終戦記念日のタグまとめ

終戦記念日」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには終戦記念日に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「終戦記念日」タグの記事(10)

  1. 終戦より73年、改めて思ったこと - 前田画楽堂本舗

    終戦より73年、改めて思ったこと

    去る15日で大東亜戦争(太平洋戦争)終戦より73年となったが、本年も戦時中のことが取り上げられたとともに徐々にその体験を伝えていくことが難しくなっていることが報道されていた。改めて申し上げるが、戦争体験とともに我々の祖先がどのようにして焼け野原の中で衣食住事欠いた状態で復旧・復興を目指して立ち上がり、実現していったのかも伝えていく必要があると考えている。そのためにどのようなことが良い手段かを...

  2. 白い木槿ー終戦の日に - g's style day by day ー京都嵐山から、季節を楽しむ日々をお届けしますー

    白い木槿ー終戦の日に

    夏の盛りの朝、庭に咲く真っ白い木槿に、目を奪われます。わずか一日のはかない命の木槿の花ですが、次々と新しい元気な花を咲かせる、しなやかでとても強いお花です。夏の風炉のお花の代表格でもある木槿の中でも、写真の種類の木槿は、特に宗旦さんが好んだとされ、別名「宗旦木槿」とも呼ばれていますね。平成最後の終戦記念日の今日、この真っ白な木槿に、あらためて平和への願いを込め・・・。

  3. 平成最後の敗戦の日・明治維新150年の夏に。読みたい3冊 - オトナの社会科・中東からの声を手掛かりに。

    平成最後の敗戦の日・明治維新150年の夏に。読みたい3冊

    ▲個人的厳選:いまだから読みたい・読み返したい3冊 1■なぜ戦争を回避できなかったのか?黒歴史・自賛史観を超えて ■▼『それでも、日本人は「戦争」を選んだ』 加藤陽子さん著/朝日出版社/2009年刊 明治維新後、「世界最高の頭脳」と称された日本の指導部が、「ごく普通のよき日本人」が、「もう戦争しかない」と思ったのはなぜか? 「軍部が暴走し、庶民が抵抗できなかった戦前は黒歴史」という一面...

  4. 終戦記念日の訴え - ながいきむら議員のつぶやき(日本共産党長生村議員団ブログ)

    終戦記念日の訴え

    終戦記念日の日本共産党・小池書記局長の談話・訴えをそのまま掲載します。

  5. 終戦記念日 - 辰流のひとりごと

    終戦記念日

    こんにちわ。本日は終戦記念日。毎年この写真をアップしています。親戚のおじちゃんが出征し、負傷しましたが生きて帰ってこれました。二度と戦争は嫌ですが日本は強くなって欲しいです。新生日本の先駆けとなった先人達に黙祷!

  6. 終戦の日、長女に話をしてみました - NY/Brooklynの空の下

    終戦の日、長女に話をしてみました

    友達のコテージを訪ねた帰り、日が沈むオンタリオ湖を眺める。 現地で仲良くなったファミリーとの再会は、年に一度だけの楽しみ。田舎ならではの素晴らしい遊びや楽しみを教えてくれてありがとう。バケーションも2週目に入りました。子供達も私も少し中だるみ…。夫だけが一日中張り切っている…。そう言えば、次女が「自分のお家に帰りたい」とポツリと言ったっけ。風邪が完治したと思ったら、今週は雨模様で残念!でも一...

  7. 8月の話、色々 - Life is Soooooo Good!

    8月の話、色々

    WHAT : ありきたりきのレストランでの光景WHERE : コロラド州フォートコリンズCAMERA : iPhone 6先月、娘は自分の住んでいる市内ではあるが、引っ越しを終えた。現在は、我々夫婦のオハイオへの引越し準備に加えて、愚息は明日15日にコロラドへ引越し。日本ではお盆休みであろうが、我々はそれどころではない。我が家の今年一年を表す漢字は、さしずめ「移」ではないだろうか。8月15日...

  8. 8月15日に終わらなかった戦争 - 勝手に言ってます

    8月15日に終わらなかった戦争

     今年も日本人にとっての終戦の日がやって来る。終戦(敗戦)を知って、当時の人びとは様々な思いに翻弄されたことだろう。しかし無条件降伏をして武装解除が成された後でも実際に戦闘行為が行われ、多くの戦死者が出ていることも事実である。昭和20年8月9日ソ連は不可侵条約を破棄すると、当時日本領であった樺太(サハリン)へ向けて進軍を開始した。真岡、大泊への上陸を目指して来襲した。当時の樺太には40万とも...

  9. 藤田八束の鉄道写真@終戦記念日にあたって、終戦から73年日本の繁栄と平和に感謝・・・先人たちの努力研鑽に学ぶ - 藤田八束の日記

    藤田八束の鉄道写真@終戦記念日にあたって、終戦から73...

    藤田八束の鉄道写真@終戦記念日にあたって、終戦から73年日本の繁栄と平和に感謝・・・先人たちの努力研鑽に学ぶ第二次世界大戦が終結して73年、敗戦国日本の繁栄と平和はどのようにして構築され、築き上げられてきたのでしょうか。これは大いにこれからの日本の未来を考えるうえでとっても重要なことだと思います。戦争を知らない日本人が当たり前のように暮らすこの平和な日本。世界中が何故日本に興味をもって見てい...

  10. 終戦記念日に思うこと・・・・平和を願う国民が何故戦争をするのか、日本国憲法は改正論議が問われる - 藤田八束の日記

    終戦記念日に思うこと・・・・平和を願う国民が何故戦争を...

    終戦記念日に思うこと・・・・平和を願う国民が何故戦争をするのか、日本国憲法は改正論議が問われる戦争は悲劇だ…誰もがそれを知っている、なのに戦争は絶えない・・・何故なのか。日本の歴史を振り返ってみる。太平洋戦争へ何故突入していったのか。この戦争が悲劇の象徴して語られる。確かにそれも確かなことではある。しかし、戦国の世にはこれは小さな日本の中でも戦争(戦い)は有った。その理由は・・・戦いの無い平...

1 - 10 / 総件数:10 件

似ているタグ