風の彩り-2

    紀伊半島沿岸の旅-9鬼が城

    さて「鬼が城」に着いて、「鯛しゃぶ膳」を食べるのもそこそこに、私たちは席を立ち、遊歩道探索に出かけました。ここでは海に面した断崖絶壁に作られた細い道を歩きます。約1km続くその道は、いくつかの石門や奇岩奇勝が続きます。石門をくぐると、眼下はるか下に打ち寄せる波また波。つい写欲が湧いて、波の形や動きに気を取られます。よく見て頂けるとわかると思いますが、鎖(手すり)のついた細い道がずうっと続いて...

  13. 紀伊半島沿岸の旅-8花の窟(はなのいわや)神社 - 風の彩り-2

    紀伊半島沿岸の旅-8花の窟(はなのいわや)神社

    次の見学地は、日本最古の神社と言われる花の窟神社です。神代の昔より花を供えて祭るので花の窟と言うそうです。木漏れ日の美しい参道を歩きました。このような私好みの鳥居が・・・着きました。御祭神 - 伊弉冊尊(イザナミノミコト)が祀られているのです。ここも世界遺産に登録されています。伊弉冊尊(イザナミノミコト)は神々の母であり、火神・軻遇突智尊(カグツチノミコト)を産み、灼かれて亡くなった後に葬ら...

  14. 紀伊半島沿岸の旅-7熊野速玉大社 - 風の彩り-2

    紀伊半島沿岸の旅-7熊野速玉大社

    次の参拝は熊野速玉大社、ここも世界遺産となっています。熊野本宮大社、熊野那智大社と合わせて、熊野三山と呼ばれています。バスを降りて、駐車場から比較的近いところにお社がありました。朱塗りの美しい神殿です。広々とした境内は観光客もそれほど多くなくて、神聖な空気が漂います。神官の方が神社の由来について説明をしてくれました。(許可を頂いて撮影しています。)それから自由にお参りしました。ここも見事な注...

  15. 紀伊半島沿岸の旅-6熊野本宮大社 - 風の彩り-2

    紀伊半島沿岸の旅-6熊野本宮大社

    バスは一気に熊野大権現~熊野本宮大社~に向かいました。由緒ありそうな鳥居をくぐると、両側を杉並木に挟まれた参道が続き、その先には石段がありました。辺りは清澄な空気に包まれています。ここで浄めてから・・・立派な注連縄をくぐり広い境内に入りました。いくつかあるお社をお参りしました。ここから奥は一般人は入れないのです。木漏れ日の美しい朝の光の中、参道を下ってバスに戻りましたよ^^短いコースでしたが...

  16. 紀伊半島沿岸の旅-5ホテル浦島 - 風の彩り-2

    紀伊半島沿岸の旅-5ホテル浦島

    船に乗り換えて、ホテルに向かいます。ホテル浦島は島全体を所有しているようで、「千と千尋の神隠し」を思わせるような通路で繋がっているいくつかの館がにそれぞれ固有のお風呂を持っています。まずは、4つあるお風呂のうち「忘帰洞」というお風呂に行ってみて感激しました。今までの旅の中で最高の温泉だったのです。何が最高かというと、洞窟にある露天風呂が海に面していて、こちらに向かって波が、ザザーンと音を立て...

  17. 紀伊半島沿岸の旅-4橋杭岩 - 風の彩り-2

    紀伊半島沿岸の旅-4橋杭岩

    バスの前方に珍しい形の岩が続いているのが見えました。これが橋杭岩です。上の写真と中間あたりの岩から風景が繋がっています。右にも左にもまだ続いているのです。押し寄せる波を撮ろうとしたけれど、カメラを構えたら波は静まってしまいました^^;橋杭岩の説明がありました。地下から上昇したマグマが泥炭層に入り込んで固まった後、泥炭層の部分が波に削られてできた地形だそうです。900mほど繋がっているようです...

  18. 紀伊半島沿岸の旅-3潮岬 - 風の彩り-2

    紀伊半島沿岸の旅-3潮岬

    三段壁を後にして、バスは紀伊半島南端へ向かいます。そしていよいよ潮岬に着きました。展望タワーに登って、黒潮押し寄せるのどかな海を望みます。展望タワーで「本州最南端訪問証明書」をもらいました^^タワーを下りて、岬に向かいました。ここで記念写真を撮りましたよ^^そうそう、この日食べた昼食は、田辺湾名産「しらす釜揚げ丼」でした。しらすが淡白でくさみがなく、ご飯によく合っていましたよ^^潮岬の滞在は...

  19. 紀伊半島沿岸の旅-2三段壁 洞窟 - 風の彩り-2

    紀伊半島沿岸の旅-2三段壁 洞窟

    三段壁の地下深くエレベーターで降りていくと大きな洞窟になっています。入り込んだ海とも繋がっているので、岩肌は独特の風合いがあり、とても神秘的でした。長い長いトンネルを歩いていくと祠があって、自然の岩を利用した御手洗が・・ここはパワースポットとして知られる牟婁(むろ)大弁財天です。両側に大黒天、毘沙門天、そして十六童子を従え、どんな願いをも叶えてくれるというすごさです。お参りしてパワーをたくさ...

  20. 紀伊半島沿岸の旅-1三段壁 - 風の彩り-2

    紀伊半島沿岸の旅-1三段壁

    「お伊勢参り」をしたいとの希望で、2泊3日の某旅行会社のツアーに参加してきました。実は私は紀伊半島は初めてなのです^^まずは一気に伊丹空港へ。コートを羽織り防寒対策をして出かけましたが、お天気はご覧の通りまずまずです^^空港からバスに乗り換え、紀伊半島西側沿岸をずうっと南下して、ようやく最初の見学地「三段壁」に着きました。ガイドさんの説明の通り、すごい断崖絶壁、東尋坊を思い起こします。おそる...

総件数:32 件

似ているタグ