絵(work)のタグまとめ

絵(work)」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには絵(work)に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「絵(work)」タグの記事(43)

  1. 小学校教科書に載せている挿絵が2回目の改訂を経て引き続き掲載となりました。 - 「ふつう」って・・・なに?

    小学校教科書に載せている挿絵が2回目の改訂を経て引き続...

    小学校6年生国語の教科書に載せている童話「きつねの窓」の挿絵が2回目の改訂を経て引き続き掲載されることとなりました。これからの4年間を含めて計12年多くの子供たちの目に触れることになります。こちらで本文を読むことができます↓https://www.hirasawatakaya.com/text-book

  2. 本格ミステリー誌「ジャーロ」石持浅海 著座間味くんの推理第1話小説挿絵 - 「ふつう」って・・・なに?

    本格ミステリー誌「ジャーロ」石持浅海 著座間味くんの推...

    今回の挿絵について表向きは事件をおこした夫の影で不遇にも負けず健気に頑張っている様に見える妻だが、心の奥にしたたかさを秘めている。どんな境遇であろうと必要なら新しい世界へと踏み出していく女性の芯の強さを象徴的に表現しました。

  3. 人影と雲 - 「ふつう」って・・・なに?

    人影と雲

  4. 大きな空 - 「ふつう」って・・・なに?

    大きな空

  5. ジャーロ柄刀一著本格ミステリー小説第3回「南美希風・国名シリーズ或るフランスお白粉(しろい)の謎」扉絵/小説挿絵 - 「ふつう」って・・・なに?

    ジャーロ柄刀一著本格ミステリー小説第3回「南美希風・国...

    ミステリーの挿絵の難しいところは、状況や細かなアイテムなど謎を解き明かすために必要な諸々のことと描くものに、くい違いがあってはならないと言う事です。表現に必要な描きたいものだけを描いて余計なものを排除して強い印象を与える画面をつくりたいのですが、文章と照らし合わせて構図を慎重に選ばないと、そこになければ推理が成立しないものがあって余計なものを描き加えなければならなくなり、説明的で弱い印象の絵...

  6. 小説新潮白石一文著「ひとりでパンを買いに行く日々に」最終回扉絵/小説挿絵 - 「ふつう」って・・・なに?

    小説新潮白石一文著「ひとりでパンを買いに行く日々に」最...

    “人生の唯一の灯火といえる大事なものに気づき、冬の夜空を見上げる”そんなイメージで描きました。

  7. 小説新潮白石一文著「ひとりでパンを買いに行く日々に」第16回扉絵/小説挿絵 - 「ふつう」って・・・なに?

    小説新潮白石一文著「ひとりでパンを買いに行く日々に」第...

    夕刻の輪郭が曖昧で朧げな風景、黒なの白なのかわからない美貌の妻ことり、うつろいやすく謎を孕んだ男女の関係を表現できれば、と思いました。小説「ひとりでパンを買いに行く日々に」は次回で最終回となります。小説誌及び雑誌編集部等の皆様、お仕事御依頼お待ち申し上げております。

  8. 小説新潮白石一文著「ひとりでパンを買いに行く日々に」第15回扉絵/小説誌挿絵 - 「ふつう」って・・・なに?

    小説新潮白石一文著「ひとりでパンを買いに行く日々に」第...

    “女性は男性が辿り着けない、生命の源流に近づくことができる。”そんな一節が物語中にあります。そして、謎を秘めた美貌の妻ことり。ミステリアスな空気を纏った女性を描こうと思いました。

  9. 小説新潮白石一文著「ひとりでパンを買いに行く日々に」第14回扉絵/小説誌挿絵 - 「ふつう」って・・・なに?

    小説新潮白石一文著「ひとりでパンを買いに行く日々に」第...

    秋の日に、手紙(封書やメール)を介して交わされる物語。

  10. 小説新潮白石一文著「ひとりでパンを買いに行く日々に」第13回扉絵/小説誌挿絵 - 「ふつう」って・・・なに?

    小説新潮白石一文著「ひとりでパンを買いに行く日々に」第...

  11. 小説新潮白石一文著「ひとりでパンを買いに行く日々に」第12回扉絵/小説誌挿絵 - 「ふつう」って・・・なに?

    小説新潮白石一文著「ひとりでパンを買いに行く日々に」第...

    主人公が語っている「永遠と幻影」を 象徴的にイメージして描きました。

  12. 小説新潮白石一文著「ひとりでパンを買いに行く日々に」第10回扉絵/小説誌挿絵 - 「ふつう」って・・・なに?

    小説新潮白石一文著「ひとりでパンを買いに行く日々に」第...

    成功や挫折を味わいながらも、思い描いた様に生きていく、そんな何とも魅力的な人物である雪ノ下さん。主人公の友人である彼の半生を描いたお話です。

  13. ジャーロ柄刀一著本格ミステリー小説第2回「南美希風・国名シリーズ或るオランダ靴の謎」扉絵 - 「ふつう」って・・・なに?

    ジャーロ柄刀一著本格ミステリー小説第2回「南美希風・国...

    ミステリー小説の扉絵を描くとき、挿絵として良いものを描けばいいということだけではないのです。例えば、今回は邸宅のなかで事件が起きると言う劇場型のミステリーなので、部屋の配置や敷地内の東西南北が謎を解く重要なカギになっています。文章と食い違わない様に細心の注意をはらわなければなりません。あるいは、徐じょに謎が解き明かされて行く展開の後半部分を絵にした場合、ネタバレになってしまうおそれがあります...

  14. 小説新潮白石一文著「ひとりでパンを買いに行く日々に」第9回扉絵/小説誌挿絵 - 「ふつう」って・・・なに?

    小説新潮白石一文著「ひとりでパンを買いに行く日々に」第...

  15. 小説新潮白石一文著「ひとりでパンを買いに行く日々に」第8回扉絵/小説誌挿絵 - 「ふつう」って・・・なに?

    小説新潮白石一文著「ひとりでパンを買いに行く日々に」第...

    過去の「体験」がいま、はっきりとその意味や味わいを含んで心に届くことがある。「体験」とは、過ぎ去ってしまったものではなく、たえず現在と錯綜しながらひとの心を形づくって行く。そんなお話。

  16. ヤクルト「ヘルシスト」道浦母都子さんのエッセイ挿絵 - 「ふつう」って・・・なに?

    ヤクルト「ヘルシスト」道浦母都子さんのエッセイ挿絵

    庭を描くために参考になればと思い、映画「ターシャテューダー静かな水の物語」を観た。ターシャテューダーは、アメリカの絵本作家であり、緑豊かなバーモントの地に昔の農家さながらの古い造りの家を建て、その前に広がる土地を世界中のガーデナーが憧れる程、美しい庭に造り変えた人だ。彼女は、アメリカが大量生産、大量消費へと向かう時代、きらびやかな文明の魅力には目もくれず、衣食住すべてを自分の好みや価値観に合...

  17. 小説新潮白石一文著「ひとりでパンを買いに行く日々に」第7回扉絵/小説誌挿絵 - 「ふつう」って・・・なに?

    小説新潮白石一文著「ひとりでパンを買いに行く日々に」第...

  18. ジャーロ柄刀一著ミステリー小説第1回「南美希風・国名シリーズ或るエジプト十字架の謎」扉絵/小説誌挿絵 - 「ふつう」って・・・なに?

    ジャーロ柄刀一著ミステリー小説第1回「南美希風・国名シ...

  19. 小説新潮白石一文著「ひとりでパンを買いに行く日々に」第6回扉絵 - 「ふつう」って・・・なに?

    小説新潮白石一文著「ひとりでパンを買いに行く日々に」第...

  20. 小説新潮白石一文著「ひとりでパンを買いに行く日々に」第5回扉絵 - 「ふつう」って・・・なに?

    小説新潮白石一文著「ひとりでパンを買いに行く日々に」第...

    今回は、主人公の義理母が倒れたことに端を発して、家族間でのちょっとした騒動を綴ったお話になっている。ことあるごとに主人公とその妻であることりが小料理や寿司屋で、美味なる料理を食しながら話し合いをするシーンがでてくる。ことりは容姿が美しいが感情表現の薄いちょっと変わったキャラだ。

総件数:43 件

似ているタグ