美術のタグまとめ

美術」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには美術に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「美術」タグの記事(287)

  1. 隔たりのないアート - 隔たりのないアート

    隔たりのないアート

    隔たりのないアート障害者とアートこの日、凄く落ち込んでいた彼。どうした?何かあった?と尋ねれば涙目になっていた。どうしてそうなったかは、伝わって来ない。それでいつものように水彩画を描きだした。仕上がったのがこの鰻の絵。正直なところ、僕は、感動を覚えた。黒の絵の具だけでここまで魅力を伝えることが出来ることに対して。ところがこれを描き終えて、彼から出た片言の言葉が、デッサンがしたい。デッサンは、...

  2. 『サヴィニャック パリにかけたポスターの魔法』 - My favorite...

    『サヴィニャック パリにかけたポスターの魔法』

    『サヴィニャック パリにかけたポスターの魔法』@広島県立美術館去年から楽しみにしていたので、ようやく逢えてよかった。こういう、ほのぼのした世界、とても好き。ポスター1枚で的確に伝えるこのセンス、すばらしいです。

  3. 書評『荒木飛呂彦の漫画術』@関西ウーマン信子先生のおすすめの一冊 - 本日の中・東欧

    書評『荒木飛呂彦の漫画術』@関西ウーマン信子先生のおす...

    今月の書評は「ジョジョの奇妙な冒険」の作者、荒木飛呂彦さんの本にしました。私は2年前まで、「ジョジョ」については書名を知っている程度でした。学生や子どもたちが絶賛しているのを聞いても、「ふ~ん」でした。ところが2017年に大阪で開催された美術展「ルーブルNo.9」展に出品されていた荒木さんの絵を見てから、にわかに興味をもつようになりました。先日、代表作「ジョジョ」連載30周年(2017年)を...

  4. ゴッホの母の肖像 - 原語から見える聖書のイメージ

    ゴッホの母の肖像

    Twitterのゴッホミュージアムを見ていたらゴッホが描いた母親の肖像画がありました穏やかで、気品のあるいい表情なにか包み込まれそうな雰囲気が漂いますあの強烈な自画像とあんまり違うので新鮮なゴッホを見るようです母親と姉妹に新年の挨拶...wish you a prosperous and happy New Year.' Vincent van Gogh, Portrait of ...

  5. ねんまつねんしのおもいで - チェコ徒然日記

    ねんまつねんしのおもいで

    ちょっと遡りまして、、、クリスマスはシュマヴァという、チェコでも寒い地方へ行ったので、みごとホワイトクリスマス〜。みんな大きくなりました!ハニチカさんへの最大のクリスマスプレゼントは、電動式バランス・ホイール!ハニチカさんが簡単そうに乗っているので、私も試したのですが、、、難しい!みごと尻餅つきました〜。何年もチェコに住んでいるのに、初めて焼いたチェコのクリスマスケーキ「ヴァーノチゥカ」。よ...

  6. スピリチュアルメッセージ ガウディと篠田桃紅 - 散歩ガイド

    スピリチュアルメッセージ ガウディと篠田桃紅

    最近見た印象に残ったテレビ番組から紹介します。一つは105才の現役の書道家、篠田桃紅のドキュメンタリーです。彼女については全く知りませんでしたが、その人間性に感動しました。彼女の言葉の一つ一つから深い感銘を受けました。日本より世界で高い評価を受けていると番組では言っていました。もう一つはサグラダファミリアのドキュメンタリーです。サグラダファミリアを設計したガウディは私が若かった頃注目した建築...

  7. 中園孔二をみながら・・We Rabbitz - Children - 原語から見える聖書のイメージ

    中園孔二をみながら・・We Rabbitz - Chi...

    イジメをテーマにしたこのクリップの黒雲を見てたら中園孔二展で手に入れた画集を思い出しました見てみたかった景色videoのテーマとは関係ありませんが彼自身、動画とか作曲をしていたということもあり、親近性を感じましたそれにしても沁みる音楽とビデオメッセージも素晴らしいですねWe Rabbitz - Children [ Anti-Bullying Videoclip ]彼の絵はすべて無題見えてい...

  8. 2019あけましておめでとうございます - チェコ徒然日記

    2019あけましておめでとうございます

    2019年明けましておめでとうございます!!!今年も家族3人、元気に新年を迎えることが出来ました。こういうことが「ありがたいな」と思える年齢になったんだな〜と、そんなことを考えながら年を越しました。亥年のワタシ、常に猪突猛進気味なのですが、亥年の今年は、少しはゆったりとすることも学べたらと思っておりマス。さてさて、今年はどんな年になりますか。本年も、どうそよろしくおねがいいたします!

  9. 「荒木飛呂彦原画展JOJO冒険の波紋」に行ってきました - 本日の中・東欧

    「荒木飛呂彦原画展JOJO冒険の波紋」に行ってきました

    今年は学生に学外で文化芸術に触れてもらうプロジェクトを進めています。催しは学生自身が見つけて申請してもらってもいいのですが、関心の高そうな企画をクローズアップして鑑賞を勧めることもしています。春には「ジブリ展」を勧めたところ好評を博しました。今学期は、大阪天保山で開催している「ジョジョ展」その他を勧めたところ、反応あり☆そこで、私も行ってきました。実は荒木飛呂彦さんの作品はほとんど読んだこと...

  10. 1月のカリキュラム - あそびじゅつのここんとこ

    1月のカリキュラム

    あそびじゅつ通信1月号です。

  11. 1月のサンデースペッシャルはお餅つき - あそびじゅつのここんとこ

    1月のサンデースペッシャルはお餅つき

    2019年1月のサンデースペッシャルは、蒸す、つく、食べる、のお餅つきです。

  12. 12月のプークラス(2〜4才) - あそびじゅつのここんとこ

    12月のプークラス(2〜4才)

    プークラス(2〜4才)は年の瀬を飾るために、亥年の年賀状を描いて、クリスマスリースにも「しめ縄」にもなる丸い飾りを作ったり、アドベントカレンダーを描いたり、ポストモダーンな「かどまつ」も作りました。良いお年を。

  13. 12月のイーヨークラス(3〜8才) - あそびじゅつのここんとこ

    12月のイーヨークラス(3〜8才)

    12月のイーヨークラス(3〜8才)は自分で自分に年賀状を描いて、クリスマスのリースや天使のポップアップカードを作って、年神様を迎える準備もしました。

  14. 12月のカンガクラス(6〜12才) - あそびじゅつのここんとこ

    12月のカンガクラス(6〜12才)

    12月のカンガクラス(6〜12才)は自分に年賀状を描いて、神社に奉納する絵馬を描いて、新年にメリーゴーランドの本屋さんで売る「おみくじ」を描いて、お菓子で食べられる工作をして、忙しくも楽しい年の瀬です。

  15. 12月のフクロクラス(12才〜大人) - あそびじゅつのここんとこ

    12月のフクロクラス(12才〜大人)

    フクロクラスは自分の殻を打ち破るように、描き殴って描き散らかすようなデッサンをしたり、ドラ〇〇○を表現したりしました。G君のピンポン録音のCDも完成しました。メリーゴーランドで販売します。

  16. 2018くりすますまえ - チェコ徒然日記

    2018くりすますまえ

    あいかわらず、寝顔が素晴らしくキレイなハニチカさん。今年の学校のクリスマスマーケットでは、自家製マシュマロクリームでデコレーションしたチョコレートマフィンを販売して、お小遣い稼ぎ。こういう作業も、上手なもんです。私は森で採取した苔で苔玉を作って販売してみたのですが、、、なんと、25個完売!!!私もダンナちゃんもビックリ。クリスマス用に、少しだけツックロヴィー(チェコのクリスマスクッキー)を作...

  17. フィリップス・コレクション展三菱一号館美術館 - 原語から見える聖書のイメージ

    フィリップス・コレクション展三菱一号館美術館

    秋晴れがいまごろやって来たという感じの気持ちいい気候冬薔薇が綺麗でしたワシントン・DCにあるというフィリップス・ダンカンのコレクション展を見てきました慧眼と審美眼と、それを市民と共用しようとする姿勢から生まれた美術館はポリシーに個性があって面白いですね展示作品にダンカンの言葉が添えられていて、なんで選んだのか、面白い表現に出合いながら絵をみるのもいいですショップにダンカンの当時の邸宅のミニチ...

  18. 海辺の本棚『フェルメール』 - 海の古書店

    海辺の本棚『フェルメール』

    写真家としての植本さんと、文筆家としての植本さん。その両面の魅力が静かに調和した美しい1冊でした。世界17箇所の美術館を巡り、フェルメール全作品をファインダー越しに眺める。ハードなスケジュールの中で旅を続けながら、植本さんは次第に「フェルメール」をご自身の細胞に取り込んでいかれて、「見ること」とは何かと自らに問いかけて行かれます。写真家として「見ること」に慣れていたはずの人が、「見ているもの...

  19. Chanel No.5 歴代の名香水たち『世界香水博物館』 - 情熱的イタリア生活 

    Chanel No.5 歴代の名香水たち『世界香水博物館』

    『世界香水博物館』には歴代の名香水たちが年代を追って、ディスプレイ。一世を風靡した、ゲランのミツコ、ディオールのポアゾン、その時代を駆け抜けた名香水たち。匂いを嗅ぐと、あの頃の記憶もフラッシュバック。こうやって見ると、センチメンタルな気持ちになりますねぇ。1900年まで遡り、その年の代表的な香水とその調香師、瓶のデザイナーの名前が記されたボードが飾ってあります。その下には世の中の出来事が年表...

  20. 改悛のマグダレーナ - 四月の魚

    改悛のマグダレーナ

    憧れの土地はと問われたら、サンチャゴ・デ・コンポステーラと答える。巡礼の地だ。「星降る野」の意と聞いたことがある。 ジョルジュ・ドゥ・ラ・トゥールのこの絵を、最初に知ったのはいつのことだっただろう。ルーブル美術館で現物に会う前に、私はこれを知っていた。 知っていて、どこかで憧れ、どこかで嫌悪していた。 初めて見たとき、たぶん古本屋で買った薄くて印刷のきわめて良くない画集だと思うが、この絵のタ...

総件数:287 件

似ているタグ