絵(work)のタグまとめ

絵(work)」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには絵(work)に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「絵(work)」タグの記事(9)

  1. 小説新潮 白石一文著「ひとりでパンを買いに行く日々に」第3回扉絵 - 「ふつう」って・・・なに?

    小説新潮 白石一文著「ひとりでパンを買いに行く日々に」...

  2. 絵本せいさくちゅうです - 「ふつう」って・・・なに?

    絵本せいさくちゅうです

  3.  絵本をつくっています。 - 「ふつう」って・・・なに?

    絵本をつくっています。

    新美南吉の「狐」というお話の絵本をつくっています。新美南吉は、よく宮沢賢治と比較されるますが、賢司が宇宙的な大きな視点から物語を創るのに対して、南吉は人の目線にたって情を描く作家だと思います。南吉の作品では「ごんぎつね」が有名だけど「狐」も、とても良いお話です。12月に恵比寿にあるギャラリーマァルにて、原画展示と絵本の販売をします。

  4. 小説新潮 白石一文著「ひとりでパンを買いに行く日々に」第2回扉絵 - 「ふつう」って・・・なに?

    小説新潮 白石一文著「ひとりでパンを買いに行く日々に」...

    先日、初めてセミが羽化するところを観ました。僕は大きな樹の下にいて、頭上には梢が広がり、その向こうに星空が見えました。そして眼の前には、いま羽化したばかりの白くてやわらかな体をしたセミが羽をのばし、幼虫の殻にぶらさがっていました。”すべての営みは、関わり合って繋がっているんだ”って、そんなふしぎな感覚にとらわれました。たとえば、星の運行と人の巡りあわせにも関わりがあって、それは何かおおきな意...

  5. 小説すばる 阿刀田さん連載小説「花の命」扉絵と文中挿絵 - 「ふつう」って・・・なに?

    小説すばる 阿刀田さん連載小説「花の命」扉絵と文中挿絵

    花そっくりに美しくこしらえられた造花でも、よく観れば生花の佇まいに、かないはしません。それは、花がやがて散る運命にあるからです。そんなお話。

  6. ジャーロ 鳥飼否宇著 「隠蔽(いんぺい)人類」シリーズ第4回「隠蔽人類の発掘と発見」扉絵 - 「ふつう」って・・・なに?

    ジャーロ 鳥飼否宇著 「隠蔽(いんぺい)人類」シリーズ...

    隠蔽人類とは、人類(ホモサピエンス)と異なるDNA配列を持った人類の事です。隠蔽人類が発見された、ジャングルの奥地にあるキズキ族の集落で、一枚岩でできた聖地を発見した日谷教授。

  7. 小説新潮 白石一文著「ひとりでパンを買いに行く日々に」新連載第1回扉絵 - 「ふつう」って・・・なに?

    小説新潮 白石一文著「ひとりでパンを買いに行く日々に」...

    俗に言う「ウマが合う」とか「気持ちが通じる」という相手がいる。そういう相手とは会う事ができない程、遠いところへ離れてしまったとしても、お互いにピントの合う双眼鏡を持っていて、想いを寄せれば一瞬にして繋がれる。そんなお話。

  8. 小説すばる 阿刀田高さん連載小説第11回「だれかを探して」扉絵と文中挿絵 - 「ふつう」って・・・なに?

    小説すばる 阿刀田高さん連載小説第11回「だれかを探し...

    男がすわっている。ずいぶん派手なシャツをまとっていて、”俺の好みじゃないな”と思ったとたん、こっちを振り向く”俺だ”小説「だれかを探して」より部屋にはいったのは、妻なのか、他のだれかなのか、、

  9. 小説すばる 阿刀田高さん連載小説第10回「くちなしの便り」扉絵と文中挿絵 - 「ふつう」って・・・なに?

    小説すばる 阿刀田高さん連載小説第10回「くちなしの便...

    特筆するほどの出来事はほとんどなにもなかったけれど、”あれは初恋だったな”袋小路の突き当たりの家にはくちなしが咲き、芳香が、、、夏休みのころの芳香が忘れられない。小説「くちなしの便り」より

1 - 9 / 総件数:9 件

似ているタグ