絵画のタグまとめ

絵画」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには絵画に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「絵画」タグの記事(425)

  1. 1902-020:第26作「chameleon」の完成です。 - ブーヤンとボク☆達との日々

    1902-020:第26作「chameleon」の完成です。

    『両生類』描きたい対象が尽きたわけでは無く描く事が出来る物が尽きたヾ(≧▽≦)ノ昨年だったろうかTV番組「新宿ダッシュ」で見たアカハライモリが浮かんだこんなんだったよね!こんなんだったかな?アカハライモリ?

  2. 3月の工房陶芸教室の予定です! - きらく陶工房 陶芸教室

    3月の工房陶芸教室の予定です!

    陶芸教室の開講予定日です!予約制になっていますので受講希望の方は前日の午後8時までに予約してください。開講予定日であっても予約がない場合はお休みをいただきます。12346781011131415161718202122242930312月14日現在の予約状況です。3月29日AM3名様

  3. 1902-019:第25作「指名手配。名前は無い」の完成です。 - ブーヤンとボク☆達との日々

    1902-019:第25作「指名手配。名前は無い」の完...

    『闇夜に光る眼』深夜。突然外灯が灯る(゚Д゚)ノ良ーく見ると、暗闇の塀の上に光る眼が(゜.゜)(ノ・ω・)ノオオオォォォ-ー不法侵入猫だ!番犬は熟睡中だ(_´ω`)_

  4. 2月8日に窯出しした会員作品とスタッフの作品です! - きらく陶工房 陶芸教室

    2月8日に窯出しした会員作品とスタッフの作品です!

    会員YAYUさんの作品です!会員OTOさんの作品です!スタッフSMの作品です!今年は水玉からスタートです!!

  5. 1902-017:第25作「Ostrich!es」の賛成です。 - ブーヤンとボク☆達との日々

    1902-017:第25作「Ostrich!es」の賛...

    『生まれたまんまの才能』鬼を描くとか嘘ついて実はこれでした(^^;)銅版画も25作ともなるのに、この歳で始めた処女作「災払鬼」から進歩が無い絵と言うものは奥深い。今更、上達するはずないし画風も定まらない(ーー;)途中で、ヤッパリ鬼描いとると思ったヾ(≧▽≦)ノ生まれ持った才能だ鬼才だ(゚Д゚;)

  6. ヒヨドリの絵 - 絵と庭

    ヒヨドリの絵

    ブロッコリーの葉がボロボロなのはやっぱりヒヨドリでした室内から撮影ご機嫌に食べていたのは葉これから花芽が伸びる時期、これ以上食べられては困るので、この後ブロッコリーには寒冷紗をかけましたヒヨドリが気になるのはヒヨドリを描いているからです顔が難しかったです

  7. ヴェネツィア27 - 一景一話

    ヴェネツィア27

    最終日は午前中だけなので、ホテルに荷物を置いて、美術館へ。その前に朝食は二度目の 『ジャ・スキアーヴィ』 にて最後のチケッティを摘まみ、歩き慣れた道を通って 「アカデミア美術館」 へ。時間は十分あるのでゆっくり観賞できる。やっぱりバルビゾン派の風景画がいいなぁ。そして、次に向かったのは 「カ・レッツォー二コ」。ここは18世紀のヴェネツィアの生活を伝える博物館。大好きな風景画も展示されている。...

  8. 青いローブの悲しみの聖母マリア /F987 - Glicinia 古道具店

    青いローブの悲しみの聖母マリア /F987

    p.p1 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; line-height: 20.0px; font: 13.0px 'Hiragino Kaku Gothic ProN'; color: #000000}span.s1 {font-kerning: none; background-color: #ffffff}span.s2 {font: ...

  9. 1月27日に焼成した会員作品です! - きらく陶工房 陶芸教室

    1月27日に焼成した会員作品です!

    SUGIさんの作品です!MURAさんの作品です!OGAさんの作品です!OUさんの作品です!OZAさんの作品です!ITOさんの作品です!SAKIさんの作品です!KAGAさんの作品です!IDOさんの作品です!KAGUさんの作品です!

  10. 1901-014:第24作「trumpeter」の完成です。 - ブーヤンとボク☆達との日々

    1901-014:第24作「trumpeter」の完成です。

    『物欲の化身』お待たせヾ(≧▽≦)ノ第24作の完成です。欲しかったトランペットが手に入りました(^^)vそれも、念願の3本ピストンピッコロトランペットです♪小さな額縁が余っていたので、6x9㎝の銅板にした。楽しいひと時。まあ、インチキだけどこれで欲望は抑えられるのだからヾ(≧▽≦)ノ

  11. 筆 - 絵と庭

    筆は消耗するので穂先がまとまらなくなると買い替えです気に入っている筆です中里黒軸イタチ長峰面相小細い線が引けて、ハッチングがし易いですメジロの目にハイライト入れました乾かす時間がいるのでそろそろ仕上げないと・・・

  12. 墨の懐 - 原初のキス

    墨の懐

    黒というのは比較的注意して使った方がいいと、絵を描く少なからぬ人々は思っているだろう。黒は強い色で他を圧倒しやすいし、例えば影とか暗いとか言っても実際は別のものの色が反射していたりするのでいわゆる真っ黒というのは稀なのである。絵具の黒は何種類かはもちろんあるが、使う時そのまま使うのではなく例えばアイボリーブラックにウルトラマリンを混ぜるなどして色味を加える方が使いやすい。ところで最近よく作画...

  13. フラ・アンジェリコ 聖母子と音楽を奏でる天使たち 三連祭壇画  /F971 - Glicinia 古道具店

    フラ・アンジェリコ 聖母子と音楽を奏でる天使たち 三連...

    ●サイズ:高24cm×幅10.8cm×厚2.2cm, 開いて幅21.5cm ●材質:木、紙●価格: 27000 円●送料: 1000 円(欧州から東京経由で発送2~5週間かかります ヤフオクにも出品しています。写真多数アップしているので、是非ご覧ください。 欧州のアンティーク市にて入手。 欧州で入手、1920年前後ぐらい。初期ルネサンス期のイタリア人画家フラ・アンジェリコ (1390年 / ...

  14. 積雪 - 絵と庭

    積雪

    雪が積もりましたヒヨドリも寒そう雪が積もるといつもの景色が綺麗に見えます今日はやる気が出てきたので仕上げに向けて制作します

  15. 1901-011:第23作「LoveLove」の完成です。 - ブーヤンとボク☆達との日々

    1901-011:第23作「LoveLove」の完成です。

    『アニマル?マニアック?』アニマルの様でそうでもない簡単そうで何か描きにくそう(ーー;)突然。魚を描いてみる気分になりましたヾ(≧▽≦)ノ

  16. 新しい年の始まり - 尾崎郁子blog クレール日和

    新しい年の始まり

    新しい年の一つめの挑戦です。日仏現代美術展サロンブランに入選しました。国立新美術館にて。1/23~2/4まで。

  17. 街角美術館あら、こんなところ(新千歳空港)に黒田征太郎がいた。 - ワイン好きの料理おたく 雑記帳

    街角美術館あら、こんなところ(新千歳空港)に黒田征太郎...

    むかしむかし、私は、黒田征太郎に興味を持ったことがあります。黒田が岡林信康のコンサートポスターやレコードジャケットをデザインしたころです。結局、何もかかわらず、その後活動は海外で頑張っている程度しか知りません。新千歳空港の彫刻を観ようと思い立ち、空港内の美術品を調べてみますと、黒田征太郎の作品があるのです。私の目的は彫刻優先でした。それとなく黒田の作品を探したのでが、分からないまま帰る時間に...

  18. 1901-009:第22作「にわにわにわにわとり」の完成です。 - ブーヤンとボク☆達との日々

    1901-009:第22作「にわにわにわにわとり」の完...

    『また鳥かいた』たくさんの額縁が出来たので、早速!第22作に取り掛かる(゚Д゚)ノ美女シリーズはモデル本人の高評価が得にくいので諦めてアニマルシリーズにする。第20作のpenguinが飾り栄えしたので再び鳥を描くことにした(^^)/大っきくデザインしすぎて銅板には一羽しか入らなかった。(^^;)が、鳥に見えるんかなあ~ヾ(≧▽≦)ノ

  19. 静物画 聖書と蝋燭 ロザリオ  / F511 - Glicinia 古道具店

    静物画 聖書と蝋燭 ロザリオ / F511

    ●サイズ:22.5cm×31cm×2.4cm / 17.8cm×26cm, 270g●材質:キャンバスに油彩、額縁付き ●価格: 14000 円●送料: 1200円(欧州から東京経由で発送2~5週間かかります ヨーロッパのアンティーク市にて入手。油彩、印刷物ではありません、1920年ぐらい? 右下角に署名あり、同じ名前が裏にも書いてありますが、読めそうで読めません。南フランス、またはカタル...

  20. 箱根・ポーラ美術館 - まほろば日記

    箱根・ポーラ美術館

    箱根・ポーラ美術館にて、現在開催中の展覧会『モダン美人誕生』ー岡田三郎助と近代のよそおいーそして常設展をゆっくり鑑賞しました。江戸時代から明治・大正時代にかけ、美人の定義が変遷していった過程と岡田三郎助の及ぼした影響を絵画や当時の品々とともに追うことのできる展覧会でした。ポーラ美術館の常設展は、個人的に大好きな印象派の絵や日本画も多々あり、絵の持つ優美なエネルギーに包まれる幸福な時間を過ごし...

総件数:425 件

似ているタグ