美術館のタグまとめ

美術館」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには美術館に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「美術館」タグの記事(798)

  1. 7月21日に荻須記念美術館にて展示をおこないます。 - 大﨑造形絵画教室のブログ

    7月21日に荻須記念美術館にて展示をおこないます。

    稲沢市と一宮市で絵と工作の教室してます、大崎造形絵画教室です。今週の土曜日に稲沢市の荻須記念美術館でワークショップおこないます。今年は段ボールで椅子を制作します。そちらの受付は終了しましたが、7月21日に展示をおこないます。教室生徒の皆さんが過去に制作した作品を持ってきてくれました。懐かしいものもあります。段ボールの靴。作りましたね〜!6年前になりますか??残っていることに感激です。7月21...

  2. 「ヘイセイ・グラフィックス展」 - 日々の雑記ノオト

    「ヘイセイ・グラフィックス展」

    祇園祭で賑わう京都ですが・・・静かなところへ。地下鉄東西線の終点「太秦天神川」から降りてすぐのところにある大日本印刷です。1階のDDDギャラリーで開催中の「ヘイセイ・グラフィックス展」に行ってきました。こういう展示があると「平成も遠くなりにけり」と思ってしまいます。撮影不可だったのでHPからお借りしました。宮沢りえちゃんの「サンタフェ」の宣伝ポスターやシュワちゃんのCMなど懐かしいものが・・...

  3. あなたの伝えたいこと・・音に乗せて - 哲学舎blog ~Let it be~

    あなたの伝えたいこと・・音に乗せて

    2019春の写真「音の楽芸会(秋)」のお知らせです。梅雨も明けてないのに、少し早いですが、問い合わせがありましたのでお知らせします。初心者・へたくそ大歓迎ですので、腕試しにご参加ください。詳細は下記のごとくです。日時9月8日(日)13:00~17:00参加費2000円(フリードリンク+おやつ)中学生以下1000円3歳以下無料演奏ひと組1~3曲予定。(出演者多数の時は2曲となります)申込みはメ...

  4. 「古代アンデス文明展」静岡県立美術館おもしろ土器文化 - ブリキの箱

    「古代アンデス文明展」静岡県立美術館おもしろ土器文化

    どうです?このお三方。いいでしょ。すっとぼけ具合が。名前付けときましょうか。左から「ネズ吉」「アンデくん」「つぼ丸」なんてね。これは土器ではありませんが、京都辺りから、出土されても何の違和感もないですよね。「鬼のなんとか」なんて題名で。

  5. 昨日の続きです…(^-^; - のーんびり hachisu 日記

    昨日の続きです…(^-^;

    なんか昨日は、だらだらと書いてしまって…💦それでもまだ、言い足りなくって今日も投稿してます(笑)えっと、松方コレクション展で展示されてた作品の中で、印象に残っているのは、やっぱりルノワールとかセザンヌ、マチスあたりです。もちろん、モネもですけど…。ゴッホは、年寄りにはキツイです…💦西洋画に関しては、結構保守的です。あははは~。だって、鑑賞してド...

  6. AI が描いたモネ…(@_@;) - のーんびり hachisu 日記

    AI が描いたモネ…(@_@;)

    ほら、これがですね、例の絵ですよ。松方コレクションで…。って、説明が長くなりそうなんですけど…。知らない方のために、ご容赦ください。松方さんが、パリでモネから買ってたんだけども、戦争でドイツが攻めてくるってんで、パリ郊外にこの作品やら他のものやらを避難させてたらしいんですけど…。保存する環境としては、だいぶ条件が悪かったらしく…。作品の上半分ぐらいが、損壊して消失してたってえやつですよ。それ...

  7. 前庭彫刻群…。 - のーんびり hachisu 日記

    前庭彫刻群…。

    ここは、前庭は入場無料なんですけど、そこはそれ…、本質が田舎者ですから…(;^ω^)用事がないと、入っちゃあいけないっていう感じの…。まあなんていうか、気おくれがしていたのでありますよ。でもまあ、今回は企画展に入るんだから!って、多少強気で…(笑)思いっきり堂々と、あちこちを撮りまくりましたよ(*^。^*)そういえば、こんなふうにきっちりと真正面から撮ったことがなかったなあ~って、今頃気がつ...

  8. 433. とんでもイスタンブール / アミール・ティムール博物館とウズベキスタン国立歴史博物館 - 世界の建物 awesome1000

    433. とんでもイスタンブール / アミール・ティム...

    『ティムール広場』を囲む1キロ四方ほどのエリアが首都タシケントの中心になる。緑地の間にぽつぽつ大きな建物があってスケールアウトした公園のように整然と遠い。【写真↑アミール・ティムール博物館】公共性の高いホテル、劇場、役所、図書館、大学そして博物館もある。青いドームの『チョルスー・バザール』から地下鉄を乗継いできた『アミール・ティムール博物館』もまた遊園地を想わせる青いドーム屋根だった。【写真...

  9. ぐるっとパス - うつわ愛好家 ふみの のブログ

    ぐるっとパス

    存在は知っていたけれど、初めて買ってみた『ぐるっとパス』。みなさん、使ってみたころありますか。主に東京の(現在95施設)美術館や博物館等の入場券や割引券が入っています。使用した日から2カ月間有効。良いところは、いつもは行かないところ、知らない小さい美術館などに行ってみる機会ができたこと。今年は梅雨が長いし、週末雨だし美術館巡りをと思い。買う少し前にも目黒美術館や静嘉堂文庫美術館とか行ってたわ...

  10. 車を借りた日は、たくさん動きます。 - ささやかな刺繍生活

    車を借りた日は、たくさん動きます。

    昨日は、あれこれと家族で用事を済ませた日でした。わたいない記事ですみませんが…。我が家は自家用車を所有していないので、車を借りた時は一気に用事をこなすのです。今回は、10年ぶりに夫がスキー板を新調しましたので、(最後の年なので、彼も次のシーズンはなるべく滑りに行きたいと言っています。)古い板をリサイクルショップに売りに行くのが、一番の目的でした。1500円で引き取ってもらえたので、良かったで...

  11. 国立新美術館 - belakangan ini

    国立新美術館

  12. 「古代アンデス文明展」静岡県立美術館黄金文化 - ブリキの箱

    「古代アンデス文明展」静岡県立美術館黄金文化

    アンデス文明を最後に統一したインカ帝国は、スペインのピサロ率いる数百名の侵略軍により滅ぼされました。人質になったインカ王を助ける交換条件として、部屋一杯の黄金を差し出せと命じられ、インカの民はその通りにしましたが、結局インカは滅ぼされました。収奪された黄金は、その文化的価値を無視され全て鋳潰されてスペインへ送られました。なんという、世界的犯罪でしょうか。その後、ピサロは仲間の裏切りにあい、殺...

  13. 国立新美術館 - belakangan ini

    国立新美術館

  14. 「古代アンデス文明展」静岡県立美術館奇妙な土器たちその1 - ブリキの箱

    「古代アンデス文明展」静岡県立美術館奇妙な土器たちその1

    この頭の位置がおかしな土器は何か?よく見てください。

  15. アンディ・ウォーホル展@MoMA - 肉じゃが日和

    アンディ・ウォーホル展@MoMA

    おひとりさまの祝日サンフランシスコ近代美術館(SF MoMA)のアンディ・ウォーホル展にやってきました。年パス(メンバーシップ)を買ったので、これからたくさん通いたいです。ちなみに18歳以下はいつでも無料です♪今回はイヤホンを持参して、MoMAのアプリから作品の解説を聞かれるサービスを初めて利用してみました。これとっても便利でおススメです!館内の無料wifiにつないで、アプリに作品の解説番号...

  16. 「クリムト エゴン・シーレとウィーン黄金時代」 - ヨーロッパ映画を観よう!

    「クリムト エゴン・シーレとウィーン黄金時代」

    「Klimt Schiele - Eros and Psyche」2018 イタリアナレーションはイタリア人俳優ロレンツォ・リシェルミーで日本語に吹き替えられている(柄本佑)。監督はミシェル・マリー。クリムト、エゴン・シーレ、そして同時代に活躍した作曲家のマーラーや精神科医のフロイトについても語られる。クリムトの絵画が多くあるベルヴェデーレ宮殿オーストリア絵画館と、エゴン・シーレの多くの絵...

  17. クリムト展ウィーンと日本 1900 - ヨーロッパ映画を観よう!

    クリムト展ウィーンと日本 1900

    美術館に着いてクリムト人気にびっくり!鑑賞したのは昨日(7/3)の午後。残り後1週間ということもあるのか、入場制限があって待ち時間は20分。しかし中に入ってみたらスゴい人!人!人!あんなに混み合った美術館で絵画鑑賞したのは始めての経験かも知れない。ウイーンのベルヴェデーレ宮殿オーストリア絵画館からやって来たクリムトの代表作”ユディト”の前はルーヴルの”モナ・リザ”並みの混み具合。そしてグッズ...

  18. アート旅行に行こう!その37 - お料理王国6  -Cooking Kingdom6-

    アート旅行に行こう!その37

    8月後半のデンマークはすっかり秋の気配。昼間にごくわずか暑いような日もありますが、全体を通して肌寒い日々が続きます。そんなときはやっぱり歩き回るのが最高ですね。ヒースかヘザーが咲く丘をうねり登り降り、鮮やかなグラデーションを見つけては草原がこんなにも色彩豊かなことに驚くほど感動し、そりゃ絵画にもするわな、とどこまでも続く枯れた色の濃淡と、遠くの森を眺めます。デンマークの人が大好きなこのずっし...

  19. 「古代アンデス文明展」静岡県立美術館その1 - ブリキの箱

    「古代アンデス文明展」静岡県立美術館その1

    本展はすごい人気で、平日にもかかわらず、ひまな、もとい、お時間に余裕のある、じじばば、あいやもとい、ご年配の方々が数多く来場されていました。通常は二階展示スペース入口前でチケット購入、確認をしますが、本展では階段下のスペースにチケット購入コーナーを設けて観客整理をしていました。本展では、一部ミイラなどを除き、撮影可でしたので、展示物をたくさん撮ってきました。アンデスと言うと、インカ帝国を想像...

  20. 秋月ミュージアムギャラリー - ラントマン アトリエ通信

    秋月ミュージアムギャラリー

    みなさんこんにちは。大雨の地域、心配ですね。福岡市は今日は晴れています。みなさまお気をつけて。さて、今日は、前年から手掛けておりましたミュージアムギャラリーのある建物の写真です。桜のあるころに撮影。左側の四角い建物の内部がこちらです。↓↓↓本棚にある画集などを読めるスペースが中央に。二階の回廊も画廊のようになっています。夕暮れもいい雰囲気。離れに行く渡り廊下。 ...

総件数:798 件

似ているタグ