美濃焼のタグまとめ

美濃焼」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには美濃焼に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「美濃焼」タグの記事(9)

  1. 10/6(土)-10/28(日)美濃焼の茶碗展 - THE GIFTS SHOP / ザ・ギフツショップ

    10/6(土)-10/28(日)美濃焼の茶碗展

    日々の食事に欠かせないお茶碗。毎日使う物だからこそ、ごはんがいっそう美味しく感じるようなお茶碗があるといいですよね。新米が出始めるこの時期、デザインや手におさまる感覚など、自分だけのお気に入りポイントで選んだ新しいお茶碗を手に入れませんか。数多くの美濃焼のお茶碗を集めて展示販売します。▼美味しい岐阜のお米、新米も入荷しています!********************************...

  2. 5/3(木・祝)-5/27(日)美濃焼の茶器展 - THE GIFTS SHOP / ザ・ギフツショップ

    5/3(木・祝)-5/27(日)美濃焼の茶器展

    新茶の季節がやってきます。摘みたての爽やかな香りを楽しみにしている人も多いのではないでしょうか。今年はさらに美味しく楽しく味わうための、特別な茶器を見つけませんか。美濃焼の様々な急須や湯呑を集めて展示販売いたします。自分らしいお気に入りの茶器で、これまでにない豊かなお茶の時間がはじまります。***********************************THE GIFTS SHOPザギ...

  3. 美濃の国多治見散歩 - 無垢の木の家・古民家再生・新築、リフォーム 「ツキデ工務店」

    美濃の国多治見散歩

    多治見と言えば焼き物、「美濃焼」「織部焼」で知られています。千利休の弟子である武将であり茶人であった古田織部は美濃国の出身、そしてその時代織部好みの奇抜で斬新な形や文様の茶器などを多く産したそうです。美濃焼の歴史は古く、平安時代から盛んに焼かれていたと言われ、時代によって栄枯盛衰があったようですが、現在、岐阜県の多治見周辺の東濃地域は、日本最大の陶器生産地域であり、日本の陶器生産量の半分を占...

  4. 多治見で美濃焼三昧 - handvaerker ~365 days of Nantucket Basket~

    多治見で美濃焼三昧

    マンホールの蓋も、とっくりとさかづき。多治見駅の改札を抜けると、大きな陶磁器の壁画。駅前広場には、有名な作家の作品が!多治見は陶磁器の町。3年に一度開かれる国際陶磁器フェスティバルに合わせ、三連休、どっぷり陶磁器に浸った。多治見市全体で、陶磁器を盛り立てようとしているのがよくわかる。中には無料の美術館まである。美濃焼ミュージアムで、美濃焼とはなんぞや?を学び、荒川豊蔵の名品の数々を堪能し、西...

  5. 9/9[土]-9/24[日]「美濃焼フェア」 - THE GIFTS SHOP / ザ・ギフツショップ

    9/9[土]-9/24[日]「美濃焼フェア」

    9/9[土]-9/24[日]「美濃焼フェア」多治見市・瑞浪市・土岐市で開催される「国際陶磁器フェスティバル美濃」(9/15~10/22)に合わせ、過去に受賞した商品や、土岐市の窯元のおかみを中心に、女性目線で美濃焼の魅力を伝える「美濃焼おかみ塾」の商品も販売します。→「国際陶磁器フェスティバル美濃」ホームページ →「美濃焼おかみ塾」フェイスブック***********************...

  6. 今年も青葉の森陶器市 - 千葉の香りの教室&香りの図書室 マロウズハウス

    今年も青葉の森陶器市

    今年の陶器は美濃焼の赤色のお皿プレートの大きさは約30センチ漆器のような色合いがとても綺麗です!お皿には綺麗な模様もあってこれが3枚1,000円プラス1,500円の楕円のお皿もプラスでゲットこのお皿400円にしていただきました!なので。。全部で1,400円のお買い物っ🌟昨年は波佐見焼の白がシンプルで綺麗だなって思っていましたが陶器の半分を占める美濃焼の面白さも魅了的本...

  7. 美濃焼の器~ヴィンテージライン - 雑貨店PiPPi

    美濃焼の器~ヴィンテージライン

    こんにちは。今日は洗練された雰囲気も魅力の美濃焼の器、「美濃焼の器~ヴィンテージライン」を紹介します。朝のプレートにもおすすめの縁の黒線が凛とした印象をつくるヴィンテージラインのシリーズ。2サイズのお皿と、マグカップがあります。<美濃焼の器~ヴィンテージライン>カップ:直径9㎝×奥行12㎝×高さ7㎝¥1,500+税M皿:直径15.6㎝×高さ2㎝ ¥1,250+税L皿:直径22㎝×高さ2.8...

  8. 春にピッタリ、志野織部の向付をご紹介。 -  「幾一里のブログ」 京都から ・・・

    春にピッタリ、志野織部の向付をご紹介。

    ・桃山時代、美濃の国(岐阜県東濃地区)に誕生した茶陶の精華・・志野織部。今回は桜と梅を描いた春にピッタリの向付をご紹介します。さて、どのような料理が似合うことでしょう…。(口径15.5㎝)・志野織部は長石釉の上に鉄絵の施されたものです。本品は桜梅文とともに輪線が描かれ、当時としては洒落た超モダンなデザインだったことでしょう。いかにも古田織部ゆかりの陶器らしいですね。本品は桃山から江戸初期頃の...

  9. とんだ目利き_黄地唐草(アート・デザイン部門) - 続ねこのひと~むらよしみのぶろぐ

    とんだ目利き_黄地唐草(アート・デザイン部門)

    イラストレーターのむらよしみです。近くの某本OFFは、とってもおおきい。本、おもちゃ、ゲームソフト、衣料品、食器、雑貨、ブランド品も、OFF。お?古本コーナーに行く手前でみつけた黄地染付の深めの大皿。こんなところに箱もなく、ぶっこ積まれて・・・・・。きっと、きっと、たち吉!むら家には、少しデザインがちがうけど、手描きの平たい大皿があって、オードブルっぽい盛り付けの時中華を大盛りで食卓に出す時...

総件数:9 件

似ているタグ