絵本のタグまとめ

絵本」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには絵本に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「絵本」タグの記事(164)

  1. 「角野栄子の世界」展 - SUGAR & BUTTER

    「角野栄子の世界」展

    土曜日に、大川市の広松木工で開かれた「角野栄子の世界」展に行ってきました。角野栄子さんは、ご存知「魔女の宅急便」の原作者で、今年、国際アンデルセン賞作家賞を受賞されました。大川市の家具屋さん「広松木工」は、角野栄子さんと以前から親交があり、2010年にも福岡市のお店で、角野さんのトークショーを開いたことがあるのですが、その時も、私達は大ファンの長女と一緒に参加しました。今回再び、このイベント...

  2. 10/7(日)フランス語絵本のおはなし会〜えほん・てあそびで親しむフランスの物語〜 - 霊山こどもの村 活動ブログ

    10/7(日)フランス語絵本のおはなし会〜えほん・てあ...

    子どもはいろんなことを五感で吸収しています。何カ国語にも翻訳され、世界中で愛される絵本を、その国の言葉で聞いてみませんか?日本で読まれている展開と少し違っていることに気づいたり、言葉はわからないけど、絵を見ているだけでおもしろかったり。また、言語の音とリズムは子ども達の創造力を刺激します。ひとつの物語からいろんな気づきがあるはずです。フランス人の先生が実際に絵本を読んだり、フランスの手遊びを...

  3. 再びの「わたしはしらない」の展示探訪〜まつむらまいこさんの個展 - 素敵なモノみつけた~☆

    再びの「わたしはしらない」の展示探訪〜まつむらまいこさ...

    先日の金曜日に、まつむらまいこさんの「わたしはしらない」の展示に訪れていたのですが、まいこさんが昨日の日曜と今日の月曜に在廊するとのことで、今日再び高円寺に展示を見にきました。久しぶりにまいこさんとお会いすることができました。近況や昔話に、作品などのお話ししていました。展示されている原画にあって、絵本にはない絵。原画にはあって、絵本にはないモノなどを教えてもらいました。先日によく見たはずです...

  4. 手提げバッグに入れるものご紹介 - 秋田 蕗だより

    手提げバッグに入れるものご紹介

    手提げバッグの中に入れるものご紹介いたします。絵本などのご紹介です。お子様連れのお出かけの際に、お役に立てたら嬉しいです。手提げバッグに入れた絵本。この3冊いかがですか?左側の2冊、よねづゆうすけさんの絵本は、四角い穴の向こうにあるものと、三角の穴の向こうにあるものを考える穴開きクイズ絵本。意外性に年齢が大きなお子様も喜びます。グラフィックデザイナーのよねづゆうすけさん作ですので、デザインの...

  5. 彼岸の入り・中日 - 絵本だまり

    彼岸の入り・中日

    彼岸花は彼岸の使節          雨に濡れて流す彼岸花の涙今日は、彼岸の中日。彼岸は、ご先祖さまや自然に感謝をささげる日本独特の仏教行事だ。そのためか、またまた、巣立ったルリタテハ二世が今朝我が家の玄関の壁に里帰りして、玄関が開くのを待っていた。義理堅い蝶たちだ。なぜか、彼岸に合わせて彼岸花はきっちり咲く。これは見事としか言いようがない。今年のように気象異常が続いた年でも、1週間ほど早く...

  6. 赤ちゃんと絵本 - 絵本だまり

    赤ちゃんと絵本

    絵本ではじける赤ちゃん        彼岸花とモンキアゲハ(2018 9・21 高島市)秋の子どもは、格別に元気のような気がする。久しぶりに子どもたちに会いたくて、仰木星の子保育園にお邪魔した。今回は、0・1・2歳対象の絵本読みだ。それぞれ3つのクラスを2歳から順番にお邪魔した。2歳児はさすがに元気で、絵本への反応はいい。その分要望もはっきりしていて、それに応えるのは...

  7. 『わたしはしらない』〜まつむらまいこさんの展示 - 素敵なモノみつけた~☆

    『わたしはしらない』〜まつむらまいこさんの展示

    昨日は東京目白にいたのですが、夜に高円寺にでました。19時を過ぎていましたが、少しだけ寄るつもりでるすばんばんするかいしゃさんへ。まつむらまいこさんの「わたしはしらない」の展示が開催されています。モノクロの細かな筆致のイラスト。似ている形をあつめた絵。建物の形に丸いものの形。まいこさんはそんな似ている形を描くのが好きなんだろうなって思いました。まいこさんの原画から発想されるイメージをふくらま...

  8. 海辺の本棚『リディアのガーデニング』 - 海の古書店

    海辺の本棚『リディアのガーデニング』

    おばあちゃんと花々に囲まれて育ったリディアは、家の事情で都会に住むパン屋のジムおじさんのもとで暮らすことになります。笑うことを忘れたかのようなジムおじさんに笑顔を取り戻してほしくて、リディアは一生懸命お手伝いをします。そして、おばあちゃんが送ってくれる種や球根を育てて、ジムおじさんのビルを彩り始めるのです。色彩が次第に豊かになってゆく風景と人の心の連鎖が、優しいタッチの絵とリディアのお手紙で...

  9. 放課後読み聞かせ9月② - こもれびの庭

    放課後読み聞かせ9月②

    もうすぐ十五夜本日の読み聞かせはこの3冊かえるちゃんのおつきみ月とともだちになりたかったきつねなずずこのっぺ?なずずこのっぺは、自然と昆虫語を喋っている自分に子ども達もくいついていました。そして今回の工作は赤とんぼ後ろにマグネットをつけているので冷蔵庫とかにつけてね。ハロウインが来月なので1年に1回しか使用しないマスキングテープの登場です。私はおしゃれにデコりました。几帳面なR君は赤とんぼだ...

  10. 時々、時を刻む時計 - N's egg

    時々、時を刻む時計

    むかし、20代の頃、絵本をつくったことがあります。1990年作と裏表紙に書いてありました。それがなんだ、といいたいところですが、ちょっと、これをみてください。  HWD76×34×16!ドイツ製アンティークの時計かなんだか知らないですが、ヤフオクかなんかで家人が購入してしまったんです。(ヤフオクでなく正規取扱店だそうです。追記)我が家は狭小住宅の上、家族が多趣味(主に自分かも)なので、ものに...

  11. 生きることは食むこと - 絵本だまり

    生きることは食むこと

    草を食む、それはイーハートーブの術夏バテなのか、体中がおかしい。おまけに一日中眠い。こんな時、絵本が一番の薬になる。絵本を食んで、命を長らえる。絵本を枕に、のどかな夢を見るのもよかろう。このようにのどかで、穏やかに過ごせたらいいだろうなと憧れる絵本がある。おくはらゆめ作『くさをはむ』講談社は、目指す生き方というか、イーハートーブだ。「草を食む」というコトバは、最近あまり使われなくなっている。...

  12. 海辺の本棚『エリザベスは本の虫』 - 海の古書店

    海辺の本棚『エリザベスは本の虫』

    本好きのエリザベスの羨ましい人生!幼い頃から本が好きで、一生本との蜜月の中に生きた女性の実話をもとに書かれたお話だそうです。本が好きなエリザベスのちょっと変わった行動も、それは本への愛ゆえ。お話を読んでいて思ったのはエリザベス自身の言葉を聞いてみたかったということ。エリザベスが本に求めたものが何であったのか。エリザベスが本から得た喜びの深さはどれほどだったのか。好きな本はどんな本だったのかし...

  13. 『絵本たんけん隊』〜椎名誠さん - 素敵なモノみつけた~☆

    『絵本たんけん隊』〜椎名誠さん

    椎名誠さんの『絵本たんけん隊』を貸してもらい読んでいます。 むかし、家というのがすごくこわい存在だった時代があります。(中略) 押し入れのかなとか天井裏とかといった絶対に怪しくて暗いところが、いまはぐっと少なくなってしまった。いまの子どもたちにとって、これは不幸なんです。(中略)日本の住居が、大きくて暗いものから、小さくて明るいものに変わってしまったように、自然そのものも、たぶんさらに激しく...

  14. せかいいちおいしいスープ - えほんのカタチ

    せかいいちおいしいスープ

    あったかいもんが食べたくなる季節になりましたね!我が家は、先週はおでんにポトフ。今週は豚汁。コトコト煮込んで、体もあったまる。ホッとする瞬間。と、絵本もあったかーいの紹介!!『せかいいちおいしいスープ』マーシャ・ブラウン 文絵こみやゆう 訳戦争が終わり、故郷へ戻ろうと、トボトボ歩く三人の兵隊。しかも、へとへとな上に、とてもはらぺこ。どこかでご飯にあるつけ、ベッドでぐっすり眠りたいなぁ。などと...

  15. 海辺の本棚『九月姫とウグイス』 - 海の古書店

    海辺の本棚『九月姫とウグイス』

    お客様からお送りいただいた絵本。子どもたちが幼かった頃、幾度も書店で見かけながら、読むことのなかった絵本をようやく開くことができました。サマセット・モーム原作、武井武雄絵。シャムの国のお姫様たちの物語。武井さんの絵の色合いの美しさに魅了されました。体を包み込む湿り気まで伝わってくるようなやわらかな独特のタッチ。曲線と直線の優雅な調和。色のバリエーションが素晴らしくて。宮殿の中のウグイスの繊細...

  16. 心のつながり - 絵本だまり

    心のつながり

    心の風、心のあかり21号台風の大きな被害が関西方面の人々を苦しめているとき、北海道で、震度7の大地震が起きた。地形が変わるほどの地滑があって、41名もの人が亡くなり、道民の生活に多大な被害をもたらした。水道や電気などが長期にわたって停まり、未だに復興にめどが立たない地方も多い。この異常現象はどれだけの規模で、いつまで起こり続けるのだろう。自然の力は、人間の想像をはるかに超えた現象を引き起こす...

  17. 放課後のお話し会。 - かいじゅうたちのいる我が家。

    放課後のお話し会。

    放課後にある子供教室でのお話し会を今年度もやらないかと私が参加するサークルへお話しをいただきました。昨日は、2年生。30人くらいの子が集まってくれました。トップバッターの私がまず、手遊びをしようと前へ出ると、去年、私が読んだ本を覚えてくれていた子がそのことを話してくれて、おぉ~っ!と感動~。(^^それだけで、気持ちはMAX。(笑)その後続けて読んだ本も、みんなの反応がとてもよくって、読み手の...

  18. 絵本「つきくんどこ?」 - Yenpitsu Nemoto  portfolio    ネモト円筆作品集

    絵本「つきくんどこ?」

  19. 惜別のとき 心は・・・・ - 絵本だまり

    惜別のとき 心は・・・・

    風に吹かれて天使が降り立つ       葉祥明文・絵『てんしって いるよ』至光社より昨夜(8日)、姉が帰らぬ人となってしまった。1昨日、胸騒ぎがして、姉が入院中の豊田市へ見舞に向かった。その途中で、姉の娘から容態が急変したというメールが入り、苦手の高速道路をいつもより速く、車を走らせた。昼丁度に到着したが、すでに姉は、意識があるのかないのかわからない状態だった。そっと手を握ると反応するような...

  20. 星と森と絵本の家 - つれづれ日記

    星と森と絵本の家

    国立天文台の敷地内に併設されていた、こちらの施設も見学して来ました星と森と絵本の家。。天文台の森の中にある大正時代の建物を保存活用し、広い庭も使って、絵本の展示や絵本を楽しむ場の提供、自然や科学への関心につながる活動を行っているそうです。建物内では自由に絵本を楽しむ事が出来るようです。掛け軸も天文的なものですね~こういった遊べるスペースや。。授乳室などもありましたよ。宇宙って夢があっていいな...

1 - 20 / 総件数:164 件

似ているタグ