老齢基礎年金のタグまとめ

老齢基礎年金」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには老齢基礎年金に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「老齢基礎年金」タグの記事(21)

  1. ねんきんFAQ繰上げ編25 - 松浦貴広のねんきんブログ

    ねんきんFAQ繰上げ編25

    <Q1>私がをすると妻に加算されている配偶者加給年金は停止になってしまうのですか?(60歳)<A1>20年以上の厚生年金保険の加入期間がある場合、繰上げによって老齢厚生年金を受給すると、そこで配偶者の配偶者加給年金額は停止になります。<Q2>老齢厚生年金の繰上げをせずに老齢基礎年金のみの繰上げは可能ですか?(32年7月生まれ、男性)<A2>現在は支給開始前年齢のため、繰上げをすると老齢厚生年...

  2. 大切なお知らせ - WEEKEND PARADISE

    大切なお知らせ

    少しだけ嬉しいかな・・・昨日家に届いた郵便物・・・日本年金機構からの“大切なお知らせ”申請してあった老齢基礎年金が10月から支給になるとの事。幾ばくかの金額ではあるが、やはり嬉しい・・・ほんの少しだけね。まだまだ現役の身なので、70歳迄受給を延長しても良かったが、それまでに死んでしまったら、今迄支払って来た事が何の意味も持たなくなるので、老齢基礎年金だけは受け取る事にした。本当に僅かな金だが...

  3. 年金アドバイスv(∩.∩)v 555(老齢基礎年金の請求と年金生活者支援給付金の請求) - 松浦貴広のねんきんブログ

    年金アドバイスv(∩.∩)v 555(老齢基礎年金の請...

    ◇老齢基礎年金の請求と年金生活者支援給付金の請求65歳になり老齢基礎年金を請求する際には、年金請求書と同封の年金生活者支援給付金請求書を同時に提出します。(65歳まで特別支給の老齢厚生年金を請求していなかった場合を含む)年金生活者支援給付金の支給要件としては世帯全員の市町村民税が非課税であることなどの要件があります。(′ – ′)請求手続き後、審査を経て10月ごろに通知書が届きます。なお、支...

  4. ねんきんnews2019年4月号(平成31年度の年金額) - 松浦貴広のねんきんブログ

    ねんきんnews2019年4月号(平成31年度の年金額)

    ●平成31年度の年金額平成31年4月分(支払は6月)からの年金額は前年度と比べ0.1%の増額となります。・老齢基礎年金、遺族基礎年金、障害基礎年金(2級)→780,100円(前年度は779,300円)・障害基礎年金(1級)→975,125円(前年度は974,125円)・配偶者加給年金額(老齢)→390,100円(前年度は389,800円)

  5. ねんきんFAQ繰下げ編23 - 松浦貴広のねんきんブログ

    ねんきんFAQ繰下げ編23

    <Q1>雑誌を見たら繰下げがお得だと思いました。(61歳)<A1>特別支給の老齢厚生年金の繰下げはできませんが、65歳時に繰下げの意思確認を兼ねた年金請求書(ハガキ)が送られてきます。<Q2>繰下げをしてる時に亡くなった場合は?<A2>配偶者や子などの未支給年金請求者に対して、65歳時点に戻っての未受給分がまとめて支払われます。<Q3>共済と厚生年金はもらうようにして、基礎年金だけ繰下げ可能...

  6. 年金アドバイスv(∩.∩)v 550(奇数月生まれと偶数月生まれの初回受取時の額の違い) - 松浦貴広のねんきんブログ

    年金アドバイスv(∩.∩)v 550(奇数月生まれと偶...

    ◇奇数月生まれと偶数月生まれの初回受取時の額の違い老齢厚生年金や老齢基礎年金などは、誕生月の翌月分からの受給となります。(1日生まれは当月分から)実際支払いとなるのは、2か月から3か月後になりますが、奇数月生まれと偶数月生まれにより、初回時の額が1か月分又は2か月分の違いが出ます。Σ(゚ロ゚;)例えば、Aさん65歳、1月生まれ、老齢基礎年金の受給権あり。Bさん65歳、2月生まれ、老齢基礎年金...

  7. ねんきんFAQ年金額編23 - 松浦貴広のねんきんブログ

    ねんきんFAQ年金額編23

    <Q1>一回もらったらその額が一生続くことになりますか?<A1>特別支給の老齢厚生年金はそのまま続くわけではなく、65歳時に老齢厚生年金と老齢基礎年金に変わり、額も増えます。<Q2>退職したら年金額が増えると思いますが、何か手続きが必要ですか?<A2>退職時の改定については、事業主からの資格喪失届により、自動的に額が変わります。個人での手続きは不要です。<Q3>連続で年金額が減っています。<...

  8. 年金アドバイスv(∩.∩)v 537(65歳の3か月前or当月) - 松浦貴広のねんきんブログ

    年金アドバイスv(∩.∩)v 537(65歳の3か月前...

    ◇65歳の3か月前or当月65歳時には老齢基礎年金や老齢厚生年金の受給手続きがあります。65歳時の3か月前に年金請求書が送付されるケースと65歳の当月に年金請求書(ハガキ)が送付されるケースがあります。(´。•ㅅ•。`)「65歳の3か月前に年金請求書が送付されるケース」・加入記録が国民年金のみの場合(厚生年金保険が12月未満の場合を含む)・特別支給の老齢厚生年金を請求していなかった場合・加入...

  9. ねんきんQuiz-第534問(年金の語句) - 松浦貴広のねんきんブログ

    ねんきんQuiz-第534問(年金の語句)

    Q以下のカッコ内に入る語句を、①~④のうちから選んでください。☆「本人の希望により、老齢基礎年金や老齢厚生年金について、66歳以降に増額して受給することを()という。」①繰上げ②繰り延べ③繰下げ④借り上げA③繰下げpoint「本人の希望により、老齢基礎年金や老齢厚生年金について、66歳以降に増額して受給することを(繰下げ)という。」なお、60歳から65歳までの間に受給できる特別支給の老齢厚生...

  10. 年金アドバイスv(∩.∩)v 531(加入可能年数と満額の老齢基礎年金) - 松浦貴広のねんきんブログ

    年金アドバイスv(∩.∩)v 531(加入可能年数と満...

    ◇加入可能年数と満額の老齢基礎年金老齢基礎年金は20歳から60歳までの40年間、すべて保険料を納付(第1号、第2号、第3号)の場合に満額となります。(任意加入の分を含む)しかし、国民年金制度が始まった昭和36年4月において、すでに20歳以上であった16年4月1日以前生まれの人は、加入可能年数が異なり、36年4月から60歳までをすべて納付の場合に満額の老齢基礎年金を受給できます。(生年月日に応...

  11. 年金アドバイスv(∩.∩)v 520(特別障害給付金と老齢の年金との調整) - 松浦貴広のねんきんブログ

    年金アドバイスv(∩.∩)v 520(特別障害給付金と...

    ◇特別障害給付金と老齢の年金との調整学生など国民年金に任意加入していなかったことにより、障害基礎年金等を受給していない障害者について、特別障害給付金が平成17年4月から受給できるようになっています。もし、特別障害給付金の受給者が、老齢基礎年金や老齢厚生年金などの老齢の年金を受給できるときは、その受給分を差し引いた差額が特別障害給付金の支給額になります。なお、老齢の年金の額が特別障害給付金の額...

  12. 年金アドバイスv(∩.∩)v 513(国民年金保険料の大切なお知らせ(後納)) - 松浦貴広のねんきんブログ

    年金アドバイスv(∩.∩)v 513(国民年金保険料の...

    ◇国民年金保険料の大切なお知らせ(後納)後納制度の利用期限は平成30年9月30日までとなっており、後納の申し込み可能な被保険者に対して、案内のハガキが送付されています。σ(o・ω・o)当該案内のハガキには、年度ごとの後納可能月数やその保険料額などが記載されています。後納により、老齢基礎年金の額を増やしたり、受給資格期間に算入することもできます。後納の申し込みには、「国民年金後納保険料納付申込...

  13. ねんきんFAQ繰上げ編21 - 松浦貴広のねんきんブログ

    ねんきんFAQ繰上げ編21

    <Q1>60歳の時に手続きは必要ですか?(59歳、女性)<A1>繰上げ希望の場合は早ければ60歳時に手続きを行うことが可能です。通常の受給だと61歳時に年金請求書が送られてきて、誕生日の前日以降に手続きを行います。<Q2>障害厚生年金の請求と障害者特例の請求をしていますが、通らなかったときは繰上げもできますか?<A3>はい。3級未満の場合で該当しなかったときは、繰上げ請求をし、繰上げにて受給...

  14. ねんきんFAQ繰下げ編20 - 松浦貴広のねんきんブログ

    ねんきんFAQ繰下げ編20

    <Q1>繰下げはできないんですか?(遺族厚生年金の受給権あり)<A1>遺族厚生年金の受給権があるときは繰下げできません。65歳以降は老齢厚生年金との差額が遺族厚生年金として支給されます。<Q2>ハガキが届きましたが、どうすれば?(69歳、老齢基礎年金を繰上げ受給中)<A2>老齢厚生年金について、65歳時に戻って受給するか、今から増額して繰下げにて受給するか、あと1年待って70歳から受給するか...

  15. ねんきんnews2018年3月号(平成30年度の年金額) - 松浦貴広のねんきんブログ

    ねんきんnews2018年3月号(平成30年度の年金額)

    ●平成30年度の年金額平成30年度の年金額については、29年度の年金額から据え置きとなります。(額は変わらず。)主な年金額は…・老齢基礎年金(満額)…779,300円・配偶者加給年金額(老齢年金、昭和18年4月2日以降生まれの場合)…389,800円・子の加算額(第1子、第2子)…224,300円・子の加算額(第3子以降)…74,800円・障害基礎年金(1級)…974,125円・障害基礎年金...

  16. 年金アドバイスv(∩.∩)v 492(老齢基礎年金と老齢厚生年金の両方を繰下げするときの再確認のお知らせ(ハガキ)) - 松浦貴広のねんきんブログ

    年金アドバイスv(∩.∩)v 492(老齢基礎年金と老...

    ◇老齢基礎年金と老齢厚生年金の両方を繰下げするときの再確認のお知らせ(ハガキ)65歳時において、老齢基礎年金と老齢厚生年金の両方を繰下げにて受給する旨希望するときは、ハガキ(年金請求書)の提出は不要です。その後、確認を兼ねて、同じようなハガキ(年金請求書)がもう一度送られてきます。(*´▽`)ノ両方の繰下げの希望の場合は、1回目のハガキと同じく2回目のハガキも提出不要です。(繰り下げた年金を...

  17. ねんきんFAQ繰下げ編19 - 松浦貴広のねんきんブログ

    ねんきんFAQ繰下げ編19

    <Q1>老齢基礎年金と老齢厚生年金のどちらかを繰下げしようと思いますが、どちらがいいでしょうか?<A1>それぞれ同じ率にて増えますが・・老齢厚生年金に加算される配偶者加給年金額に対しての増額はありません。加給金のことを考慮すると老齢基礎年金のみ繰下げをし、老齢厚生年金の受給とする方がいいですが、あとは本人の意思次第です。<Q2>70歳でもらうつもりですが、手続きは3か月くらい前のほうがいいで...

  18. ねんきんQuiz-第475問(期間短縮) - 松浦貴広のねんきんブログ

    ねんきんQuiz-第475問(期間短縮)

    Q以下の4つの年金のうち、10年の期間短縮の対象となる年金の数を選んでください?☆☆☆「特別支給の老齢厚生年金」「障害基礎年金」「寡婦年金」「老齢基礎年金」①4つ②3つ③2つ④1つA②3つpoint「特別支給の老齢厚生年金」と「寡婦年金」と「老齢基礎年金」は10年の期間短縮の対象になります。(ほかには老齢厚生年金や通算老齢年金や退職共済年金などがあります。)なお、障害基礎年金は10年の期間短...

  19. 年金アドバイスv(∩.∩)v 474(免除の期間と老齢基礎年金の額) - 松浦貴広のねんきんブログ

    年金アドバイスv(∩.∩)v 474(免除の期間と老齢...

    ◇免除の期間と老齢基礎年金の額免除を受けていた期間は、その免除の種類と期間により、老齢基礎年金への算入の額が違います。(*´□`)ゞ・全額免除平成21年3月まで→3分の1が年金額に反映平成21年4月以降→2分の1が年金額に反映・4分の3免除(4分の1納付)平成21年3月まで→2分の1が年金額に反映平成21年4月以降→8分の5が年金額に反映・半額免除(2分の1納付)平成21年3月まで→3分の2...

  20. ねんきんQuiz-第446問(繰下げ) - 松浦貴広のねんきんブログ

    ねんきんQuiz-第446問(繰下げ)

    Q繰下げについて、以下の①~③を○か×かで答えてください?☆☆①繰下げ請求は65歳1か月から可能である○or×②老齢基礎年金と老齢厚生年金について、それぞれに繰下げ時期を選択できる○or×③加給年金額は繰下げによる増額がない○or×A①×②○③○point①繰下げ請求が可能なのは66歳0月からとなります②昭和17年4月2日以降生まれについては、老齢基礎年金と老齢厚生年金を別々の希望月にて繰下...

総件数:21 件

似ているタグ