紙飛行機のタグまとめ

紙飛行機」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには紙飛行機に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「紙飛行機」タグの記事(22)

  1. おりじなる - SteadyCat.Works.の端っこ。

    おりじなる

    自分で生み出したものが動いたり飛んだりしているのが好きなのであって,他の人が作ったのをもらったりいじったりするのも好きなんだけど,でもそれだとそれ以上の喜びが得られないことが多くて。なんてことは前書いたような気がするけれど。なので実はレースとか記録会とかはほとんど興味がなくて,どっちかっていうと情報収集に近かったりする。だって他人より良く飛ぶとかとかより,こないだ作ったのよりもっと良く飛んだ...

  2. りったいよく - SteadyCat.Works.の端っこ。

    りったいよく

    ハンドランチ機を設計しているんだけれど,立体翼にしたせいで設計がまぁ面倒くさい。紙厚が0.2とか0.3mm程度の薄い世界で設計を進めていくんだけれども,本当にこんなチマチマやって意味あるのかと思ってしまうが,というか意味ないんだが,それでもやってしまうのかいけない癖というか。まぁやるだけやってみよう。紙厚考慮するのが面倒。

  3. しさくはつづくよ - SteadyCat.Works.の端っこ。

    しさくはつづくよ

    試作し続けて全く量産に至らない。量産型でもアップデートはされるものなのだろうが基礎設計まで大幅変更するわけじゃないし。とりあえずいま作ってる紙飛行機の試作機が完成したけどいつ量産できる程度には設計変更が落ち着くやら。とりあえずArtemisは主翼面積微増の尾翼面積大増。主翼構造は貼合わせにしようと思っていたけどやっぱりポリシーの都合上微中空翼。平板ぺラッとは望む主翼強度が出ないため。でも若干...

  4. ぞくかぜのながれ - SteadyCat.Works.の端っこ。

    ぞくかぜのながれ

    どうも翼断面形状まわりに流れる空気流は紙飛行機サイズの翼弦だと,剥離泡の後端は再付着しないそうで,となると揚力の増減は翼断面形状にほとんど左右されないようである。泡の再付着は翼弦が80mm以上じゃないと付着しないそうな。じゃあどんな風の流れなのかというと,前縁から剥離した層流は剥離した乱流とともにほんのり曲げられてく様な感じなのかな。そうすると,カタパルト機の前縁ナイフエッジ加工は,翼前縁か...

  5. かぜのながれ - SteadyCat.Works.の端っこ。

    かぜのながれ

    風の流れってのは全然見えないからなんともわかりにくい。エイドリアンニューウェイは風の流れが見えるらしくて空力の鬼才とかなんとか言われているけれど。大体厄介なのは大きい物体と小さい物体で流体は立ち振る舞いが変わってくること。ほんのちょっとでいいから風の流れがなんとなく見えるようになりたいなぁと思うのですよねぇ。こんな移動物体も作ってみたいところだし。

  6. こりしょう - SteadyCat.Works.の端っこ。

    こりしょう

    最近いよいよもって自分で作っていないと気がすまないたちになってしまっている気がする。紙飛行機にしてもそうだけど,自分で設計して作ったのがうまく飛んでいないとそこまで喜びを感じられないし(でも楽しいのは楽しい),自分で弄れる要素がないとそこまで興味を持てなかったりする。ちょっとこのままこじらせると面倒くさい人になるのである程度のところで自重しとかないとなぁ。でも作れる算段が経つと作っちゃうのよねぇ。

  7. しさくき - SteadyCat.Works.の端っこ。

    しさくき

    なんでもいっぺん試作機を作るものなのだが,何処まで追い込んで作るか迷うところがある。結局データ取りで数回使ったら終わるもんで,中々追い込みにくい。でもある程度はちゃんと作っとかないと,量産機と相違点が多すぎて全然性能が変わってきたりするから難しい。それでも紙飛行機なら小規模なのでポンポン作れるけれど,自転車とかなると話は別。試作なんて容易に出来ないもんだから,技術要素のテストを繰り返して,そ...

  8. たいしょうせい - SteadyCat.Works.の端っこ。

    たいしょうせい

    こないだハンドランチの紙飛行機を飛ばさせてもらう機会があったんだけれども,なんとも投げにくかった。機体が左右対称なので胴体が中央にあるから,主翼に指を引っ掛けて投げるときに中心軸を押せないもんで,ロール方向にくるくる,ヨー方向に不安定にランチしてしまう。まぁ慣れてしまえばなんともないんだろうが,でも投げやすいように胴体をすこしずらして作ればいいんじゃないのと思うである。ずらしてそこまで機体性...

  9. にりつはいはん - SteadyCat.Works.の端っこ。

    にりつはいはん

    二律背反~なんて台詞の歌が前流行りましたよね。え?知らない?紙飛行機設計を久々にやってると,なかなか二律背反な部分も多くて難しい。ゴムカタパルト機なんかは,射出速度はフルパワーランチで200km/h近い速度が出るものの,滑空に入ると人間の駆け足程度の速度になる。その超広域な速度域で何の動的制御をすることなく,射出から定常滑空までコントロールしなくてはならないからまぁとんでもない世界である。ま...

  10. ラファールに気を良くしたので。。 - sylphid

    ラファールに気を良くしたので。。

    6月21日 (Instagramより) · Rafaleに気をよくしたので。。#saab 39 gripen# JAS39#プロフィール機#紙飛行機#prolife機#クロースカップルドデルタ翼#tigermeet#グリペンラファールに気を良くしたので、勢いでグリペン描いてしまった。すでにテストフライト済み。デルタ翼機は無尾翼機だと割り切ってしまえば、調整もそんなに難しくはナカDEATH。そ...

  11. おじちゃんもラファールがすき。 - sylphid

    おじちゃんもラファールがすき。

    当時五歳児の甥っ子に「おじちゃん、僕は、ラプターと、フランカーと、ラファールと・・・・それから・・ナイトフォークがいい」と、言われたのは六年前だった。https://sylphid.exblog.jp/21940621/そしておじちゃんもやっぱりラファールがすき。ということで、愛しのラファールちゃんをProfile機にしてしまった。6月16日お気に入りの3Pattern製作。最初に作ったのが...

  12. 浮遊せよ - sylphid

    浮遊せよ

    縁あってか、pipo機熱に罹患している。治療方法は対処療法のみ。よって、pipo機をシコシコと製作する。Helios、Svarogに続いて2001年艦載機Baal製作。積層枚数はHeliosほどでは無いけど、相変わらずのSlimBody。青空に似合うねぇ~~。そしてもちろん、メッチャ良く飛ぶ。そしてもう一機、縁あって出会ったのがe-Rise。。現用機の感覚からすると小ぶりのハンドランチ。この...

  13. ほぼ空っぽ - sylphid

    ほぼ空っぽ

    第34回九州OPEN紙飛行機競技大会in筑後広域公園にいってきたとさ。天気予報は終日快晴、風は1~2mとのこと。早朝の空気はおだやか、バルサ機もそれはもうまったりと優雅に舞っていて。これはもう、日頃の行いに報いる神のご加護と思ったりもしていたのですが。。。。神様・お天道様はよく見ていらっしゃるようで、競技が始まる頃から打って変わって終日強風。。。まっ、世の中そんなもんですね。でも、まっ。楽し...

  14. 第34回九州OPEN紙飛行機競技大会 - sylphid

    第34回九州OPEN紙飛行機競技大会

    いよいよ、週末九州OPEN紙飛行機競技大会だべ。。願わくば、微風晴天とならんことを。。望むらくは、サーマルに恵まれんことを。。そしてあわよくば、サーマルの妖精たちは私の飛行機たちだけを天空へとをすくい上げていただきたいと。。(心の底に潜む闇の声・・・・。)

  15. ぴぽぴぽ - sylphid

    ぴぽぴぽ

    2001年製、pipo機MシリーズからHeliosとSvarogを製作。。pipo機の中でもMシリーズは名機ぞろいだね。とくにこのHeliosそれからBaalはもう何機作ったかわからない紙飛行機のとっかかりはご多分に漏れず二宮機でしたが、親爺が一番影響を受けたのは間違いなくpipo機。。そしてその一番の特徴は(特にHeliosは)この胴体。。繊細そしてボケ防止にはもってこいだね。。永遠のバイ...

  16. 黄色い飛行機。 - sylphid

    黄色い飛行機。

    どんないろがすき。(きいろ)きいろいいろがすき。いちばんさきになくなるよ。きいろい・・ひこうき・・それはいやだけど、スパン350mm・オールペ-パーハンドランチsylphid3番機は黄色い飛行機になっちゃった。今までのより若干重め。。親爺の肩エンジンでも(ぎゅぃ~~ん)っと揚がってくれるでしょう。。

  17. profile機を作ってみた。 - sylphid

    profile機を作ってみた。

    一年以上PCに眠らせていた190DのProfile機をやっと描き上げた。A4Y目サイズとあおぞらケントサイズの2パターン。強度は大丈夫かなとか、尾翼容積が少なそうな気がするなとか、気になるところはあるけれど。。とりあえず飛ばしてみてからね。。いっしょに作ったサイトー機いっしょに飛ばしてみませう。。気分は天空を舞っている。。

  18. AllPaperHandlaunchの夏祭りSpecial - sylphid

    AllPaperHandlaunchの夏祭りSpecial

    なおざりの拙ブログ。時々悔い改めるように更新する。時は遡って夏の盛りの頃。。。AllPapersylphidの夏祭りスペシャを作ってみた。。夏祭りの図柄はいつものところ「イラストAC」からのいただき物ね。。イラストレーターは「ノンジロウ」さんです。と言っても、7年も前のいただき物。サイトからは削除されているようです。ちなみに私のホチ機「sylphidSP」も完全消去されていました。。(T-T...

  19. 治具を新調した。 - sylphid

    治具を新調した。

    紙胴のハンドランチを改めて作ってみることにした。(過去3~4回しかけて全て頓挫。。へへh)親爺のイメージとしては、オールペーパーは紙胴より重くなる。→翼面加重が増して、浮きが悪くなる。→翼面積を増やして対応すべきでは。と言うことで、主翼スパンを33cmから35cmに延ばしてみることに。。そのために、上反角治具を新調したとさ。別に、治具まで紙で作らなくてもいいのに。シコシコ紙細工。こんなんなり...

  20. ひこーき - 超小型飛行体研究所ブログ

    ひこーき

    ふっふっふープロペラが見えない紙飛行機型ラジコンーが出来そうだどこにプロペラがあるか解るまい、もちろん翼の上とかお尻や機首にも無いよ上手く行けば機体の後ろをメラメラと燃やす演出をLEDとプログラムで仕込みたい地図ももちろんペイントしたい最大の問題はこの飛行機を投げるのが可愛い子でなく怪しいオジおっさんだと言うことだけ

総件数:22 件

似ているタグ