緑内障のタグまとめ

緑内障」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには緑内障に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「緑内障」タグの記事(15)

  1. 【緑内障と眼圧と高血圧】 - お散歩アルバム・・まぶしい夏空

    【緑内障と眼圧と高血圧】

    緑内障は視野が欠けていきそのままにしておくと失明する厄介な目の病気です。日本での中途失明の原因の一位に当たる怖い病気だそうです。変な貧血に悩まされた私の父は65歳頃だったか、目が見えにくいというので眼科を受信すると、とんでもない高眼圧で、すぐさま大きな病院に行くように勧められ、結局その後何回も手術をしましたが、甲斐なくて片目は失明しました。こういう病気は遺伝性があるから、親に出た時は子どもも...

  2. 第13回 眼科治療を語る会 その3(1074) - 小さな眼科クリニック@城北公園(竹内眼科医院)

    第13回 眼科治療を語る会 その3(1074)

    ネジリバナ 今年も健在1. MIGS成績と術後眼圧上昇 山岸和矢 最小の侵襲で眼圧を安全に下げる手術へ・・・。本当にできるのだろうか。安全な手術だと眼圧下降幅は限定的だし、眼圧を大幅に下げようとすれば、失うものも大きい危険な手術になりかねない。ただ、きれいなblebができて、何年も経過している眼をみると、やはり濾過手術でないと視機能を守ることはできない気もするが、そこまで辿り着けなか...

  3. 第13回 眼科治療を語る会 その2(1073) - 小さな眼科クリニック@城北公園(竹内眼科医院)

    第13回 眼科治療を語る会 その2(1073)

    ステロイドによる眼圧上昇 三木弘彦 先日、同門会でお見かけしなかったので、少し心配してましたが、三木先生は、私の心配など杞憂とばかりにアクセル全快で、一気に三木ワールドへ・・・心配して損したなあ・・・(^^)今回の三木先生のお話は、ステロイドによる眼圧上昇について。ステロイド緑内障と言わないところがミソ?我々は、ステロイド点眼による眼圧上昇に気をつける必要がある。それはときに訴訟に発展するこ...

  4. 第13回 眼科治療を語る会 その1(1072) - 小さな眼科クリニック@城北公園(竹内眼科医院)

    第13回 眼科治療を語る会 その1(1072)

    腰痛抱えての長谷寺はキツイ・・仲間内でやっている緑内障中心の眼科勉強会も、13回目となりました。湖崎先生のおかげです。仲間内なので、言いたい放題?ただ、言いっぱなしでは、意味がないので、ちょっと復習してみました。 第13回 眼科治療を語る会2018年6月2日 1. ファイザー製品紹介:ザライーズ確かに点眼は難しい。自分自身の事で言えば、頚椎に問題があるのか、上を向いた状態の維持は結...

  5. 再診 - 緑内障の日記

    再診

    先回の診察で眼圧が少し高めであるとか、視野の不安定なことを心配して昨日2018年5月25日の診察となった。眼圧は8・10で安定視力は1,2眼底検査 良いまた8ヵ月先の診察となった。

  6. PF点眼発売15周年記念学術講演会 その2 (1062) - 小さな眼科クリニック@城北公園(竹内眼科医院)

    PF点眼発売15周年記念学術講演会 その2 (1062)

    まだまだウグイスは元気に鳴いてます(^o^)点眼治療中の緑内障における眼表面障害への対応 京都府立医大 横井則彦横井先生の話は、もう何度も聴いているが、いつも少し難しい。 眼表面の構造と機能角膜上皮は、バリアがしっかりしていて上皮で問題が・・、結膜はリーキーで結膜下で問題が・・。涙液は、一応3層構造で、表層から油層・液層・ムチン層とされるが、液層は分泌型ムチン含むゲル状態で、ムチン層とは、上...

  7. 緑内障予防も歩くのが大事? - 演劇生活しちゃってます。Miyuki's Blog

    緑内障予防も歩くのが大事?

    かかりつけの眼科定期健診。以前から緑内障の疑いがあるってことで寝る前に目薬をさしている。今日も眼圧や視力の検査。視力はぼやけながらも眼鏡をかければ1.0前後。もちろん眼鏡なしだとほとんど見えない。今日は目の画像撮影もあって検査のあとの診察では「今日はちょっと違う検査をしてみました」ということだったらしい。「網膜の厚さは生まれたときは100なんですが、上74、下42ですから、やはり薄くなってい...

  8. 10年間無治療で変化なし - 河野眼科Q&Aブログ

    10年間無治療で変化なし

    Q 10年前に眼科で視神経乳頭陥凹拡大と診断されました。当時の眼科医には緑内障の疑いがあるので検査しますと言われ、視野検査と眼圧検査をその日に行いました。 結果は異常なしでしたが、定期的に通院してくださいということで3ヶ月に1回の眼圧検査と半年に1回の視野検査を続け、これまで10年間通院してきました。ちなみに4年前からからoctを使った検査もしています。そして今年で検査を始めて10年になる...

  9. 第122回 日本眼科学会総会 その7  シンポジウム3 (1054) - 小さな眼科クリニック@城北公園(竹内眼科医院)

    第122回 日本眼科学会総会 その7 シンポジウム3...

    シンポジウム 3緑内障性視神経症の発症機序のなぞを解く※私にとっては、難しい話の連続で謎は深まるばかり^^;S03-1 緑内障性視神経症における軸索障害 三宅 誠司(福井大)軸索流が止まると細胞死に。生体内での軸索障害は?(難しい話でついていけない・・)篩状板での機械的障害?ただ、ラビットやマウスの篩状板はglial lamina。それでもここで障害発生する。眼圧上昇による軸索流障害は、組成...

  10. 第122回 日本眼科学会総会 その7  一般講演 緑内障 (1052) - 小さな眼科クリニック@城北公園(竹内眼科医院)

    第122回 日本眼科学会総会 その7 一般講演 緑内...

    寒冷紗の下で旨味蓄積中?O1-026 急性閉塞隅角症眼と短眼軸長眼の前眼部構造の比較 清水 有紀子(ツカザキ病院眼科)  そもそも、どうやって症例をチョイスしたのかというのが気になる。急性発作眼はわかるが、発作未発症の短眼軸眼には、将来発作に至る眼とそうはならない眼が含まれている筈。また急性発作眼の発作中に検査したようで、発作の影響...

  11. 第122回 日本眼科学会総会 その6 一般講演 緑内障 (1051) - 小さな眼科クリニック@城北公園(竹内眼科医院)

    第122回 日本眼科学会総会 その6 一般講演 緑内障...

    O-021深層学習を利用した眼底写真による緑内障自動スクリーニングアルゴリズム開発 朝岡 亮(東大)今回は、眼底写真の中の、視神経周囲を切り取って、自動的に視神経乳頭周囲を描かせた上で、深層学習を利用した緑内障診断をさせようという試み。これで、3-5年の眼科専修医(この人達のレベルがよくわかりませんが・・・)よりは、少し上の能力らしいです。将来的には、写真とって、あとは自動診断なのかなあ・・...

  12. 第122回 日本眼科学会総会 その5 一般講演 緑内障 (1050) - 小さな眼科クリニック@城北公園(竹内眼科医院)

    第122回 日本眼科学会総会 その5 一般講演 緑内障...

    ヒメコバンソウかな?イネ科雑草最盛期・・O1-018Swept-source OCT En-face 画像と中心窩閾値・網膜内層厚との関連 飯川龍(新潟大)個人的に最近ハマってる手法のひとつ。もう少しパソコンの能力が高くて、処理時間が短かくて、自動でやってくれたら、トプコンをもっと褒めて上げるのですが。この方法を診察の合間に、チャチャッとするのは、かなり面倒ですが、En-face画像を見ない...

  13. 第122回 日本眼科学会総会 その4 一般講演 緑内障 (1049) - 小さな眼科クリニック@城北公園(竹内眼科医院)

    第122回 日本眼科学会総会 その4 一般講演 緑内障...

    タイムもちょっと年とったかなあ・・久しぶりの日本眼科学会総会。今回は、大阪だし、高橋寛二先生が評議員指名講演をされるので、欠席はありえないのです。と言っても、緑内障以外の話は、面白くないというか、理解出来ない確率が高くなるので、とりあえず10階の緑内障部屋へ・・ 一般講演緑内障:画像1O1-016前向き観察研究における原発開放隅角緑内障の乳頭出血の再発に関する検討 大久保真司 金沢大 、Sv...

  14. 再診 - 緑内障の日記

    再診

    8か月振りに診察!!前回の診察の時は視野欠損が少し進行していました。今回は視野の検査の結果は、日によって見えたり見えなかったり変化しているという説明でした?また眼圧は、今までより高く13・14mmHg高くなっていました。結果5月25日後発白内障または眼圧が高くなったことについても診察をうけることになりなりました。(眼底検査)Drの交替があるので病歴を前回8カ月前の結果のみ見ておられるので、折...

  15. 初めて受けたスピリチュアル・カウンセリングと、そのクリーニング (ホ・オポノポノ) - K's Blog

    初めて受けたスピリチュアル・カウンセリングと、そのクリ...

    私が初めてスピリチュアル・カウンセリングを受けたのは、今から13年ほど前の2005年です。それまで全くスピリチュアルなこととは縁のない生活を送っていたのですが、このカウンセリングを受ける1年前(2004年)に緑内障という目の病気が見つかったことをきっかけに、自然療法やスピリチュアルなこと興味を持つようになりました。私がお世話になっている緑内障の専門医の先生は、当時開業されたばかりで、患者さん...

1 - 15 / 総件数:15 件

似ているタグ