縁のタグまとめ

」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには縁に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「縁」タグの記事(58)

  1. 鎌倉心景「ご縁」 - 海の古書店

    鎌倉心景「ご縁」

    昨日も青空の美しい1日でした。鎌倉宮の緑は凛として美しくて。アトリエ・キカへ出かける前に、オーダーいただいた香りのお仕事。リピートしていただけるのがとても嬉しい。ありがとうございました。そして、もう一つ香りのお仕事。ペコラコーヒーもおかげさまでリピートしてのオーダーをいただけるようになりました。味わっていただけて、お気に召していただける。とても幸せなことです。佐助珈琲倶楽部みんなで暑い夏を捧...

  2. もったいない - Kinoukarakaze

    もったいない

    もったいないもったいないせっかく声をかけられたのに即答で断るのはもったいない。普段の自分では絶対に選ばないこと、出会えないことに出逢えるチャンスだというのに見えない何かに怖気づいて断るってもったいない。見えない何かに、って自分自身なんですけどね。でも、まあ、そういう人に限って、自分評価高すぎて不平不満ばかり言ってる人だったりするんでけど。そのふ人自身、私は拒否はしないけど、共感もしないし、理...

  3. 夫さんがいつの間にか法定相続人になっていた!(五) - 今日だけを生きて

    夫さんがいつの間にか法定相続人になっていた!(五)

    昨日でこの連載は一旦休止にするつもりだったのだけど、さっそく新展開があって続編を書かなくてはならなくなった。申述書を提出した翌日の23日(金)、再び裁判所から封書が届いた。今度は何?と身構えながら開封してみると、「回答書」だった。回答書とは申述書を提出した人に後日、確認のため送られてくるもので、本人が記入、押印して返信用封筒に入れて郵送するようになっている。ネットで調べた時、4日~1週間後ぐ...

  4. 札幌を懐かしむ - 自分遺産

    札幌を懐かしむ

    約4年振りに札幌に仕事で訪れた。独りの仕事だったので、終えた後、昔住んでたところなど行ってみた。平岸駅前は大きく報道されたスプレー爆発事故があったところは更地のままだったのは当然変わった風景だった。住んでたマンションやよく行ったコインランドリーやラーメン屋はほとんど変わっていなかった。そう時間が流れたことを除けば…。すすきのの飲み屋さんにも出かけた。もろはくさんはさすがの安定感で、晴れる屋さ...

  5. 本が繋いでくれるもの「るーちゃんの部屋」 - 海の古書店

    本が繋いでくれるもの「るーちゃんの部屋」

    夏になると思い出す島があります。トーベ・ヤンソンが夏を過ごした島です。開く雑誌はクウネルの2007年1月1日号。鈴木るみこさんと高橋ヨーコさんが訪ねたその島の特集です。少し前のことになりますが、静岡からNさんがお見えになり、ブンブンさんでお目にかかりました。Nさんは鈴木さんの幼馴染み、交換日記もなさっていらしたほどお親しかった方。春のブンブンさんのイベントで鈴木さんの本のコーナーをお作りした...

  6. 渋谷で雨宿り純米酒をおともに - 自分遺産

    渋谷で雨宿り純米酒をおともに

    5月の終わりに夕方からの外部セミナーを渋谷で受けた。夜、ビルを出たら小雨だった雨が本降りになって、どこかで雨宿りをしようと思った。駅からほとんど歩かないところに良さげなお店を見つけた。「純米酒専門YATA渋谷店」立ち飲みの日本酒バーだ。時間制の飲み放題メニューがあり、それを選んで、燗酒を飲んだ。ビルの5階で外の雨も忘れる雰囲気のあるバーで気持ちよく燗酒が飲めて、時間が来た時に雨もほとんど止ん...

  7. 雨上がりの夜空に - 世界はぜーんぶ星座通りにできている♪

    雨上がりの夜空に

    この雨にやられてエンジンいかれちまったおいらのポンコツとうとうつぶれちまったby 雨上がりの夜空に路上に雨ざらしで放置していた、もう動かないと思った愛車がまだ動いていたという感動を、忌野清志郎さんは歌にした。そして意外なほどに長い不遇時代を経て、RCサクセションは清志郎さんが29歳(出生時の土星にトランジットの土星が戻ったサターンリターン)の時、「雨上がりの夜空に」のイントロとともに突如ブレ...

  8. ニューヨークのアメリカ人 - 或る定年退職者の日常超雑記

    ニューヨークのアメリカ人

    ニューヨーク出張の最終日。ホテル地下1階のバーで私は一人で飲んでいた。私以外に客はもう一人。年齢は私より少し若い気さくそうな男で、目が合うと隣に移ってきて雑談となった。キャリアを聞いて驚いた。世界最大のIT企業の取締役、まだ36歳だそうだ。私たちはすぐ打ち解けてよもやま話をした。中学生の頃から私はアメリカ(人)大好き人間だった。(子供のころにはアメリカ人は恐怖の対象だった。祖母に進駐軍の兵...

  9. ご縁の種をまく - Miwaの優しく楽しく☆

    ご縁の種をまく

    良いご縁というのは。。。やっぱり人がもたらすもの。だから、毎日人の愚痴や悪口を言っていると。。。違うご縁ばかりがやってまいります(-"-)それじゃ、困りますねぇ^_^;ここ最近、いろんなところで注目を戴いたり思わぬ方と、普通では絶対にいけないようなところに連れていって戴いたりすごい方とお目にかかったりして。。。とっても面白い毎日を過ごしております。後でしみじみ思い返してみても人との...

  10. 代謝離 - 自分遺産

    代謝離

    ツイッターを読んでいたら素敵な記事が紹介されていた。「男のひといき」という読者のメールを掲載したものらしい。結婚して62年一緒にいた妻に先立たれた男性が妻の衣服の整理をしながら思ったことが綴られている。寂しさを吹っ切り、袋に入れる衣装に感謝する「感謝離」という言葉を思いつく。さらに、かなり着込んだパジャマをみて、天国で新しいものを買いに行こうと「代謝離」という言葉が浮かぶ。このことで男性の気...

  11. 上方日本酒ワールドを満喫して - 自分遺産

    上方日本酒ワールドを満喫して

    顔がすっかり黒く焼けてしまった。今年はGWに高校の同窓会があり、その前の日にこのイベントがあるから参加することにした。北海道の二世古さんから伺ったのは、この会のチケットを札幌の日本酒バーもろはくの浜口さんにご用意いただいたから。私が札幌を離れて3年半が過ぎたが変わらず接してくださり感謝感謝である。今回は弟と回ったので、ほとんどのブースのお酒を飲んだ。燗酒ばかりなので楽しくて仕方がない。天気が...

  12. 渋谷の三品で竹鶴飲み比べ - 自分遺産

    渋谷の三品で竹鶴飲み比べ

    GW に「カンパイ」という映画を一人で観たので、その後、渋谷で昼酒としゃれこんだ。純米狂のtakezoさんがブログに上げていたお店がこの連休でも昼からやっていたのでおじゃますることにした。純米酒三品さん。渋谷の街中にあるがわかっていないとなかなかあの階段は降りないというところにあった。ツイッターでみたら、昼定食をやっていて、「女将の日本酒勉強の日」でもあるので、それにのっかかることにした。フ...

  13. 名刺 - Miwaの優しく楽しく☆

    名刺

    新しい名刺が出来上がってきました(^v^)。吉日に入稿して吉日にやってきた~~!!!(偶然)もちろん自分で描いた花文字なんですが・・・こちらの面、裏なんです(笑)。なんか裏の方が目立っておりまして。。(^^ゞでも、これも色々と考えて。最初入れる文字を「福」にしようかと思ったんです。風水っぽく。でもなんとなく「縁」に。考えてみれば名刺は縁を紡ぐもの。自分の中ではこの「縁」というのがしっくりきた...

  14. キティちゃんがユーチューバーに - 自分遺産

    キティちゃんがユーチューバーに

    ぱるること島崎遥香さんが以前ハマったことでYouTubeでキティちゃんの動画が面白かったと言っていた。キティちゃんと誕生日が同じな私は気になってYouTubeを観てみた。自己紹介の動画だったが5分もの。キティが念願のYouTubeデビュー!仕事を選ばないと言われていたキティの本音トークが炸裂。はっちゃけていた動画で面白かった。ちょっと気分転換するのにいいと思う。なんとガンダムとの共演もある。...

  15. 離れてみてわかる事一緒にいてわかる事 - Miwaの優しく楽しく☆

    離れてみてわかる事一緒にいてわかる事

    やっと東京に帰ってまいりました(笑)。最近は10日間ぐらい家を離れていたことがない事にも気が付きました。東京に戻ってきて家の近くで車を降りた時に何とも素晴らしい花の香りで思わず心がうっとりとしました。皆さん、東京は今花の香りに包まれているんですよ(笑)。当たり前のように東京に居たらあまり気づかなかったかもしれません。地方にいてそして帰ってきたからわかる。なんて素敵な季節なんでしょうねぇ。そし...

  16. 燗酒を切らさないために - 自分遺産

    燗酒を切らさないために

    一通り、家のお酒が切れたので、鳥取の酒屋さんに久しぶりに発注をかけた。燗酒を家で切らしたくないので4本頼んだ。せっかくだから、中国地方のお酒にする。並べただけで楽しい。届いた日、早速竹鶴を飲んだがうまい。いいなぁと思う。もうすぐ春だけど燗酒が楽しい。(この記事を最初に書いてからしばらく経っているが、当然全部燗にして飲んだ。桜は散ったけど燗酒はやっぱり楽しい。)

  17. 祖母と母と私と - 或る定年退職者の日常超雑記

    祖母と母と私と

    私の生まれた日というか、誕生日の少し前の話である。その日、母は耐えられないほど気分が悪く、下腹が重く、痛くて我慢出来なかったので、内科と産科婦人科を専門とする近所の医者に診てもらったところ、「お腹に出来物が出来ているから、大きくならないうちにソーハしましょう、簡単ですよ」と言われたらしい。しかし、あまりの苦しさに母は(医者の言う)簡単な手術さえ受ける気がせず、「明日お願いいたします」とだけ...

  18. ビブリア古書堂の事件手帳7 - 自分遺産

    ビブリア古書堂の事件手帳7

    テレビ、アニメ、実写映画となっているので知られたミステリの『ビブリア古書堂の事件手帳』(三上延著、メディアワークス文庫)の7巻を読了した。この本の第1作を読んだ後にエントリーをあげている。『ビブリア古書堂の事件手帖』は爽やかな読後感それは2011年のことで第7巻が出たのが2017年だったので毎年1冊出ていたわけだ。私自体は出てすぐ読んだわけでなく、どちらかというと読みたい本が見当たらない時の...

  19. 三が日明けの日本酒 - 自分遺産

    三が日明けの日本酒

    今年の正月は快調にお酒を飲んだ。ちょっと足らないかなと思っていたら、押入れからひこ孫大吟醸が出てきた。3年ほど前の頂き物だが安定のおいしさ。これをガブガブ飲むのはもったいないと思い、地元の酒屋に出かけた。物色していたら、川鶴のひやおろしを見つけた。さぬきよいまいのお酒なので購入。冷でも燗でも旨味があっておいしい。松の内が過ぎても快調に飲めそうだ。

  20. 2018年末の外飲みその2 - 自分遺産

    2018年末の外飲みその2

    今年も恒例のアメ横買い出しを晦日にした。ただ、今年はふるさと納税の返礼品と地元の買い物で、ここで買うものが少なくなった。海老の鬼殻焼きの佃煮、かまぼこ、漬物、うさぎやさんのどら焼きってところ。その後、湯島天神にお参りをしたが、ここが一番列が長かった。ここまでで昼の時間になったが、食事ではなく、久しぶりにこの時間に営業している壺中さんで少しだけ飲んだ。辯天娘をいただいたが熟成したものは初めてで...

総件数:58 件

似ているタグ