羽黒山のタグまとめ

羽黒山」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには羽黒山に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「羽黒山」タグの記事(20)

  1. 松例祭出羽三山神社詣で - 「 ボ ♪ ボ ♪ 僕らは釣れない中年団 ♪ 」Ver.1

    松例祭出羽三山神社詣で

    気温-5℃地吹雪の中今年のお礼と来年の祈願に詣でてきましたゆく年のお礼を申し来る年は12年に一度の丑年ご縁年皆様にご多幸有れと願う松聖籠り所も今年は静か綱のまかれるこのお庭も閑散とし雪が時折舞い上がり視界が無くなります入口の検温体制も整い安心して参拝ができ綱まきの代わりに領布領布されるのだがオラん家の綱は願掛け未だ途中なのでオラはカレンダーと大漁旗を授かってきました荘内神社にも大漁旗が有れば...

  2. 松の勧進 - 「 ボ ♪ ボ ♪ 僕らは釣れない中年団 ♪ 」Ver.1

    松の勧進

    1日なので神社へ詣でにと思い荘内神社にお邪魔したところなんと松の勧進松聖「位上」「先途」の方々有難くパシャリとさせて頂きましたにほんブログ村山形県ランキングオラも応援するのだ♪ハナサケ!ニッポン!

  3. 今昔物語 - 写心食堂

    今昔物語

    平将門が創建したしたといわれる国宝・羽黒山五重塔。再建されて600年あまりその姿を変えず幽玄にそびえ立ってます。変わらない今昔物語御年14歳、お婆ちゃんのコロ姫。犬生を積み、五重塔と立ち姿を競います。御年3歳、乙女のコロ姫。まだ若過ぎて、五重塔と太刀打ちできず。変わる今昔物語今は昔・・・今もすぐに過去になり昔になる人気ブログランキング

  4. 羽黒山出羽三山神社の紅葉 - 「 ボ ♪ ボ ♪ 僕らは釣れない中年団 ♪ 」Ver.1

    羽黒山出羽三山神社の紅葉

    神様も出雲から戻られた霜月誰そ彼時に撮らせていて頂きましたそして山から下りるとき月山がとてもやさしいお姿でオラ達を見送ってくださいましたにほんブログ村オラも応援するのだ♪ハナサケ!ニッポン!

  5. 羽黒山詣で - 「 ボ ♪ ボ ♪ 僕らは釣れない中年団 ♪ 」Ver.1

    羽黒山詣で

    神無月の先月オラはテクテクと羽黒山詣で平日にも関わらず参道を歩く方々の多い事にほんブログ村オラも応援するのだ♪ハナサケ!ニッポン!

  6. 山味食人 - 「半径1メートル」「残業ゼロ」著者ブログ

    山味食人

    全12皿。五感にて記憶したけど、それがかなりあてにならないから記録しておきますー。イタリアンとのコラボだから味の変化も愉しく。山味食人、幸せなり。ご馳走さまでした。

  7. 吉永小百合さんも舌鼓 - 「半径1メートル」「残業ゼロ」著者ブログ

    吉永小百合さんも舌鼓

    吉永小百合さんも召し上がってらっしゃる出羽三山 羽黒山斎館の精進料理。今日、嬉しいことに頂けるチャンス到来!大人の休日倶楽部CMにてなめこや山菜を収穫している手タレ足タレも精進料理をつくるのもこの方、伊藤新吉さん。羽黒山参籠所 斎館料理長 ・山味届人。トンビマイタケ、ぶなかのかなど初味とその香りの豊かなこと。いたどりや箒の実、芋茎や菊、そして月山筍などの山の味、どれも満点満足!

  8. うちは不動院 - あけび Handmade

    うちは不動院

    庄内羽黒山は観光地で実家は明治維新の神仏分離令で羽黒山から追い出された寺亡くなった父は山伏で修行を積み、多くの人々の信仰が仏教から神道へ変わっていく時代に寺を守っておりました。男兄弟のいない私たちは、特に後継の強要もされず寺の修行のことや、年中行事なども父は一人で黙々とやる人であっけらかんとた普通のお父さんでした。父は寺の檀家の大きな農家の生まれで祖父に見込まれ婿に来たわけで右から3人目、月...

  9. 令和元年庄内の夏 - あけび Handmade

    令和元年庄内の夏

    今年は父の新盆ですけどもいつもと変わらぬ風情の実家。だけど朝のお経は姉の声になり、この盆飾りのセットや、餅つき準備などみんなが寝ている間に父がやっていたことを自分たちでやらねばいかん緊張感がありつつもわいわいドヤドヤ出来ました。この地方ではポピュラーな馬と牛お餅と一緒に並べて、ご先祖様たちの送り迎えに乗り物をご用意するんです。どう見てもキュウリが馬で、茄子が牛かと思うけれどもこれが逆。頭と尻...

  10. 十年一昔② - 写心食堂

    十年一昔②

    2009年11月、羽黒山の五重塔にて撮影五重塔に続く石畳の道が歴史へと誘います。当時のコロ姫は歴女ならぬ歴犬だったとか?10年後の今じゃただの路地裏探検犬です。ムフフ!十年一昔人気ブログランキング

  11. 蓋091「羽」と言う字 - そらいろのパレット

    蓋091「羽」と言う字

    今夏(2018)、月山・羽黒山の山旅で見かけたマンホール蓋です。羽黒山・随神門BS前で見かけた蓋には、旧羽黒町の「羽」をデザインした町章と町の花・水芭蕉が描かれていました。最初私が見かけた時は逆方向からだったので、「比」って何だろうと思っていたら向こう側にいたゆきさんから「羽後の羽だ!」と声がかかりました、なるほどね(^^ゞ(※追記。コメント欄に訂正あり)私、あんまりカラーマンホール蓋って好...

  12. 鶴岡市鳥居町にある羽黒山『一の鳥居』跡 - 「 ボ ♪ ボ ♪ 僕らは釣れない中年団 ♪ 」Ver.1

    鶴岡市鳥居町にある羽黒山『一の鳥居』跡

    鶴岡市鳥居町の常源寺門前にある羽黒山一の鳥居跡の石碑案内通り境内の左奥に進むと鎮座していました鶴岡市のHPによればその昔、今の内川のあたりを赤川が乱流していた頃は一面の川原であった。大宝寺城(後の鶴ヶ岡城)主の武藤氏は羽黒山別当べっとうを兼ね、この辺りに羽黒山を遙拝ようはいするための「一の鳥居」が立っていたので鳥居川原と呼ばれるようになった。鳥居は今の常源寺のあたりにあったといわれているが天...

  13. 出羽三山 羽黒山編 - テラ リガーレ便り  自然との調和

    出羽三山 羽黒山編

    入院、手術から遡ること4日前。出羽三山を巡る旅にゆかともちんと行って来ました。旅日記にしばらくおつきあいを(*^^*)旅を申し込んだ時には、まさか乳ガンが発覚するとも知らず、気になってた場所だから決めただけでした。出羽三山は羽黒山が現世、月山が前世、湯殿山が来世を表すとされ、羽黒修験道では、死と再生の意味を持つ、「三関三渡の行」と言うそう。まさに旅のテーマは生まれ変わりの旅だった(笑)こんな...

  14. 月の山その3(寄り道・羽黒山) - そらいろのパレット

    月の山その3(寄り道・羽黒山)

    下山した月山八合目からの鶴岡行バスを羽黒山山頂BSで途中下車すれば、羽黒山内を見ながら1.7km、2446段あるという石段を二時間ほどで下って、本来の参拝口である随神門に出られるようです。<羽黒山杉並木>せっかくなので寄り道して行きましょう。この日のうちに東京へ帰るには二時間後のバスでも間に合いますから。

  15. 羽黒山へ行こう! - ハウスカ・キートス

    羽黒山へ行こう!

    今回は【地元の自然に触れる】をテーマに羽黒山へ行って来ました。「保育園で行った〜!」「俺、頂上まで行ったことあるし‼」と、やっぱり地元の有名スポットとあってほとんどの子が1度は行ったことがある様子。今回は随神門(ずいしんもん)〜五重塔までを往復するコースです🚶 この日もやっぱり暑い☀まずはスタート前に水分・塩分補給をしてから。それから随神門前でパチリ✌さあ、いよいよス...

  16. 羽黒山 五重塔のライトアップ - tokoya3@

    羽黒山 五重塔のライトアップ

    月山のあとは、羽黒山のライトアップ!静寂の中の出羽三山神社。随神門(ずいしんもん)で受付を済ませて石段を下っていきます。暗い参道を進んでいくと、五重塔が浮かび上がってきます。ライトアップされた五重塔は黄金に輝いていました!静かなライトアップ最高でした!

  17. 山形パワースポット巡り羽黒山三神合祭殿 - 井ノ中カワズの井戸端ばなし

    山形パワースポット巡り羽黒山三神合祭殿

    羽黒山山頂にある三神合祭殿は濃い靄(もや)がかかり、杉木立の間に微かに重厚な萱葺きの建物が姿を現していました。この幻想的で神秘的な光景を目にして、呆然と立ち尽くす人達↑。鐘楼堂も茅葺屋根。三神合祭殿どんなふうに表現をしてよいか分からないのですが、茅葺の屋根の分厚さと曲線のふくよかな柔らかさと温かみ、そして建物全体の重量感に圧倒されます。雨の降りが酷くて、建物全体の写真が撮れない…。参拝者のた...

  18. 山形パワースポット巡り羽黒山の爺杉と五重塔 - 井ノ中カワズの井戸端ばなし

    山形パワースポット巡り羽黒山の爺杉と五重塔

    羽黒山と言えばこの五重塔。素木造り、柿葺、三間五層で東北最古の塔で国宝に指定されている。山形の旅の二日目、さくらんぼ狩りが終わって、羽黒山・月山・湯殿山の三神合祭する出羽三山神社をめざしました。こちらは羽黒山、三山の神々を合祀するお山です。山頂の出羽三山神社にお参りする前に有名な国宝五重塔を見に行くことに。随神門をくぐると、苔むしたうっそうとした杉木立の神域に入ります。徐々に降り出した雨は、...

  19. 庄内の雪晴れ間 - あけび Handmade

    庄内の雪晴れ間

    子供の頃、2月ぐらいだったかな小学校の行事で、雪の芸術祭というのがあって、思い出したよ。これ見て。。父兄も手伝って、札幌雪まつり的なスカルプチャーを作るの。雪のない時なんかは、土や草が混じって綺麗な白になんなかったりね。今年は真っ白な大作が期待できそうだね。今もやってんのかなぁ晴れた!嬉しいのよ、綺麗だし。うちの庭とは思えない景色です。メスのマメは外じゃないと用が足せないので飼い主も道を作っ...

  20. 大雪警報 - あけび Handmade

    大雪警報

    羽黒山の門前町にある実家は豪雪地帯と言っていいと思う。二日振り続けて庭はタッポリ雪。植木の囲いもモチをかぶったみたいよ。実家の階段途中の地蔵様も屋根にずっしり。子供の頃この階段をよくソリやらスキーで遊んだもんだが、今はコンクリート製の階段は電熱ヒーターになっている。しかし電熱ヒーターの階段も半分しか見えてないじゃないか!階段のある家のリスクは高いな。うちの住人も年寄りになれば危険なスロープう...

総件数:20 件

似ているタグ