絵本のタグまとめ

絵本」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには絵本に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「絵本」タグの記事(964)

  1. 小学生のおやつ「コルパッ」 - pig meets monkey

    小学生のおやつ「コルパッ」

    娘が手にしているのはコルパッというおやつ。カップが2段になっていて上の段にはから揚げ、下段にはジュースやフローズンが入っています。学校帰りにこれが食べたくて仕方がなかった娘。下校の時にアッパが迎えに行けるときだけという条件つきで買ってあげました。というのも、ソウの学校の近所には珍しく駄菓子が売ってる「ムンバング」が全くありません。だから、どこか他の小学校の近くまで遠征しないといけないんですよ...

  2. ポーランドの絵本(其の五)〜ズジスワフ・ヴィトヴィツキさん - 素敵なモノみつけた~☆

    ポーランドの絵本(其の五)〜ズジスワフ・ヴィトヴィツキさん

    ポーランドの絵本。前にも紹介したことがありますが、ズジスワフ・ヴィトヴィツキさんの絵本。こちらは、雑貨のBiscuitさんがまだ乃木坂にお店を構えていたときに手にいれた絵本です。根津に移られてからたまに寄っていたのですが、最近はかなりご無沙汰しています。可愛いスズメのSCHWATZと動物たちの話しです。こちらもさきの絵本と一緒にBiscuitさんで手にいれたものだったと思います。こちらは立川...

  3. 気がつけば、長い旅路が続いている - 絵本だまり

    気がつけば、長い旅路が続いている

    今日からまた、はじめの一歩連日、五月晴れの中、5月が走っている。ここいらで一休みして、改めて、はじめの一歩をふみ出したい。明日がその日と決まっている。新沢としひこ作詞、中川ひろたか作曲『はじめの一歩』という歌が、アスク・ミュージックから絵本になって出版されている。新沢さんの詩に、あべ弘士さんが、のびのびとした動物の絵をつけて、心に響く絵本だ。歌詞は、1番と2番がある。どちらかと言えば、個人的...

  4. 新緑の季節・個展のお知らせ - Hallelujah Diary

    新緑の季節・個展のお知らせ

    新緑の美しい季節になりました。部屋の窓から見える山々も、日々緑色に染まっていきます。個展のお知らせです。かめおかあきこ絵本原画展木もれびより2019年5月31日〜6月2日・7日〜9日・14日〜16日(金・土・日のみ)10:30〜16:00ル・オンブラージュ山形県東置賜郡高畠町竹森602ル・オンブラージュは元は製糸工場だった場所。建物も庭もとても素敵な大好きなカフェです。ぜひ美しい景色と原画を...

  5. 海辺の本棚『おおきくなったらなにになる?』 - 海の古書店

    海辺の本棚『おおきくなったらなにになる?』

    「おおきくなったら」。そんな夢を心に描くこと自体が幸せなことなのだと、孫を持つ歳になって知りました。ずっと何かになりたいと思い生きてきて、その時その時は一生懸命のつもりでしたが、はてさて、いかがなものでしょう。ただ、素敵な人との出会いには恵まれて、形は違っても、なりたかったものに近いことはやらせていただけたのかもしれないとも思います。美術館、ホスピタル、アロマ、アンティーク、古書、ドール、ア...

  6. 個展1日目大雨。 - カワダクニコblog

    個展1日目大雨。

    大概、私が大きめの予定を立てると雨の確率が高いのだけど今日は見事なまでに大雨。あ〜あと思いながら。。でも、この足元が悪い中来てくださいまして嬉しくてご褒美をいただいた気持ちでした。昨日までの緊張はどこに行ってしまったかな。。

  7. マ〜クン - Tune

    マ〜クン

    オリジナル絵本「マ〜クン」販売しております。どうぞよろしくお願いいたします。YOMO

  8. ポーランドの絵本(其の四)〜ヨゼフ・ウィルコンさん - 素敵なモノみつけた~☆

    ポーランドの絵本(其の四)〜ヨゼフ・ウィルコンさん

    ポーランドのヨゼフ・ウィルコンさんの絵本。何度も日記で紹介していますが、とても素敵な絵本を書いています。これまで紹介してこなかった絵本を紹介します。ウィルコンさんの『にじ』。川をはさんでクマの国とオオカミの国があり、2つの国をまたぐ虹がかかりました。クマとオオカミはこんなに仲良しでしたが、虹が消えると、お互い虹を盗んだに違いないと勘繰り戦争が起こりそうになります。元はこんなに仲良しでした。虹...

  9. 近鉄文化サロン阿倍野でセンセイをします - Малый МИР〔マールイ・ミール〕

    近鉄文化サロン阿倍野でセンセイをします

    近鉄文化サロン阿倍野にて、全3回の「ロシアってかわいい」を開講します。平日のお昼間という…当店のお客さまにはかなりハードルの高い講座だと思いますが、是非ぜひご参加ください!(←参加者さんが少ないと講座そのものがなくなってしまうので、けっこう本気モードです)ロシアをテーマに講座を…となると「文学」「音楽」「バレエ」など、立派なものを想像されるかもしれませんが、タイトル通りの軟派な授業です。だっ...

  10. 絵本『シニガミさん』 - 絵本だまり

    絵本『シニガミさん』

    シニガミさん!まだ要はないよ!「だれでも、じぶんが生まれた日たんじょうびはしっています。でも、じぶんが死ぬ日をしっているひとはだれもいません。それがわかるのは、その日をきめるのはわたくしシニガミでございます」という恐ろしい言葉ではじまるのは、宮西達也作『しにがみさん』えほんの杜という絵本だ。絵本に死神とは、思い切ったテーマを選んだものだ。表紙は、シニガミさんの顔だろうか。目の部分が切り抜かれ...

  11. pecoraの本棚『ぼくの絵本美術館』 - 海の古書店

    pecoraの本棚『ぼくの絵本美術館』

    モブロさんの本棚から。ずっと以前に一度入手して古書店ノエルへ出荷したものを再び。再会であるにも関わらず、とても新鮮。良い本は常に生まれ変わってでもいるかのように。帯の「絵本は官能的だ」という言葉が、堀内さんが目指したものの品位の高さを物語っているように思われました。絵画の歴史に始まり、絵本の歴史的展開とそこから生まれた子どものための絵画論。解説にある「偏愛的個人美術館」という言葉がぴったりの...

  12. ポーランドの絵本(其の三)〜アントニー・ボラチンスキーさん - 素敵なモノみつけた~☆

    ポーランドの絵本(其の三)〜アントニー・ボラチンスキーさん

    ポーランドの絵本。アントニー・ボラチンスキーさんの『うさぎくん はやく はやく!』。深い色遣いと、動物たちのユーモラスな表情がとてもいいです。日本でよく知られている、ウサギとカメの競争みたいな話しですが(イソップの話しかな?)、この絵本ではウサギとモグラです。モグラが穴を掘って進むあいだ、ウサギは朝ごはんを食べたり、寝入ったり、口ひげを短くしてもらったり、遊園地に行ったりして、わずかの差でモ...

  13. 心が開く花々 - 絵本だまり

    心が開く花々

    庭に天女が舞い降りた沖縄方面では、早くも梅雨に入っている。この地でも、梅雨入りを直前にして、初夏の花々が咲きはじめた。この時期の花には、絶滅危惧種に近い花々が、薫り高く咲く。ただ、これらの花と出合うのには、難行苦行が求められる。我が家の庭に、待望のオオヤマレンゲがやっと訪れてくれた。奈良の天川村方面の大峰山が発祥の地のようで、幻の花、天女の花とも言われ、国の天然記念物に指定されている大切な花...

  14. 絵本の読み聞かせ - 蒼穹、 そぞろ歩き2

    絵本の読み聞かせ

    今年度に入って、今日は初めての読み聞かせです。読み聞かせが始まる前までは子ども達がわちゃわちゃしていてどうなるかしらと心配でしたが読み聞かせが始まると、真剣に聞いてくれて最後は身を乗り出して聞いてくれました。こちらは私が読んだ一冊です。空にまっ黒い雲がやって来て、今日は野菜の嫌いな男の子を食べると言います。男の子も家族も震え上がります。その内に、野菜が嫌いでテレビゲームを1時間以上やる子が運...

  15. ポーランドの絵本(其の二)〜ヤーノシュさん - 素敵なモノみつけた~☆

    ポーランドの絵本(其の二)〜ヤーノシュさん

    この前、ハンガリーとウクライナの絵本を手に入れたあとに、お部屋のロシアと東欧の絵本の本棚の整理をしました。そのときに、久しぶりにポーランドの絵本を見てみました。 かなり前ですが、「ポーランドの絵本(其の一)」の日記を書いています。ポーランドの絵本(其の一)〜ボフダン・ブテンコさんてヨゼフ・ウィルコンさん2015年3月25日の日記https://momokoros.exblog.jp/2290...

  16. 絵本だからできること - 絵本だまり

    絵本だからできること

    未知に挑戦する絵本の世界絵本の世界は広くて、多種多様だ。可能性に満ち満ちており、絵本の世界は、常に、変化と進化を続けている。この先、何が可能かは、絵本の作り手の想像・創造のいかんにかかっている。絵本を大きく概念規定できたとしても、おそらくその枠をすぐに超えて、新しい世界が誕生するに違いない。要は、可能性に満ちた未開発分野と言えるかもしれない。絵本には、想像とめくる行為の組み合わせで、様々な工...

  17. 北欧ヴィンテージ絵本 - 家暮らしノート 

    北欧ヴィンテージ絵本

    窓の外の桜の気の薄緑の新葉が赤ちゃんが手を広げたようにいっせいに空を持ち上げています。美しい自然。こんな都市近郊でもそれが見られるのはうれしいです。昨日は古書新書を扱う根津のひるねこBOOKSへ。ここは北欧系の本を揃えていて、昨日まで「北欧ヴィンテージ絵本展」をやっていたので、最終日、ぜひ行かなければと思いました。北欧各国の国旗が並んでいます。旅の雰囲気のディスプレイ。個人的に好きな画家エル...

  18. 初夏への兆し - 絵本だまり

    初夏への兆し

    夏の顔を探して生後7か月になる赤ちゃんが1か月ぶりにやってきた。長い連休の中で、親の都合の渦に巻き込まれ、それなりに、成長して、逞しい姿を見せてくれた。以前から準備していた絵本を1冊プレゼントした。見る物がすべて食べるものと思うのか、まず口に入れようとする。包み紙の方が面白いのか、しばらく包み紙で遊んでいたが、私が絵本を読んでみることにした。市原淳作、関一夫監修『もいもい』ディスカヴァー・ト...

  19. 海辺の本棚『The Adventures of Jeanne-Marie』 - 海の古書店

    海辺の本棚『The Adventures of Jea...

    岩波子どもの本シリーズの『まりーちゃんとひつじ』『まりーちゃんのクリスマス』、それにもう一つお話を加えて1冊にまとめた大型絵本。図書館の書架に置かれていてとても愛らしくて借りてきました。まりーちゃんとひつじのパタポンとの日々。明快な絵に心が弾みますね。いろんな出来事を経てだんだん心が育ってゆくことをあたたかな色合いの絵が優しく語りかけてくれます。これから英語を学ばれるお子さんには日本語訳と一...

  20. ほげちゃん、我が家にもどる - こもれびの庭

    ほげちゃん、我が家にもどる

    ほげちゃんが、我が家に戻ってきました。以前の職場の中学校と小学校の図書館に絵本と一緒に並べて置いて置くと意外にも人気者となり、退職してからも今年の3月で閉校になった小学校に置いていました。先日、預かっていた先生が持って来てくれました。その中に6年生がメッセージを書いた折り紙も入っていました。ありがとう、こちらこそ楽しかったです。毎月の読み聞かせも無くなり、読み聞かせロスとなっていました。ゴー...

総件数:964 件

似ているタグ