組紐のタグまとめ

組紐」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには組紐に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「組紐」タグの記事(102)

  1. 緒の宿題 - よしのクラフトルーム

    緒の宿題

    仕覆教室で使う緒、ちょっと一段落。宿題完了といきたいところだけど、まだだいぶ残ってます。取敢えずこれだけで堪忍してもらおう。あと毛焼きして常緒の打留を組んだら次にかかります。預かってる茶入の仕覆もつくらんとね。

  2. 仕覆な日々 - よしのクラフトルーム

    仕覆な日々

    昨日は滴翠美術館の網袋、今日はお茶仲間との仕覆の日。家では次の仕覆教室への緒の準備で組紐。コツコツ仕覆関連の日々が続いてます。

  3. 墨色と生成り - よしのクラフトルーム

    墨色と生成り

    仕覆教室での緒、今回は地味な色が良いみたいで墨色と生成りが人気。「生成り」は生糸そのままなので黄みを帯びた白。けど、墨色ってどんな色?きっとグレーから黒の間なんでしょうね。今まで緒にはしたこと無い色なので迷います。

  4. 茶箱の仕覆の緒 - よしのクラフトルーム

    茶箱の仕覆の緒

    組紐再開。道具を全部片付てたのをひっぱり出してきました。来週49日なので、気にしながらですけどね。大きな茶箱、ちょっと太めで4mmくらいの緒にしたい。糸の本数決めるのに短いのをテスト組み。こうするとバッチリ太さ決まります。けど、糸の準備で長さを間違えた。2m有れば十分なのに2.7mの緒になりました。テスト組みの緒

  5. 鳥居原ふれあいの館 - つれづれ日記

    鳥居原ふれあいの館

    牧場の帰りに、鳥居原のふれあいの館に立ち寄りました~タイツリソウが売られていました。花の形はコマクサに似ています。かぼちゃが沢山売られていました。この日は、立ち寄った時間が少し遅かったからか。。お弁当や野菜などは殆ど売り切れおはぎを買って食べました~ふれあいの館内に、組紐を作る機械が置いてあり、組紐作りを体験出来ます。。。と言っても、上のレバーをグルグル回すだけなんですけどね。青いのは平べっ...

  6. 多機能アヤタカのミャオ角紐式 - オルサのミニ手織機・卓上組紐台

    多機能アヤタカのミャオ角紐式

    苗族(ミャオ族)が組む断面が四角形の組紐をミャオ角紐と名前付けしてます。鳥丸貞惠著 2001年 西日本新聞社発行の「中国貴州苗族染織探訪15年 時を織り込む人々」に記載されています。万能袋や荷負帯に使われているを断面が四角形の組紐です。二つの組み方があります。この本では12本の糸の組み方がわかります。多機能アヤタカで組めるように組紐手順カードに追加しました。

  7. 多機能アヤタカの紐織式真田紐と浮紋織 - オルサのミニ手織機・卓上組紐台

    多機能アヤタカの紐織式真田紐と浮紋織

    多機能アヤタカので紐織式とは、真田紐や浮紋織を作ることです。真田紐は、経糸と緯糸の関係で、織ることにより紐になるので、紐織の仲間です。浮紋織については、鳥丸貞惠著 2001年 西日本新聞社発行の「中国貴州苗族染織探訪15年 時を織り込む人々」に書かれています。この本の中に、日本の博多帯と苗族の苗帯が同じ浮紋織で類縁関係にあると書かれています。この本の中に、たて浮紋織Ⅰ型の説明があります。引用...

  8. 古代紫の糸 - よしのクラフトルーム

    古代紫の糸

    10月から始まる滴翠美術館の網袋教室、広島から申し込んで頂いたから「古代紫で」と糸のリクエスト。調べてみると「わずかに赤みを帯びた、くすんだ紫色」なんですね。手持ちの糸から近いのを選び出して撚りました。Tさん、遠くからありがとうございます。しっかり準備しますので。

  9. 常緒の打留 - よしのクラフトルーム

    常緒の打留

    手持ちの常緒、首下の長さを16~17cmにして打留作り完了。毎日1,2本づつやったのでだいぶ日にちかかりましたが。かなり有った常緒もだいぶ減りましたね。不足はそのつど組みます。

  10. 常緒 - よしのクラフトルーム

    常緒

    今までかがってから長を決めてた仕覆の常緒。この前の教室では打留処理を忘れてて最終回で全員が仕上がりませんでした。ちょっと反省して手持ちの緒、先に長さを決め完成させます。緒の数も減ってきたので、少し補充した方が良いかもしれませんね。

  11. 夏休みの宿題 - よしのクラフトルーム

    夏休みの宿題

    滴翠の仕覆教室、最終日が終わったのに完成しなかった仕覆が多数。未完成の緒を皆様に渡してしまったのが原因です。持ち帰って打留を組みなおしますが、出来上がったのどうやって渡そうか?送るしかないですかね。

  12. 糸の準備 - よしのクラフトルーム

    糸の準備

    網袋教室での糸の準備。今回、2色の糸で編むとのことでベージュと茶色の2種を用意。アクセントに茶色のラインが入ります。今まで1色で網む人がほとんどだったけど、考え方、どんどん高度になりますね。どんな仕上がりになるのか楽しみです。

  13. 仕覆の緒 - よしのクラフトルーム

    仕覆の緒

    茶箱を包む仕覆の緒を組んでます。最初、赤いのを組んだらちょっと太かった。なので、次は茶色で少し細く。茶箱の緒、長さ1.8mくらいいるので時間がかかる。あんまり組みたくないなー。

  14. 糸の準備完了 - よしのクラフトルーム

    糸の準備完了

    土曜日の網袋教室、糸の準備は、ご希望の藤色、新たなカセ糸が有ったので巻き取りました。鶯色は糸が足りず、別の色で準備。半々にして片身替わりも良いかもしれません。さー、これで道具と糸の準備は完了です。藤色のカセ撚り上がった糸

  15. 網袋の準備 - よしのクラフトルーム

    網袋の準備

    滴翠美術館の網袋教室、参加の方から糸の情報が送られてきた。糸は金茶、近い色で撚って緒も組んだ。筒の径は60mm、手持が無いので作ります。あと2人分、連絡待ちです。台糸と緒

  16. 江戸打ち紐 - よしのクラフトルーム

    江戸打ち紐

    道中籠に使う紐を買った。4mm江戸打ち紐、八つ組の組紐です。ほんとうは4つ組で組むのが良いのだけど長い緒が必要なので市販品で。絹は高いからポリエステルで。届いたのを見るとちょっと甘いしマーマーかな。まー、値段が安いから我慢してもらいましょう。

  17. 網袋教室は3名に - よしのクラフトルーム

    網袋教室は3名に

    滴翠美術館の網袋教室、昨日1名申し込みが有って3名になった。台が無いのはわかってたが筒も少ない。おそらく径が合わないでしょう。まず台を作ります。手持ちの筒

  18. 組紐台の改造 - よしのクラフトルーム

    組紐台の改造

    仕覆の緒は4つ組みで組む。その台は角台。ネットオークションで手に入れた台を使っておられる方がいるのですが、この角台が大きいて使いにくい。なので面台を取り替えます。今回、ちょっと工夫して面台のトップだけ取り外せるようにしました。柱部分を利用して糸巻きの時、糸をさばく時にも利用するために。単独使用では道具ばかり増えて置き場所に困りますから。さー、今日は滴翠美術館の仕覆教室2日目です。裏を縫います。

  19. 振出しの網袋 - よしのクラフトルーム

    振出しの網袋

    土曜と日曜はちょこちょこと網袋。側の部分はほぼ編めました。が、蓋がまだなので蓋を作ってから底にかかります。あっ、緒も組まなくては。

  20. 糸撚り器の改造 - よしのクラフトルーム

    糸撚り器の改造

    糸撚り器が欲しいという方がいて改造してます。網袋では大量のつがり糸を使う。オリムパスの糸撚り器は簡単に糸を撚れて便利だけれど、沢山撚るのはちょっとしんどい。まず、何回も回して手がだるい。それに何百回も回す回数を数えるのも難儀。で、カウンターを取付け電動ドリルで回せるように改造します。けど、これだけでこの糸撚り器がうまく使えるわけではない。一人で作業するには、これを何かに固定して、反対側の糸を...

総件数:102 件

似ているタグ