納骨堂のタグまとめ

納骨堂」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには納骨堂に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「納骨堂」タグの記事(33)

  1. いえのえほん施工篇/キリスト教会 納骨堂3 - 『文化』を勝手に語る

    いえのえほん施工篇/キリスト教会 納骨堂3

    RCの壁に木造屋根、木で屋根スラブを架けるイメージで進行する。陽射しの暑い中、2層目を貼る棟梁村上敏郎。シート防水までこの天気が続いてくれるといいのだが・・合板だけで外壁面から20センチはね出す。(出入り口は50センチもはね出す)2層目を重ね貼りすると、50センチハネ出しても大丈夫だ。当初は24ミリの合板だった。ところがこの緩いカーブ状に追随して曲がらない。それで12.5ミリを糊付けして2層...

  2. いえのえほん施工篇/キリスト教会 納骨堂2 - 『文化』を勝手に語る

    いえのえほん施工篇/キリスト教会 納骨堂2

    内寸2.2×3.2メートルの小さな空間、天井高さも2.15メートルほど。床と壁4面はRCの納骨堂・・でも屋根兼天井は、木造・・こんなイメージから始まった。屋根はゆるやかにカーブを描く。大工棟梁は、村上敏郎。10センチピッチのたるきがかかった。野地合板を貼る前、天気のよい陽射しがコンクリートにキレイな影を作る。そして上から野地合板を貼っていく。

  3. さて、お墓をどうしましょうか - おしゃれを巡る冒険

    さて、お墓をどうしましょうか

    主人が亡くなってからそろそろ1ヶ月になる。私の家にも彼の家にもお墓はあるが、以前からそこではなくて、2人だけの埋葬場所を考えていた。この件について2人で真剣に話し合ったことはないが、雑談的に話していたのが納骨堂への安置。いわゆるお墓のマンション的な施設で、一般的なお墓よりは管理も楽だし、たとえ、子孫が途絶えても墓仕舞いなどの後始末もいらない。昨日はそんな一軒を見学に行ってみた。JRの駅から徒...

  4. いえのえほん施工篇/キリスト教会 納骨堂1 - 『文化』を勝手に語る

    いえのえほん施工篇/キリスト教会 納骨堂1

    キリスト教会の工事が始まった。仏教、神道につづく第3弾。久しぶりのRC造(鉄筋コンクリート)、といっても床面積わずか8.16㎡(5帖弱)。死者を弔う納骨施設。四面のコンクリートの壁とコンクリートの床。天井もコンクリートでは重ぐるしい・・RC造というのは、型枠を作って中にコンクリートを流し込み、コンクリートで造形する、まさに彫塑的なもの。戦後、丹下健三を筆頭にして、その造形的近代建築は型枠大工...

  5. 積雪比較/永安の舎 - 『文化』を勝手に語る

    積雪比較/永安の舎

    2020-2021年シーズンは9年前の2011-2012年シーズン以上かといわれるほどのドカドカ雪、さすが豪雪岩見沢。少雪だった昨年の反動なのかも・・それで比較してみる。黒住教納骨殿『永安の舎』(2019年竣工)、2020年1月17日。2021年1月12日、凄い違い。まわりの雪の状況が、それを一層物語っている。

  6. 一周忌 - 『還暦』過ぎてますが…

    一周忌

    還暦過ぎてますが・・・仏事はきっちり行います!!今月の23日は実父の一周忌という事でお寺さんに法要の申込みに行ってきました。実母の希望で納骨もまだ済ませていなかったので納骨堂の申し込みも同時に済ませました。このお寺さんの納骨堂は一刀彫の観音様の台座にあり初めて実母が訪れた時に気に行ってここにすると決めた場所です。小高くなった場所から市内が見渡せて住まいからも近く実父も喜んでくれていることと思...

  7. いえのえほん設計篇/キリスト教会2 - 『文化』を勝手に語る

    いえのえほん設計篇/キリスト教会2

    次が懸案の、納骨堂。地下室から、別棟地上案。でも、かたちがなかなか具体的な像を結ばない。思いつく度にたくさんのアイディアを描き留める。その数、A4裏紙にボールペン(簡単で早くて最近はもっぱらこのスタイル)で50数枚に及ぶ。そして牧師さんの言葉がヒントになってみえてきたかたち、列柱エントランスとの配置関係。屋根の膨らみが決め手になっている。分厚いコンクリートの壁に穿たれた穴が7つ、ガラスブロッ...

  8. 2月休園日のお知らせ - クリプタ板橋スタイル

    2月休園日のお知らせ

    2月 休園日のお知らせ3日(月)10日(月)17日(月)25日(火)※2/24は月曜日ですが、祝日の為開園します

  9. 北九州市小倉北区テラス型納骨堂 - 禅宗の寺 長清寺/北九州市 小倉北区

    北九州市小倉北区テラス型納骨堂

    屋外納骨堂とは、核家族化や埋葬に対する価値観の多様化によって、「先祖代々の墓」という従来の概念にとらわれることなく、自分のライフスタイルに合ったお墓を求める人が増えてきました。近年、じわじわと浸透してきた散骨や樹木葬に続き、「新たなお墓の形」として注目を集めているのが「納骨堂」です。北九州市小倉北区寿山町6-26長清寺

  10. 謹賀新年 - 禅宗の寺 長清寺/北九州市 小倉北区

    謹賀新年

    明けましておめでとうごさいます。・年頭にあたり、皆様のご健勝とご発展を祈念いたしまして、新年のご挨拶とさせていただきます。北九州市小倉北区寿山町6-26長清寺

  11. お供物台リニューアルしました - クリプタ行徳スタイル

    お供物台リニューアルしました

    いつもお参りいただきありがとうございます。この度、新しくスタッフに加わりました新人のMです。今後ともよろしくお願いいたします。長年皆様にご利用いただいていましたクリプタ納骨堂のお供物台がリニューアルされました。以前に比べて、シンプルなデザインに変更し、見慣れない部分もあるかと思いますが新しい祈りの場になって頂ければ幸いです。日に日に寒さが増してきておりますのでどうぞご自愛くださいませ。皆様の...

  12. ハロウィーン - クリプタ板橋スタイル

    ハロウィーン

    10月のイベントといえば”ハロウィーン”ですスタッフが本物のカボチャでカボチャおばけを作りましたよどれが一番怖いかな?クリプタ板橋は9時から17時まで開園しております。

  13. 納骨殿『永安の舎』/落成式 - 『文化』を勝手に語る

    納骨殿『永安の舎』/落成式

    神道の落成式に呼ばれた。妻壁に開いた開口が、演出を効果的にしている。感謝状をいただく当社社長たくさんの人が列席した。みんな写真に納めていく。外はこのアングルそして内はこのアングルになるらしいいずれにしても出席してきた檀家さんたちの評判は、上々のようだった。小さいけれどやりがいのある仕事だった。そして感謝される、大変ありがたい・・

  14. 7月の休園日 - クリプタ板橋スタイル

    7月の休園日

    7月休園日のご案内1日(月)・8日(月)・22日(月)・29日(月)7/13(土)~16(火)はお盆期間中の為、開園しています。お間違えのないよう、お願い致します(^_^)

  15. 再訪 蔵前陵苑 - 設計事務所 arkilab

    再訪 蔵前陵苑

    竣工して一年半ぶりに訪問しました。全体的ピカピカでなく、空気が馴染んできた感じです。ここからが遮ぎるものが少なくスカイツリーがよく望めます。

  16. いえのえほん/墨付け手刻み1 - 『文化』を勝手に語る

    いえのえほん/墨付け手刻み1

    神道の納骨殿『永安の舎』(えいあんのやしろ)の大工工事が始まった。大きさは62.11㎡/18.8坪と小さい。この建物には大工さんの手作り感覚の要素を、限りなく盛り込むように意図した。大きさといいディテールといい、まさに習作。棟梁はベテランの吉野敏夫、一緒に大工2年目の柳原が付いて学ぶ。大学院卒で女性。1年間修業して、スタイルはすでに板に付いている。線引きは棟梁に習ってボールペン。線はボールペ...

  17. 不動明王 - 禅宗の寺 長清寺/北九州市 小倉北区

    不動明王

    福岡県篠栗から新しい仏像がやってきました。北九州市小倉北区寿山町6-26長清寺玉井 竜滋

  18. 『永安の舎』神道の納骨殿 - 『文化』を勝手に語る

    『永安の舎』神道の納骨殿

    死んだら日本の場合、遺体はほぼ火葬で焼かれてしまい骨が残る。その骨はどうなるか、骨壺に納められてお墓に埋葬されるか、納骨堂的なものに納められるかして、長く遺族に供養されていくことになる。あるいは海に山に散骨されたりするか・・そこで・・近所に神道の教会所があって、納骨殿工事を請け負うことになった。もちろん、実績も認められての設計施工です。上の画はアプローチ部分に屋根が架かっている初期案(間口も...

  19. 鐘楼落成&住職継承 - 静かに過ごす部屋

    鐘楼落成&住職継承

    2018.10.8(月)月日が経つものは早いもので亡き母上様の3回忌の法要を家族だけでひっそりと営みました。去年1回忌の法要時幹事なのに一番遅く到着し叔父に注意を受けたので今回は1時間前には行きました(笑)この度住職となられる住職さんが落葉の掃除をしておられます。お寺は線路の上側にあるので災害が起きてからついこの間までは電車の音も無く静かだったそうです。叔父夫婦が電車を眺めてます(笑)来る1...

  20. 今年は梨です!! - クリプタ行徳スタイル

    今年は梨です!!

    ※閉園時間変更のお知らせ※(2018年7月1日より)今日はどんより?いつ雨が降ってもおかしくなさそうな行徳地区です。またまた台風接近中とのこと。明日以降は大荒れの予報です。せめてこの蒸し暑さがなんとかなると良いのですが…今年は酷暑で果物が育たないかなぁと思ったのですが、なんと!!!!梨が育ちました!!!!!!!!!!!※一個だけ・・・・・・(´・ω・`)頑張って育ってくれてありがとう去年はみ...

総件数:33 件

似ているタグ