経済学のタグまとめ

経済学」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには経済学に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「経済学」タグの記事(9)

  1. 経済学者にもいろいろある - 私の心の宇宙

    経済学者にもいろいろある

    経済学者を大臣にしても、その経済学者が不実か無能かであれば、国は滅ぶ。これは経済学には誰がやっても同じ方向に経済が動いていくという再現性がないことにある。科学分野の理論は再現性があればこそ確実に応用ができる。連続的で流動的なアナログな現実世界をデジタルな言葉や数字で表すことは不可能である。デジタルな言葉や数字、すなわち「情報」によって再構成される世界は「仮想世界」にすぎない。情報とはアナログ...

  2. 十一面観音(法金剛院) - 後の祭り

    十一面観音(法金剛院)

    鳥羽院の院政の頃待賢門院という高貴な女性がいた高貴というのはこの人に使う言葉だろう鳥羽院の皇后であり、崇徳院と後白河院の母である実の兄弟が国を分けて戦うことは昔からのことであるその時はもうこの世の人でなかったのは幸いだろう法金剛院は京都花園にある、女院の隠棲の地であった西行法師が”花”と言うのはこの人のことである鯵庵(2.6.15)http://singireryuu.sessya.net<...

  3. いい意味のクラスター - おじさん秀之進の山中リタイヤ生活

    いい意味のクラスター

    最近は新たに番組を録画すると過去に放送済みの番組であることが多く、内容は忘れてる感じもあるんだけど再度見るのも癪なので、すぐに消去。いきおい、録画だけしてたまりにたまった数年前の番組を見たりしております。今日見たのは経済学の番組で、テーマは人脈づくり。個人の人脈でつながったひと塊の集団を「クラスター」というんだと説明があり、なんか新鮮な響きがあって、苦笑してしまいました。(不謹慎・・・。すい...

  4. 基礎的な枠組みを明快に解説した書物は無いといってよい - 九峰の備忘録

    基礎的な枠組みを明快に解説した書物は無いといってよい

    宇沢弘文『宇沢弘文 傑作論文全ファイル』東洋経済新報社 (2016/10/28)420ページもある、分厚い本。オーテピアで借りてきて、約一週間で速読。1970年代半ばに学生だったころ、「近代経済学」と「マルクス経済学」と「ウェーバーの社会学」とそれぞれ少しずつかじっただけで終わったのだが、近代経済学は、その前提条件(合理的経済人とか、合理的期待形成説とか)自体がなじめなくて学習意欲がわかなか...

  5. 経済学アプリ プライバシーポリシー - hiechinの開発録

    経済学アプリ プライバシーポリシー

    経済学アプリ◆◆プライバシーポリシー◆◆第三者に個人を特定できる情報を提供することはありません。個人情報の管理には細心の注意を払い、以下に掲げた通りに扱います。1. 本アプリケーションから、個人の情報を収集したり特定したりする機能は存在しません。2. ご意見・ご要望、不具合は、App Storeのレビュー・twitter(@hiechin1107)・メール(hieda1107@hotmail...

  6. 资本主义的末路 - 魏の国 (WEI's Home)

    资本主义的末路

    上个世纪末期是一个动荡的时代,也是泾渭分明,容易理解的时代。那时候世界分为两个阵营,一方叫资本主义阵营,或者叫西方国家;另一方叫社会主义阵营。一边繁荣昌盛,一边僵硬教条。尤其典型的对比是,南韩与北韩,西欧与东欧,北美与南美,美国与苏联与中国。一边是富裕、民主、自由;一边是贫穷、专制、洗脑。那个时候,一旦有机会,人们便用脚投票,去西方世界淘金求发展者络绎不绝。进入本世纪以后,全球化飞速发展,社...

  7. 「豊かさ」の誕生 - モルゲンロート

    「豊かさ」の誕生

    蓼科で、ウィリアム・バーンスタイン『「豊かさ」の誕生――成長と発展の文明史』上巻を読みました。この前読んだ野口悠紀雄『戦後経済史』は、日本という小さな国の、数十年という期間を振り返ったものでしたが、こちらは人類全体の、数千年にわたる総括です。人類は数千年にわたってほぼ同じような経済水準にあった。それが西暦1800年代になって、急カーブを描く成長を開始した。これをもたらしたものは何か、と問うて...

  8. 経済学に対する期待と今後の展開方向 - Manitayukio's Blog

    経済学に対する期待と今後の展開方向

    経済学に対する期待と今後の展開方向間仁田幸雄 3年ほど前に近く80才を迎えるのを契機に引退し、久々にゆったりとした時間を持てるようになった。そうしたなかで、自らの人生の軌跡とあわせてみて、あらためてしみじみ感ずるのは、時代の変化である。今わが国は歴史的な転換期を迎えており、それにどう対応すべきかが問われている。もちろん、こうした状況はわが国だけのものではない。しかし、わが国の場合近年経済の成...

  9. 自分が望むように生きたいなら余裕をもてるようにした方がいいという話 - パジャマシステム

    自分が望むように生きたいなら余裕をもてるようにした方が...

    年末の大掃除をしながら、ラジオ(BSもてもてラジ袋)をきいていて「いつも「時間がない」あなたに: 欠乏の行動経済学」の話を知る内容は人は余裕がない状況にあると、人生の選択を考える際、失敗しないようにその対象に集中しすぎる↓集中しすぎて、それ以外の事を考えることに頭がまわらなくなる。客観的に自分を振り返ってみるという考えにも頭がまわらなくなる。↓当人はあらゆる可能性を考え、最適な選択肢を、考え...

総件数:9 件

似ているタグ