絵本のタグまとめ

絵本」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには絵本に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「絵本」タグの記事(206)

  1. オルガ・チェホヴァーさんの絵本〜「チェコを綴じる印刷と紙」の展示 - 素敵なモノみつけた~☆

    オルガ・チェホヴァーさんの絵本〜「チェコを綴じる印刷と...

    高円寺のるすばんばんするかいしゃさんでの「チェコを綴じる印刷と紙」の展示を見にいっていた先日。お店には3時間くらいもいて、お店のおふたりとチェコの絵本を見ていました。よくぞ飽きないものだなってわれながら思います。かなり昔ですが、チェコの絵本にはまりました。始めはヨゼフ・パレチェクさんでした。その当時、大阪茶屋町にあった雑貨のprickleさんで、ヨゼフ・パレチェクさんの『イグナツとちょうちょ...

  2. ひがんばな - えほんのカタチ

    ひがんばな

    あちこちでこの花をみかけるようになってきましたね。「ひがんばな」 甲斐伸枝 作この はなは ひがんばなです。あきの おひがんのころ さくので、ひがんばなといいます。ひがんばなは たくさんの なまえを もっています。知ってましたか?たくさんの名前を!!まんじゅしゃげ きつねのかんざし はなぢょうちん・・・・・わかる気がする名前から、なんでそう呼ばれているの!?って名前まで。なになに?それ・・・...

  3. 茗荷ごはんと『ゼラルダと人食い鬼』 - シンプルライフと日和やの本棚

    茗荷ごはんと『ゼラルダと人食い鬼』

    Twitterをやっています。発信するより情報収集。土井善治さんのツイートでおいしそうな茗荷ごはんの写真を見つけました。茗荷で、ごはん!これはいい!!と冷蔵庫にあった茗荷の使い道に決定です。(いただきもので野菜室にしばらく前から入っていた)茗荷、大人になって好きになった食材。シャリシャリといい音、色もまだらな臙脂がチャーミング、形もね。作り方はなかったので、自己流。・茗荷を半分に切って斜め切...

  4. オタ・ヤネチェクさんの絵本〜「チェコを綴じる印刷と紙」の展示 - 素敵なモノみつけた~☆

    オタ・ヤネチェクさんの絵本〜「チェコを綴じる印刷と紙」の展示

    先日、浅草のチェドックさんを訪れましたが、チェドックさんのチェコの絵本が、高円寺のるすばんばんするかいしゃさんに並べられています。「チェコを綴じる印刷と紙」の展示です。好きな、オタ・ヤネチェクさんと、オルガ・チェホヴァーさんの絵本を手に入れました。今日はオタ・ヤネチェクさんの絵本を紹介します。オタ・ヤネチェクさんの絵は特徴的で見るとわかるようなイラストが多いのですが、この絵本の表紙はオタ・ヤ...

  5. Z会付録 昆虫図鑑絵本「あおむしくんのへんしん」 - 中川貴雄の絵にっき

    Z会付録 昆虫図鑑絵本「あおむしくんのへんしん」

    Z会のぺあぜっと年長コース7月号 付録 昆虫図鑑絵本「あおむしくんのへんしん」を手がけました。前半の部分はあおむしが蝶に成長するストーリーで後半は図鑑になってます。Z会 昆虫図鑑絵本『あおむしくんのへんしん』絵 中川貴雄CL Z会監修 松嵜洋子(千葉大学)デザイン Concent,Inc.写真協力 PIXTA2017年

  6. 2017読み聞かせ6年生 その10 - 子どもの本の店 竹とんぼ

    2017読み聞かせ6年生 その10

    チムとゆうかんなせんちょうさんエドワード・アーディゾーニ作 せたていじ訳福音館書店 本体価格1300円時間=13分 絵本=5歳くらいから船乗りに憧れるチムが、大きな汽船に乗り込み、大活躍するお話です。汽船に忍び込んだチムでしたが、はじめに強要された甲板磨きも認められ、船のどんな仕事もこなして、船員に認められていきます。しかし、チムが懸命に働く汽船も、嵐に巻き込まれ、座礁してしまいます。怖くて...

  7. ムスコ近況報告(釣りに夢中) - 絵本作家 井川ゆり子 と その夫の日々

    ムスコ近況報告(釣りに夢中)

    久しぶりに夫が書きます。現在ムスコ、7歳夏の伊豆で釣りデビュー。3日間で17匹釣れて、そこから釣りにはまり中。夏休みの海釣り(人生初の釣り体験)↓渓流でのニジマス釣り↓家の近くの貯水池での釣り(今ここ)毎週のように釣りに駆り出されています。9月の連休、いつものように近くの貯水池へ。嫁は、用意ができておらず、ムスコと二人で釣り場へ。いつものように椅子に座り、仕掛けをたらす。餌は、万能餌の魚肉ソ...

  8. 子ども目線とおとな目線の絵本 - えほんのカタチ

    子ども目線とおとな目線の絵本

    先日のこと。入会している子ども本の会の選書セミナーへ参加。テーマは「子ども目線 大人目線」県立図書館の勉強会でも、司書の方がおっしゃっていたけれど、ここ数年出版される絵本はおとな向け(おとな目線)の絵本が多いと。新刊にあまり出会えていないわたしでさえも、目にするもの、「これ良いです」と耳にする絵本を読むと、そう思う作品が多いと感じています。読んだ後、「これを子どもが聞いて果たして楽しいのか?...

  9. ラッキーキャラクター展に参加しています その1 - 続ねこのひと~むらよしみのぶろぐ

    ラッキーキャラクター展に参加しています その1

    イラストレーターのむらよしみです。9月18日から、が はじまりました。なんとか 準備万端。台風一過で、晴ればれ。11:30集合だったらしいのに、通常の展示会準備は 11:00からなので、30分前に 到着してしまった。「展示会の詳細」を、ろくに 読んでないのかな・・・ざっと、斜め読みの、うろおぼえ。思い込みだけで行動しているなんておばちゃんだ。「価格の上限が、1,500円ということなので、額装...

  10. 個展の準備をコツコツと。 - 島みさ☆メッセージ

    個展の準備をコツコツと。

    ちみちみコツコツと個展の準備。今回は絵本調での展示。絵本の絵は計20枚。9月27日(水)午後~10月9日(月)午前までの間、やない西蔵にて個展開催予定です。観に来てくださいませ~☆人気ブログランキングへ

  11. 山田英春『石の卵』 - アセンス書店日記

    山田英春『石の卵』

    たくさんのふしぎ傑作集『石の卵』山田英春 著, 写真月刊誌『たくさんのふしぎ』2010年1月号として発表された『石の卵』が単行本になり、現在は第3刷目となる人気絵本!!昔 わたしも、気に入った石を大切に持っていたな・・・。こんなすてきな石の本に出逢いたかった。あの頃のわたしにも見せてあげたい絵本。著者 山田英春、本の装丁をするブック・デザイナー。本業のかたわら、ストーンヘンジ、マヤ文明の遺...

  12. ヨシタケシンスケさんの絵本 - 木造三階建の詩

    ヨシタケシンスケさんの絵本

    最近、はまっているヨシタケシンスケさん。子どもの絵本売り場にあるけれど、これはもう大人が読んで、クスッと笑う絵本。「りんごかもしれない」「このあとどうしちゃおう」などは、哲学書の棚にあってもおかしくないほど、笑った後になんとなく考えてしまいます。ほとんど色のついていないイラストは、むしろマンガに近い雰囲気もあります。とにかくあらゆるものにつき、その発想が面白いのです。「あるかしら書店」紙で作...

  13. いないいない ばあから、躾まで!! - asobbow

    いないいない ばあから、躾まで!!

    ●0才から初めての絵本…いない いない ばあ! 赤ちゃんは目を丸くしてビックリ!! 10cmの小さな本がパッと大きく広がるポップアップ絵本です。●アンパンマンの 大きく広がるしかけ絵本!ハミガキをしなかったバイキンマン、ウンチがたまったカバくん…。小さなお子様にもわかりやすく、アンパンマンが楽しい、しつけの先生になります!! 「はみがき」…毎日のはみがきを習慣に。歯を磨かな かったバイキンマ...

  14. 絵本だまり2周年 - 絵本だまり

    絵本だまり2周年

    絵本だまりヨチヨチ歩きの2歳        彼岸花(2017 9 17 於伊香立の棚田)月日が過ぎ行くのは早い。<絵本だまり>開設2年目はまだ通過点にすぎない。終わりではないところが、ホッとできる。終わる日を考えたくはない。とにかく続けるぞ。2周年と言っても特別なことはない。誕生日にはプレゼントとおいしい料理と決まっている。プレゼントには、3冊の絵本を買ってもらった。もちろん2歳対象の絵本と...

  15. 2017読み聞かせ6年生 その9 - 子どもの本の店 竹とんぼ

    2017読み聞かせ6年生 その9

    ランパンパンインド民話 マギー・ダフ再話 ホセ・アルエゴ絵 山口文生・訳評論社 本体価格1200円時間=10分 絵本=5歳くらいから運動会も終わり、今年は秋の訪れが早い気がします。朝晩も涼しいを通り越して肌寒く、夜は秋虫の大合唱です。2学期の読み聞かせがスタートしました。6年生のクラスですが、夏休みが終わるとまた一段と大人びた印象です。今は男の子の方が幼い気もしますが、そんな男の子達が前の方...

  16. 昔話、短編 - pig meets monkey

    昔話、短編

    久しぶりに最近一緒に読んでいる本の話を。きえた権大納言 (今昔物語絵本)ほりかわ りまこ/偕成社undefined自分で読む韓国の本は幼年童話や科学の本が多いんですがここのところ私が読んであげる日本の本は昔話が多いです。その中でもここのところ連日読んでるのが上の「きえた権大納言」。以前の記事にもかいた今昔物語を絵本にしたものです。鬼が出てくる場面の絵は結構怖いし、不気味なお話なんですが「怖い...

  17. 絵本Café 「絵本カバーでエコバッグ作り」WS - えほんのカタチ

    絵本Café 「絵本カバーでエコバッグ作り」WS

    さてさて、期間限定の絵本Caféオープンに向けて、おうちの中は、あちこちに材料やら絵本やらが・・・!!!そうです。散らかってます(笑)が・・・これはうれしい散らかりなので、良しとして・・♪今日は、学校から帰ってきた娘たちが、「かわいいーー!!!できたねぇ♪」と言っておりました。それはこちら。ジャジャーーーン♪絵本カバーで作ったエコバッグ。かわいいでしょ。と自分で言う(^-^)以前、ワークショ...

  18. 夜を楽しむ本(其の二) - 素敵なモノみつけた~☆

    夜を楽しむ本(其の二)

    お部屋にある本の中で、夜を楽しめるような絵本や本を、少し前から集めています。前に探してからしばらく、探す時間がなかったのですが、先日の絵本の入れ替えのときに何冊か見つけました。並べてみると、月の本が多いです。たむらしげるさんの絵本も加わりました。やっぱり星の本が多いです。文庫本や単行本は、夜に関係する本がまだまだありそうです。「夜を楽しむ本」〜2017年8月22日の日記http://momo...

  19. フランスの絵本紹介Vol.1『Éphémère(かげろう)』 - 海の古書店

    フランスの絵本紹介Vol.1『Éphémère(かげろう)』

    『Éphémère(かげろう) 』作者 Frédéric Marais儚げで美しい姿を持つカゲロウ。その完璧と思われる肢体にひとつだけ施されなかったもの。それは口。これは、「羽化」に始まり「死」に至るまでのカゲロウの「1日」の物語。「生」を全うすることの意味を問いかけながら、詩的な要素を繊細に組み込んだ著者の世界観があたたかく心に残る絵本です。ともすれば「子孫を残すこと」に重点を置かれて語ら...

  20. 誕生の日 - 絵本だまり

    誕生の日

    産みの苦しみ、みごと誕生    おめでとう!(2017・9・9 「オウミデゴハン」で)何日かかったのだろう。随分長かった。苦しみの中から生まれた子どもはかわいい。今日、テーマ別絵本リスト『保育・子育て絵本の住所録』三学出版が無事誕生してくれた。協力していただいた、皆さんありがとうございました。これが最後の出産かと思われるが、でもわからない。『ワニくんのおおきなあし』で有名な宮崎博一さんの表紙...

61 - 80 / 総件数:206 件

似ているタグ