肥満のタグまとめ

肥満」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには肥満に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「肥満」タグの記事(48)

  1. 周術期アナフィラキシーと神経筋ブロック薬・肥満・ホルコジン消費との関連性:症例対照研究 - 麻酔科医の日々

    周術期アナフィラキシーと神経筋ブロック薬・肥満・ホルコ...

    ・肥満手術をうける患者で神経筋ブロック薬(NMBA)のアナフィラキシーが高頻度でおこることを鑑みて、この制限のある症例対照研究をおこない、肥満がホルコジン消費の差とは無関係にNMBAアナフィラキシーのリスクファクターであるとい仮説を検証しようとした。・我々が比較したのは、145人の術中NMBAアナフィラキシーと西オーストラリアで2012年から2020年に診断された患者と、セファゾリンアナフィ...

  2. 肥満の有無による小児や青少年の十分な鎮静に対するデクスメデトミジン単回ボーラス投与のED₉₅測定 - 麻酔科医の日々

    肥満の有無による小児や青少年の十分な鎮静に対するデクス...

    ・過体重や肥満の小児がますます増えているなかで、麻酔科医はこうした集団で変わった薬力学と薬物動態に基づいて薬剤の最適な投与量を検証しなければならない。そこで我々は、最小ラムゼイ鎮静スコア(RSS)4で測定される小児の95%で十分な鎮静をもたらす(ED₉₅)デクスメデトミジンの単回投与量を肥満の有無で検証した。・40人の肥満小児(BMI当該年齢・性別の95パーセンタイル)と40人の正常体重小児...

  3. 【悲報】息子をデカくするために米や牛乳を与えまくった結果www  →  とんでもない事態に………… - フェミ速

    【悲報】息子をデカくするために米や牛乳を与えまくった結...

  4. 【悲報】デブが『なぜデブなのか』がよく分かる画像 → - フェミ速

    【悲報】デブが『なぜデブなのか』がよく分かる画像 →

  5. 肥満 - 株式会社オーグ 評判 下着訪問販売 口コミ

    肥満

    肥満とは、一般的に、正常な状態に比べて体重が多い状況、あるいは体脂肪が過剰に蓄積した状況を言う。体重や体脂肪の増加に伴った症状の有無は問わない。体質性のものと症候性のものに分類できるが、後者を特に肥満症と呼ぶこともある。対義語は、羸痩(るいそう)である。主にヒトを含めた哺乳類で使われることが多い。肥満は、食費だけではなく医療費の増加ももたらし、家計の負担につながる。肥満はあらゆる病気の原因と...

  6. 肥満患者における術中の血圧モニタリング - 麻酔科医の日々

    肥満患者における術中の血圧モニタリング

    ・肥満手術患者における最適な術中の血圧モニタリング法は不明なままである。動脈カテーテルには合併症の可能性がありうるし、非侵襲的な振動法は間欠的な値のみしか測れない。フィンガーカフ法では連続的に非侵襲的なモニタリングができる。著者らが検証した仮説として、フィンガーカフと動脈内による測定値の一致は振動測定と動脈内による測定値の一致よりも良好である、とした。・この前向き研究では、動脈内(参照値)・...

  7. 「低炭水化物ダイエット」は効果があるのか? - フィットプラス三鷹+カフェ

    「低炭水化物ダイエット」は効果があるのか?

    最近話題のダイエット法に「低炭水化物ダイエット」があります。実際に実行している方もいるでしょう。しかし果たして、私たち日本人の体質にその方法が合っているのか疑問です。確かに、「低炭水化物ダイエット」が、体重減少や糖代謝の改善に効果があることは事実です。これまで、米国では多くの研究が行われていますが日本人を対象にした研究は数が少なく、はたして日本人の体質に合ったものかは、判断しきれないものでし...

  8. 「甘いものは別腹」は脳のせい脳はあなたの食欲を支配しています - フィットプラス三鷹+カフェ

    「甘いものは別腹」は脳のせい脳はあなたの食欲を支配しています

    よく「甘いものは別腹」と言いますが、確かにお腹いっぱいになるまで食べても、デザートの甘いものは不思議と食べられるものですね。特に甘いものに目がない人は、見ただけで食べたいを我慢できないでしょう。人は食事でお腹が満たされれば、満腹中枢が働いて食欲はストップするはずです。それなのに、なぜ甘いものは満腹に関わらず入ってしまうのでしょう。【食欲を支配する脳】私たちは毎日食事をしますが、食後に時間が経...

  9. 肥満はCOVID-19患者で重症となるリスクファクターである:系統的レビューとメタ分析 - 麻酔科医の日々

    肥満はCOVID-19患者で重症となるリスクファクター...

    ・COVID-19の病状経過は無症候性の感染から死亡にいたる重症までさまざまである。予後因子を同定することは予防と早期治療にとって重要である。我々の目的として、肥満がCOVID-19患者での重症となるリスクファクターであるかどうかをメタ分析をおこなって検証しようとした。このレビュープロトコルはPROSPERO(CRD42020185980)に登録された。系統的検索を5つの科学データベースでお...

  10. 肥満患者はCOVID-19をもっと怖れるべきか? - 麻酔科医の日々

    肥満患者はCOVID-19をもっと怖れるべきか?

    ・COVID-19危機は2019年末から現在まで続いている。この疾患の重症度はいくつかの要因と正の関係があり、そのなかには年齢や基礎疾患がある。さらに、肥満は特にもうひとつのリスクファクターとしてますます考慮されるようになってきた、というのも、過体重に悩んでいる患者がCOVID-19感染症のかなり重症な経過をきたしていることが観察されるからである。現在の研究に基づき、我々の非系統的レビューに...

  11. 肥満の素 - 流れる雲のように

    肥満の素

    肥満の素食べねば良いのに手が出る、舌が出る腹が出る

  12. コロナ太りが深刻な問題に食事と運動を見直しましょう - フィットプラス三鷹+カフェ

    コロナ太りが深刻な問題に食事と運動を見直しましょう

    日本だけでなく、世界の多くの人々の生活に大きな変化を与えた新型コロナウィルス感染症。パンデミックにより、制限措置が講じられた結果はいやでも生活の変化をもたらしました。それは、「飲酒量が増えた」「運動不足になった」「喫煙量が増えた」「ジャンクフードを多く食べるようになった」など、負の影響を受けた人が多く世界的な肥満の問題が深刻化しているそうです。以前から、肥満の人は新型コロナウィルス感染症に悪...

  13. カロリーオフすき焼き - e-医学研究発表

    カロリーオフすき焼き

    牛肉を少なくし、豆腐を多くすると、プロテインリッチでカロリーオフ。ここで、ごはんがすすむ牛肉が少なくなるのを補うため、豆腐を煮締めると、豆腐本来の味が失われ、牛肉と豆腐のコントラストという、すき焼きの妙味が損なわれる。そこで、豆腐は、通常のすき焼きのように底の方だけを濃い味付けとして、ごはんがすすまなくなったのを補うため、超低カロリーのしらたきを多くして濃い味に煮しめ、これをオカズとするのは...

  14. 体重に合った身長 - 毎日テニス(旧 Rudern macht Spass.)

    体重に合った身長

    先日薬局の壁に目盛りのついたポスターが貼ってありました。てっきり子供の身長を測るためのものかと思ったのですが、よく見ると「あなたの体重だとこれくらいの身長が必要ですよ」みたいなことが書いてありました。夫は100キロを超えてしまった肥満中年男性で、その表によると2メートル以上身長がないといけません。大学時代の知り合いは日本人男性ですが、体重が除夜の鐘の回数と一緒と言っていたので、この表で見ると...

  15. 小児入院患者における高いBMIと強い術後疼痛と多いオピオイド消費量の関連性−後向きコホート研究 - 麻酔科医の日々

    小児入院患者における高いBMIと強い術後疼痛と多いオピ...

    ・幼少期や青年期の肥満はここ数十年増加しており、医療従事者はますます増加する数多くの肥満小児外科患者に遭遇している。いくつかの臨床的ならびに薬理遺伝学的なデータによれば、肥満患者は疼痛感度と鎮痛必要量が変わる。・目的として、主要な仮説である、小児患者でBMIが大きいと術後最初48時間中の疼痛増加と関連する、ということを検証しようとした。副次的に、BMIが同様の期間においてオピオイド消費量増加...

  16. ノニの肥満に対する効果について - 井口秀雄工場長のつぶやき

    ノニの肥満に対する効果について

    肥満が人の健康を害することはよく知られていますね。下記の論文では、ノニ果実水抽出物と多糖類が、高脂肪食を与えられたマウスの酸化ストレスと炎症にどのような効果があるかを調べた内容となっています。その結果、ノニには体重増加や脂肪の減少に寄与すること、抗酸化活性・抗炎症作用があることが示されています。ノニ由来の多糖類の効果が強調されているのが興味深いですね。Food Funct. 2019 Dec...

  17. 肥満やメタボをまねく年末年始の飲み会 - フィットプラス三鷹+カフェ

    肥満やメタボをまねく年末年始の飲み会

    クリスマスも過ぎ、今年も残すところ4日となりました。年末年始と言えば、忘年会などお酒を飲む機会が増えますね。適量のアルコールは、ストレス解消にもなり、昔から「百薬の長」などと言われています。しかし、反対に飲み過ぎは、万病のもとにもなります。お酒は適量を楽しむ飲み過ぎは肥満のもとにアルコールに含まれるカロリーは、脂肪に次いで高カロリーで、アルコールのエネルギーは、1gあたり7.1㎉。例えばビー...

  18. 日本人の3分の1が持つ肥満遺伝子 - フィットプラス三鷹+カフェ

    日本人の3分の1が持つ肥満遺伝子

    貯まって困らないのはお金、溜まると困るのは体につく脂肪ですね。そこで今回は、肥満の原因の一つになる「肥満遺伝子」について考えてみましょう。「肥満遺伝子」をご存知ですか?1994年ロックフェラー大のジェフリー・フリードマン博士がこの「肥満遺伝子」の存在を明らかにしました。日本人が持つ肥満遺伝子何と、日本人の3分の1の人が、肥満遺伝子を持っているそうです。よく「太っているのは遺伝だから」とか「親...

  19. リッチリコピントマトジュースほか - 心房細動・不整脈・循環器

    リッチリコピントマトジュースほか

    民放キー局で市販のトマトジュースとスプーン1杯のオリーブオイルを混ぜ、温めて毎日200cc飲み続けると血糖値を確実に下げると教示。早速ドラッグストアコスモスに行き、リッチリコピントマトジュースとEXTRAバージンオリーブオイルを購入して来ました。久々にミヤタのフィットネスバイクで出かける。適度な筋トレにもなり、一石二鳥。約1週間前にややこしい電話のあと鼻血が出て困ったことに。疲れが溜まり易い...

  20. あなたが痩せない理由は「モナリザ症候群」のせいかも - フィットプラス三鷹+カフェ

    あなたが痩せない理由は「モナリザ症候群」のせいかも

    日々スリムを目指して努力しているのに、痩せない!とお悩みの方も多いでしょう。ダイエットをしても、運動に励んでも、なかなか結果がでない方は、自律神経が乱れている可能性があります。皆さんもご存知の通り自律神経には、交感神経と副交感神経があります。日中は交感神経が優位に働き、夜は副交感神経が優位になりリラックスできます。自律神経というくらいですから、自分の意志ではどうにもなりません。日中は元気に活...

総件数:48 件

似ているタグ