美術展のタグまとめ

美術展」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには美術展に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「美術展」タグの記事(133)

  1. 5月14日長谷川等伯展 - さ・ん・ぽ道

    5月14日長谷川等伯展

    「長谷川等伯と水墨画」展を見に門司の出光美術館へ行った。見たかった「松に鴉・柳に白鷺図の屏風」は12日までで入れ替わっていて、今日は「竹鶴図屏風」だった。水墨画のことはよくわからないが等伯の生涯を思うと素晴らしいと感動する。屏風の左側に勢いのある竹と右側には優しい姿の鶴が描かれその大きさはかなりのもの。ここまで来たので門司港駅までレトロな雰囲気三井倶楽部で焼きカレー

  2. 「ウィリアム・モリスと英国の壁紙展」 - ケチケチ贅沢日記

    「ウィリアム・モリスと英国の壁紙展」

    横浜のそごう美術館で開催中の「ウィリアム・モリスと英国の壁紙展」を鑑賞。”英国有数の壁紙会社サンダーソン社が所蔵するウィリアム・モリスを中心とした貴重な壁紙や版木など約130点を日本で初めて紹介します。”(展覧会サイトより)パターンを繰り返す壁紙は、細長い版画作品なのだと改めて知る。色ごとに版木が存在し、刷りを重ねて、乾かして、また重ね・・・浮世絵の刷りや江戸小紋の反物製作工程を思い出しまし...

  3. コルビュジェ展@西洋美術館に行ってきました! - Seeds Archi-studioのオフタイム

    コルビュジェ展@西洋美術館に行ってきました!

    次の仕事への頭の切り替えにコルビュジェ展に行ってきました。平日なので空いていましたが、世界遺産登録されたからだと思いますが、修学旅行の高校生らが群れてました。でも、こういうところに来る生徒さんは、おしゃべりはしていても品行方正、ほかの人の鑑賞を邪魔してません。西洋美術館はよく行くのですが、その中で最もコルビュジェらしい空間である「19世紀ホール」は閉め切っていることがほとんどで、残念に思うこ...

  4. 「トルコ至宝展」 - 古稀からの日々               

    「トルコ至宝展」

    2019.4.4トルコ・イスタンブルのトプカプ宮殿博物館などが所蔵する16世紀から19世紀までの貴重な宝飾品、美術工芸品の展示。花々、とりわけチューリップを愛した王室の宮殿生活ぶり、オスマン帝国の文化、芸術品が紹介されていた。オスマン帝国の王室と日本の皇室の交流を示す品々や明治期トルコに渡った日本美術品も展示されていた。宝石をちりばめた甲冑、装身具は見事で目を楽しませてくれた。さくら咲く季節...

  5. 4月1日奄美大島へ - さ・ん・ぽ道

    4月1日奄美大島へ

    奄美大島へ「田中一村」の絵を見たくて行ってきました。

  6. 4月以降の観たい美術展 - ケチケチ贅沢日記

    4月以降の観たい美術展

    まだまだ肌寒日が続いているが、週末には桜も満開になるそうだし、いよいよ春本番か?4月後半には楽しみにしてる美術展が始まる。億劫がっていないで、出掛けよう。クリムト展 (4/23~7/10東京都美術館)クリムトはいままで一つも見たことないかも。見逃さないように、1月のうちに小冊子付前売券を買っておいた。同時期にウィーン・モダン展(4/24~8/5国立新美術館)も開催。こちらも見ておきたい。ウィ...

  7. ちょっとフライング - アトリエ造形美術

    ちょっとフライング

    まだ完成形してない案内状ですがこちらで途中経過をお知らせします。5月15日から19日までの5日間足利市通り6丁目の古い民家での展覧会です。アトリエの大人クラス、木彫アトリエの方達の作品が並びます。そしてこどもクラスの作品もこっそりと参加予定です。案内状は会場となる原田邸の店舗だった部分。店舗だった名残で優美というより機能的でカジュアルな雰囲気。改装でベニヤ板がドーンと貼ってあったりしますがそ...

  8. アップデートな毎日を♪『 HOKUSAI 🌊 UPDATED 』 - ステキな暮らしLabo.

    アップデートな毎日を♪『 HOKUSAI &#...

    ようこそ「ステキな暮らしLabo.」ブログへ〜「はじめまして」の方は是非メンバー紹介をご覧ください⇒こちらから こんにちは🌞ステキな暮らしLabo. の HIGA です。満を持して、J A 賃貸✨コーディネートの全貌記事、来る!と思いきや、タコ 来ました。( Labo. メンバーの ino さん、せっかく前振り ( → ☆ )してくれたのにごめんなさ~い&amp...

  9. 3月6日から12日の小田急新宿美術画廊での個展が無事終了しました。 - miwa-watercolor-garden

    3月6日から12日の小田急新宿美術画廊での個展が無事終...

    3月6日から12日の小田急新宿美術画廊での個展が無事終了しました。この企画をしてくださった関係者様、お忙しい中ご高覧いただきました方々、お気にかけてくださいました皆様、誠にありがとうございました。2012年から、人生をかけてといっても大袈裟ではないほど真剣に絵本の仕事をして参りました。大きな作品を描くことが私には合わなくて、画家としての王道だと思っていた公募展などからの道は諦めたからというこ...

  10. 二つの美術展北斎展と奇想の系譜展 - 緑のかたつむり

    二つの美術展北斎展と奇想の系譜展

    明日で東日本大震災から8年寒い夜だったと思い出しますが、まだ5万人以上の方が不便な避難生活をおくっていらっしゃるとのこと。この8年間も災害が次々と起こり、平成時代は災害の多い時代だったと思います。そのような時ですが、最近二つの美術展に出かけてきました。六本木で開催されている「新北斎展」葛飾北斎、富嶽百景の浮世絵で有名ですが、30回画号をかえ、93回転居したと言われています。今回の美術展は、目...

  11. 個展も残すところあと2日となりました。 - miwa-watercolor-garden

    個展も残すところあと2日となりました。

    個展も残すところあと2日となりました。美味しい絵本原画を、大きめ原画サイズでご覧頂けますよー❣️お隣の書店では、特設の絵本「めしあがれ」ブースを作ってくださり、画廊でサインをもらえます!と吹き出し作って頂きました。原画展を見て、めしあがれファンとなった方が、また画廊に戻ってきて、サインを!という場合が多いのですが、ひらがなサインと、ローマ字サインを選べます😊そして、様...

  12. 個展での出会いあれこれ - miwa-watercolor-garden

    個展での出会いあれこれ

    昨日より、小田急新宿美術画廊での個展が始まりました。朝日新聞朝刊の東京マリオンにも展覧会情報を掲載していただきました。個展をやるといつも驚くほどの、奇跡的な出会いがあります。絵本「めしあがれ」シリーズの長年のファンでいて、今回の個展を全く知らないで、新宿小田急を通り、個展のポスターを見て、画廊に来場された方。半分泣きそうなほど、感激しながら、絵を見てくださいました。画廊隣の書店には、昨日、ア...

  13. 明日より、個展 「高原美和水彩画展 〜絵本原画と美しい水彩による〜」が始まります! - miwa-watercolor-garden

    明日より、個展 「高原美和水彩画展 〜絵本原画と美しい...

    明日より、個展 「高原美和水彩画展 〜絵本原画と美しい水彩による〜」が始まります!小田急百貨店 新宿本店10階美術画廊2019年3月6日(水)〜12日(火)時間 10時から8時( 最終日4時半まで)一枚描くのに2週間から3週間かかった、「めしあがれ」シリーズの絵本原画から激選した26点と、大好きな花々や果物などを描いた作品の、合わせて50点あまりが並ぶ見応えたっぷりの展示です!どうぞお出かけ...

  14. 昨日の庭園は、、、本当は、、 - 絵を描きながら

    昨日の庭園は、、、本当は、、

    京橋の画廊で、、夫のいとこYちゃんの娘さん、女子美大の大学院生です。角川真穂子さん。アクリル、色鉛筆をキャンバスに、F150,"picnic"不思議な世界で、彼女のコンセプト、身近な人の死を体験して、死を考えている、、、生と死。美大生ですから、、いろいろな方向から、絵を考えるのだと、、、そういう学び方をしているのだなぁと、、、ふうむ。京橋、、電飾が、、まだ明るくて、もっと...

  15. フェルメール - e komo mai

    フェルメール

    恵比寿三越で開催されているフェルメール「音楽と指紋の謎」展kiriさんとご一緒しました。こちらで展示されている作品は「re-create」描かれた当時の色彩で再現されたものが36作品が展示されています。

  16. 2月10日ルオー展 - さ・ん・ぽ道

    2月10日ルオー展

    北九州市立美術館へ「ジョルジュ・ルオー展」を今日しかないと急に出かけました。高速バスで1時間20分、シャトルバスで数分と雨にもそうぬれず助かる。敬虔なキリスト教徒であるルオーは生涯宗教を主題にたくさんの作品を残している。はじめに大判の銅版画「ミセレーレ」が展示されている、人間の苦悩、祈り、愛などをさまざまな技法であらわしている。タッチも太く引き込まれる。聖書の中の一節も・・・。キリストの顔の...

  17. 「岩本拓郎展」 - 古稀からの日々               

    「岩本拓郎展」

    2019-1-24「岩本拓郎すべてのいろとかたち」展を武蔵野市立吉祥寺美術館(1/12~2/24)を鑑賞。一辺11cmの正方形に描かれた抽象色彩絵画が多数展示されていた。絵具の重なりが生み出す豊かな形象が心地よい。

  18. ロマンティックロシア展 - ケチケチ贅沢日記

    ロマンティックロシア展

    渋谷BUNKAMURAザ・ミュージアムで開催中の「国立トレチャコフ美術館所蔵ロマンティックロシア」展を鑑賞。イワン・クラムスコイ「忘れえぬ女」は女性の顔立ちや表情もさることながら、衣類や背景の質感が素晴らしい。コート:襟・前立て・袖口はファーでトリミングされた黒いベルベット。襟元には幅広のサテンリボン。帽子:黒のベルベットにレースとファーの飾り馬車:革張りの座席、白い突起は象牙だろう背景:霞...

  19. 美しきデザイン - あなたとお茶を

    美しきデザイン

    「ウィリアム・モリスと英国の壁紙展」に行きました。我が家のリビングにも飾っていますが、どのデザインも生き生きとした草花や鳥が目に飛び込んできます。会場で壁紙を手作業で印刷しているビデオが流れていました。何枚もの版木を順繰り型押して印刷していたんですね。イギリスのドラマなどを見ていると「あの壁紙モリスデザインだ!」と気がつくことがたまにあります。モリスの言葉。「役に立たないものや美しくないもの...

  20. 「ミュシャ展」「棟方志功展」 - 古稀からの日々               

    「ミュシャ展」「棟方志功展」

    2018-12-27学友Sさんと旧交を温めながら政治論議を交わした後、「ミュシャ展」と「棟方志功展」をはしご。アール・ヌーヴォー代表者ミュシャの魅力と泥臭さの棟方版画を比較しながら鑑賞。何か学ぶ(盗む)ところがないものかと。

総件数:133 件

似ているタグ