組紐のタグまとめ

組紐」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには組紐に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「組紐」タグの記事(162)

  1. 赤い糸 - よしのクラフトルーム

    赤い糸

    すごく光沢のある赤い糸、カセ状態のがいっぱいあるのでまた巻き取ってます。けど弱い、撚りが弱いからかでしょうか?巻き取るときにも擦れたところで切れるし、つがり糸にするときもしっかり撚れない。なので別のしっかりした赤い糸と合わせることに、こちらはあまり光沢ないから中間くらいになって丁度良いかも。でも、巻き取りは時間がかかる、2日がかりだ。

  2. 糸巻きと保管ラック - よしのクラフトルーム

    糸巻きと保管ラック

    糸巻き作ってます。今作ってるのは20個強、ちょっと前に10個は作ったから結構な数。最初に作ったのは合板の枠で糸がひっかかったりしてあまり良くない。その次に作ったのは接着不良で枠が外れたり。今度のは電気ゴテでしっかり止めるようにしてるからかなり安全。なので前の糸巻きと置き換えます。増えた糸巻き、保存ラックも1段増やす。

  3. 紺色の絹糸は? - よしのクラフトルーム

    紺色の絹糸は?

    土日も糸と格闘。今度は紺色の細い絹糸、カセの状態もあまり良くなかったので、又切れたりもつれたりするのかなと思ってたら、結構すんなり巻き取れた。けど、かなり細いので、別の同じ色合いの糸と合わせて使うことに。2本とか3本とか合わせて巻き取ろうとすると糸巻きの数、随分増えました。今日も追加生産です。

  4. 極細の絹糸 - よしのクラフトルーム

    極細の絹糸

    手元にあった極細の絹糸、色は生成りか?この細い糸、巻き取るのも難しいし、使ってても切れまくってうまく使えないとこが多い。なのでそのままにしてたが、網袋用の糸、生成り希望の方がいたので使う決心をした。まず糸の巻き取り、手巻きで時間かけてゆっくりやります。でもやっぱり切れる。2時間くらいやってまだ半分にはいかない。

  5. 絹糸を購入 - よしのクラフトルーム

    絹糸を購入

    手持ちの絹糸、まだいっぱいあるのだけど気に入った色の糸は少なくなってる。なので網袋教室の皆さんの要望に沿った糸、少し購入した。購入はninneに出品されてる方から、糸の太さなどが均一で一番使いやすい。今回は水色系だったけど、届いた色、予想とは少し違っていた。やっぱり色は難しい。でもさすがに扱いやすく短時間で巻き取り完了。どの糸もこんな状態だと良いんですけどね。

  6. 3個目のマイワ作り - よしのクラフトルーム

    3個目のマイワ作り

    またマイワ作ります。今度は人に渡すから雑ではこまる。前回の2作で要領はわかった、まーなんとかなるでしょう。まず芯の部分、8本のハネ用の穴あけも工夫して正確に、それから削る。これが出来たら後は簡単、今度は塗装もしておきましょう。

  7. マイワその2 - よしのクラフトルーム

    マイワその2

    連休中使い続けた自作のマイワ、なかなか良い具合いでこのままでも十分だけど、羽の取付角度場バラバラで見た目が気になる。正確な穴あけ方法思いついたので作りなおすことにした。中心のリム、角材の段階で穴をあけておくと90度方向は正確に開けられる。それから丸く削って45度の穴を、こちらはちと難しい。出来上がってハネをセットしてみるとバッチリ、前のとは大違い。バッチリです。

  8. 細い絹糸 - よしのクラフトルーム

    細い絹糸

    極細絹糸の巻き取り、苦戦です。切れやすいし、絡まるし、いったいプロはどうやってこんな細い糸を扱うんだろう?今日中に巻き取れるかなー?

  9. マイワ完成 - よしのクラフトルーム

    マイワ完成

    木製のマイワ、出来上がったので糸をセットしてテスト使用。羽根に使った市販の丸棒、塗装してないので糸がすこしひっかかるが、なかなか良い。張りの調整もしやすいし。終わってから少し磨いて蜜蝋のワックスを縫った。台の支柱も取り換えて完成。これでマイワも自作品に、前の市販品は処分します。完成品

  10. 五光台を作ろう - よしのクラフトルーム

    五光台を作ろう

    径の小さなカセが有って今使ってる金属製のマイワには入らない。ひとサイズ小さいのか、竹製のを買うか?けど、なんでも自作主義だからやっぱり作ろう、ということで作り始めました。マイワ、五光、御光、いろいろ呼び方があるようですが、台もセットで五光台。やってみると45度の角度で正確にハネをセットするのは結構難しい。ちょっと穴を甘くして、エポキシで固定かな。今日中には出来あがりそうにない、こりゃ買った方...

  11. 糸より器の改造 - よしのクラフトルーム

    糸より器の改造

    仕覆のつがり糸を撚るときの糸より器、改造を頼まれた。ブログを見てだと思うけどメッセンジャーで、全く知らない方なのでどうしようかと思ったがお受けした。けど後で考えると、改造すると機器の保証も無くなるし使い勝手など問題が出たときの対応も、、。やっぱり、改造は自己責任で自分でやっていただいた方が良いのかも。右が今回の制作左は左利き用の私のもの使った部品

  12. やっと9本 - よしのクラフトルーム

    やっと9本

    仕覆の緒、9本組めた。もう少し増やしたい気もするけど取敢えずこのくらいで。要望の有ったワイン色は手持ちの糸が無いが補充は見送ろう。使ってない糸いっぱいあるので。

  13. 十人十色 - よしのクラフトルーム

    十人十色

    仕覆教室で必要になる緒を組みます。今回2クラスで十数人、みなさん使いたい色はまちまちなのでかなりの本数用意しないといけません。まず要望のあった色から準備中。

  14. どこでも組紐 - オルサのミニ手織機・卓上組紐台

    どこでも組紐

    新しい組紐の道具を作りました。「どこでも組紐」です。最もシンプルな構造で、1枚の木製板です。ですから、家の中でも、屋外でも、どこでも簡単にひもを組むことができます。手の平の上にのせて、4本の糸を動かして紐を組みます。紐を交叉させてリング状に組むことができます。このリングを腕に通して、紐端を引っ張ればリングが締まります。1重巻きや2重巻きにすれば、ミサンガのようなアクセサリーになる??木製の糸...

  15. まずい! - よしのクラフトルーム

    まずい!

    自作の糸巻き、枠の接着強度不足で外れてしまった。こうなるとこの糸、ぐちゃぐちゃになって使い物にならない。お渡しした方に迷惑かけてしまいました。作りなおしは筒を貫通させて接着、更にコテを当てて物理的にも外れにくく。今度は大丈夫でしょう。

  16. この世に一つだけのティッシュボックスカバー - 老後の裁縫三昧

    この世に一つだけのティッシュボックスカバー

    しばらく前にティッシュボックスカバーを作ってminneにあげました。金襴を使って和調に仕立てました。ティッシュボックスカバーにも色々なデザインがありますが、最も簡単な作り方を選びました。しかし、裁縫をしていた頃を思い出して、誰もが同じものを作っているからどこか変えたいなあと思い、ボタンをやめて組紐を使いました。ハンドメイドの洋服を作っていた頃、ドレス雑誌に載っている型紙通りの服を作るのは楽し...

  17. 網袋教室2日目 - よしのクラフトルーム

    網袋教室2日目

    今日は滴翠美術館の網袋教室2日目。お二人とも宿題はバッチリで余裕で作業が進む。それに少人数だとゆっくりできます。順調順調。11月からの新規仕覆教室もすでに数名申し込み頂いているようで、なかには数寄屋袋希望の方もいるとか。仕覆と同時にいけたら良いのですが。考えてみます。

  18. 網袋の緒 - よしのクラフトルーム

    網袋の緒

    今週土曜は滴翠美術館の網袋教室、12回目の最終日。何カ月も中断してたので皆さん来てくれるでしょうか?前回来れなかった人の補講も兼ねて朝10時からやります。当日必要な緒、記憶もあやふやで少し余分に準備中、再会たのしみです。

  19. マイワ - よしのクラフトルーム

    マイワ

    この1週間、絹糸の巻き取りに使うマイワに手を入れる。糸にストレスかからないよう針金の曲げ方、ゴムの巻き方を何度も調整。最後は随分良くなって当分これでいきます。さー、6月になってプールやお茶の稽古も再開。増えた体重と落ちた筋力、元にもどるんやろか?

  20. 糸の巻き取り - よしのクラフトルーム

    糸の巻き取り

    昨日は一日糸の巻き取り、一歩も外に出ませんでした。綺麗な若草色の極細の絹糸、随分時間かけたけど一つのカセを巻き取れず、都合3日がかりとなりました。手回しではとてつもない時間かかるので大半は電気ドリルで。が、引き金、ズーと同じ力で引いてると手が疲れて続けられなくなる。もうちょっと良い方法は無いものか?マイワに使ってるゴム紐緩衝材もしっかりしたものに取り換えた。回りが良くなり糸の絡みが少なくなっ...

総件数:162 件

似ているタグ