耐震等級3のタグまとめ

耐震等級3」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには耐震等級3に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「耐震等級3」タグの記事(117)

  1. ホームページ>設計施工例を更新致しました。 - 成長する家 子育て物語

    ホームページ>設計施工例を更新致しました。

    東松山市の家ホームページ にてお写真をご紹介させて頂いています。 株式会社奥山建設 →ホームページ→ご予約・お問合せはこちら

  2. 志木市の家完成見学会のご案内 - 成長する家 子育て物語

    志木市の家完成見学会のご案内

    こんにちは、むらおかみほです。志木市にて建築中のN様邸。お施主様のご好意で、5月22日(土)・23日(日)完成見学会を開催させていただきます。周辺を建物に囲まれているため、日照シミュレーションソフトを活用しながらプランのご提案をさせていただきました。↑高窓から光が差し込むリビング。高気密・高断熱施工により、夏涼しく冬暖かいお住まいです。↑キッチンと洗面室に、N様が選定されたタイル。グリーンの...

  3. 標準仕様について - 成長する家 子育て物語

    標準仕様について

    こんにちは、小林です。構造材は数回に分けて搬入します。まずは、一階部分の柱と2階の床梁等。こちらも、ブルーシートで養生します。材料をいっぺんに運んでしまえばスケジュールの調整は一度で楽なのですが、作業が行いにくくなります。かといって、材料を小分けにして何回も運ぶとなると運輸コストが割高になります。天気、職人のスケジュール、現場状況によって判断するのですが、毎回悩むのが資材搬入のタイミングです...

  4. 標準仕様について - 成長する家 子育て物語

    標準仕様について

    こんにちは、小林です。床の断熱材の上に厚板合板を施工したら土台作業の完了です。雨に直接さらされないように、ブルーシートで養生しておきます。後日、建て方作業に必要な資材の搬入を行います。数日~1週間程度の雨をしのぐ為の養生になります。( 標準仕様関連の記事へ )スペック》》》・土台紀州産芯持ち材ヒノキ120㎜角・基礎パッキンによる通気工法・構造形式ピン工法(カネシン/主要部分にプレセッター金...

  5. 標準仕様について - 成長する家 子育て物語

    標準仕様について

    こんにちは、小林です。気密処理について空気が通りそうな小さな隙間はテープやコーキング、発砲ウレタンスプレーを活用して対応しています。( 戻る )スペック》》》・土台紀州産芯持ち材ヒノキ120㎜角・基礎パッキンによる通気工法・構造形式ピン工法(カネシン/主要部分にプレセッター金物を採用)・断熱形式充填100㎜(熱伝導率0.020w/㎡Kの断熱材を採用)・土間断熱仕様スタイロEX50㎜厚・基礎幅...

  6. 標準仕様について - 成長する家 子育て物語

    標準仕様について

    こんにちは、小林です。床の気密処理についてです。断熱材と木材の接点をテープで目張りしています。四角い穴は床点検口となります。( 戻る )スペック》》》・土台紀州産芯持ち材ヒノキ120㎜角・基礎パッキンによる通気工法・構造形式ピン工法(カネシン/主要部分にプレセッター金物を採用)・断熱形式充填100㎜(熱伝導率0.020w/㎡Kの断熱材を採用)・土間断熱仕様スタイロEX50㎜厚・基礎幅外周部1...

  7. 標準仕様について - 成長する家 子育て物語

    標準仕様について

    こんにちは、小林です。幾つか理由があり基礎断熱ではなく、床断熱形式としています。土台・大引き材の間に断熱材を施工した様子です。断熱材の熱伝導率は0.020w/mKという値で、木材と比べると格段に熱を通しにくい物性です。ちなみに天然木材の熱伝導率は0.12~0.19程度と言われます。木材は生物なので実際には個体差があったり含水率によって熱伝導率も異なるのではと思っていますが、断熱材に比べると5...

  8. 標準仕様について - 成長する家 子育て物語

    標準仕様について

    こんにちは、小林です。土台と大引き住宅の床を支え、鉄筋コンクリート製の基礎と建物が接合する部分の材料です。床下や大地からの湿気の影響を一番受けやすい部材です。また、土の中にいるシロアリから物理的距離の近い部分にある木材とも言えます。防虫対策と耐久性・強度の観点からヒノキの芯持ち材を使うようにしています。サイズは12センチ角(4寸角とも言います)です。強度と耐久性を考えると、断面寸法は大きい方...

  9. 志木の家配筋検査を行いました。 - 成長する家 子育て物語

    志木の家配筋検査を行いました。

    こんにちは、小林です。志木の家、配筋検査を行いました。表層地盤が少し柔らかい為、外周部を深基礎にしています。柔らかい土を撤去し、その下にある締め固まった土に基礎を乗せる作戦です。基礎の配筋は工場であらかじめ溶接されたユニット鉄筋を使っています。基礎の背が高くなるほど一つのユニットが重量化するので、今回の配筋はさぞ大変だったでしょう。16mmアンカーボルト、かぶり厚さ、接手長さなどの全数チェッ...

  10. 志木の家基礎着工です。 - 成長する家 子育て物語

    志木の家基礎着工です。

    こんにちは、小林です。志木市にて新しい家づくりが始まります。基礎の高さや配置の基準となる囲い(やり方と呼びます)を掛けてきました。お隣から離れや基準点を確認し、工事の方法やスケジュールの概要について基礎屋さんと打合せ。4間×4間の正方形プランです。シンプルでナチュラルな雰囲気のお住まいに仕上がる予定です。南側を建物に囲まれた、日照的に厳しい敷地条件ですが明るさを取り込める工夫をしています。建...

  11. 人通口をどこに設けるか。基礎計画の話 - 成長する家 子育て物語

    人通口をどこに設けるか。基礎計画の話

    こんにちは、小林です。木造住宅の基礎計画の話です。人通口とは、基礎の立ち上がり部分に人が通る為の開口を設けた部分の事を指します。床下の設備配管施工や完成後の点検時に床下に潜れるようにところどころ基礎に開口を設ける必要があります。ですので、点検のしやすさや配管のしやすさを考えて置く事も大切です。一方で、基礎強度を考えると人通口は邪魔者と言えます。基礎が曲がる力に耐える時に、基礎上下付近にある主...

  12. 基礎の計画の話 - 成長する家 子育て物語

    基礎の計画の話

    こんにちは、小林です。新築住宅の構造検討中です。上部構造(屋根組、小屋組み、床梁の計画)を一取りまとめ基礎の検討に入ります。地中梁方式という、強度は高いが施工が大変という基礎形状を採用しています。ビルやマンションを作っている職人さんから見れば簡単な部類なのかもしれませんが、比較的軽い木造の基礎は、あっさりとした形状のものが普通なので地中梁が十字にクロスするだけでも基礎屋さんにとっては難儀な部...

  13. 住宅の基礎の計画について - 成長する家 子育て物語

    住宅の基礎の計画について

    こんにちは、小林です。住宅の基礎の計画について。昨日に続き構造の話題です。木造住宅は木で出来ていますが、基礎はRC造です。鉄筋コンクリート造に関する構造検討は木造の考え方と違うのでなんとなく苦手です。その原因は、身近に相談できる相手がいない事だと思います。木の構造については、先輩社員や大工さんに相談すると経験則からこーだあーだとアドバイスを貰える事が多いのですが、コンクリート構造の話になると...

  14. 壁量計算、構造計算? - 成長する家 子育て物語

    壁量計算、構造計算?

    こんにちは、小林です。住宅性能診断士『ホームズ君』というプログラムを今年の初めに購入しました。最終的な目的は、許容応力度計算と呼ばれる構造計算を社内で行えるようにする事です。木造住宅の構造検討方法を大きく3種類に分けると、レベル1建築基準法における壁量計算で安全性の検討をするレベル2品確法における性能表示制度中の耐震等級によって安全性を検討するレベル3構造計算プログラムによる安全性の検討をす...

  15. 山町商店の構造材で頑丈な木の家を - 成長する家 子育て物語

    山町商店の構造材で頑丈な木の家を

    こんにちは、小林です。『厳選紀州山長の森』先週末に建て方作業を行った川越の家。現場に行くと、木が香ります。筋交いが入り、補強金物が設置されていました。今日は、外部の耐力面材の施工のお手伝い。 株式会社奥山建設 →ホームページ→ご予約・お問合せはこちら

  16. 川越の家建て方作業を行いました。 - 成長する家 子育て物語

    川越の家建て方作業を行いました。

    こんにちは、小林です。沢山ある構造材、それぞれが所定の位置に納まり一軒の家の形が出来上がります。一つ足りないという事が許されない上棟作業。事故が起きず、棟上げとなる事を願いながら現場立ち合い。天候は良く、風も雨も強すぎる日差しもなく作業を進める事が出来た事に感謝です。幾つか想定外がありましたが、3時には野地板施工もおよそ完了しました。職方の皆さまお疲れさまでした。 株式会社奥山建設 →ホーム...

  17. 建て方のその前に。 - 成長する家 子育て物語

    建て方のその前に。

    こんにちは、小林です。週末に上棟する現場に構造材が届きました。夜露に濡れないようブルーシートで養生します。地震や台風に強い家を建てようとすると、構造材は大きくなり、量も増え、運ぶのが大変になってゆきます。例えば、筋交い。ヒノキ材でも杉材でも、米松でも断面寸法が同じであれば耐震壁としての評価は同じです。そのうえ、断面寸法が45㎜×90㎜から90㎜×90㎜以下は大きくなろうと評価は上がりません。...

  18. 基礎検査2回目を行いました。 - 成長する家 子育て物語

    基礎検査2回目を行いました。

    こんにちは、小林です。配筋検査の2回目。立ち上がり部分の型枠とアンカーボルトのチェックを行いました。天気予報を確認し、型枠解体までのスケジュールについて打合せました。今回は、土が多いので工事車両部分のすきとりを合わせて行ってもらう予定です。 株式会社奥山建設 →ホームページ→ご予約・お問合せはこちら

  19. 配筋検査 - 成長する家 子育て物語

    配筋検査

    こんにちは、小林です。川越の家配筋検査を行いました。基礎面積約14坪のお住まいですが、縦に2本横に1本の地中梁があります。鉄筋のかぶり厚さ、重ね接手の長さなどをチェックします。明日は、耐圧盤コンクリートの打ち込み予定。10月18日に板橋区の家完成見学会を行わせて頂きます。詳しくはHPをご確認下さい。※※ご予約受付終了致しました。 株式会社奥山建設 →ホームページ→ご予約・お問合せはこちら

  20. 住まいのプレゼン行いました。 - 成長する家 子育て物語

    住まいのプレゼン行いました。

    こんにちは、小林です。ご相談中のお客様へファーストプレゼンを行いました。市街化調整区域内のゆったりとした敷地。ソトとウチのつながりを愉しみながら生活をしていただけるように。四季の移ろいという変化が心の豊かさを醸成してくれるように。普通の一日、一日が大切なもので在るように。設計意図や周辺建物との関係性、各種申請のスケジューリング等共有させて頂きました。次回の打合せまでに、ご要望を整理して頂く約...

総件数:117 件

似ているタグ