紙もののタグまとめ

紙もの」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには紙ものに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「紙もの」タグの記事(41)

  1. 25日(月)はお休み。 - あいろく

    25日(月)はお休み。

    ***9月25日(月)はお休みいたします***↓明治末期の写真↓

  2. グラフィック社2017年08月ランキング8位 - グラフィック社のひきだし ~きっとあります。あなたの1冊~

    グラフィック社2017年08月ランキング8位

    8位週末でつくる紙文具あると便利なのになかなか自分好みの文具が見つからない方、この本の収納グッズは便利です。

  3. 17日(日)はお休み。 - あいろく

    17日(日)はお休み。

    ***9月17日(日)はお休みいたします***↓スピードパンツ紙袋↓

  4. 「ねじ式」はんこ - あいろく

    「ねじ式」はんこ

    つげ義春さんの「ねじ式」の最後の1コマをはんこにしました。少々、雑になった感じはありますが、「よし」とします。「ねじ式」に衝撃を受けた。と、いう人は、やはり少なくはないのだな・・・。と、お店をやっていて感じます。絶対的に客数が少ない当店でさえ、そうおっしゃるお客様が数名居られるくらいですので、なかなかの割合と言えるのではないか?と、思います。銭湯店主「N」さんから寄贈していただいた「ねじ式」...

  5. 邦ちゃん紙袋 - あいろく

    邦ちゃん紙袋

    今日の営業中にテレビを見ていると、たまたま山田邦子さんを見たのでこれをご紹介。チロルチョコ袋。

  6. マル万学生服紙袋 - あいろく

    マル万学生服紙袋

    文字どおり、学生服の紙袋です。ボロボロです。肝心の制服の写真を撮り忘れておりますが、僕の中ではこの紙袋の方が要です。8ヶ月になる我が娘が、この紙袋に写るかつての少年達によく微笑みかけております。一昨日、初めてお客さんとしてベラミ山荘「こぶのいち」に足を運びました。とてもよく晴れておりました・・・・。

  7. 慰問用針釦組み合セ箱 - あいろく

    慰問用針釦組み合セ箱

    最近、韓国ドラマ(特に時代もの)にハマっております・・・。新入荷の「慰問用針釦組み合セ箱」。縦7cm×横5cm×高2cmの紙の小箱です。中身は無く、箱のみです。元々は読んだまま、慰問用の針と釦(ボタン)が入っていたのでしょう。この時代の「もの」にはどうしても惹かれてしまいます。↓四隅が内側から和紙で補強されております。

  8. あいろく文庫に強力な仲間 - あいろく

    あいろく文庫に強力な仲間

    今月、僕は「うん」がついております。当ブログの5月3日の記事「変なおじさんとおおらかな人」で書きましたが、あの忌まわしい出来事・・・。そして今朝のこと・・・。モーニング営業を始めようと内側からシャッターを開けると、とても良い日差し。そして足元には犬のものらしき「うん〇」・・・。「またか・・・」。本来なら溜息ものですが、ところがどっこい前回の一件で僕は免疫がついております。どこぞの変なおじさん...

  9. ビンテージ切手などをアップしました。 - 東欧雑貨店 Glucklich (グリュックリッヒ)の日記

    ビンテージ切手などをアップしました。

    こんばんは。Glucklich(グリュックリッヒ)です。いつもGlucklichをご利用頂きありがとうございます。先週末は久々のイベント出店でした。多くのお客様のもとへ商品が旅立ちとても嬉しいです。今週は少しですがビンテージ切手などをアップしています。どれも魅力的なデザインです。お楽しみ頂けましたら嬉しいです。それではよいゴールデンウィークをお過ごしくださいませ。http://gluckli...

  10. アンティークポストカードアップ予定 - BLEU CURACAO FRANCE

    アンティークポストカードアップ予定

    そろそろ、アンティークポストカードのアップを久しぶりに始めようかな・・・と考えております。可愛いカードは、HPに載せる前に、東京のイベントで売れてしまいます。全国の皆様にご覧いただきたいのと、記録用としても出来るだけアップしたいです。(画像のカードは、アップ前に販売済みです)

  11. 猫 - あいろく

    「コーヒーゼリーの時間」につづき、「あいろく文庫(仮)」が1冊増えました。水木しげる著「水木サンの猫」。これは水木さんの作品の中でも、主に猫が登場する作品を集めたもの。「人が猫に飼われていることに気付いてない」。「猫は賢い。自分で食うために働かない」。等等、興味深い言葉が・・・。僕も知らず知らず、実は「ふくすけ」に飼われているのでしょうか?喫茶ご利用の方で、興味ある方はご自由に閲覧くださいま...

  12. コーヒーゼリーの時間 - あいろく

    コーヒーゼリーの時間

    「コーヒーゼリーの時間」。文筆家・木村衣有子さんの著書です。僕のなかで木村衣有子さんの著書と言えば、「東京骨董スタイル」。美術雑誌・別冊太陽の「生活を楽しむ」シリーズのひとつで、14年前に購入してから現在も尚、時々パラパラと眺めては「古道具屋」に「喫茶店」に憧れを持っていた(現在も尚)「あいろく」開業以前の気持ちを思い出したりしております。そんな訳で「コーヒーゼリーの時間」。2015年6月に...

  13. 喫茶のこと、珈琲のこと。 - あいろく

    喫茶のこと、珈琲のこと。

    喫茶のお知らせ。今週末くらいから、今年も「アイスクリン」と「珈琲ゼリー」を始めようと思っております。どうぞよろしくお願いいたします。そして珈琲のこと。珈琲豆は変わらず「ブラジル・トミオフクダ」を手網焙煎で中深煎り。そして、かねてより考えていたのですが、同じ豆ですが濃さが違う「あっさり」と「こってり」の2種類で対応することにしました。これまでのものは「あっさり」です。豆15gで150cc。「こ...

  14. ゲゲゲ気分 - あいろく

    ゲゲゲ気分

    少し前に愛車(自転車)の車輪が限界。と書きましたが、どうやら全体が限界だったようで、数万円をかけて部品総取替え、もしくは買い替えのどちらかの選択を迫られました・・・。これまでのものは「ビアンキ」というメーカーの言わば外車で、僕にとっては少しお高いもの。今となっては分不相応かな・・・。と、実は感じはじめておりました。14年半乗り続けてきたものなので名残惜しさはあるのですが、この機会に買い替えを...

  15. フランスのビュバーをアップしました。 - 東欧雑貨店 Glucklich (グリュックリッヒ)の日記

    フランスのビュバーをアップしました。

    こんにちは。Glucklich(グリュックリッヒ)です。いつもGlucklichをご利用頂きありがとうございます。関東では春一番が吹き、また一歩春に近づきましたね!今週は、フランスのインク吸い取り紙のビュバーをアップしました。東欧雑貨店Glücklich(グリュックリッヒ)HP:http://glucklich.ocnk.netFacebook:https://www.facebook.co...

  16. 再び「タモリ学」 - あいろく

    再び「タモリ学」

    以前も紹介しました「タモリ学」という本。1年2ヶ月ほど前に良きお客様「Gさん」にお借りした本です。それは僕の39年半の人生(当時)で3冊目の本となりました。それ以来ずっと自分の手元に置いておきたいと思っておりましたが、このたびとうとう購入しました。「本のひびき」さんで取り寄せていただいて。前述でお分かりのように、活字にめっぽう弱いこの僕でもサラッと読むことができた本。僕にとってのバイブルとで...

  17. 東ドイツの紙ものをアップしました。 - 東欧雑貨店 Glucklich (グリュックリッヒ)の日記

    東ドイツの紙ものをアップしました。

    こんばんは。Glucklich(グリュックリッヒ)です。いつもGlucklichをご利用頂きありがとうございます。立春を過ぎ、暦の上では春を迎えましたが、まだまだ、寒い日が続きますね、皆様、ご自愛ください。今週は、東ドイツの切手とレタリングシールをアップしました。とても可愛く、コレクションにピッタリです。全て未使用品です。東欧雑貨店Glücklich(グリュックリッヒ)HP:http://g...

  18. 精神的なもの - あいろく

    精神的なもの

    パソコンの動きが悪く、更新をサボりがちでした。すみません・・・。同じ八幡東区にある人気のアイスクリーム屋さん、某「雪文」の店主にこれまでに何度かこう言われたことがあります。「あいろく」は「もの」でも「のみもの」でもなく「精神的なもの」を売っているお店だと。僕自身もそういう自覚は心のどこかにあったものの、改めて人からそう言われると、その言葉が染み入ってきます・・・。これは某店主なりの褒め言葉だ...

  19. 古道具屋と珈琲とつげさん - あいろく

    古道具屋と珈琲とつげさん

    僕の愛車(自転車)の後輪がいよいよ限界かもしれません。昨年の冬から調子が悪く、チェーンが空回りします。タイヤの中央の内部にはグリースのようなものが入っているらしく、タイヤが古くなると気温が低い時にはそれが固まって空回りするのだそう・・・。したがって気温が高い春~秋は問題ありません。しかしこの冬前には交換が必要でしたが、慢性的な金欠である僕はタイヤ代をケチり、この冬はこれで乗り切ろうと目論んで...

  20. 愛嬌あるインドの紙箱 - あいろく

    愛嬌あるインドの紙箱

    インドの「紙箱」。高30cm×口径22cm。紙を溶かし、紙粘土のように固めたものでしょうか。厚さもありしっかりとしてます。ゴツゴツとした肌にコロンとした姿形。武骨さと愛嬌を兼ね備えた「紙箱」。底にはぽっこりとした4本の足。極めつけは蓋の「つまみ」。「つまめないつまみ」。指でつまめないので、「つまみ」としての「用」を成しておりません。この意味の無さがたまりません。愛嬌たっぷりです。

総件数:41 件

似ているタグ