老犬のタグまとめ

老犬」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには老犬に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「老犬」タグの記事(11)

  1. 敬老の日   - 水鏡 mizukagami

    敬老の日  

    敬老の日。自治会から母へお菓子が届きました。ありがとうございます。YOUも17歳!!おじいちゃん犬です。後ろ脚や心臓の具合が気になるお年頃です。

  2. サボってる間に・・・ - たからんこ

    サボってる間に・・・

    にゃはは(≧▽≦;)前回から随分と経ってしまいましたが、その間に新しい家族を迎えました!白茶のブチ模様のブッチです(*^▽^*)石川ドッグレスキューで代理募集してた全盲のおじいちゃんなんですけど、全然目が見えないなんて思わない位に元気いっぱいの可愛いコなんですよ!!鼻と耳をフル稼働で、猫みたいにヒゲも使って障害物を避けたり、凄いな~と愛しさ全開(*´ω`*)散歩中に匂い嗅ぎに夢中になってアル...

  3. ペットの餌は、人間さま用の牛肉と鶏肉、、間違っている! - おひとりさま 徒然なる老後

    ペットの餌は、人間さま用の牛肉と鶏肉、、間違っている!

    もやしだけ私用だ。あとは全部老犬用だ。毎夕に炒めて肉汁だしてお召しいただいている。私はもやし炒めと納豆ご飯だ。私はおおきな間違いをしていると確信している。

  4. ⑥火葬とその後の日々 - 雨の日には雨をきいて

    ⑥火葬とその後の日々

    ■8月15日くうを火葬場にて、立ち会いのもので火葬しました。13日の夕方から火葬場の冷凍庫で眠っていたくう。冷たかっただろう、暗くて寂しかっただろう。13日も14日も近くの火葬場で安置されているくうの事が頭から離れず、元気な姿で我が家の庭に来てくれる夢や普通に暮らすくうの夢を見ました。子犬だったくうを拾った海岸にも行きました。「みんなのもとへ、くうも行ったよ。」と子犬で亡くなった仲間に伝え、...

  5. ⑤急変 - 雨の日には雨をきいて

    ⑤急変

    ■8月13日朝、オムツにはおしっこがしてありその後、母と散歩へ。もう自分の足でわりとしっかりと歩けるくうは自力でうんちをしました。介護を初めて知ったことですが、犬のうんちポーズは後ろ足が弱ると難しくなります。途中までポーズをとっても、後ろ足がもたずふにゃっと地面に尻もちをついてしまうのです。なので、8月3日に助け出され歩くことが出来ないほど衰弱していたくうが、10日でこんなにも元気になったこ...

  6. 変化は変かな? - 役に立ちそうでなかなか役に立たないような気がするブログ

    変化は変かな?

    ここ数年でクッキーは変わりつつあります。1) 散歩は大好きだったのに...↑ 用を足してしまうと帰ろうよと催促する。2) 嫌いだったのに...↑ 抱っこが好きになってしまった。以前は抱っこすると、ビチビチ抵抗して嫌がっていました。3) 真夏の喉の渇きを潤すのは公園の水道だったのに...↑ いっさい、口にしなくなってしまった。うちに帰ってから庭で水を飲むのがいいらしい。以前、難聴のことを記事に...

  7. これは愛情なのか?ただお人好しなだけなのか? - おひとりさま 徒然なる老後

    これは愛情なのか?ただお人好しなだけなのか?

    家の老犬があまりにも食が細いので、とうとう人様が食す"肉"をあげようと決意した。さっそく夜のスーパーに買いに行った。右の鶏肉が老犬用だ。私のより脂質がうんと少なく高い。完全な逆転現象を起こしてしまっている。ペットとはなんなんだろうか?理性では考えられない行動にでてしまう。これが愛か?、いやただ私はお人好しなのだとおもう。

  8. 認知症の老犬の介護に疲れる、、 - おひとりさま 徒然なる老後

    認知症の老犬の介護に疲れる、、

    ペットの愛くるしい写真、猫可愛がりのブログ、、。みんなペットが死期を迎えるときはどうするのだろう?私の家の認知症の老犬の介護は大変だ。なぜがサンルームに上がってきては糞をして足でこねまわす。そして気分しだいで餌を食べない。多分、空腹でももう餌を食べたつもりでいるのか、ゲシュタルト崩壊で餌が認知できていないかだ。よって朝か夜のどちらかは蟻がたかり廃棄することになる。もちろん庭は糞だらけだし小便...

  9. ②夏バテで食欲不振に - 雨の日には雨をきいて

    ②夏バテで食欲不振に

    くうは私が結婚後に暮らしている家から徒歩30分ほどの実家で暮らしていました。結婚後に一緒に引っ越すかも検討しましたが15歳という年齢もあり、環境を変えると良くないと思い実家に残していました。散歩は朝は弟が行き、夕方は私が実家に通っていました。車で行くこともあれば、パグのぷぅの散歩がてら行くこともしばしば。ぷぅにとってはうんと年上の親分、くうからしたら若いうるさい奴、という認識だったように思い...

  10. オリバーからもらった愛 - はばたけ MY SOUL

    オリバーからもらった愛

    やさしさに包まれた あたたかな場所そこにはいつも君がいる」オリバー... 2016年1月7日17歳でお空に行ってしまった君 初めて出逢ったのは1998年12月。 先住犬がなくなり沈んでいる私に 「クリスマスプレゼント」と紙袋を渡された。 開けてビックリ 鼻べちゃの黒い顔(パグ)と目が合った。 暮らし始めて耳が聞こえない、真っ直ぐに歩けないことがわかったんだ。 「こんな犬 戻しておいで」と言う...

  11. 老犬の認知症が進んだ?ただの老化? - おひとりさま 徒然なる老後

    老犬の認知症が進んだ?ただの老化?

    今朝、ペットベッドの中に大きいのをしていた。ゲシュタルト崩壊が始まったのかな?どちらにしろ、突然に階段を踏み外すように老化が進む。見守るしかない。そういえば、母の施設で、認知症が進んでいた男性入居者がいなくなっていた。結構な大声で徘徊し従業員に暴力をふるうようになっていた。いよいよ次のステップに家族が踏み切ったようだ。そうなのだ。社会的協調ができないとこうなるのだ。高齢者の認知症患者だからと...

1 - 11 / 総件数:11 件

似ているタグ