聖書のタグまとめ

聖書」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには聖書に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「聖書」タグの記事(357)

  1. ⓪ 神と対話してみたら、意外と面白い『ヤツ』だった件。~【アカシックレコード入門 & リーディング実践編】 - うつ病 治療 & PTSD 症状(心的外傷後ストレス障害)& パニック障害・不安障害/適応障害の解決を目指す。~ 何よりも健康的でシンプルな解決策は、『意識的な気づき』の活用です。

    ⓪ 神と対話してみたら、意外と面白い『ヤツ』だった件。...

    神と対話してみたら、意外と面白い『ヤツ』だった件。~【アカシックレコード入門 & リーディング実践編】(Spirit Guide/ΑΩ Books.)https://www.amazon.co.jp/dp/B09FDZVK2B[Adam Eve ~]ボクらのお腹に付いている「おへそ」は、間違いなくお母さんのおへそと繋がっていたものだけど、もしそのおへそをずっとずっと辿っていって、遥か大昔・...

  2. 聖書の謎「ハルマゲドン」は、東京湾液化天然ガス大火災 - 湯島・東京日立病院と東都文教病院

    聖書の謎「ハルマゲドン」は、東京湾液化天然ガス大火災

    国内新型コロナウイルス感染累計が100万人を超えた : 高度情報化コロナ革命と高度情報化社会主義 (livedoor.blog)。LNGタンク設計者が、タンクに航空機墜落時の大爆発を証言 : 湯島・東京日立病院と東都文教病院 (exblog.jp)LNGタンク設計者が、タンクに航空機墜落時の大爆発を証言 : 湯島・東京日立病院と東都文教病院 (exblog.jp)液化天然ガスのタンカー事故被...

  3. わたしたちも主に仕えます。この方こそ、わたしたちの神です。 - 風の時代を生きる

    わたしたちも主に仕えます。この方こそ、わたしたちの神です。

    ヨシュア記その日、24・1ヨシュアは、イスラエルの全部族をシケムに集め、イスラエルの長老、長、裁判人、役人を呼び寄せた。彼らが神の御前に進み出ると、2aヨシュアは民全員に告げた。15「もし主に仕えたくないというならば、〔ユーフラテス〕川の向こう側にいたあなたたちの先祖が仕えていた神々でも、あるいは今、あなたたちが住んでいる土地のアモリ人の神々でも、仕えたいと思うものを、今日、自分で選びなさい...

  4. 祈りの力〜使徒の働き12章1〜19節 - 新しい歌を歌おう

    祈りの力〜使徒の働き12章1〜19節

    そのころ、ヘロデ王は教会の中のある人々を苦しめようとしてその手を伸ばし、ヨハネの兄弟ヤコブを剣で殺した。 それがユダヤ人の気に入ったのを見て、次にはペテロをも捕えにかかった。それは、種なしパンの祝いの時期であった。ヘロデはペテロを捕えて牢に入れ、四人一組の兵士四組に引き渡して監視させた。それは、過越の祭りの後に、民の前に引き出す考えであったからである。こうしてペテロは牢に閉じ込められていた。...

  5. 神様の守り - J.Gospel      from oliveYoshie

    神様の守り

    ***********************詩編73-28しかし、私にとって神のみそばにいることが、幸せです。***********************私たちは神様の守りの中で生活することができていて本当にハレルヤ!感謝です。北海道も気温上昇!道東でさえもあっつい!!!20日以上続いています。異常気象なんだ!扇風機2台とサーキュレーターが回りっぱなし。停電からの守りを祈るばかりです。神...

  6. 主の御手〜使徒の働き11章19〜21節 - 新しい歌を歌おう

    主の御手〜使徒の働き11章19〜21節

    さて、ステパノのことから起こった迫害によって散らされた人々はフェニキヤ、キプロス、アンテオケまでも進んで行ったが、ユダヤ人以外の者にはだれにも、みことばを語らなかった。 ところが、その中にキプロス人とクレネ人が幾人かいて、アンテオケに来てからはギリシヤ人にも語りかけ、主イエスのことを宣べ伝えた。そして、主の御手が彼らとともにあったので、大ぜいの人が信じて主に立ち返った。 だんだんと歳をとって...

  7. 彼らがエジプトから追放された - 風の時代を生きる

    彼らがエジプトから追放された

    ≪風の時代を生きる≫ Reborn Loving Life 新生愛活出エジプト記その日、12・37イスラエルの人々はラメセスからスコトに向けて出発した。一行は、妻子を別にして、壮年男子だけでおよそ六十万人であった。38そのほか、種々雑多な人々もこれに加わった。羊、牛など、家畜もおびただしい数であった。39彼らはエジプトから持ち出した練り粉で、酵母を入れないパン菓子を焼いた。練り粉には酵母が...

  8. 彼らがエジプトから追放された - 風の時代を生きる

    彼らがエジプトから追放された

    ≪風の時代を生きる≫ Reborn Loving Life 新生愛活出エジプト記その日、12・37イスラエルの人々はラメセスからスコトに向けて出発した。一行は、妻子を別にして、壮年男子だけでおよそ六十万人であった。38そのほか、種々雑多な人々もこれに加わった。羊、牛など、家畜もおびただしい数であった。39彼らはエジプトから持ち出した練り粉で、酵母を入れないパン菓子を焼いた。練り粉には酵母が...

  9. 行って、わが民イスラエルに預言せよ - 風の時代を生きる

    行って、わが民イスラエルに預言せよ

    https://asa6fuji.wixsite.com/himemiko2021アモスの預言その日、ベテルの祭司7・12アマツヤはアモスに言った。「先見者よ、行け。ユダの国へ逃れ、そこで糧を得よ。そこで預言するがよい。13だが、ベテルでは二度と預言するな。ここは王の聖所、王国の神殿だから。」14アモスは答えてアマツヤに言った。「わたしは預言者ではない。預言者の弟子でもない。わたしは家畜を飼...

  10. ローマの手紙4章 - 神様日記

    ローマの手紙4章

    ローマの手紙の簡略はガラテアの手紙神様は偏った見方をしない。例えば放蕩息子、出来ない弟と出来る兄。同じような対応した。社会や家族の中で順列を付けてしまった。ダビデの詩篇を引用。自分の犯した罪を悔い改める。ダビデは末っ子の羊飼い。神様に私達は守られている。神様を信じると神との距離が縮まる。神様に向かうことが大切、重要である。ローマよんしアブラハムの模範では、肉によるわたしたちの先祖アブラハムは...

  11. 5月16日これは主の戦いなり - 青梅あけぼのキリスト教会

    5月16日これは主の戦いなり

    (歴代志下20章15節)大谷唯信牧師「この大軍のために恐れてはならない。おののいてはならない。これはあなたがたの戦いではなく、主の戦いだからである。」人生の戦い、それは日常の仕事、学業、家庭生活、病気等々、あらゆる出来事に人生での戦いがある。当面、目の前にある生活での困難や逆境との闘いがあるのは今も昔も変わらない。ユダ王国の王ヨシャパテは国の存続を揺るがす危機に襲われた。今迄にない程の大軍が...

  12. 5月9日神のご臨在に触れる - 青梅あけぼのキリスト教会

    5月9日神のご臨在に触れる

    (詩篇 19篇1~4節)大谷唯信牧師「もろもろの天は神の栄光をあらわし、大空はみ手のわざをしめす。この日は言葉をかの日につたえ、この夜は知識をかの夜につげる。話すことなく、語ることなく、その声も聞こえないのに、その響きは全地にあまねく、その言葉は世界のはてにまで及ぶ。・・・」神は愛であり、愛は神であって全宇宙の中心である。この中心より絶えざる愛の流れが、すべての生きとし生けるものを通して流れ...

  13. ローマの信徒への手紙第3章 - 神様日記

    ローマの信徒への手紙第3章

    義人は信仰によって生きる。律法によっては、罪の自覚しかない。信じれば救われる。(ご利益宗教みたいだが)10-18節は詩篇14篇から。ユダヤ人がどのように信仰を守って来たのかを学ぶ。4.5章で詳しく書いてある。

  14. Bible - 高山ケンタ「日々の珈琲」

    Bible

    次のページをめくるとしようscript data-ad-client="ca-pub-9128737881608869" async src="https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js

  15. 復活祭(イースター)の日 - しらこばとWeblog

    復活祭(イースター)の日

    今日は復活祭(イースター)。十字架にかけられたイエス・キリストが、死んで、三日目に蘇った(復活した)ことを記念・記憶する日です。復活祭の日は、春分の日の後の最初の満月の次の日曜日です。したがって、年ごとに、日にちが変わる移動祝日です。キリスト教では、(クリスマスよりも)重要な祝祭日です。教会では皆、「おめでとうございます」と挨拶をします。ミサが行なわれて、そのあと、聖堂を出るときに装飾された...

  16. 洗礼者ヨハネの遺産 - 神のいつくしみ - 心の重荷をゆだねて‐

    洗礼者ヨハネの遺産

    年間第3主日(B年)第1朗読ヨナ3章1-5,10節あと40日すればニネベの町は滅びる、とヨナは語る第2朗読1コリント7章29-31節泣く人は泣かない人のように、喜ぶ人は喜ばないように、福音朗読マルコ1章14-20節イエス、4人の弟子を召しだされる(HP「日々の福音」で当日の聖書箇所を読むことができます。)ペトロ、アンデレ、ヨハネ、ヤコブの4人の弟子たちが、湖で漁をしているときに、イエスは弟子...

  17. イエスの家に泊まったヨハネ - 神のいつくしみ - 心の重荷をゆだねて‐

    イエスの家に泊まったヨハネ

    イエスの家に泊まった弟子たち年間第2主日 第1朗読サムエル上3章3b-10,19節サムエルは答えた。どうぞお話しください。僕は聞いております。第2朗読1コリント6章13c-15a、17-20節ヨハネ1章35-42節イエスの家に泊まった弟子たち (HP「日ごとの福音」で当日の朗読個所を見ることができます。)「午後四時ごろだった」。なぜこの時間が記されているのでしょうか。おそらく後の使徒となるヨ...

  18. イエスの宣教のはじめ - 神のいつくしみ - 心の重荷をゆだねて‐

    イエスの宣教のはじめ

    イエスの宣教のはじめ第5主日第一朗読ヨブ記7章1-4、6-7節この世は辛く希望がない、ということをヨブは語る第2朗読Ⅰコリント9章16-19、22-23節)福音を告げ知らせずにはいられないパウロ福音マルコ1章29-39節宣教し、癒し、祈るイエスの公生活 当日の聖書個所は「日ごとの福音」(https://www.higotonofukuin.org/)で見られます。 日曜日の第一朗読は福音書...

  19. イエスの洗礼 - 神のいつくしみ - 心の重荷をゆだねて‐

    イエスの洗礼

    第1朗読イザヤ55章1-11節第2朗読1ヨハネ5章1-9節福音マルコ1章7-11節 HP「日ごとの福音」(https://www.higotonofukuin.org/)でその日の聖書箇所が見られます。イエスはなぜ洗礼を受けられたか。これに関し、教父たち(教会の古代の聖なる学者たち)はこのように説明しています。 イエスは罪なき方であるから、清められる必要はなかった。むしろイエスがヨルダン川...

総件数:357 件

似ているタグ