綿つむぎの会のタグまとめ

綿つむぎの会」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには綿つむぎの会に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「綿つむぎの会」タグの記事(13)

  1. ゆっくりのんびり丁寧に - わたいとや

    ゆっくりのんびり丁寧に

    会といっても最近は一対一で対応している綿つむぎの会。お伝え忘れも少なく済んでいるのではないかと(汗)。質問等ございましたら、後日メールででもm(_ _)m。先日は、以前スピニングパーティでスピンドルの紡ぎ体験をされた方が、チャルカで紡ぎに。画像は、スムーズに紡ぎ終え、撚り止めした2本の手紡ぎ糸を双糸にしているところ。細めの糸だったので少し時間はかかったけど、そのおかげか、帰り際に届いたスピパ...

  2. ハンドカーダーで篠を作る動画 - わたいとや

    ハンドカーダーで篠を作る動画

    綿のカードがけ Cotton Carding糸紡ぎの動画はピンキリだけどまあいろいろ存在しているし、みんなあんまりやってないことで何か、、と思って、篠づくりの動画を公開してみました。繊維が反射して見にくいので少し暗くして撮影。スマホの縦型の動画で、特に加工もしていませんので、見にくいのはスイマセン。自分で紡ぐ篠なのでこんな感じですが、販売用や初心者用はもう少し丁寧にやってます^^

  3. スピパ2日目 - わたいとや

    スピパ2日目

    画像は1日目の全景です。2日目は割とのんびりだったかな。私は栽培関係の話ができたのがよかったです。昨年もお話できた、私と同じように綿の種を販売されている方、それに静岡で和綿を長年栽培されている岐部幡本舗の寺田さんのお話も、ほんの少し聞くことが出来ました。でも今年のスピパで一番「出会い」を感じたのは1日目。綿繰りのお試しの為だけに持ってきていた少量の綿を持って、お試し綿繰りを終え、ついでに会場...

  4. 感動した - わたいとや

    感動した

    綿好きなら知らない人はいないと思う鴨川和綿農園さん。以前発行されていた冊子『わたわたコットン』の創刊からの4冊は、私が畑をはじめた10年近く前に知人から譲り受け、当時一通り読んでいました。そしてつい先月の綿つむぎの会の際、参加者さんが『わわたネット21』の創刊号を貸してくれたのです。和綿の地方品種30以上について、栽培した経過、品種の特徴などが書いてありました。茎や花の色、実のつき方、繊維の...

  5. はじめての場所で綿つむぎの会 - わたいとや

    はじめての場所で綿つむぎの会

    いつもと違う場所、違う雰囲気。そんな今回、参加された方はお二人とも遠方から申し込んでいただいて、恐縮(嬉しい)。初体験な方は、コツをつかむのが早くてスムーズに紡げていましたし、数年前に参加されて今回二度目の方もさすがに紡ぐのは問題なし。綿繰り、篠の作り方等など細かい点を復習できたかと思います。あとはもうとにかく練習して、収穫できる予定だという綿でも糸が紡げますように^^次回の予定などについて...

  6. 綿つむぎの会+α - わたいとや

    綿つむぎの会+α

    藍の生葉染めに続いて、イレギュラーな会のお知らせです。遠方から上京される方からのリクエストがあり、今のところ参加申し込みもなかったので、次回綿つむぎの会の予定を変更しました。ただ、いつもの場所が使えず、それに伴って参加料金もいつもと違い、少しお高めになります。それだけではあんまりなので、内容も少し変更して、いつもの綿の実ひとつのちょこっと体験より多めの綿を使って、綛上げや撚り止めまでしっかり...

  7. 綿つむぎの会と藍生葉染め - わたいとや

    綿つむぎの会と藍生葉染め

    綿つむぎの会+生葉染め体験でした。画像左が、お試し染めの時の私の糸で、今回重ね染めした糸。これはまだ湿った状態で、乾いたのが、2枚目の画像です。他の4本が、今回の参加者さんの手紡ぎ綿糸。双糸だったり、強撚だったりといろいろな糸でしたが、水色というよりは、ぎりぎり青といっていいくらいに染まったかと。綛を作った時のウールのひびろ糸や、たまねぎの皮で染められたひびろ糸(右)などの染まり具合も面白か...

  8. 8/17綿つむぎの会+α の予定 - わたいとや

    8/17綿つむぎの会+α の予定

    綿つむぎの会をいつも通り行い、その後、手紡ぎした綿の糸を撚り止め→藍の生葉で染めようと考えています。少量の綿を紡いで、綛上げ、撚り止め、染色。糸も少し、染めも少しのお試し体験です。通常料金+1000円。参加者3名以上から催行予定で定員5名です。生葉染めの方法も、紡ぎと同じ、人それぞれいろいろあるようですが、私はいつも塩のみで染めていたので、今回もその方法で。水をあまり混ぜないので、比較的濃く...

  9. 番手と太さ - わたいとや

    番手と太さ

    画像の篠綿はどれも2.5g。糸に見立てて番手を出すとどちらも同じ番手。番手についてはアヴリルさんのこちらのページがわかりやすいかと思います。番手は糸の太さを表すという説明も見聞きしますが、手紡ぎ糸はそう単純ではないということがよくわかるかと思います。直接触って感触、手応え、弾力を感じたらもっと確実。最近綿つむぎの会に初参加された方に、紡ぎ比べてみてねと、この篠をお渡ししています。繊維の引き出...

  10. 綿つむぎの会・直近の開催予定 - わたいとや

    綿つむぎの会・直近の開催予定

    <2018.3.23更新>(一週間前までに2~3名希望がなければ中止です)4月8日(日)13時半~15時半開催未定4月18日(水)9時半~11時半開催決定定員になりました18日は現在定員を締め切っていますが、今後、参加者さんのご都合による変更などもあるかもしれません。随時更新しますので、この記事を確認いただければと思いますm(_ _)m。参加希望の方は「綿つむぎの会について」の記事をお読みに...

  11. チャルカとか藍とか日本蜜蜂とか - わたいとや

    チャルカとか藍とか日本蜜蜂とか

    そんなお話をしながら、今日の綿つむぎの会の時間は楽しく過ぎていきました!前回スムーズに紡げるようになってこられた方は、今日はチャルカを体験。すでにスピンドルで紡ぐ感覚をつかんでいるので、チャルカの操作に慣れてしまえば、すぐにスムーズに紡げるようになりました。本日初体験の方も、無事に双糸までできあがって、記念撮影。感覚をつかんで、体に覚えこませるまで、たくさん練習を続けられますように。次回2月...

  12. 感覚をつかむ - わたいとや

    感覚をつかむ

    今日で3回目の参加の方が、スムーズに紡げるようになっていました。2回目までは、撚りをかけ過ぎて篠から引き出せなくなったり、逆に撚りが弱すぎて細ーくなったりということもありましたが、その試行錯誤が必要だったのだと思います。沢山練習されて、加減が判ってきたというようなことをおっしゃっていました。諦めずに続けられて、紡ぐ感覚を掴めて、本当によかったです。まずは糸紡ぎに集中するためにと、シート綿を少...

  13. 初・綿つむぎ記念 - わたいとや

    初・綿つむぎ記念

    今日の綿つむぎの会にご参加の方は、みなさんほぼ初心者でした。でも、スピパでキットを購入くださっていたり、事前にいろいろ調べるなどされていて、比較的スムーズに双糸にするまで進みました。以前から、一番初めに紡いだ糸は記念にとっておこうという提案だけは所々でしていたのですが、今回初めて実際に画像のようにして頂きました。このまま日付を記入して残しておきやすいように。あまり費用をかけずにと考え、このよ...

総件数:13 件

似ているタグ