素敵なモノのタグまとめ

素敵なモノ」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには素敵なモノに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「素敵なモノ」タグの記事(26)

  1. 1228.最後にして最初の人類 - 岡田まりゑblog

    1228.最後にして最初の人類

    uplink吉祥寺に「最後にして最初の人類」を観に行きました。旧ユーゴスラビアの巨大戦争記念碑スポメニツクとヨハンヨハンソンの映像と音楽、それを繋ぐ神託のようなナレーションの声。今のこの様な日々に深く響いて、私たちが20億年の未来の人間からメッセージを受け取っている気がしていました。人類にも宇宙にも終わりがある。けれどキオクとして繋がって残す試み

  2. 1124.奈良へ行きたい - 岡田まりゑblog

    1124.奈良へ行きたい

    奈良へ行きたいなぁ。奈良が大好きで何度行っても飽きることがないほどです。どの季節も空が大きく青空の印象で、取り分け夏は、蝉の声がしきりとスキッと暑くて夜の闇の濃い昔の夏の感じがして大好きです。燈火会の灯りもしみじみと思い出されます。今は行くことが出来ないので、東博の「聖徳太子と法隆寺」展で我慢することにしました。けれど仏像などの神社仏閣に纏わるものたちは、こうした所に来ると単なるモノになって...

  3. 1218.ジンジャー - 岡田まりゑblog

    1218.ジンジャー

    白い花たちを買ってきて部屋に飾りました。この時期花屋さんには向日葵の黄色が目立つけれど、私はお花はハッキリした色のものより白や紫、淡い色のものが好きです。むかしこの時期には(たぶん)白いジンジャーの花が登場して佇まいも甘い香りも大好きだったのでよく購入して飾っていたことを思い出します。ジンジャーは大ぶりのわりには花もちが悪かった気がしますが、その束の間の夏の気怠い空気感がちょっとオトナな感じ...

  4. 1215.大きな弧を描く虹 - 岡田まりゑblog

    1215.大きな弧を描く虹

    ここ数年この時期は時としてスコールの様な激しい雨に襲われることが多くなりました。先日も滝のような雨とともに大きな雹が降ってきて雷も鳴っておりました。日々の様々な不安とこんな天候が相まって、不穏な空気漂う中夕方には曇り空に虹が何度もかかりました。最後にかかった虹はとても大きな弧を描いていてそんな不安を吹き飛ばすよう!ほんとうに激しい雨がイロイロを洗い流してすっきりと清い空気を運んで来てくれてる...

  5. 1212.海軟風 - 岡田まりゑblog

    1212.海軟風

    素敵な作品を創る人の羨ましい作品たちに圧倒され過ぎてまた、自分の作品の良さが発見出来ずにいる日々です。こんなことを何度繰り返していることか。もうそろそろ静かなキモチになって酷く落ち込んだりしない境地になれないものか!とつくづく思います。冷静に考えてみるとそういった羨ましい作品を創る人々は私とはわりと違ったキャラクターだ。そもそもがものすごく違うのだろう。無いものねだりということかなと、分析し...

  6. 1209.おしゃれって元気でます! - 岡田まりゑblog

    1209.おしゃれって元気でます!

    東京都現代美術館へ「マーク・マンダース」と「ライゾマティクス」の展示を観に行きました。現代美術館は周辺の緑も建物自体もステキなので行くのが楽しみな所の一つです。今回の展示も両方とも本当に美しく涙流れるくらい、そしていつまでも其処に居たいくらい素敵でした。ササクレテいた心もだいぶフワッとしました。ライゾマティクスのparticles 2021では光の点滅で瞑想出来ましたし、マーク・マンダースの...

  7. 1206.因幡の白兎を想う - 岡田まりゑblog

    1206.因幡の白兎を想う

    少し体調が良くなったので外に出てみました。近くに無人のお花屋さんがあって、pay payで素敵なお花を購入出来ます。歩道に面した家の門の様な所にわりとモダンな組み合わせの花束が手頃な価格で置いてあります。其処はお花屋さんというわけではないのでそのステキな花束たちは不定期に現れるのです。たぶんイベント用などにアレンジメントを作っているトコロなのでは?と思っています。運良くガマの穂と芍薬の花束が...

  8. 1204.パイナップル祭 - 岡田まりゑblog

    1204.パイナップル祭

    東京タワー台湾祭が最高です!別名「台湾パイナップル祭」と称されていて、何が最高!かというと入場券にパイナップル一個丸ごとと更に可愛いエコバックまで付いていて¥900なのだ。とてもリーズナブル。中国の圧力で台湾パイナップルが輸出出来ずにいるのを「パイナップルを買って台湾を応援しましょう」という試み。多くのスーパーなどでも今、台湾パイナップルはたくさん売っていますが、東京タワーの下台南のランタン...

  9. 1201.27周年おめでとう! - 岡田まりゑblog

    1201.27周年おめでとう!

    今日は好きなバンドの27周年記念日です。私はそのうちの23年間ファンでいるにも関わらず、余り大きな声で「○ ○のファンです!」と言ったり出来ない。何故なら、彼らは割とメジャーなバンドだからだ。私がファンになった当初などはかなり人気の高いバンドであったので、私の美意識?としてはそんな人気のバンドを好きになるなんて!という抵抗感で、とても堂々と人に言えるコトではありませんでした(今でも少しそうで...

  10. 1199.神社の大きな木に居る2匹の犬 - 岡田まりゑblog

    1199.神社の大きな木に居る2匹の犬

    既に梅雨入りした地域もあり、東京でもはっきりしない天気が続いています。今年は気候の移り変わりが何時もよりかなり早い。天候に気分が左右されやすい私としては梅雨は少しニガテではあるけれど、紫の紫陽花が観られるのはうれしいです。白や紫の花々が好きですが、中でも紫の紫陽花は一つの花の中に様々なムラサキ色が散りばめられていて本当に美しい!雨に濡れてキラキラしていたりすると宝石の様です。そんなのを眺めら...

  11. 1190.クワツタリ - 岡田まりゑblog

    1190.クワツタリ

    久しぶりの国立能楽堂。突然の雷雨で駆け込み、ござるの座を観に行きました。中庭の緑に雨粒がキラキラしてそんな風情もよい。東京にある幾つかの能楽堂の中でも国立能楽堂はロケーションも佇まいも好きです。「節分」「花盗人」「金津地蔵」季節に因んだ演目もたのしい。卒寿を迎えられ万作さんのお歳を感じさせないキリッとした様子も素晴らしかったです。また、小さな子供やたくさん演者が出てくる狂言を観るのは初めてで...

  12. 1181. 魚座 - 岡田まりゑblog

    1181. 魚座

    2月は石岡瑛子展やパイプオルガン、オペラ座の怪人など美しいモノをたくさん観られました。けれど、何か急ぎ足で過ぎていった感じがあります。今年も3月のお誕生日仲間より早々プレゼントが届きました。お互いが3月生まれという事から、プレゼントを贈りあって何年になるのだろうか?過ぎて行くうちに、確かな誕生日の日にちは忘れてしまったのだけれど相変わらずプレゼント交換が続いています。東北の震災の後に彼女が焼...

  13. 1179.カーテンコール - 岡田まりゑblog

    1179.カーテンコール

    そして楽しみにしていた「オペラ座の怪人」を観に新しい四季劇場へ行きました。四季劇場秋は以前のものより少し小さい様な気がしたけれど、この演目を観たい人たちのヨロコビでいっぱいになっていました。劇団四季の「オペラ座の怪人」は何度観ても素敵だ!どんなところが好きだとか良いとか以前にも書いたと思うので省きますが、キャストが変わっても毎回、さまざまな場面で美の発するエネルギーを感じさせてくれます。目の...

  14. 1178.ヒカリと風を奏でる - 岡田まりゑblog

    1178.ヒカリと風を奏でる

    今年初めてのナイトタイムパイプオルガンコンサート。今回は尺八とのコラボでした。尺八?と思っていましたが、バッハのG線上のアリアではリコーダーよりも浮遊感があってオルガンとの共鳴が美しく素晴らしかったです。また、雅楽の越楽天ではパイプオルガンの音色が蕭の様にヒカリを奏でていて尺八の風の音色と共に清らかな空間を創り上げていました。以前のサクソフォンや合唱とのコラボもそうでしたが、東京芸術劇場のこ...

  15. 1177.美しいモノたち - 岡田まりゑblog

    1177.美しいモノたち

    石岡瑛子の「血が、汗が、涙がデザインできるか」展は予想を超えた圧巻の展示でした。観に行けて本当に良かった!東京都現代美術館へも初めて訪れたのですが、建物も素敵で併設のカフェもオシャレで是非また訪れたいトコロの一つとなりました。展示では、是非観てみたい!と思っていた数々の衣装が映像と共にあって「落下の王国」の映画を観た時より更に胸が苦しくなりました。美しいモノを創る人の厳しさが現れているご本人...

  16. 1176.落下の王国 - 岡田まりゑblog

    1176.落下の王国

    ずうっと前き録画しておいた「落下の王国」をやっと観ました。とても美しいモノばかりで構成されている映画で観ていると胸が苦しく(良い意味で)なります。パラジャーノフの「柘榴の色」を観たときと似ています。怪我で入院しているスタントマンが同じく入院している少女に話して聞かす妄想の旅な物語の場面に出て来る勇者の姿や数々の建築物、風景が本当に素晴らしい!それは世界中の美しい場所(建築物は主にインド)で撮...

  17. 1175.私に関するモノたち - 岡田まりゑblog

    1175.私に関するモノたち

    最近は作品が家からなかなか飛び立って行かないのでマップケースがいっぱいになってしまい新しく小さめのものを購入しました。そこで、久しぶりにマップケースを整理していて、私は思いの外沢山の、そして様々な作家の作品を持っているな!と発見。まだまだお互いが駆け出しの頃、皆んなで作った版画集(印刷ではなく本物の作品集)などは今はもう制作をやめてしまっている方のものや、スゴく活躍されてる方のなど初々しくも...

  18. 1171.初笑い - 岡田まりゑblog

    1171.初笑い

    宝生能楽堂へ「野村狂言座」公演を観に行きました。新年という事で牛をテーマにしたものと嘘をテーマにした演目でした。狂言は愉快に楽しめる演目が殆どですが、今回の「嘘」をテーマにしたものは取り分け愉快な登場人物がこの閉塞感を吹き飛ばす笑いを届けてくれて良いエネルギーチャージとなりました。特に最後の「音曲聟」は良かったです。聟が舅に挨拶をしに行く際、一連の作法があるのですが知人より嘘の可笑しな作法を...

  19. 1138.夏休みな一日 - 岡田まりゑblog

    1138.夏休みな一日

    昨日はとても久しぶりに上野へ。公園口が改装されていて、ちょっと戸惑いつつ何か新鮮な気分で公園を歩きました。蝉の大合唱を浴びて藝大美術館へ。「あるがままのアート」観て、遠く雷鳴響くなか科学博物館へ向かいました。何万年の間の様々なモノたちを観ている間に外は豪雨な模様。博物館を出たら大きな虹が出ていました。とても夏休みな一日でした。

  20. 1133.ザクロの色 - 岡田まりゑblog

    1133.ザクロの色

    朝から暗い雨降りで更に様々な災難?がやって来て重苦しい気分の昨日、予約していたアップリンクでの映画のおかげでだいぶ救われました。体調も今ひとつで外出出来るのかな?と思っていましたがパラジャーノフの映画を上演する!ということなので、何としても観たいと思い切って予約しておりました。「ザクロの色」はずっと昔に観ていましたがその映像の美しさが印象深く、「もう一度観たい」とずうっと思っていたのでした。...

総件数:26 件

似ているタグ