罪のタグまとめ

」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには罪に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「罪」タグの記事(4)

  1. 法廷の夢 - テファニーコジマコージマ

    法廷の夢

    キリストに添加されただからキリストは最後のアダムと言うんです。最初のアダムの罪が僕の上に乗っかったのに最後のアダムの方にその罪が戻されたんだよだから私たちは木とされたんでそれが法定のイメージです。嫌だよね法廷に行く被告人はねいよいよ裁判が終わって決心の日被告人前に進み出るように言ってよ香里奈ドラマ世界ではい主文被告人は無罪と言われてる自分が一番驚いて何でですかイエスキリストがあなたのためにそ...

  2. あなたもそこにいたのか - イエスと共に

    あなたもそこにいたのか

    今の私の最大の関心事は「わたしもそこにいたのか?」である。讃美歌に「あなたもそこにいたのか、主が十字架についたときああ、いま思いだすと深い深い罪にわたしはふるえてくる」(讃美歌21306日本基督教団出版局)とある。水曜日の祈祷会でマタイ26章1節から5節を読んだ。「二日後は過越祭である。人の子は十字架につけられるために引き渡される。」イエスさまのこの言葉から「私たちは主を十字架につけて殺す存...

  3. 89. おじさんの様子(3) - 霊能ばあばの体験記

    89. おじさんの様子(3)

    11/1 おじさんは皇族のご成婚式の時の姿のまま、今は子供の霊達を引き連れている。 11/7 子供の霊達を引き連れて、今迄よりももっと静かに進んでいる。 11/9 おじさんの姿と霊ちゃん達が少しずつ小さくなって遠くに行ってる様です。 11/10 全体にもやが掛かった様になっていてハッキリした状況が分らない。 11/13 相変わらずモヤが掛かっているけど、少し明るい処に出た様だ。 1...

  4. 自我の覚醒とエゴイズム -  ヨハネ.diary @「天運到来」

    自我の覚醒とエゴイズム

    多様化した現代にあって共同主観という概念で護送船団的な国家が崩される程個人主義が尊重されています。日本において激しく西洋化した明治時代にその象徴として鋭くエゴイズムの問題と真っ向から取り組んだ人文豪、夏目漱石があげられると思います。人間の奥底にある避けられない根源的罪として展開された「こころ」にはその揺れ動く心情と自己との葛藤がえぐられています。自分自身がその境遇におかれた時、「先生」のよう...

総件数:4 件

似ているタグ