美術展のタグまとめ

美術展」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには美術展に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「美術展」タグの記事(243)

  1. 世田谷文学館の「イラストレーター安西水丸展」 - 家暮らしノート 

    世田谷文学館の「イラストレーター安西水丸展」

    やっと晴れの日がつづきます。ときどき驟雨のときもありますが。雲もすでに夏雲。おはようございます。昨日は世田谷文学館の「安西水丸展」(会期~9/20)を観てきました。安西水丸は村上春樹の本の挿絵・装画をはじめ、広告など、またエッセイも書きましたし、その本は数多く、愛されたイラストレーターですね。数年前にもちひろ美術館で村上春樹の本の挿絵を描いたイラストレーターたちの展覧会があり、そこでも彼の絵...

  2. 聖徳太子と法隆寺奈良国立博物館 - noriさんのひまつぶ誌

    聖徳太子と法隆寺奈良国立博物館

    6月12日(土)、奈良国立博物館の特別展に行った。NHKの「日曜美術館」で紹介していて、行ってみたいと思っていた。この日は、ウイーンフィルのコンサートマスターである、フォルクト・シュトイデさんのコンサートが予定されていたが、大阪での緊急事態宣言で、土・日のコンサートを自粛するようにということで、中止になった。他の地域でのコンサートが行われているのに、納得がいかない。コンサートに一緒に行くこと...

  3. 個展のお知らせ - 四つ足パワーの日々

    個展のお知らせ

    たいへんご無沙汰しています。ブログから遠ざかっていました。7月に個展を開催するので、今日はそのお知らせをば。矢口文展ー手を伝う 手伝う I can help youー2021年7月5日(月)〜7月11日(日)12:00〜20:00(日曜日11:00〜15:00)OギャラリーUP・S東京都中央区銀座1-4-9第一田村ビル3Fブログを休んでいた間に日本画からアクリル画へ制作がシフトしました。アク...

  4. 祝再開&祝老人割(『マーク・マンダースの不在』展東京都現代美術館) - swingin' godzilla ! (Kouichirou "ゴジ" Okada)

    祝再開&祝老人割(『マーク・マンダースの不在』展東京都...

    6月1日、やっと美術館の門が開いた。うれしい。なにがうれしいってせっかく65歳になったんだから「老人割り」で見物してやろうと、こっちは手ぐすね引いてたんだ。そしたら「宣言」で休館延長って、そらないでしょうが。で「初日」にすっ飛んでったのが清澄白河駅下車徒歩10分の東京都現代美術館で再開されたマーク・マンダース〈マーク・マンダースの不在〉展なり。キツネの腹にベルトでネズミが結わえられて床に寝そ...

  5. 名古屋城金シャチ徳川美術館徳川園 - noriさんのひまつぶ誌

    名古屋城金シャチ徳川美術館徳川園

    4月19日(月)、名古屋港から栄に行き、ミツコシマエヒロバスで開催されている、名古屋城金シャチを見た。16年ぶりに天守閣から降ろされて、当初は名古屋城で、その後は繁華街で展示されている。並んでいる人は多くなくて、目の辺りを触ることができる。目の前で見るとさすがに大きい。栄から大曽根駅で下りて10分ほど歩くと、緑に囲まれた徳川美術館がある。国宝の源氏物語絵巻などを所蔵する有名な美術館である。名...

  6. 「国宝鳥獣戯画のすべて」初日に行きました! - 緑のかたつむり

    「国宝鳥獣戯画のすべて」初日に行きました!

    昨日、国立博物館開催の「国宝鳥獣戯画のすべて」の初日に行ってきました。先月の緊急事態宣言解除直後に1名でネット予約昨年開催予定がコロナ禍により延長でしたから、ずっと楽しみにしていました。前回2015年はなんと入場まで3時間待ちでしたが、今回は事前予約制なのでスムーズ4巻中の一番の人気の甲巻は、歩く歩道!軽快に描かれた墨絵のユーモラスな絵巻を、向き合って見ることができます。擬人化された猿、兎、...

  7. ★ 人、多い(オマエモナー) - うちゅうのさいはて

    ★ 人、多い(オマエモナー)

    美術展に行った。絵を見てると、その絵の中に入っていきたくなったり、精神安定にいいんですわ。電線や電柱を描いた絵。というのか、それらが描かれている絵、というのか(電柱や電線そのものを描いた作品もあったが)絵そのものとうより、電柱の歴史とも言える。ペリーが来た頃には既に、電柱が作られていたらしい。電柱というより、電信柱か。はじめは電気の供給ではなく電話線を張り巡らしていたので。そのうち、電気も通...

  8. ★ ひねもすのたり・・・ - うちゅうのさいはて

    ★ ひねもすのたり・・・

    府中市美術館に行った。与謝蕪村。名前は何となく聞いたことがあるんだけど、知らない。春の海ひねもすのたりのたり哉・・・の人だそうな。のどかな詩。一日中、海を見ていたんだろうか。一刻一刻変わっていく海の色ではなく、波・・・そのまま寝てしまって日焼けするべ・・・(笑)絵も大らかというのか、どこかのどかだ。そして、なにか儚さみたいなものもある。これでもかこれでもかと描き込む西洋画と違って、日本の絵は...

  9. HANGA展2021が終了しました - 四つ足パワーの日々

    HANGA展2021が終了しました

    HANGA展2021が終了しました。これで私の銅版画制作も終了です。長年、自分の持っている線の表現にこだわり、銅版画なら自分の線が創作として実現できるのではと思っていましたが、もっとダイレクトに表現できることをしたくなりました。いろいろ、子供の頃に描いていたボールペンの落書きが自分にとって最高に楽しいことだったということに長年とらわれてきましたが、そこからも卒業できる気がします。⭐︎今はアク...

  10. 「同じ月を見た日」を見に行った - 四つ足パワーの日々

    「同じ月を見た日」を見に行った

    渡辺篤さんという美術作家の「同じ月を見た日」という作品を姉を誘って見に行った。ここは東急東横線の廃線跡地にある美術家のスタジオ。真ん中の月はいろいろな人が撮影した月の写真を大きな円盤に投影しているもの。満ちたり欠けたりする。国道を挟んで遠くから眺めることもできるし、遠回りだが国道を渡ってすぐそばで見ることもできる。作家の渡辺篤さんは過去にひきこもりの体験があり、コロナ禍で孤立を感じている人や...

  11. アート解放区/日本橋 - 日々記

    アート解放区/日本橋

    明日から開催されるアート解放区の搬入に行って来ました。益田由二の展示場所は三越の真正面、福島ビル1階(にほんばし島根館の跡地)です。大通りに面しているので、道行く人たちも興味津々でのぞいていきます。アートフェアに行けなかった皆さんにも、展示期間が〜5/9まで。お買い物がてら、ゆっくりお楽しみ下さい。

  12. 「アート解放区 EATS日本橋」開催のお知らせ - 日々記

    「アート解放区 EATS日本橋」開催のお知らせ

    昨年に引き続き、タグボート主催の「アート解放区」がオープンします。今年は国内最大の美術見本市であるアートフェア東京(東京国際フォーラム)と同時期に開催。東京をアート一色で盛り上げていくことを狙います。 会場は日本橋(室町・本町)~人形町。街歩き・路地体験によりこの街の魅力を伝えたいと思います。 三越前福島ビルをメイン会場として、6つの場所で、80名のアーティストの約600点の作品を展示する予...

  13. 3月9日版画作品を額装するなど - 四つ足パワーの日々

    3月9日版画作品を額装するなど

    鶴見に学校の後輩のFさんの個展を見に行く。日本画だが独特の不思議な世界だ。サルのような空想の動物?を描いたりしていた。えぐい感じ。⭐︎電車で隣駅ヘ出て画材店で頼んでいたマットを受け取る。家ヘ帰ってネットの額縁店で買ったフレームに銅版画作品とセットする。アクリル板が静電気を起こして埃が吸い付くのでやっかいだった。HANGA展の準備はできた。⭐︎夜、松の木の続きを描く。難しいけど楽しんで描いている。

  14. 芭蕉翁絵詞伝と義仲寺大津市歴史博物館 - noriさんのひまつぶ誌

    芭蕉翁絵詞伝と義仲寺大津市歴史博物館

    3月7日(日)、前日に大津市のホテルに泊まったが、よく眠られなかったので、12時頃までホテルでゆっくりとした。2時からのコンサートまでに時間つぶしをしようと、ネットで調べて、大津市歴史博物館で特別展をしているのがわかった。膳所から京阪電鉄「大津市役所前」駅へ行き、少し歩いて、大津市歴史博物館に着いた。大津市歴史博物館開館30周年記念企画展芭蕉翁絵詞伝と義仲寺2021年2月27日~4月11日大...

  15. 3月4日三越前と銀座で美術展を見るなど - 四つ足パワーの日々

    3月4日三越前と銀座で美術展を見るなど

    三越前のギャラリー砂翁に「希望展」を見に行った。知人のSさんが出品している。「希望展」は東日本大震災の被災地で3月11日にキャンドルの灯りを灯す活動をしていてそのチャリティーとして行われている。Sさんがドローイングと小さいプリントのカードを出品していたのでカードを購入した。⭐︎ギャラリー砂翁の前の通り沿いに河津桜かどうかわからないけど早咲きの桜の並木になっていて、毎年「希望展」のとき満開に咲...

  16. 2月27日銅版画作品を購入するなど - 四つ足パワーの日々

    2月27日銅版画作品を購入するなど

    7月に予定している個展をするギャラリーへ行ってオーナーさんに最近描き始めたアクリル画を見てもらう。実物じゃなくて写真をプリントしたもの。ギャラリーを借りる申し込みに行ったとき見ていただいたファイルの作品と画材も作風も変わってしまったため。オーナーさんは優しいけど鋭いところもあるので何と言われるかドキドキしていたが、了解していただけた。⭐︎「ピュシスX」という版画のグループ展に行く。野瀬昌樹さ...

  17. 「海を渡った古伊万里~ウィーン、ロースドルフ城の悲劇~」展(大倉集古館)へ - バラとハーブのある暮らし Salon de Roses

    「海を渡った古伊万里~ウィーン、ロースドルフ城の悲劇~...

    現在、東京虎ノ門、「ホテル・オークラ東京」に隣接する大倉集古館にて開催中の「特別展海を渡った古伊万里~ウィーン、ロースドルフ城の悲劇~」展(3月21日まで開催)へ行ってきました。ホテル・オークラ建て替え工事と共に、令和元年(2019年)に、修復工事が終わった「大倉集古館」。こちらの建物は、渋沢栄一たちと共に、帝国ホテルや帝国劇場、鹿鳴館、大倉商業学校を設立した大倉喜八郎の収集美術品を展示する...

  18. 金沢へ - バラとハーブのある暮らし Salon de Roses

    金沢へ

    週末、金沢へ行ってきました。「兼六園」晴天の下、穏やかで清々しい朝でした。「雪吊(ゆきづり)」が、美しく施された圧巻の風景。水面に映る松の木も美しい。庭園の管理をされる方々の凛々しい後姿を撮らせて頂きました。梅園では、残雪を背景に、初々しい梅の花を観ることが出来ました。今年の初梅を楽しむことが出来、嬉しかったです。そして、「兼六園」のお隣に位置する「石川県立美術館」へ、「花木にみる日本美の心...

  19. 新春企画〜「Make the KNOTS」展終了しました - 日々記

    新春企画〜「Make the KNOTS」展終了しました

    「Make the KNOTS」展終了しました。昨年に続き3度目の緊急事態宣言下の展覧会は入場人数を減らしての開催になりました。オープニングパーティや打ち上げもなく、作家の皆さんとも顔をあわせることが出来ませんでしたが、無事終了出来ましたこと、スタッフの皆さんに感謝いたします。何より会場に足を運んで下さった皆様ありがとうございました。今回の展示のコメントを掲載します。[2020年のコロナ禍の...

  20. 1月31日友人の個展会場からのネット配信を見るなど - 四つ足パワーの日々

    1月31日友人の個展会場からのネット配信を見るなど

    御蔵島に住んでいるうつぼ(友人のネット上のニックネーム)が今、茅ヶ崎で個展をしているのだが、こんなご時世なのでギャラリーからネット配信があった。今回の個展は御蔵島の住人の方が書いた創作民話のためにうつぼが描いた絵の展示。題して「ひなどりのおさかなごはん」。ネット配信も絵を一枚一枚写しながらうつぼが物語を語る方法だった。画像はうつぼのブログ「御蔵島うつぼ記」から。うつぼが御蔵島に移住してもう長...

総件数:243 件

似ているタグ