織部のタグまとめ

織部」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには織部に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「織部」タグの記事(42)

  1. 美濃織部釉★テストピースの結果 - 月夜飛行船

    美濃織部釉★テストピースの結果

    炭化してしまった美濃織部釉をもう一度試すための テストピース を入れた今回の本焼き 。:*+゜゜+*:.。.*:+★結果は★。:*+゜゜+*:.。.*:+ なんと(゜ロ゜ノ)ノ 上段が炭化 中段はきれいに発色 下段まあまあ・・でも少し薄めかな ということでした(*゜▽゜ノノ゛☆ これでこの次からの窯入れの場所を中段ぐらいにすれば 何と...

  2. 揃った織部市松大皿に★お節 - 月夜飛行船

    揃った織部市松大皿に★お節

    前回のお正月にはまだ一つしかなかった織部市松大皿 今回ようやく家族分が揃いました 伝統的な日本のお節を置いてシックな織部に・・などと言ってたのに そういえば我家は家族全員所謂お節があまり好きじゃなかった( ´艸`) 大好きな数の子栗きんとん 好きじゃない田作りの代わりに胡桃小女子 嫌いだけど縁起物で黒豆を 袋から出したり切ったりするだけのものを盛り付けていたら 市松の...

  3. 釉掛け★美濃織部テストピース - 月夜飛行船

    釉掛け★美濃織部テストピース

    前回の窯出しでガッカリだった美濃織部釉 窯の中の棚板の場所によって焼き上がりが違うのでは? テストピースでもう一度試してみては? という意見を頂いたのでやってみることにしました 溶いたばかりでザラツキが目立っていた前回の釉掛けに比べて なんだかとてもなめらかになっていて・・・ う~ん今回のはうまく行くかもo(゜∇゜*o)(o*゜∇゜)oな予感 水に溶かした状態でしばらく保存していた間...

  4. 角皿釉掛け★赤織部とまた新しい織部 - 月夜飛行船

    角皿釉掛け★赤織部とまた新しい織部

    角皿11枚のうちまだ釉掛けが終わってなかった3枚には 例の赤い織部を掛けることにしました 釉粒ができないように濾し網を買う前にふと浮かんだアイデアが キッチンのシンクのゴミ受けにセットするやわらかいネット( ̄∀ ̄*) 保存容器から釉掛け用の大きい容器に移すときにネットで受け 濾しきれずダマダマになってるのは スクレーパーを大容器の側面に押し付けてつぶしながら入れました ほぼ100%濾さ...

  5. 釉掛け★美濃織部 - 月夜飛行船

    釉掛け★美濃織部

    新しく織部釉を買いました 鮮やかな緑色になる流れない織部というのはないそうなので サンプルの色と焼成適温などを見て とりあえず一番明るく深い緑になりそうなのを1kg注文 粉の塊がたくさん残っているのをつぶして滑らかにするのに とても時間がかかりました 本当は目の細かい網で濾せばいいのだけど網がない ――栗きんとん用の濾し網を使う? と一瞬考えたけどやめておきました 後でどんなに洗っ...

  6. 角皿釉掛け★織部と黄瀬戸 - 月夜飛行船

    角皿釉掛け★織部と黄瀬戸

    赤い織部と緑釉を部分的に重ね掛けした丸浅鉢 赤い織部の方が焼成中に飴のように流れて棚板にくっついていました 棚板が剥離剤処理してあったので事なきを得ましたが 普通に掛けてもまた流れそうなので 今回この釉薬は側面には掛けないことにして マスキングテープでカバーしておきました 表面の一部もマスキング(➡後で黄瀬戸を掛ける予定) 掛けたてホヤホヤ この釉薬 ち...

  7. ヘビロテ必至のうつわ - handvaerker ~365 days of Nantucket Basket~

    ヘビロテ必至のうつわ

    今回の旅で、今まで、うちにはないうつわを連れ帰った。どちらも、ヘビロテ必至。今まで、織部焼に魅力を感じていなかった。織部といえばへうげもの、奇をてらいすぎた感があった。だが、今回の旅で、虎渓山の緑や多治見の土の色を見ていると、この色合いはこの土地だからこそなのだとわかる。また、大胆な構図は、たくさんのうつわを愛でてきた彼だからこそ生み出せたものなのだろう。いくつも見ているうちに、惹かれていき...

  8. 織部の飯碗 - 雑貨な日々

    織部の飯碗

    きょうの雑貨はおいしい新米が食べたくなる「織部の飯碗」をご紹介しております詳しくはこちらで!。。。。。。。。。。europe saloonhomepage■TOPヨーロッパ さるん へのアクセスはこちらからどうぞ-■zakka today毎日雑貨を紹介しております-■zakka list紹介した雑貨をリストアップしてあります-■net shoppingご希望の商品を購入できます-■photo...

  9. 織部に巨峰・・・ - 花のえ窯日記

    織部に巨峰・・・

    織部の鉢に大好きな巨峰を入れましたゾクゾクしますまた器を作りたくなりますね段々涼しくなってきたので又自分のための器作りを考えてみようかしらん・・なんて思ったりしています昨日一昨日とある器屋さんのオンラインショップを見ていて(藤田佳三さんの器)お茶碗が1個4000円・・5個で20000円・・お高いですよねぇ20000円あれば2窯焼けるんですそれもお茶碗何十個って焼く元気があればですけれど・・藤...

  10. 織部市松大皿★本焼き窯出し - 月夜飛行船

    織部市松大皿★本焼き窯出し

    いつもなら午前中に行く本焼き窯出しに 昨日は夕方行きました それでもまだまだ温度が高くて 軍手をはめていてもアッチッチγ(▽´ )ツヾ( `▽)ゞ 夏場はなかなか窯が冷めません 25×25cm 家族分のお節用大皿を作り始めてからかれこれ1年と数か月 今回の2枚でようやく全員分が揃いました が よく見るとこちら 立ち上げた縁の4辺とも内側に向かってたわんでいます これはた...

  11. 陶芸★お喋りクラブ - 月夜飛行船

    陶芸★お喋りクラブ

    昨日はお喋り陶芸クラブでした 赤い織部釉が失敗だったので 市松の緑の部分はクラブの緑釉を塗ることにして 既に塗り終えた白マットが剥れないよう細心の注意を払って梱包し 自転車で運びました 平積みにしないで立てて行ったのが功を奏したのか 釉剥れもなく無事に到着 黙々と筆掛けをしました 時々聞こえてくる会話や言葉=旅行南米マチュピチュJAL 畑もみ殻保温黒いビニールシート雑草除草剤などなど・・...

  12. 赤い織部は失敗だった(ノ_-;) - 月夜飛行船

    赤い織部は失敗だった(ノ_-;)

    今回使った織部釉は2種類 ――1つはこの緑釉 絵の具の色で言えば★ふかみどり★でしょうか あまり透明感のない緑です 筆掛けにして少し筆跡を残しました こちらは↑の緑釉と先日信楽で購入してきた赤い織部を 重ね浸し掛けにしたものです 赤い織部(手前)の方は器の外側が流れて棚板を汚し 緑釉と重なった部分はブク(気泡)が出ていました 赤い織部そのものの色はきれいなのですが・・・残念 ...

  13. 山本一仁さんの織部長角皿が入荷しました - くわみつの和み時間

    山本一仁さんの織部長角皿が入荷しました

    織部長角皿¥3024山本一仁さんの織部長角皿が入荷しました。山本さんの作品の特徴でもある深い緑!お料理を一層引き立ててくれます。お料理を少しずつもっても素敵ですね!お買い求めはこちらから↓http://xc522.eccart.jp/c528/item_detail/itemCode,yamamoto-h001/

  14. お菓子を・・・ - 花のえ窯日記

    お菓子を・・・

    お菓子をどうぞ・・・などとこんなブログを書いている私は幸せ者なのだと感じます

  15. 白でした・・・ - 花のえ窯日記

    白でした・・・

    白いホタルブクロでした嬉しい!!!数年前に浜松の友人に送ってもらったものです気まぐれで毎年咲いてくれませんことしはおりこうさん!八重のドクダミですたかがドクダミされどドクダミ・・って感じでしょうか素敵なんです白のついでに去年のラッキョウですが織部の小さな片口に入れてUPしてみました今年は5キロ漬けました自分の器を見ているといいなあって思ったりもします(笑)今日のお昼でしたトーストトマトジュー...

  16. 織部角皿★桜の印花 - 月夜飛行船

    織部角皿★桜の印花

    角皿ってあんまり使わないよね~と友達とよく言ってたのだけど この頃そうでもないです 結構ちょくちょく使うようになったので これと同じようなのを 何枚か作ることにしました 先日届いた🌸桜の印花🌸を駆使して(= ̄∇ ̄=)

  17. 陶芸クラブで釉掛け★初めて雨に降られました - 月夜飛行船

    陶芸クラブで釉掛け★初めて雨に降られました

    二度としないだろうと思っていた陶芸を再開↓してほぼ1年 最初の頃のぎこちなさや戸惑いもなくなり 20年のブランクもなかったかのようにすっかり馴染んでいます 今日は丸浅鉢に緑釉(マットなグリーン)を重ね掛けしようと 容器の底に溜まった釉の塊を粉砕するのに3時間・・(´ロ`ノ)ノ 他の作業も色々やりながらでしたが それにしても3時間もバール(金梃)と格闘していたのでした 根性と忍耐でよ...

  18. 赤い織部★釉掛け - 月夜飛行船

    赤い織部★釉掛け

    先日信楽で買ってきた織部釉の原液の色は赤でした 容器ごと振ってよく混ぜ溶かし・・たつもりだったのに混ざってなかったようで 粉っぽくなくて塗りやすいわ~と思いながら筆で重ね塗りしました 後で他の容器に移し替えてしっかり混ぜ直してから 丸浅鉢を浸し掛けしたときの液はかなり濃いめで厚掛けになりました ↑これに緑釉を重ね掛けする予定 艶あり織部+艶なしの濃い織部→重なった部分は黒っぽくなる予想で...

  19. 織部市松大皿に盛りつける - 月夜飛行船

    織部市松大皿に盛りつける

    田作りも黒豆も結び昆布も嫌いで 栗きんとんと数の子さえあれば他は何もいらないという家族なので 盛り付けもこんな感じにしようかな~ 盛り付け予定図 と思っていたけどあまりにも不毛なので 「テキトーにそこらへんにあるものを盛り付けといて」と息子に命令 でそんな時に限って 「いたしません!」とか(Dr.Xの声真似で)言うのよね笑 品数が足りない!などと言いながらもなんとか盛り付け完成 ...

  20. 2016黒織部 - 誇張する陶芸家の雑念

    2016黒織部

    あけましておめでとうございます。今年もよろしくおねがいします。娘が茶道部の部長をしていますので家でしゃかしゃか薄茶をたててくれます。くつがたの茶碗を作るのは難しいです。

総件数:42 件

似ているタグ