美味しいのタグまとめ

美味しい」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには美味しいに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「美味しい」タグの記事(144)

  1. うらやましい - アデレードの片隅で2

    うらやましい

    最近、他の人のブログを読んでて思う、、、なんてうらやましいんだ!!!日本のブログには、お盆に帰省先で食べたご馳走の写真を載せてる人が多い。そんで、海外在住の人のブログは、特にヨーロッパに住んでる人は最近までホリデーだった人が多く、たまたま行った先で美味しい日本料理を堪能し、その写真をブログにアップしてる人がこれまた多い。もうね、無性に食べたくなったね、日本料理!!!ということで、木曜にマーケ...

  2. ルート・ワン「ピノ・ノワール」2014 - ざっかラボ九隆庵 創作事情

    ルート・ワン「ピノ・ノワール」2014

    チリ・カサブランカ・ヴァレーのワイン。生産者はビニャ・ヴェンスティケーロ。フレンチオーク70%、ステンレスタンク30%にて10ヶ月熟成とのこと。色は濃い目。樽の香りが芳ばしい。果実味が豊富で、ピノでこれ程までになるのかと感心するほど。そしてタンニンも十分で樽の木の香油と相まってスパイシー。ブルピノとは対極にあるピノと思えます。こういうピノの作り方もあるのだなと得心できました。万願寺を鰹節ポン...

  3. ジョセフィーヌ・デュボア「シャブリ」2014 - ざっかラボ九隆庵 創作事情

    ジョセフィーヌ・デュボア「シャブリ」2014

    近所の酒店で見付けた安いシャブリ。怪しいなあと思うも予算の関係で購入。生産者情報はなし。味は杏子味の酸が前面に。逆にシャブリらしいミネラルの印象はほとんどなし。10分で酸はしみじみとした味わい深い酸になり、これはこれで相当美味しい。だがこれはシャブリであるはず。結局、シャブリらしさは見ぜずに終了。期待したミネラルは感じられないものの、シャルドネとしては相当いける感じと思えました。ラベルと味わ...

  4. 稽古で感じること。 - 歌い手菅野千恵のaround me

    稽古で感じること。

    今日は19日コンサートの稽古で2時間半ほど歌いました。新たな発見あり、再確認あり、とても楽しい稽古でした。稽古でいつも感じることは相手への不満や要求は実は自分に原因があることが多いということ。例えばテンポ。もう少し速いほうがいいのになと感じた時の録音を聴いてみると…うん、確かにアタシのこの歌い方じゃこのテンポになってしまうわ(^o^;)もたもたしてるのはアタシのほうよ!ってこと、結構あるので...

  5. ジェイコブス・クリーク「シャルドネ・ピノ・ノワール・スパークリング」NV - ざっかラボ九隆庵 創作事情

    ジェイコブス・クリーク「シャルドネ・ピノ・ノワール・ス...

    ジェイコブス・クリークは、オーストラリアにおける海外への輸出量No1のワイナリー。セパージュはシャルドネ75%、ピノ・ノワール25%。泡立ちはきめが粗くしかもキレは早いのでシュワシュワ感を楽しむ時間は短い。香りは普通ですが芳ばしさが漂います。味わいはセパージュ通りシャルドネのミネラル感とシャルドネのスッキリ感が微妙に合わさったという印象で、特別な印象はないですが安定した酒質で、ゆっくり楽しめ...

  6. アルベール・ビショー「ブルゴーニュ・シャルドネ・ヴィエイユ・ヴィーニュ」2015 - ざっかラボ九隆庵 創作事情

    アルベール・ビショー「ブルゴーニュ・シャルドネ・ヴィエ...

    1831年創立のワイナリー。信州茅野市のオーベルジュに宿泊し、その主人からJA茅野にはワインと新鮮な野菜と肉があると紹介されたので、9時半の開店を待って店内へ。お目当てのワインは見付けられず、代わりのワインを物色。そこで見付けたのはブルゴーニュのアルベール・ビショーの白。ヴィエイユ・ヴィーニュを名乗りながらも価格はお得感があったので即購入。高い価格ではないのに、味わいはかなりリッチ。酸は優し...

  7. ポップコーン用とうもろこしの収穫 - ざっかラボ九隆庵 創作事情

    ポップコーン用とうもろこしの収穫

    春に道の駅でポップコーン用とうもろこしを購入。ポップコーンにして食べてしまうのではなくポット栽培をして、苗を畑に植えました。種を種苗店で買うのではなくこうすれば安く大量に育てられますからね。ただ、この爆裂種は普通のスイートコーンと一緒に植えると、爆裂種の方が優勢のため、爆裂種の花粉で受粉したスイートコーンは味のない不味いコーンになってしまうようです。花粉は200m離れていても届くようです。畑...

  8. タバリ「レゼルバ・ピノ・ノワール」2015 - ざっかラボ九隆庵 創作事情

    タバリ「レゼルバ・ピノ・ノワール」2015

    チリ・リマリ地区のワイン。液体の透明度は高く、色も好みの深いルビー。酸はしっかりで、ブラインドで飲むとブルゴーニュかと思うくらいの出来。複雑性はないですが、ピノを低価格で楽しみたいときは選択してもよいかも?豆腐ハンバーグ。味付けは醤油ベース。ハンバーグの上にさらに、刻み大葉、刻み生姜などを乗せて和風にして食するのも美味しい。ただし和風なら白の選択になりますけどね。 ...

  9. カンティーナ・ザッカニーニ「クリスタル・トゥイッグ・トレビアーノ・ダブルッツオ」2016 - ざっかラボ九隆庵 創作事情

    カンティーナ・ザッカニーニ「クリスタル・トゥイッグ・ト...

    イタリア、アブルッツオ州のトレビアーノ種。うすい小麦色に少し黄緑も感じる色。フルーツの香り。インパクトはないもののまとまりのある味わい。徐々に酸の印象が高まり、最後まで美味しく飲めました。道の駅で安くて形がよく、色もよいかぼちゃを見付けたので、天ぷらにしました。かぼちゃの天ぷらは衣をしっかりつけてゆっくり蒸すように揚げると相当甘くなって美味しいです。慌ててはいけません。さつまいもと同様です。...

  10. 「クレイン・レイク・シャルドネ」2014 - ざっかラボ九隆庵 創作事情

    「クレイン・レイク・シャルドネ」2014

    生産者はカリフォルニアのブロンコワインカンパニー。2週間前にも飲んでいます。その理由はずばり安いからです。2本で1500円なら買いでしょう?色はしっかりとした黄色。酸は期待通り。前回同様に少しピリピリ感がありますがまあ仕方ないかな?頂いたショートパスタを使ったきのこパスタ。ファルファッレやオレキエッテ、何だかよく分からないものまでいろいろ混じっています。食感がよいです。 ...

  11. ビニャ・マイポ「レゼルバ・ビトラル・シャルドネ」2016 - ざっかラボ九隆庵 創作事情

    ビニャ・マイポ「レゼルバ・ビトラル・シャルドネ」2016

    チリ、カサブランカヴァレーのシャルドネ。格安ワインですがレゼルバと名乗っているからにはそれなりの味わいがあるだろうと期待を上乗せして抜栓。レモン色より少し濃い目の黄色。香りは熟成感あり。酸はしっかりでキレのある味わい。深みはないのですが、このすっきり感は優秀。どんな料理にも合いそうです。よく冷やして喉を潤しましょう。鶏の胸肉を炊飯ジャーで保温して作った鶏ハム。軟らかくジューシーでたくさん食べ...

  12. サン・ペドロ「シングル・ヴィンヤード・シャルドネ・1865」2016 - ざっかラボ九隆庵 創作事情

    サン・ペドロ「シングル・ヴィンヤード・シャルドネ・18...

    ピノが美味しかったので今度はシャルドネにトライ。香りはしっかり出ているので味わいにも期待して口に。酸がしっかりで美味しい。これもリピ買い対象となりました。収穫したじゃがいもがまだまだあるので、じゃがいもを30分茹でて半切りにして並べ、オーブンでピザ風に焼きました。男爵いものほくほく感を出すためにじっくり茹でることが肝心だと思います。 <サン・ペドロ> ...

  13. サン・ペドロ「シングル・ヴィンヤード・ ピノ・ノワール・1865」2017 - ざっかラボ九隆庵 創作事情

    サン・ペドロ「シングル・ヴィンヤード・ ピノ・ノワール...

    チリのワイン。ビーニャ・サン・ペドロ社は1865年創立。産地はエルキ・ヴァレー。ボトルにはサクラアワード受賞のシールが貼ってあります。自社創立年をワイン名にしていることから相当自信がある味わいと予想して購入。かなり薄い色の液体。しかしこういうのが結構美味しい酸であることが多いので期待して口に。完熟少し前の果実のきりっとした酸の味わい。樽香もとてもよく効いていて美味しい。タンニンも十分あります...

  14. モンテス「リミテッド・セレクション・ピノノワール」2015 - ざっかラボ九隆庵 創作事情

    モンテス「リミテッド・セレクション・ピノノワール」2015

    チリ、アコンカグアのピノ。チリのピノは酸が効いているものの味わいのまとまりがないという印象でしたが、最近は安く美味しいピノを楽しめるという評価に変わってきました。このピノも酸が口中に広がり、遅れてタンニンも主張するという感じです。さすがにエレガントさはあまりありませんがピノ好きにはデイリーな1本ですね。ハンバーグのソースは肉汁に玉葱おろしを加え、じっくり炒め焼きしたもの。玉ねぎの甘さでいっそ...

  15. イディル・ワイン「ウィスパーズ・シャルドネ」2017 - ざっかラボ九隆庵 創作事情

    イディル・ワイン「ウィスパーズ・シャルドネ」2017

    1000円を下回るオーストラリアのシャルドネ。産地はヴィクトリア。この2017年はサクラアワードで銀賞を獲っているようです。薄い黄緑色。香りはメロン風。甘いかな?と心配しましたが、意外にすっきり。しかし徐々に飲み飽きてきます。アペリティフとして供するのがよいかもしれません。畑で収穫したじゃがいもはまだまだあるので、今日はフライドポテトにしました。仕上げに塩+黒胡椒+カレーパウダーを塗してスパ...

  16. ドメーヌ・デュ・コロンビエ「シャブリ」2015 - ざっかラボ九隆庵 創作事情

    ドメーヌ・デュ・コロンビエ「シャブリ」2015

    この夏は異常気象で、毎日暑すぎです。35度で驚かなくなっているのが基本的におかしい。さすがに疲れが出てきて、そういう時には美味しい白、しかもミネラル感たっぷりのシャブリがぴったり。選んだのはこのコロンビエ。よく行く割烹でボトルで飲んでいるいるものと同じもの。当然味わいは熟知していて、期待通りの味わいでした。ミネラルもよいのですが、全体的にすっきりで切れが十分にあるのが嬉しい。鶏の唐揚げは醤油...

  17. ジャン・ド・サン・ルー「シャルドネ」2016 - ざっかラボ九隆庵 創作事情

    ジャン・ド・サン・ルー「シャルドネ」2016

    今年の3月に同じワイナリーのピノを飲んでいて、味が薄いものの雑味がない味わいだったので、白にもトライ。これもラングドック産です。色は薄い。香りは弱く酸も弱い。1000円以下なら仕方がないというところですが、スッキリ感は十分なので、よく冷やしてデイリーに飲むにはよい感じです。スズキを頂いたのでラビゴットソース添えポワレに。オリーブオイルで大方火を通してからバターで仕上げました。ラビゴットソース...

  18. 「クレイン・レイク・シャルドネ」2014 - ざっかラボ九隆庵 創作事情

    「クレイン・レイク・シャルドネ」2014

    クレイン・レイクのピノは若々しい味わいでした。今度は白ですが、逆に白はすっきり若々しいのもありということでトライ。しっかりとした黄色ですが濃いという程でもない。すっきりというより香りに熟成感があり、酸はよく効いていました。少しピリピリ感があります。30分で平板化しましたがまあまあです。鶏胸肉の味噌炒め煮。肉だけ先に調理してしっかり味付けをし、残った汁に畑のナス、万願寺を入れて煮て、後で合わせ...

  19. 「プレミオ・サンジョベーゼ」2016 - ざっかラボ九隆庵 創作事情

    「プレミオ・サンジョベーゼ」2016

    前回のプレミオはトレッビアーノで、とても軽い味わいでした。今回は赤のサンジョベーゼで、赤も同様に軽いのか恐々試してみました。液体の透明度は高い。酸を主張する味わいではありませんが、バランスよく美味しく飲めました。20分で少し高まりも出て味わいが増しました。白より赤の方が優秀ですね。鯵と白ギスを頂いたのでフライにしました。白ギスは天ぷらでもよかったのですが面倒くさいので、一気に調理しました。揚...

  20. 喜んでいただけました! - The Gate of Praise 祝福日記

    喜んでいただけました!

    昨日用意したスイカをバイト先に持って行って、みなさんに食べていただきました。みなさん、甘くておいしいと口を揃えて言っていただき、とっても喜んでいただきました。私からすると普通に感じていた甘さなのですが、これまで初めて食べられた方は、口々に「これを食べたら他のが食べられない」と言っていただきます。そういえば、私も従姉妹のところで作っているスイカを初めて食べた時、こんなに美味しいスイカを食べたこ...

1 - 20 / 総件数:144 件

似ているタグ