結城秀康のタグまとめ

結城秀康」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには結城秀康に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「結城秀康」タグの記事(4)

  1. 福井でふっくら③。~福井城址~ - 馬耳Tong Poo

    福井でふっくら③。~福井城址~

    福井市の中心部に位置する「福井城址」。お濠の石垣の上には近代的な建物が。かつて本丸があった場所には福井県庁、福井県警本部、お濠の外側にあたる部分には福井市役所が建てられている。福井城址の案内板。

  2. 越前松平家の福井城跡を歩く。その3~天守台~ - 坂の上のサインボード

    越前松平家の福井城跡を歩く。その3~天守台~

    「その2」の続きです。福井城本丸跡の県庁庁舎と県警本部の間の通路を北に進むと、本丸跡北西の隅に天守台跡が残ります。 天守台です。 天守台登り口の案内板には、天守の絵図が紹介されています。 こちらは天守台案内図。この上に天守台があるようですから、ここは天守郭といった方が正しいでしょうか。 残されている天守絵図によれば、外観は4層ですが、最下層の階高を高くとって二階分の床を張っており、内部が5階...

  3. 越前松平家の福井城跡を歩く。その2~結城秀康~ - 坂の上のサインボード

    越前松平家の福井城跡を歩く。その2~結城秀康~

    「その1」の続きです。福井城本丸跡に建つ県庁庁舎ビルの前には、初代福井藩主の結城秀康の像があります。結城秀康は徳川家康の次男で、「関ケ原の戦い」の翌年にあたる慶長6年(1601年)に越前68万石を与えられ入国し、慶長11年(1606年)にここ福井城を築城しました。この騎馬石像は、平成14年(2002年)4月に秀康の入国400年を記念して、3,800万円かけて建立されたものだそうで、ひとつの石...

  4. 越前松平家の福井城跡を歩く。その1~内堀、石垣~ - 坂の上のサインボード

    越前松平家の福井城跡を歩く。その1~内堀、石垣~

    過日、福井県を訪れた際に福井城跡に立ち寄りました。福井城は、徳川家康の二男で初代福井藩主となった結城秀康が慶長11年(1606年)に築城し、約270年間17代にわたって越前松平家の居城となった城ですが、現在は石垣と堀の一部だけが残っているだけで、その跡地には福井県庁の庁舎、県会議事堂、県警察本部などがあります。 写真は南東の堀と巽櫓跡の石垣です。現在残っている堀は内堀で、県庁などのある石垣の...

総件数:4 件

似ているタグ