美術・建築のタグまとめ

美術・建築」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには美術・建築に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「美術・建築」タグの記事(384)

  1. 回想・第58回ビエンナーレ・14~国別、町中編2~アッカデミア対岸、サン・サムエレ界隈 - カマクラ ときどき イタリア

    回想・第58回ビエンナーレ・14~国別、町中編2~アッ...

    ヴェネツィアのメイン・ストリート、カナル・グランデに面した立派なお屋敷にも、ビエンナーレの会場となっているところもある。1620年代の建造、アッカデミア橋に近いジュスティニアン・ロリン館(Palazzo Giustinian Lolin)は、あの大きなクーポラでカナル・グランデの入り口に構えるサルーテ教会を設計したバルダッサッレ・ロンゲーナの初期の作品と考えられている。現在は、非営利団体とし...

  2. 回想・第58回ビエンナーレ・13~国別、町中編1~ジュデッカから本島・南西岸へ - カマクラ ときどき イタリア

    回想・第58回ビエンナーレ・13~国別、町中編1~ジュ...

    リトアニア、オーストリアと並んで、やはり今年のビエンナーレでSNSを大いに賑わせたアイスランド館は、ヴェネツィア本島の南側に寄り添うようにあるジュデッカ島にあった。なるほど、なにはともあれ、これは誰もがそれぞれ友人だの自撮りだのの写真をアップしたくなるのはわかる気がする。

  3. 回想・第58回ビエンナーレ・12~ヴェネツィアとイタリア - カマクラ ときどき イタリア

    回想・第58回ビエンナーレ・12~ヴェネツィアとイタリア

    ジャルディーニ会場の一番奥、長屋パビリオンの中央に、ヴェネツィア館がある。これはもちろん「国別」ではなく、特別展示。一度に8人しか入れないという展示、薄ら寒い晩秋の午後、1時間ほど並んでようやく入った。アーチ型の部屋に水を貼り、その上に浮かべた巨大な風船の中を歩く、という・・・

  4. アーティストの暮らしを除く「芸術家のすまいぶり」、中村好文・著 - カマクラ ときどき イタリア

    アーティストの暮らしを除く「芸術家のすまいぶり」、中村...

    アーティスト、とよばれる人たちは、どんなところでどんな風に「作品」を作っているのだろう?そしてその普段の暮らしぶりはいったい?彫刻家に陶芸家、鍛造作家にテキスタイルデザイナー、画家やイラストレーター。さまざま分野の「アーティスト」が名を連ねるが、どの作家さんにも共通すること、それは皆、「手を使う」こと。手のぬくもりを感じられるような作品を丁寧にひとつひとつ生み出す作家さんたちの仕事場や、丁寧...

  5. INAXライブミュージアム - つれづれ日記

    INAXライブミュージアム

    12月に入ったのにまだ、常滑の続きで~す。やきもの散歩道をひと回りしたら陶彫のある商店街を抜けてINAXライブミュージアムへ。ここにもトンネル窯がありました。雨も降りだして、辺りが暗くなってきました。中は土管作りに使われた道具や機械が展示されていました。俯瞰図がありました。登り窯の様式とはずいぶんと作業効率が良くなっていますね。窯の中です。ここで窯炊き作業の映像が見られました。常滑焼といえば...

  6. 回想・第58回ビエンナーレ・11~アルセナーレ会場、がんばる国別3 - カマクラ ときどき イタリア

    回想・第58回ビエンナーレ・11~アルセナーレ会場、が...

    アルセナーレ会場、元・武器庫館、通称2階建てアパート会場。ここを固定の国別展示館として確保しているアルゼンチンを始め、メンバーがほぼ確定してきている感あり。今回はアパート住民の中ではなんといってもサウジアラビアがよかったけれど、ほかの国もなかなか頑張っている。光の入る2階と、入らない1階と、アパートとはいえ条件はさまざま。お隣さんを気にしつつ、なんてとこもアパートっぽい。

  7. 「空と鳥ー江波冨士子ガラススケッチー」展、銀座和光にて - カマクラ ときどき イタリア

    「空と鳥ー江波冨士子ガラススケッチー」展、銀座和光にて

    昨年1年間、ヴェネツィアに留学されたガラス作家、江波冨士子さんの個展が、銀座・和光で始まった。冨士子さんが目にし、肌に感じたヴェネツィアの色や空気が、冨士子さんらしいすてきなガラスで表現されている。「閉じ込めた」というのとは違う、そう、タイトルにあるようにまさに、ガラスを使ったスケッチ、というのが一番しっくりくる。ヴェネツィアの海と空の色、賑やかにひしめくカラフルな建物、室内の豪華な装飾、全...

  8. 回想・第58回ビエンナーレ・9~アルセナーレ会場、がんばる国別 - カマクラ ときどき イタリア

    回想・第58回ビエンナーレ・9~アルセナーレ会場、がん...

    長屋型の会場で、時には仕切りがカーテン1つだったりする、国別の展示としてはいろいろと不利な状況だったりするけれど、今回は個人的にいいな、と思ったのは、既に紹介していた通り、いずれもアルセナーレだった。

  9. 第58回ビエンナーレ・8~閉幕、日本館に思う - カマクラ ときどき イタリア

    第58回ビエンナーレ・8~閉幕、日本館に思う

    5月11日に開幕し、半年以上にわたり公開していたヴェネツィア・ビエンナーレが昨日、閉幕した。来場者数は、593,616人、目標としていた60万人にわずかに届かず、とはいえ、今月に入ってラストスパートというところでのあのアックアアルタ、主催者としてはなんとかここまでたどり着けただけでもほっとしていることだろう。一昨年の615,152人を下回っているものの、何れにしても60万人弱という数字は、期...

  10. 第58回ビエンナーレ・7~オリエント、など - カマクラ ときどき イタリア

    第58回ビエンナーレ・7~オリエント、など

    病院の待合室を模したイスラエル館。入り口で番号札を取って、待合室で、そのあとの展示への「参加」方法などを説明するビデオを見ながら、順番が来るのを待つという仕組み。こうした「ごっこ」系は、もはやちょっと懐かしいような気がする。3度目の正直でようやく入ることができた。

  11. 第58回ビエンナーレ・6~アメリカ大陸、北から南まで - カマクラ ときどき イタリア

    第58回ビエンナーレ・6~アメリカ大陸、北から南まで

    ビエンナーレ最終日を迎えた今日、ヴェネツィアは現地時間9:30で潮位最高予測135cmとかなり高めとなっている。実際サン・マルコ広場などはとっくに浸水しているが、ビエンナーレ会場は通常通りオープンするよう。なので、こちらもどんどんアップしていきたい。上の写真はもちろん本日ではなく、5月に撮影したもの。

  12. 第58回ビエンナーレ・5~中・東欧、ジャルディーニ会場編 - カマクラ ときどき イタリア

    第58回ビエンナーレ・5~中・東欧、ジャルディーニ会場編

    今年のビエンナーレで、間違いなくSNSを賑わせた展示の1つは、オーストリアの真っ赤なチューリップたち。建物を生かしたメリハリの効いた展示が効果的だった。

  13. 第58回ビエンナーレ・4~アルセナーレ会場の逸品たち - カマクラ ときどき イタリア

    第58回ビエンナーレ・4~アルセナーレ会場の逸品たち

    ???・・・まるで海の中の世界のような、この不思議な空間はいったい?砂漠のイメージのサウジアラビア館で海?いや、あるいは巨大な着物のようですらある。なるほど、近づいてみると、なるほど地は和紙のよう。では、このまるまるっとした、貝のようなイソギンチャクのような小石のようなこのものたちは???

  14. 第58回ビエンナーレ・3~北の国々から - カマクラ ときどき イタリア

    第58回ビエンナーレ・3~北の国々から

    ぐーっと平面に広く開放的で、真ん中から大きな木が3本、にゅうっと天井を突き抜けている、そんな特殊な建物のためもあるけれど、いつも常に、なぜだかわからないけどおしゃれな北欧館。北欧チームに限らず、今年は環境に「やさしい」ような作品が多かったように思う。

  15. 第58回ビエンナーレ~2・欧州大通りと大国村 - カマクラ ときどき イタリア

    第58回ビエンナーレ~2・欧州大通りと大国村

    リトアニア館の金獅子賞は、そのシンプルだがインパクト抜群の展示、わかりやすくストレートなメッセージと、なるほどさすが!と思わせたが、正直のところ今回のビエンナーレでは、他の国別館は総じておとなしく、これは、と印象に残る展示があまりなかった。それは何より、こちらの心の余裕のなさ、受け止める力の弱さによる部分も大きいのだろうと思う。また、昨今は世界各地でさまざまな現代アート展が開催されて、参加す...

  16. 常滑やきもの散歩道~美味しいもの - つれづれ日記

    常滑やきもの散歩道~美味しいもの

    前回、「廻船問屋瀧田家」前の坂道を「土管坂」とご紹介していましたが写真を見直していると「デンデン坂」でした。💦階段の手前に「デンデン坂」とありますよね。ここから南に次の辻を東に上がったのが「土管坂」でした。(((・・;)この坂が「土管坂」で~す。右側が「焼酎瓶」で左側が「土管」です。子供の頃、こんな土管があったことをなんとなく覚えています。坂を上りきったところに、「土...

  17. 第58回ヴェネツィア・ビエンナーレ~金獅子賞のリトアニア館 - カマクラ ときどき イタリア

    第58回ヴェネツィア・ビエンナーレ~金獅子賞のリトアニア館

    今週末11月24日(日)に閉幕を迎える今年のビエンナーレ国際現代美術展。11月に入って一気に紹介しよう~・・・などと思っていたら、そのヴェネツィアが記録的高潮に見舞われ、気を揉んでいるうちにすっかり遅くなってしまった。

  18. 人間国宝藤原啓さんの器でお抹茶と美濃焼 - つれづれ日記

    人間国宝藤原啓さんの器でお抹茶と美濃焼

    常滑やきもの散歩道の途中ですが愛知から帰って備前市伊部へ行っていました。備前焼は常滑焼と同じ「六古窯」のひとつです。ここはFAN美術館といい藤原啓記念館を中心とした美術館です。総合受付のある本館です。ここは、息子さんの人間国宝の故藤原雄氏の本宅でした。この美術館のシステムは少し変わっていて受付を済ませると「昭和の間」と呼ばれる応接室に通され学芸員の方から館内の説明を受けます。「昭和の間」と呼...

  19. 常滑やきもの散歩道~瀧田家 - つれづれ日記

    常滑やきもの散歩道~瀧田家

    3日目は知多半島の方へ予定では半田でモーニングをして常滑で焼き物巡りでしたがホテルの無料朝食が多種多様だったので一気に焼き物の町、常滑にやってきました。瀟洒な窯元前の道路から藪こぎのような「マルゴの坂」を登ります。橋の手前でいきなりこんにちわ~!と、招き猫のお出迎え。 ← "見守り猫とこにゃん"でした。どんだけ、大きいかというと眼差しの先の2匹の猫が標準サイズです。橋と思...

  20. 水の宇宙船にのっかって - つれづれ日記

    水の宇宙船にのっかって

    2日目の夜は栄です。夜景を見るため愛知芸術文化センターの最上階にやって来ました。オアシス21のランドマーク的な存在で浮かぶような硝子の大屋根が「水の宇宙船」です。間近で見てみたかったんですよ~。紫のライトアップが素敵でした。季節によって変わるみたいです。ここからはスマホでの撮影なのでお見苦しいと思います。レンズ、壊れちゃったんで。…φ(。。*) 本当は名古屋テレビ塔の展望台からこの風景を眺め...

総件数:384 件

似ているタグ